HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第33回 「カマイソバ~」

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第33回 「カマイソバ~」

ちょうど10日くらい前になるでしょうか。韓国の水原とソウルを訪れてきました。長いお付き合いになる韓国の雄弁協会さんにお声をかけて頂き、水原で開かれた韓国語スピーチの祭典でスピーチをしてきました。(※大会報告ブログ

趣味活動のオーケストラの本番を控えており、夜の練習を終えた後、羽田から2時発の大韓航空深夜便に乗りソウルへ。深夜便に乗るのは初めてだったのですが、こんな時間でも機内食が提供されることに驚きました。しかし、離陸と同時に貴重な睡眠を取るために眠るよう努めたので、それを何となく断ったことしか覚えていません。

羽田発でしたが、到着は仁川。明け方4時半に到着。ゆっくりと韓国料理の定食を食べ、始発の水原行きのバスを待ちました。

行くたびに、バスが乗りやすく、チケットも買いやすくなっている韓国。空港出口のバス停に立っていると、おじさんたちが乗客の世話を焼いてくれます。

「こっちに並んで」
「ここは通路だから荷物を置かないで」
「どこに行きたいの?それなら○番だよ」
というように。

その中で聞こえてきたある韓国語のフレーズ。わたし、この響きが大好きなのです。
「カマイソバ~」

もともとは、

가만히 있어 봐요.
(カマニ イッソ バヨ/[直訳]じっとしていてください)」

から来ていて、「ちょっと待っててくださいね」という意味に発展するのですが、なんと言いますか、ただ「待っていて」ということを言いたいのではなく、「わたしに任せなさい。○○してあげるから。」というような、韓国人ならではの「世話焼き好き」感が出てくる言葉なんです。

使命感を持って乗客をさばくおじさんたちのプロ意識を感じた一幕でした。

ブログにも書きましたが、ソウルの秋は最高でした。 韓国はこれから厳しい冬がやってきますね。韓国在住の皆さん、温かくしてお過ごしください!!


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A