HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第49回 「秘法→極意、に満足」

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第49回 「秘法→極意、に満足」

先週お知らせした、当校が翻訳を手がけた『TOEIC L&R TEST 「正解」が見える86のコツ』、出版社の方より「好調な滑り出しです」とのご連絡をいただきました。お手に取ってくださった方がいらしたら、お礼を申し上げます。

その韓国のTOEICカリスマ英語講師のキム・デギュン氏が、日本での出版を喜ぶ動画メッセージをYou Tubeに、そして自身のブログにもアップされています。是非ご覧下さい。

You Tube
Blog

いまではこうして動画を気軽にアップし、字幕も出せますので、「あれっ!?いま何て言ったんだろう」というようなことも起こらず、分からない単語があったら字幕を頼りに辞書を引けば良いわけで便利になりましたね。

でも、聴き取りたくて何回も巻き戻ししたり、という遠回りとも言える過程で身に着く能力もやはりあるような気がしますが。

さておき、キム・デギュン氏が動画の中でこのように話されています。

일본 고단샤에서 출간된 김대균의 토익 비법서입니다.
(イルボン コダンシャエソ チュrガンデン キmデギュネ トイk ピッポpソイmニダ
/日本の講談社から出版されたキム・デギュンのTOEIC秘法本(←直訳)です)

動画やブログに頻繁に登場するのが、この「비법」という単語。今回、こちらの書籍を翻訳するうえで、いちばん最初に議論したのが、この書籍のキーワードである「비법」をどう訳すか、でした。

ちなみに비법は、発音は濃音化が起こり、[비뻡](ピッポp)となります。キム・デギュン先生もそのように発音されていますね。

訳としては直訳するならば、「秘法」なのですが、 これをそのまま日本語にすると、やはり日本にはあまり馴染まない気がする、と。そこで、

・秘策
・極意
・コツ

という案がでました。

この本の章立て(目次)すべてに「비법(秘法)」が使われており、 この本の求めているニュアンスには「コツ」では少し「濃さ」が足りない気がし、「極意」を選択しました。(「コツ」は、題名で採用されています)

極意、の選択にはとても満足しています。当書籍は600~730点を目標にする方が対象となっています。該当される方はこの書籍で是非「極意」をキャッチしてください!


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A