HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第17回 「醍醐味」

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第17回 「醍醐味」

後ほどご紹介しますが、韓国語通訳に関する当校講師の講演と、受講生による同時通訳、そして「パナガイド」という無線機を使ったワクワクする特別講演会の企画がまとまりました。この瞬間は、私がもっとも仕事の醍醐味(だいごみ)を感じる瞬間です。

講演テーマも「日韓通訳の醍醐味と難しさ」というテーマとなり、今日の「知っトク」テーマは、この「醍醐味」。韓国語ではどうなるのかな......、と思い調べてみたところ、

1.제호처럼 매우 좋은 맛.(○○のようにとても良い味)
2.사물에 대한 깊은 맛; 묘미; (事物に対する深い味、妙味)
(以下省略)

とありました。さらに、この「제호(チェホ)」が、ナンダ??と思い、調べてみたところ......、

「제호[醍醐]」

と書かれているではありませんか。

「醍醐のようにとても良い味」って、醍醐の味なんて、知らないんですけど!と思い、今度は日本の辞書で「醍醐」を調べてみたところ、

「牛乳を精製した中で最も美味しい味とされている。(中略)すでに製法は失われており~」

とのことでした。へぇ~。妙味、と言われるゆえんですね。醍醐......、味わってみたいです!

ということで、講演テーマは韓国語で、

「한일 통역의 묘미와 어려움」(ハニルトンヨゲ ミョミワ オリョウム)

です。仕事とは、この醍醐味を味わえるからこそ様々な困難も乗り越えられる気がします。講師の先生が通訳という仕事に感じる醍醐味はどのようなものなのか、今からとても楽しみです!


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A