HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第12回 韓国「通訳翻訳大学院」合格体験記。あきらめないこと

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアに韓国語関連コラムが初登場! 大学卒業後に韓国語の学習を始め、韓国留学。海運会社勤務後、2004年に韓国語スクールを設立した幡野さん。2010年には中国語講座も開始し、自身も中国語の学習を始め、現在上級レベルを目指し奮闘中なのだとか。そんな幡野さんから、韓国語の話、語学学習の話、そしてスクール運営をする中での様々な風景について語っていただきます。

第12回 韓国「通訳翻訳大学院」合格体験記。あきらめないこと

 韓国には通訳者を目指す人々が進学を志望する「通訳翻訳大学院」という通訳訓練専門機関があります。第10回の当コラムで、チラッとご紹介させていただいたこともあります。

 通訳翻訳大学院は通常、年に一回試験が行われますが、当校の「通訳翻訳プログラム 」に通われていた若き受講生二名が、名門、梨花女子大学校通訳翻訳大学院に合格されました。お二人は今年の春、大学院進学を目指し渡韓。秋までソウルにある通訳翻訳大学院入試のための準備学院に通い、今回の快挙となりました。

 ここ何年かは通訳翻訳大学院を設置する大学も増え、私が留学をしていた90年代後半ほどの「'超'狭き門」ではないながらも、それまでに受ける訓練の厳しさに多くの志望者が脱落していく、という話を聞きます。「한국말 잘 하시네요-.(ハングンマル チャラシネヨ~/韓国語がお上手ですねえ」と、優しい韓国人に褒められながら楽しく韓国語を学習してきた学習者にとって、通訳訓練の厳しさはまさに青天の霹靂ともいえるでしょう。

 しかし、通訳や翻訳のプロとして働くとなると、それこそ厳しい世界に身を置くことになるので、厳しい言いかたをすれば、この'淘汰'は必要な過程とも言えると思います。

 合格者である出身生の中のお一人は「通訳学科」に、もうお一人は「翻訳学科」に合格されました。先日、通訳学科に合格された金木優美子(かねきゆみこ)さんにインタビューさせていただいたのですが、韓国の準備学院のとある先生からは、授業初日に「その発音なら、どこを受けても受からない」と言われたそうです......! その他、いろんなエピソードをお伺いしましたが、くじけたり、嫌になったりするだろうと思われるようなことがあっても、決してあきらめなかったんですね。

 金木さんへのインタビュー内容は「All About 韓国語」の記事としてまとめました(「難関!韓国の「通訳翻訳大学院」に合格する秘訣 」 )。通訳者になろうと思ったきっかけを聞いたときはジーンときました。このように偶然性があり、かつシンプルな出来事が、自身の将来に影響を与えことがあるんですね。

 通訳翻訳大学院を目指す方だけでなく、語学学習に興味のある方なら楽しく読んでいただけると思います。是非ご覧ください。


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
早稲田大学第一文学部卒業。1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。韓国大手商船会社の日本総代理店に勤務後、有限会社アイ・ ケー・ブリッジ設立。04年には「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設し、ビジネス韓国語を中心とした講座運営を開始。同年、延世大学校韓国語教師研 修所、第20期研修過程修了。現在、「アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2012年にはHSK(新漢語水平考試験)の5級を取得。