HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアの韓国語コラム。アイケーブリッジ外語学院の幡野さんがお届けする、日常生活やビジネスシーンの活き活きとした韓国語表現集。 旬の話題や、日本語と比較したときの興味深さなど、多彩な内容です。

第22回 「韓国人が久しぶりに人に会うと」

先日、以前当校で授業をしてくださっていた韓国人の先生が遊びに来てくださいました。先生はご家族のお仕事の関係で、今は東南アジアの国に住んでいます。

先生が現れたとき、ちょうど当校の先生方の休み時間に当たり、わたしが事前に「◯◯先生がいらっしゃるよ」と伝えていなかったこともあり、「おおー!」となりました。

すると、

「얼굴이 좋아지신 것 같아요!」
(オルグリ チョアジシン ゴッ カタヨ/(直訳)お顔が良くなったようですね
→ 顔色がいいですね!、生き生きしていますね!)

「점점 젊어지시네요!」
(チョムジョム チョルモジシネヨ!/だんだん若くなられますね!)

とたたみかけます。言われる先生の方は、

「◯◯(国名)의 공기가 잘 맞는 것 같아요. 일본 오니까 건조해 가지고...」
(◯◯エ コンギガ チャル マンヌン ゴッカタヨ。イルボン オニカ コンジョヘガジゴ...
/◯◯の空気が合っているみたいです。日本に来たら乾燥しちゃって...)

そんなやり取りを聞きながら、「皆さん、韓国人ですねぇ!(笑)」と。

そう、韓国人は久しぶりに人に会うと、わーっとその第一印象をあからさまに話します。お世辞?の場合もあるかもしれませんが、おそらく感じた印象をそのまま口にしていることが多く、例えばマイナス的な印象を受けたとしても(痩せた、太った、老けた、疲れて見える、顔色が悪い、などなど)、やはりズバリ(ズケズケ)話すことを今までよく目にしましたし、わたしもよく言われました!

韓国の人から見た目のことをいろいろ言われることもあろうかと思います。ちょっとショックを受けることもありますが、気付かなかったことを言ってもらえた、となるべく前向きに捉えましょう!

先生から頂戴した南国の甘いコーヒーを飲みながら、「水の合う」国で過ごせて、
先生は幸せだなぁ、なんて思いました。


第21回 「かとっけよ」

買っとけよ、ではありません。カトッケヨなら分かりますか? これは、

카톡 해요.(カカオトークしましょう)

の発音です。

よく仕事上の情報交換などをさせて頂きお世話になっている八田靖史さんとhimeさんの楽しく斬新な新著、『イラストでわかる はじめてのハングル』に出てくるフレーズです。
(ちなみに書籍内のルビは「カトク(クは小さい文字) ヘヨ」と表記されています)

この書籍の韓国語と日本語の(!)アナウンスは、『シゴトの韓国語』を共著させていただいたイ・ウンジュ先生。

つい最近、先生が遊びにいらしてくれて、一緒に音声を聞きました。音声はCDでなく、アプリをダウンロードし、データを入れる方式。CDからデータを移すのは億劫、なんて方も最近は増えてきているようで時代の流れを感じますね。一緒に聞いていて、こちらのフレーズが流れてきました。

「カカオトークしましょう。」

「カトッケヨ」

客観的に聞いたら、どうして「カカオトークしましょう。」が「カトッケヨ」に変身しちゃうの!?と感じるだろうな~、と思いました。

韓国語の難しいところは、音変化がおこり、見た文字と聞く音にギャップが生じること。

当校で開講中の「発音矯正プログラム」。新スタッフのケーコ(アイケー、のケーコと覚えてください)が、早速ブログにレポートを書いています。こちら

レポートにも書いてありますが、先生の一言、「書くときに失敗しないように正しい発音をする」そう、この考え方はとても大切ですね。

発音が良くなると発話の自信が付く、書くことも上達する、好循環が起こります。学習者の皆さん、諦めずにコツコツ頑張りましょうね。


第20回 「やっぱり海外旅行で覚えておきたいフレーズ」

先週、夏休みに台湾南部の街で過ごし、お腹を壊したというようなことを書きました。頭痛薬その他、常備薬は持って行ったものの、なぜか思い至らず胃腸薬は持っていませんでした。

海外旅行といえば、何よりもまず胃腸薬ですよね(笑)。海外で何を食べてもお腹を壊す、ということがこれまでほとんどなかったので(おそらく25年前のモスクワで1回だけ)、考えが及びませんでしたが、家族を外国に連れていくわけですから、持って行って当然ですよね。わたし、なにやっているんでしょう。

そこで台湾の薬局に入り、胃と腸の薬を2種類買ったのですが、これまで、旅行会話ブックでフレーズを見ても、根拠なく「使わない、使わない」なんて口笛吹いていました。しかし、覚えておいたほうがいい、ということを実感しました。

今回は、韓国旅行の際に使えそうなフレーズを復習してみましょう。

・배가 아픈데요.(ペガアプンデヨ/お腹が痛いです)
・열이 좀 있는 것 같아요.(ヨリチョm インヌン ゴッ カッタヨ/ちょっと熱があるみたいです)
・좀 쉬고 싶어요.(チョm スィゴ シッポヨ/少し休みたいです)
・몸 상태가 안 좋아졌어요.(モm サンテガ アンジョワ ジョッソヨ/具合が悪くなりました)
・여기에서 가까운 병원이 어디예요?(ヨギエソ カッカウン ピョンウォニ オディエヨ?/ここから近い病院はどこですか?)

【単語】
지사제(チサジェ/下痢止め)、두통약(トゥトンニャk/頭痛薬)
해열제(ヘヨrチェ/解熱剤)、감기약(カmギヤk/風邪薬)

★以上、『リアルな日常表現が話せる!韓国語フレーズブック』より抜粋

台湾の薬局の店員さんはすばやく薬を出し、親切に飲み方の説明をしてくれました。1日食事をセーブし、薬もしっかり飲んだら調子が良くなってきたので、薬をやめてみたものの、やっぱり本調子に戻らない......。結局帰国するまで「胃腸は不調」という状態でした。

食欲があるようなないような...という状態でずっと過ごしていたのですが、タピオカドリンクや豆花、仙草ゼリーのような台湾スイーツのほかに「食べたい」と思ったのは、意外にも韓国料理!キムチチゲやカルビタンのスープ、トッポッキなんかがとても恋しかったです。(そして一昨日、やっとその韓国料理にありつけました(笑))旅行記もブログに書いていますので、是非のぞいてみてください。(こちら


第19回 「せっかく、本場に来たのですから。」

今年の夏は南台湾で過ごしました。台湾に詳しい、または映画好きの方はご存知でしょうか、台湾のヒット映画『海角七号』の舞台となった台湾最南端、海の美しい墾丁(ken3ding1)というところです。

プーケットやバリ、沖縄のように世界的に割と名の知れたアジアのリゾート地としては名前が挙がらないかもしれませんが、その海の美しさや観光資源はそれらに匹敵するのでは、と思う場所です。穴場と言っても良く、台湾各地からの旅行者たちがマリンスポーツやバカンスを楽しみ、私たち外国人はチラホラ、という感じです。

数年前に台北とその周辺を訪れたときに感じましたが、台湾は外国の空港に降り立ったときに感じる緊張感、ちょっと身構えてしまう何かをなぜか感じない気がします。

私にとっては日本以外の国の中で最も親しみがある韓国でさえ、着いた瞬間は「さあ、来たぞ!」と、なんといいますか、戦闘モード(笑)に切り替わります。

台湾で話される中国語の語尾のマイルドさ、人々の笑顔、その柔らかくふんわりした感じがまさに台湾スイーツでよく食されるタピオカのようだな、と。

タピオカ。最近は台湾スイーツのお店が増えて来たので、ご存知の方も多いでしょう。韓国のドリンクショップなどでもよく目にしますね。タピオカは、

타피오카

と書き、ネイバー辞書によると、

카사바라는 식물 뿌리에서 채취하는 식용 녹말.
(カサバラヌン シンムルプリエソ チェチゥィハヌン シギョン ノンマル
/キャッサバという植物の根から採取された食用でんぷん)

だそうです。豆花(トウファ)はご存知ですか?豆乳からできた甘くて柔らかいプリンのようなスイーツ。タピオカよりはまだ日本では一般的でないと思いますが、おそらく韓国でもそうで、韓国では豆花を漢字読みし두화(トゥファ)、原語に近づけ떠우화(トウファ)、そして두부푸딩(トゥブプディン/豆腐プリン)とも表現されているようです。

日本でこれらを食すと、ファーストフードのハンバーガーセットより高いこともありますが、台湾は日本のドリンクスタンドの牛乳のような感覚でお茶系、果物のドリンクを街中で飲むことができ、やはりお値段もドリンクスタンドの牛乳並みで嬉しい限り。日本だと目が飛び出るほど高いマンゴーも安くてふんだんに...!

これは食事そっちのけで、スイーツ三昧ね!と思いきや、台湾に来てからというもの胃腸に自信のある私のお腹がゴロゴロと雷を鳴らしがちでやや自粛モードに。やや、ということは、やめてはいないということです。だって、せっかく本場に来たのですからね!

모처럼 본고장에 왔는데 안 먹을 수가 있겠어요?
(モッチョロム ポンゴジャンエ ワンヌンデ アン モグルスガ イッケッソヨ?
/せっかく本場に来たのに食べないなんてことができますか?(→いやできない。反語)


第18回 「今回は、私たちがリニューアル」

第632号(2017/01/19)のメールマガジンで、ふだん教材を注文している韓国語学習書専門店のホームページがリニューアルした、という話題を取り上げ、当校もリニューアルしたい!と締めくくりましたが......、

念願叶い、7/27にリニューアルページを正式オープンしました!これまでの
イメージは変えずに、PCだけでなく、スマートフォンからも操作閲覧しやすいよう
工夫されています(新ホームページ http://ikbridge.co.jp/)。

そこで今回は声高らかに、

아이 케이 브릿지 홈페이지가 새 단장했습니다!
(アイケイブリッジ ホmペイジガ セダンジャンヘッスmニダ
/アイケーブリッジのホームページがリニューアルしました!)

と叫びたいと思います^_^

繰り返しになりますが、この「セ ダンジャン」は、「セ(新しく) タンジャン(×登場)」と勘違いしてしまいがちですが、「登場」の韓国語は、「등장(トゥンジャン)」ですからね、違いますよ。この「단장(タンジャン)」は、漢字語で「丹粧」と書き、「化粧。装いめかすこと」という意味になります。

一回で覚えられなくても、こうして何回も出てくると単語が頭の中に定着
してきます(^_-)。「リニューアル」、もう忘れませんね。

これからも当校ホームページ、当メールマガジンをどうぞよろしくお願いします!

※HPリニューアルにつき、当メールマガジンのバックナンバーは、
まぐまぐのバックナンバーページ
・WOW!KOREAの韓国語コラムページ
を、ご覧いただくと便利です。



《 前 1 2 3 4 5 6 次 》


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。 1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。同年コリア・ヘラルド新聞社主催「第33回外国人韓国語雄弁大会」にて最優秀賞・文化観光部長官賞受賞。 2004年に「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設。 同年、延世大学校韓国語教師研修所 第20期研修過程修了。 2016年 韓国雄弁人協会主催「第21回世界韓国語雄弁大会」にて国務総理賞受賞。 著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。 2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2014年にHSK(新漢語水平考試験)最上級6級で181点獲得(合否なし)。 2015年 第32回全日本中国語スピーチコンテストにて第2位入賞。 2016年NHK World Chinese主催 第3回中国語ラジオパーソナリティコンテストにて会場賞を受賞。

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A