HOME > 中国語・多言語 > 中国語通訳者・翻訳者インタビュー

中国語通訳者・翻訳者インタビュー ここでは第一線でご活躍されている中国語の通訳者・翻訳者の生の声をご紹介します

Vol.4 万紅さん「北京通翻訳エージェント社長の歩み」


【プロフィール】
万紅さん Wan Hong
北京外国語大学日本語学部卒業後、中国外交人員服務局入社、日本国際協力事業団(JICA 現・国際協力機構)中国事務所勤務。ニュースネットアジア(現・ NNA)北京事務所を経て、フリーランス中国語通翻者に。2000年より、北京にて通訳翻訳エージェントの代表を務めるとともに、フリーランス通訳翻訳者 としても活躍中。

日本語に興味を持ったきっかけは?
小 さい頃、近所に住んでいた日本人のおばさんが、共働きだった両親に代わって私の面倒を見てくれたんです。旧満州国の新京出身で、歴史的な背景もあって日本 という国を意識せざるを得ない環境で育ちましたが、私自身はおばさんを通して日本を見ていたので、いい印象しかありませんでした。自分の子供がいるのに、 私のことを非常にかわいがってくれて、「あぁ日本の人はこんなに優しいんだなぁ。一度日本に行ってみたいなぁ」と思っていました。中学校に入ると「あいう えお」から勉強し、毎日おばさんと日本語で話すのが楽しみだったんです。大学を卒業する頃には、「日本語力を生かせるような仕事に就く」と決めていまし た。
大学卒業後の進路は?
天安門事件後間もない頃だったので、大学卒業後は全員が半年間の軍事訓練を受けることになっていました。訓練は非常に厳しかったのですが、お陰で体だけは丈夫になりました(笑)。
その後外務省に入り、JICAに派遣されました。最初は事務的な仕事が多かったのですが、上司にも恵まれ、少しずつ協力事業現場の通訳翻訳も担当させて頂 けるようになりました。机の上だけでの勉強とは違って、仕事で語学力を生かすことができたことと、多少なりとも中国と他国との橋渡しになっていると思うと 嬉しくてたまりませんでした。上司は非常に厳しく、翻訳も毎回かなり直されましたが、そのお陰で今の私があると思っています。学校で学ぶことと、実際の仕 事は全然違うんですよ。社会に出て、本当に多くの事を教えてもらった気がします。
JICAには7年いたんですが、結婚し子供が生まれたので、一旦家庭に入ろうと思って辞めたんです。専業主婦になろうと思っていたのに、2ヶ月もしたらい てもたってもいられなくなってきて(笑)。ニュース配信会社に入って、編集や翻訳の仕事をするようになりました。ここでも厳しく翻訳をチェックされ、かな り力がついたと思っています。


その後、通訳翻訳者に?
ニュー ス配信会社での仕事はやりがいがありましたが、残業が多いため、子供と過ごす時間がだんだん作れなくなってしまったんです。語学力が生かせて、子供と過ご す時間も持てるような仕事はないだろうかと考えていた時に、ある会社から「通訳をして頂けますか」とご依頼を頂いたんです。思い切って会社を辞めて、フ リーランスで通訳翻訳をやってみることにしました。
印象に残った仕事は?
NHK会長の通訳です。私自身、NHKの番組が大好きで、いつか仕事で関わることができたらいいなと思っていただけに、非常に感動しました。会長にお会いしたら、とても素敵な方だったので、改めてNHKのファンになりました。
思わぬハプニングは?
先 日、調査関係の通訳でチベットに行ったんです。標高4700メートルを超えるようなところで、私もふらふらでしたが、団長が高山病になってしまったんで す。昼間は通訳、夜は病院で団長に付き添うことになり、3泊4日の仕事が終わるまで、ほとんど寝られませんでした。仕事中は、緊張感があるので体も大丈夫 でしたが、家に戻った途端倒れてしまい、1週間ぐらい寝込みました。
通訳翻訳エージェント設立に至ったきっかけは?
当 時中国はエージェント業がまだ確立されておらず、私自身も今まで培ってきたネットワークを生かさない手はないと思っていたところだったんです。会社経営し ていた友人のところで通訳翻訳部門を立ち上げさせてもらえないか相談し、OKをもらいました! その後友人が会社全体を手放すことになったので、私が全て の株を買って代表になったわけです。
社長業と通訳翻訳業の両立は?
ま だ会社の規模も小さいので、何とかやっています。私が通訳出張に出るのは最大10日までと決め、その他いろんな規則を設けて行動しています。会社経営は新 しいことを勉強できて楽しいのですが、個人的にどっちが好きかと聞かれたら、通訳翻訳ですね。私にとっては、趣味のようなものなんです。いつも幸せを感じ ながらやっていますが、今後会社の規模を拡大していくには、私が現場に出ていてはいけませんから、経営に専念せざるを得ないでしょうね(笑)。
中国の通訳翻訳市場は?
以前は、需要に供給が追いつかないような状況でしたが、最近は日本のエージェントが進出してきたこともあり、供給が上回っています。これからは「質」が勝負だと思っています。
現在の1週間のスケジュールは?
仕事で毎日バタバタしていますが、時間が許す限り子供と一緒に過ごすようにしています。休みの日は、ジムで泳いでいます。
今後は?
少 しずつ、会社を大きくしていけたらと思っています。私もあまり現場に出ないようにして(笑)。会社で通訳翻訳者向けの講座が開けたらと思っているんです。 中国には、これまで通訳翻訳学校がなく、2003年に北京外国語大学が初めてクラスを開講しました。語学力の高い学生はたくさんいるので、彼らを育てる場 を作るべきだと思っています。そのきっかけとして、弊社でも何かスタートできればと考えています。

編集後記
「通訳翻訳をしているときが、一番幸せ」とおっしゃった時の万さんの表情が忘れられません。好きを仕事にできるって、やっぱり素敵です!
万紅さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください



Vol.3 遠藤香織さん「100人いれば100通りの中国がある」


【プロフィール】
遠藤香織さん
Kaori Endo 明治大学文学部史学地理学科(東洋史専攻)卒業後、大手レコード会社入社、アーティストプロモーションを手がける。7年間の勤務を経て、中国北京語言文化大学に留学。2000年秋帰国、現在はエンターテイメント分野を中心に中国語通訳翻訳者として活躍中。

中国との出会いは?
高 校2年の夏です。同級生が、中国に駐在しているお父さんのところへ遊びに行くと聞き、私も連れていってもらいました。10日間ぐらいでしたが、多感な年頃 だったこともあってか、非常に濃い体験だったんです。当時はまだ社会主義の色合いが濃く、「日本とは全然違う!」といろんなことにショックを受けました。 香港やアメリカを旅行したことはありましたが、ここまで強く印象に残ったのは初めてでした。
実際に中国語の勉強を始めたのは?
昔 から歴史が好きで、日中関係や中国の少数民族などに興味がありました。大学では第二外国語で中国語を選択しましたが、特に「中国語を勉強するぞ!」と思っ ていたわけではなかったんです。むしろ歴史の本に載っていないような中国近現代の文化をもっと知りたいという気持ちが強かったです。社会主義って何だろ う、どうして配給券がないとお米が買えないんだろうと、疑問だらけの生徒だったと思います(笑)。
大学1年時に、中央民族学院という少数民族のための学校に留学したんですが、この時もいろんな発見、驚きがありました。当時はまだ外国人と中国人の間の格差も大きく、外貨券が存在した時代です。教科書で勉強した歴史を目の当たりにした気がして、非常にショックでした。
大学卒業後は、レコード会社に?
中 国語や歴史は好きでしたが、仕事として突き詰めようとは考えていませんでした。昔からライブや芝居を見るのが好きだったので、就職活動もマスコミ中心でし た。邦楽アーティストのプロモーションが主な業務で、毎日本当に楽しかったです。90年代後半から、日本のアーティストが中国本土や台湾でイベントを行う ようになり、中国語関係の仕事が出てきたんですよ。「私やります!」と手を挙げたくても、「英語できないでしょ?」と言われて、あぁそうかと。もし私がビ ジネスレベルで中国語が話せれば、絶対この仕事できるのに! と思ったんです。30歳になるまでに一度中国に長期で行ってこよう! と決意しました。
長期留学はいかがでしたか?
先 生に自分の言いたいことを伝えるのに30分かかったんですよ。先生が根気よく付き合ってくれたお陰で、だんだん「あれ? 最近10分で話が通じるように なった!」という具合に、少しずつ進歩していきました。留学生活は有意義なものでしたが、立場や文化的なことにおいて、考えさせられることが大いにありま した。中国人の学生と話をしていて、「同じ学生だよ」と言っても、「でもあなたたちの国には自由がある」と言われるわけです。もちろん今は、かなり状況も 変わりましたが、様々なギャップを超えて「友達」になるって、どういうことだろうといつも考えていました。私が中国に関わるようになったきっかけは、「歴 史」だったのかもしれません。
通訳者になって感じることは?
レ コード会社時代は、アーティストの一番いいところを伝えるのが仕事でしたが、通訳をするときも「この人が話す一番いいところをわかってもらいたい」という 意識があるんですよね。これまで取材をセッティングする立場だったのが、今はその場に通訳として立ち会うようになり、当時の経験がプラスになっていること がたくさんあります。通訳者としては、通訳力、語学力がもちろん大切ですが、アーティスト通訳の場合は、メッセージ、気持ちを通訳することも必要になって きます。アーティストの話す言葉は、情報としての言語だけではないことが多いので、彼らの気持ちをすくいとれるような通訳ができるようになりたいと、日々 思っています。
「愛用のリュック」
最近の中国通訳市場は?
市 場としては格段に大きくなっています。ここ数年で中国関連のメディアも増え、WEBも中国情報を載せているところが増えました。昔は中国のエンターテイメ ントはほとんど注目されていませんでしたが、時代が変わってきたなと実感しています。当時、レコード会社を辞めて中国に行こうと言うと、周りからは「変 わってるね」と言われたんです。大学で中国語を勉強していたときには、もっと変わっていると言われましたから(笑)。それだけマニアックな言語だったんだ と思います。変わってきましたね。中国語、中国という国が日本人にとってぐんと身近になったと思います。
今後のキャリアプランは?
まだ手探りです。いろんなことをやってみようと思っている時期ではあります。通訳においても、少しずつ幅を広げていけたらいいですね。
今後も通訳翻訳だけをやるのかはわかりませんが、中国のことはずっと見続けたいと思っています。もっともっと中国の文化、思想、歴史について知りたいんで す。私の関わった仕事を通して、「へぇ! 中国ってそうなんだ!」、この本読んでみようかな、中国に行ってみようかな、という人が増えたら幸せです。いろ んなことを伝えていける人になれたらいいですね。
中国語を勉強している人へのアドバイスをお願いします。
通 訳学校の先生のお話を今でも覚えています。中国語通訳者としての第一世代の方で、「皆さん、中国語という言葉を話せることを誇りに思ってください」とおっ しゃったんです。その言葉には、日中間の様々な歴史、その時間を経てきた先生の想いがこもっていて、ジーンとしてしまいました。
 中国語が話せることによって、いろんなものが見えます。中国の歴史、文化、人が見えます。その中の何を見るか、どこを好きになるか、何を中国だと思って 帰ってくるかは、人それぞれ。100人100通りの中国があると思うんです。行く場所、会う人によっても異なります。その人なりの中国体験、中国語があっ ていいんじゃないかなと思います。いろんなものを見て頂きたいと思いますね。

編集後記
非常に興味深いお話ばかりでした。100人いれば100通りの中国がある、まさにその通りだと思います。1時間という短い時間でしたが、遠藤さんというフィルターを通して、私の中で少し中国が身近になったような気がします。


Vol.2 松下チュン(揚 軍)さん「原稿を通じて世界と繋がる」


【プロフィール】
松下チュン(揚 軍)さん
Yang Jun 中国天津市南開大学大学院経済学研究科経済学説史専攻修士課程修了。1991年来日、中国専門の輸入商社に勤務、中国側との交渉、通訳翻訳を担当。1993年10月より、フリーランス翻訳者としての活動を始める。金融・工業製品マニュアルの翻訳を得意とし、その他にも会社案内、企業HP、契約書、IT、マーケティング関係資料等、幅広い分野を手がけている。

日本語を勉強しようと思ったきっかけは?
「勉 強せざるを得なくなった」というのが実情でしょうか(笑)。大学院を卒業する半年前に結婚したんですが、主人は日本人なんです。普段は中国語で会話してい ましたが、卒業後日本に行くことが決まったので勉強し始めました。実は中学生の時に、日本語のラジオ講座に興味を持って、ちょっとだけ勉強したことがあっ たんです。ほとんど身についていませんでしたね(笑)。
1991年に日本へ?
大学院を2月に卒業して、翌月日本に来ました。日本語学校には約1年通い、半年で日本語能力試験2級に合格したので、割と飲み込みは早かったのかもしれません。
翻訳の道に入ったのは?
自 分でも知らないうちに、いつのまにか翻訳者になっていました。ボランティアで陸上大会の通訳をしたことがあったんです。アテンド通訳で、当時はまだ語学力 も不十分でしたが、いろんな方にお会いして、面白い仕事だなぁと思ったことを覚えています。ただ、私自身は頭の切り替えが遅いので(笑)、じっくり考えて 訳していく翻訳の方が向いていると思いました。その後、企業で通訳翻訳に携わることになり、経験を積ませて頂きました。特に翻訳学校で勉強したわけでもな かったので、現場でかなり鍛えられました。
翻訳のおもしろさとは?
依 頼原稿を最初に見た時は、「うわぁこれは大変かな」と思うんですが、自分の手によって違う言語に置き換えられたものを手にした瞬間は何とも嬉しいです。仕 事柄、家にいることが多いのですが、不思議と外と繋がっている感覚があります。原稿を通して、世の中の動きがわかるからでしょうか。
オンとオフの切り替えは?
私 は割と自分のペースがあるんです。だらだらといえば、そうなのかもしれませんが、好きなテレビ番組が始まる時間になると、手を休めてテレビに向かいます (笑)。その番組が終わったら、また机に向かうんです。テレビを見るなんて、時間の無駄遣いなのでは? といわれそうですが、どんな情報も仕事に繋がって いる気がするんですよ。ドラマ1つにしても、最近中国は言葉の発展が目覚しく、どんどん新しい言葉が生まれています。用語の使い方も、昔と比べて随分変 わっており、香港や台湾の言葉が入ってきています。中国に暮らしていない分、生の表現は、そういったところからも学ぶことが多いんです。
この10年で、仕事内容も変わりましたか?
昔はもっと、仕事量に波があったんです。今は全体的に量も増え、分野も広がりました。前は機械類の翻訳が多く、娯楽や芸能の記事翻訳なんて皆無だったのですが、だんだんそういったものを増えてきています。中国も少しずつ変わってきているんだなと身をもって実感しています。
日本に住んでいることのメリットは?
生 の日本語に触れられることです。日本語の全ての表現が、必ずしも中国語に存在するわけではありません。1対1の関係ではありませんから。例えば、「-らし い」という言葉にしても、日本に住んでいれば、曖昧なニュアンスが分かるのですが、中国で日本語を勉強している人には、その感覚は理解できないのかもしれ ません。中国では、あまりそういった表現を使わないので。言葉の意味は理解できても、その感覚までも理解するのは、現地で暮らしてこそなのかもしれません ね。
1週間のスケジュールは?
半 分以上仕事に費やしていますが、それ以外は読書や、子供と過ごす時間にあてています。1日の翻訳時間は、4-5時間です。やりだすと早いんですが、やる気 を出すまでに時間がかかるんですよ(笑)。大体、朝8時から2時間程翻訳して朝ごはん、お昼まで翻訳して、お気に入りの中国ドラマを衛星放送で見ます。子 供が帰ってきたら、少し遊んで、夕方また仕事。割ときまぐれというか、自由に動いています。
 他のことをしているときも、常に仕事のことは頭の片隅にあります。「この単語をどう訳そうか?」と。雑誌や新聞を読んでいても、「これって中国語で何と言うんだろう?」と考えてしまうことは多いですね。
今後のキャリアプランは?
翻訳を続けていけたらいいなと思っています。子供向けの絵本を翻訳してみたいという夢もあるんです。日本の絵本を中国に紹介したいんです。子供の言葉で分かりやすく翻訳するのは難しいですが、いつか実現すればいいなと思っています。
中国語を勉強している人へのアドバイスをお願いします。
発 音で挫折して、やめてしまう人が多いと思うんですよ。最初から発音を完璧にしようとは思わず、気楽に少しずつやっていけばいいと思います。まず日常会話を 勉強し、発音が下手でもそのまま続けること! 続けていけば単語量も増えるし、日本語と共通している部分も多いので、楽になります。少しずつ、がんばって ほしいです。
もし翻訳者になっていなかったら?
一 番向いているのは、公務員だと思うんです。与えられた仕事をコツコツやるのが好きなんです。自分で何かアピールしたり、企画したりするのはダメですね。会 社にいても、テキパキ働く自分が想像できないんですが、決まった範囲のことを自分の裁量でこなしていくのが好きなんです。そういう意味では、今の仕事はす ごく自分に合っていると思います。

編集後記
「も し、翻訳者になっていなかったら?」の質問に対して、「公務員」という言葉が返ってきたのは、初めてでした! 終始、「私の話なんか聞いても、おもしろく ないですよ」とおっしゃっていましたが、数少ない中国語翻訳者さんにお会いできて光栄でした。お正月は、中国で過ごされるとのこと、今頃リアルタイムで思 う存分ドラマを楽しんでいらっしゃるのではないでしょうか。

Vol.1 汪以文さん 「 好きを仕事に 」


【プロフィール】
汪以文さん
Wang Yiwen 北 京語言学院(北京語言文化大学に名称変更)卒業後、来日。上智大学大学院国際関係論専攻修士課程修了。大学院在籍中より通訳学校に通い始め、北京/広東語 通訳者としての活動を開始。現在は放送通訳、会議通訳者として活躍する傍ら、週に2日通訳学校と大学にて講座を受け持つ。

日本語の勉強を始めたきっかけは?
も ともと英語を勉強していたんですが、中学生の時に偶然聞いたラジオの日本語講座がきっかけで、日本語に興味を持ちました。発音がとてもきれいで、メリハリ のある言葉だなぁと思い、少しずつですがラジオを聞いて独学で勉強しました。ちゃんと勉強を始めたのは大学に入ってからです。専攻は英語でしたが、日本人 留学生がたくさんいたので、ランゲージイクスチェンジをして日本語会話力を身につけました。来日直後に上智大学に合格したので、スピーキングは割とできた んだと思います。文法は苦手でしたね(笑)。「てにをは」や、助詞の使い分けは今でも苦労しています。
通訳に興味を持ったのはいつ頃ですか?
小 さい時から憧れていましたが、当時は英語の通訳者になりたかったんです。オードリー・ヘップバーンの『シャレード』に、オードリーがブースに入って同時通 訳するシーンがあるんです。大好きで何度も観ていました。子供の頃から語学が好きだったのも、興味を持った理由かもしれません。上智大学入学後、通訳学校 にも通い始めました。もともと、文法などをあまり勉強していなかったので、かなりしごかれましたね。うっかりして「こうのとり」のことを、「かんこうど り」と言ったり、「ひのき舞台」を「えのき舞台」と覚えていたり......。かわいいねと笑っては済まされませんね(笑)。
最初のお仕事は?
通 訳学校に通い始めて、割とすぐにお仕事を頂きました。実力はなかったのに、環境が恵まれていたんだと思います。初めての仕事にしてはかなり本格的で、台湾 映画監督来日時のインタビュー通訳を担当しました。右も左も分からないまま、現場に放り込まれたという感じですね。昔から、度胸があると言われるので、あ まり緊張した覚えはありませんが、最初はやっぱりひどかったと思いますよ(笑)。その後もずっと映画のお仕事は頂いています。映画ファンの人たちは、昔か ら私が通訳しているのを知っているので、時々「あなたの日本語もうまくなったね」といわれることもあるんです!
いろんな分野の依頼があるのでは?
中 国語一つ取っても広東語と北京語で分野が違うんですよ。広東語は、映画のプロモーション、ファッション、マンガといった仕事が多いんですが、北京語は会議 が中心です。午前中に北京語/日本語で、政治経済関係の通訳をした後、午後から劇場でカンフー映画の舞台挨拶通訳、という日もあります。言葉の使い方も違 うので頭の切り替えが大変ですね。最近は英語/中国語のお仕事も頂きますが、また分野が違って面白いです。いろんなお仕事をさせて頂いて感謝しています。
現在は英中通訳のスキルアップにも力を入れていらっしゃるとか。
今 もお仕事を頂いているんですが、中日に比べるともっとスキルを磨く必要があると思っています。実は今、英日通訳コースで勉強しているんです。学生の皆さん と比べると暗記力が追いつきませんが、知識と経験でカバーするしかありませんね。メモ取りやまとめ方などは知っているので、その分はアドバンテージかなと 思っています。
通訳学校での授業は、仕事よりも緊張します。毎回テストがあるので、授業の前は憂鬱な時間を過ごしているんです(笑)。でも、本当にいい勉強になっていま す。現場でいいフィードバックを頂いても、足りないところって必ずあると思うんです。常に100%はありえません。通訳学校では、間違っていたら先生が必 ず指摘してくださるので、ありがたいです。そういう意味でも、原点に帰ることは大事だなと思います。
お勧めの英語勉強方法は?
効 率のいい勉強法を編み出そうとしているんですが、考えているだけで終わってしまって、肝心の勉強自体がおろそかになりがちです(笑)。通訳者が書いた本を 読んで参考にする他、アメリカのTVドラマも活用しています。まずは番組を録画して、テープに落とし込むんです。その後スクリプトをインターネットからダ ウンロードして、テープを聞きながら内容を確認します。繰り返しやらないと頭に残りませんが。それから、ICレコーダーを常に持ち歩いて、その場で覚えた ことや気になる表現を録音しています。復習する時間が無くて、どんどんデータだけ増えていくんですよ! データを「消去」する自信もなく、気が付けばレ コーダーは3本目です。
通訳をしていて、一番やりがいを感じるときは?
ク ライアントに喜んで頂いた時が一番嬉しいです。どれだけ準備が大変だったとしても、無事に終わってお礼を言われた時に全てが報われるというか。準備に関し ては、できる限り完璧にやりたいと思っています。普段仕事をしていない時でも、常にアンテナを張って、いろんなことに関心を持つようにしています。何を やっていても言葉に結びつけてしまうので、ちょっと無心でいたいなと思う時もあるんですが。
スキルアップの秘訣は?
仕事をやりっぱなしにしないことです。放送通訳の仕事は、毎回自分の放送をMDに落として聞きます。時間が許せば、もっと他の表現を考えたいなと思っています。昔はテレビから流れる他の通訳者の訳を聞いて勉強しました。皆さん言葉の専門家なので、非常に勉強になりますね。
プロとして心がけていることはありますか?
日 々勉強です。日本語も英語も、私にとってはどちらも外国語なので、苦しい時期がありました。英語だけ勉強すると、日本語に対する言葉の感覚が衰えてしまう んです。知っているはずの表現が、すぐに口をついて出てこなくて。両方の言語がお互いに影響しあっているので、今後それをどうクリアしていくのかが私の課 題ですね。例えば、日英通訳時に、レストランで「ここは雰囲気がいいですね」と言われたとします。中国語では「環境がいい」という表現を使うので、つい environmentと言ってしまうんです。本当はatmosphereを使うべきなのに......と考えていると、思考回路がめちゃくちゃになってしまうと きがあります(笑)。体で覚えていくしかないんですけどね。
ご趣味は?
語 学の勉強かな(笑)? 一昨年から、年に2-3回アメリカに行くようにしています。生の英語に触れる必要があると思うので、毎回必ず1週間は語学学校に通 います。もちろん、通訳学校のような授業ではありませんが、現地の様子を知ることができ、新しい表現に触れられるのは嬉しいです。本当はアメリカで本格的 に勉強したいなとも思うんですが、仕事も抱えているので、なかなかうまくはいきませんね。何とか日本でマスターしたいなと思っています。
今後もずっと通訳を?
はい、子供のときから憧れていたので、通訳以外の仕事は考えられません。私自身、この仕事が大好きなので、全く苦になりません。常に勉強するこができ、いろんな人と出会える刺激のある仕事です。今の自分に甘んじず、常に上を目指してがんばっていきたいです。

編集後記
その穏やかな表情からは想像しがたいのですが、非常に自分に厳しい方なのだと思います。成功の陰には地道な努力ありですね!
汪以文さんへメールを送る


弊社から転送させていただきます。
件名には「●●様」と宛先人を明記してください
内容によっては転送できませんので予めご了承ください



《 前 1 2


↑Page Top

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A