HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第24回 「ケナダ? ケノド?」

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第24回 「ケナダ? ケノド?」

当校スタッフたばたが休暇を使用してカナダ旅行に行ってきました。
美しい湖の写真などを旅先から当校インスタグラムにあげてくれています。
是非ご覧ください。

そんな中、当校でカナダに関する話題になりました。ちなみに、カナダの韓国語は?

캐나다(ケナダ)

ですね。ある先生がおっしゃっていたのですが、日本語話者の方で、

「캐너더(ケノド)」と発音されていた方がいた、惜(お)しい、と。

それを聞いて、韓国語としては違うかもしれないけれど、その日本語話者の方は韓国語の外来語の発音の知識があって、普段外来語の発音に気を付け、意識しながら話されてるんだな、と思いました。というのは......

日本語の外来語で「あ」の母音で終わる文字(アカサタナハマヤラワ)は、韓国語の母音では、「ㅏ」をはじめとし、「ㅓ」になったり「ㅐ」になったりします。

これはもとの言語(英語のことが多い)の発音記号に準拠しているためで、例えば「コンピューター」、「プレーヤー」など、原語が「er」で終わるものは、韓国語だと「컴퓨터」「플레이어」というように「ㅓ」で終わります。

Canada(カナダ)の(ナダ)部分の母音の発音記号も実はこの群に属するので、発音記号だけで考えると「캐너더(ケノド)」となるのでは、と思わなくないのですが、カナダの韓国語は、「캐나다(ケナダ)」なんですよね。

とある先生は、最初の発音が陽母音だからその影響かな......とつぶやいていました。もしくは一言で「以前からの習慣」と片付けてよいものか......、など、改めて調べてみたいと思います。いくら理論を勉強しても、例外も少なくないので面食らうこともありますね。

캐나다는 가 본 적이 없는데 사진을 보고 한번 가 보고 싶은 마음이 생겼어요.

(ケナダヌン カボンチョギ オムヌンデ サジヌルポゴ ハンボン カボゴシップン マウミ センギョッソヨ/カナダは行ったことがありませんが、写真を見て、いちど行ってみたいという気持ちになりました)

それにしても、旅行写真のカナダの湖の美しいこと。この世にはきれいな場所がいっぱいあって、いつまでも元気で、長生きして、お金をためて(!)、いろんなところに行きたいなと思う日々です。


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A