HOME > 中国語・多言語 > 知ってトクするシゴトの韓国語

知ってトクするシゴトの韓国語

ハイ・キャリアに韓国語関連コラムが初登場! 大学卒業後に韓国語の学習を始め、韓国留学。海運会社勤務後、2004年に韓国語スクールを設立した幡野さん。2010年には中国語講座も開始し、自身も中国語の学習を始め、現在上級レベルを目指し奮闘中なのだとか。そんな幡野さんから、韓国語の話、語学学習の話、そしてスクール運営をする中での様々な風景について語っていただきます。

第2回 「ご案内可能だが、努力要」の訳(わけ)

当校の韓国語「通訳翻訳プログラム」の受講を希望される方には、必ずレベルチェックテストをお受けいただいています。

日→韓、韓→日の、時事的な記事の翻訳、そして文章の音読(このとき、アナウンサーになったつもりで、と申し上げます)、そして会話インタビューです。音読とインタビューは、ノンネイティブ言語で行います。翻訳は、語彙の豊富さも拝見させていただいているので、辞書持ち込み不可です。

レベルチェックの結果は、
1.充分ご案内可能
2.ご案内可能だが、努力要
3.ご案内不可能
の3段階で出させて頂いています。

実はこの中で、1と3に属する方は少なく、圧倒的に2の方が多いです。「ご自身次第です」なんて言うと、「曖昧な判断を下す学校だ」なんて思われるかもしれませんので、理由をお話させていただきましょう。2の方は、以下のA~Cの条件をクリアできれば、効果的に授業を受けていたくことができると思います。

A:知識、語彙を増やす課程での障壁を乗り越えられるか
B:発音を徹底的に改善する意思があるか、改善できるか
C:絶対有能な通訳になりたいという目的意識を持続できるか

まずAに関してですが、通訳訓練を行うにあたり知識力と語彙力がやや不足するのでは、と懸念される場合2になります。第一回のコラムでも申し上げたように、通訳訓練は様々な社会的、国際的話題に触れながらこれらの能力を養っていきますが、当然のことながら、興味の薄い分野、面白みを感じない内容も出てきます。そしてそういう話題は余計に難しく感じ、読むのが億劫になりがち。これを乗り越えられるか。「こんなもの読んでも仕方がない」「役に立たない」と思わず、どんな題材でも好奇心を失わず読み込み、新しい語彙を覚えていけるかが重要です。

次にBです。日本語ネイティブの方に限った話をさせていただくと、検定試験の上級レベルを持つ方でも、発音の音変化(激音化、濃音化、鼻音化など))が頭に入っていない、もしくは実現できていない方が多いです。例えば、「16日」「한국뉴스」「발견했다」などを、「シpユギル」「ハングkニュス」「パrギョンヘッタ」と読まれる。正しくは「シmニュギル」「ハングンニュス」「パrギョネッタ」ですね。

発音に関して自身のブログに書かせて頂いたことがありますが(「発音に関する私のホンネ」)、外国語を話すというあらゆるシチュエーションや、与えられた役割によっては、多少発音が良くなくとも、その他の要因で通じさせることもできると思っています。

しかし、「通訳の訓練をしよう」「これから通訳者になろう」という方は別で、人に言葉を聞かせる仕事なのですから、発音はやはり良くないといけないと思います。

でも、上級者になって発音を直すというのは意外にも大変で、仮に指摘を受けその場では直っても、大抵の方は次に同じ単語が出てきたらすぐに間違った元の発音に戻ります。

本当に発音を良くしたいなら、指摘してもらうだけでなく、発音のコツや音変化の理論を学びなおし、鏡を見ながら口の形や口の中にまで意識を及ぼし、たくさん音読・録音し、どこが悪いか客観的に分析し、無意識的に正しい発音が出るようになるまでチェックを怠らないという流れで練習に練習を重ねることが必要です。これができるかどうか、どこかで「通じているから不便ない」と思ってしまわないか。

そしてC、モチベーションの維持ができるか。一概には言えませんが、日本でも韓国でも一般的な方法で韓国語を初級から学習し、上級に達した皆さんは「褒められながら」育てられてきたと思います。

しかし、通訳の訓練は必ずしも褒められることばかりではありません。時には耳が痛くなるような辛く厳しい指摘を受けることもあります。上級者になってもそんな指摘をしてもらえる機会があることは有り難いことだと思いますが、ちやほやされて育てられてきた韓国語学習者の中には、それに耐えられない方も少なくありません。

でも、そこで歯を食いしばって頑張れるのは、「ぜったい通訳者になりたい」という目的意識やモチベーションがあるからです。それに付随し、指摘を自身の問題と捉えることのできる素直さも大切です。

以上、長くなりましたが、ある程度のレベルに達したあと、さらに可能性を広げることができるかどうかはご自身次第です。頑張りましょう!


第1回 お仕事受注までをサポートしたい

理想と現実のギャップを乗り越えていただき、お仕事受注までをサポートしたい

 アンニョンハセヨ?幡野です。この度当ページでコラムを担当させていただくことになり光栄に思っております。どうぞよろしくお願いします。(ちなみに、韓国語の「光栄です」は、左右ひっくり返って「栄光です」という言い方をします。→(영관입니다.(ヨングォアニムニダ/[直訳:榮光です])

 当校は現在、韓国語の通訳クラスが3クラス、中国語の通訳クラスが1クラスございますが、特に韓国語の方に、最近比較的お若い方々からの問い合わせが増えてきました。K-POPや韓国ドラマが好きになり韓国語の勉強を始め、検定試験を受けたり留学などをして上級レベルに達し、将来の仕事として「通訳者」を意識し始めるのだと思います。

 通訳者、翻訳者として仕事をしていくためには、検定試験のレベルや流暢な会話力も大切ですが、どれだけ世の中の出来事や社会に精通してるか、という知識的な部分が大変必要となってくることは誰もが認めるところでしょう。しかし、ときに若年層の方の中には「新聞をほとんど読んだことがない」「日常的にニュースを見ていない」という方も少なからずいらっしゃいます。学生さんもときにいらっしゃるので、社会経験をしたことのない方も少なくなく、極端な例を挙げると、「'課長'と'部長'の、どちらが上か分からない」という方もたまにいらっしゃいます。

 そこで、通訳や翻訳の訓練をしていくためには国際的、社会的な多くの情報を仕入れ、これらを題材に訓練していくんだということからお伝えしていきます。中にはここで開眼し、授業の題材を貪欲に読み込んでいかれる方もいらっしゃれば、慣れない時事用語や内容に戸惑い、「日本語でも意味が分からないものだらけ」と、勉強を諦めてしまう方もいらっしゃいます。憧れの韓流スターのファンミーティングの通訳者になるのに、こういう勉強が必要だった、というのはその方にとっても衝撃でしょう。

 しかし、青春期を経て社会人になり、ある程度のキャリアを積んできた人なら誰でも「理想と現実のギャップ」に苦しんだことがあるのではないでしょうか。当校でも、現実をお伝えしつつも、それでも夢を持ち続けていただけるよう励まし、応援していきたいと思っています。韓流スターのファンミーティングで通訳をしていた先生に憧れて通訳者を志した人がいたとしたら、ぜひその夢を諦めず、多くの困難に立ち向かい、歯を食いしばりながら訓練に耐え、「ことばを仕事にする」ということの喜びをいつか味わっていただきたいと思っています。



《 前 1 2 3


↑Page Top

プロフィール

幡野泉

幡野泉さん
早稲田大学第一文学部卒業。1998年、韓国・延世大学校韓国語学堂修了。韓国大手商船会社の日本総代理店に勤務後、有限会社アイ・ ケー・ブリッジ設立。04年には「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開設し、ビジネス韓国語を中心とした講座運営を開始。同年、延世大学校韓国語教師研 修所、第20期研修過程修了。現在、「アイケーブリッジ外語学院」代表および「All About 韓国語」ガイド。著書に『明日から使えるシゴトの韓国語』(アルク)、『シゴトの韓国語 基礎編応用編』(三修社)、『リアルな表現が話せる!韓国語フレーズブック』(新星出版社)などがある。2010年の中国語講座開講をきっかけに中国語の学習を開始し、2012年にはHSK(新漢語水平考試験)の5級を取得。