HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語 > 第44回 FYROMに大変身!

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第44回 FYROMに大変身!

平昌冬季オリンピックが幕を閉じました。いろんなドラマ、エピソードが生まれ、印象深いですね。一方、大きく報道されないだけで、無数のドラマやエピソードが存在していたんだろうな、と想像したりもします。

さて、平昌五輪開会式、入場行進の順番問題もいよいよクライマックスです。

マケドニアの順番について、やっと分かりました!......とは言いつつも、素直に出題者の方に降参しました。ギブアップ!早速、出題者の方からのお答えをご紹介します。
(韓国語に対するカタカナルビと日本語訳は私がつけました)。

「もともとは구 유고슬라비아 마케도니아 공화국(ク ユゴスrラビア マケドニア コンファグk/旧ユーゴスラビアマケドニア共和国)なのですがカナダラ順に入場行進をすると(マケドニアと)仲の悪いギリシャが、その次の選手団一人のガーナを挟んで行進することになり、韓国政府は英語表記を韓国読みにすることを考えたそうです。

Former Yugoslav Republic Of Macedoniaの頭文字を並べて韓国語読みにした結果が피롬(ピロm/FYROM)となるわけです。Formerを気を利かせて포머などとしてしまうと順序がわからなくなってしまいます。」

とのことです!これは難しすぎました。マケドニアが피롬(FYROM)に大変身していただなんて。

마케도니아가 피롬이라는 이름으로 입장한 것을 듣고 놀랐습니다.
(マケドニアガ ピロミラヌン イルムロ イpチャンハン ゴスr トゥッコ ノrラッスmニダ/マケドニアがフィロムという名前で入場したことを聞き、驚きました)

ちなみに、ギリシャとマケドニアに関しては、ちょうど2月28日の読売新聞国際欄に「マケドニア 改名検討 ギリシアと国名論争20年」という記事が載っています。

また、今回のこの入場行進順のことで別の読者の方からもお便りを頂戴したのですが、イタリアの位置もハングル順でなかったそうですね。詳しくは、その読者の方の書かれたブログ記事をご覧ください(こちら)。

やはり国家・地域間の軋轢(あつれき)が原因なのですが、例えば私たちの日常生活のレベルでも、誰さんと誰さんの席は離したほうがいいとか、いろいろ起こりますよね。いくら平和をとなえても、そういうことがああいった国際スポーツの祭典にまで起こると考えると、嗚呼、人間とは!?なんて嘆きたくなってしまいます。

あ、メルマガが暗く終わってしまいそうな危機(笑)......、
ということで、気を取り直して。

冬のスポーツの祭典が終わったあとはロシアサッカーワールドカップが待っています。東京オリンピックももう二年後。あっという間ですね。

今日から三月。韓国は新学期です。ピカピカの一年生たちがそれぞれの新天地に向かいます。そんな姿を想像しつつ、私たちも年度末の三月を過ごしましょう!


知ってトクするシゴトの韓国語


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A