HOME > LIFE > 工藤浩美の東へ西へ

工藤浩美の東へ西へ
過去の記事はこちら

仕事のやりがいについて

先日通訳者のインタビューに同席させてもらった時のことです。

『通訳という仕事はとてもやりがいがある仕事だと思いますが、それが高いモティベーションの原動力ですか?』

というような質問でした。

『もちろん通訳という仕事はやりがいがありますが、世の中の全ての仕事はやりがいがあると思います。例えば私たち通訳は資料がなければ高いパフォーマンスは出せません。いつも資料を届けてくれる宅急便の配達の方に感謝しています。その宅急便も車を整備する人がいなければ、荷物を運ぶ事は出来ません。そう考えるとやりがいのない仕事なんてないんです。』

なるほど、と思いました。

仕事は慣れてしまうと、

本来の目的や意義を忘れてしまいがちです。

はっと気付かされた一言でした。

iPhoneから送信

プロフィール

工藤浩美

工藤浩美
白百合女子大学国文科卒業後、総合商社勤務。
その後通訳・翻訳エージェントに2社、合計11年間勤務。通訳コーディネーターとしてこれまでに数百件の通訳現場のサポートを行なう。 2001年7月に株式会社テンナイン・コミュニケーションを設立。趣味はシナリオ執筆。