HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第20回 「やっぱり海外旅行で覚えておきたいフレーズ」

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第20回 「やっぱり海外旅行で覚えておきたいフレーズ」

先週、夏休みに台湾南部の街で過ごし、お腹を壊したというようなことを書きました。頭痛薬その他、常備薬は持って行ったものの、なぜか思い至らず胃腸薬は持っていませんでした。

海外旅行といえば、何よりもまず胃腸薬ですよね(笑)。海外で何を食べてもお腹を壊す、ということがこれまでほとんどなかったので(おそらく25年前のモスクワで1回だけ)、考えが及びませんでしたが、家族を外国に連れていくわけですから、持って行って当然ですよね。わたし、なにやっているんでしょう。

そこで台湾の薬局に入り、胃と腸の薬を2種類買ったのですが、これまで、旅行会話ブックでフレーズを見ても、根拠なく「使わない、使わない」なんて口笛吹いていました。しかし、覚えておいたほうがいい、ということを実感しました。

今回は、韓国旅行の際に使えそうなフレーズを復習してみましょう。

・배가 아픈데요.(ペガアプンデヨ/お腹が痛いです)
・열이 좀 있는 것 같아요.(ヨリチョm インヌン ゴッ カッタヨ/ちょっと熱があるみたいです)
・좀 쉬고 싶어요.(チョm スィゴ シッポヨ/少し休みたいです)
・몸 상태가 안 좋아졌어요.(モm サンテガ アンジョワ ジョッソヨ/具合が悪くなりました)
・여기에서 가까운 병원이 어디예요?(ヨギエソ カッカウン ピョンウォニ オディエヨ?/ここから近い病院はどこですか?)

【単語】
지사제(チサジェ/下痢止め)、두통약(トゥトンニャk/頭痛薬)
해열제(ヘヨrチェ/解熱剤)、감기약(カmギヤk/風邪薬)

★以上、『リアルな日常表現が話せる!韓国語フレーズブック』より抜粋

台湾の薬局の店員さんはすばやく薬を出し、親切に飲み方の説明をしてくれました。1日食事をセーブし、薬もしっかり飲んだら調子が良くなってきたので、薬をやめてみたものの、やっぱり本調子に戻らない......。結局帰国するまで「胃腸は不調」という状態でした。

食欲があるようなないような...という状態でずっと過ごしていたのですが、タピオカドリンクや豆花、仙草ゼリーのような台湾スイーツのほかに「食べたい」と思ったのは、意外にも韓国料理!キムチチゲやカルビタンのスープ、トッポッキなんかがとても恋しかったです。(そして一昨日、やっとその韓国料理にありつけました(笑))旅行記もブログに書いていますので、是非のぞいてみてください。(こちら


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A