HOME > 英語の勉強 > American Culture and Globalization

American Culture and Globalization Online Lecture

第14回 Americanization & Globalization

 先週の予定では、日米のビジネス比較を行おうという予定でしたが、前回のレクチャーでお話をしてHorizontal CultureとVertical Cultureの解説が不十分なままだったので、ビジネス比較は次回に先送りし、今週は文化差のお話しをします。


  lecture14_1.gif ▶ 第14回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

アメリカの文化を説明する上でキーワードとなるのは、Vertical CultureやIndividualismです。常に「何が正しいか」「何が正義か」を神や教会の基準と照らし合わせる文化です。またこれはLow-Contextでもあります。コンテキストとは、ここでどういう意味かというと、どれだけ人々が共通の文化的知識や背景を共有しているか、ということ。つまり、アメリカのようにLow Contextということは、多民族国家であることからもわかるように、生まれも育ちも違い、お互いの共通認識が薄いということです。その結果、アメリカに行った日本人が「やってほしいことがあったら、遠慮せずに言わないとわからないよ」とか「黙ったままでは、誰にも気づいてもらえないよ」と言われてしまうのです。日本人の感覚から言うと、それほど自己主張するのは簡単ではないのですが、Low Contextで生きるには、それも重要です。


  lecture14_2.gif

逆に日本はHorizontal Culture、Collectivism、High-Contextといったキーワードが使われます。Horizontalとは「水平」という意味ですね。つまり、神や教会といった自らの上にある存在ではなく、同じレベルにいる友達や同僚、近所の人々の基準と照らし合わせて、何が正しいかを決める文化です。このように周囲とのつながりが濃いことは、Collectivismと呼ばれる集団主義の原因でもあります。日本人はいつもグループで行動する、といいますが(実は海外旅行をしているアメリカ人もアメリカ人同士でかたまるのですが......)、これには十分な文化的な理由があるのです。
 また、日本はHigh contextです。先に解説をした通り、High contextとは多くの人が文化的背景を共有しているということ。その結果、「1を言えば10をわかってもらえる」という状況が生まれます。阿吽の呼吸とはまさにその様子ですよね。空気が読めない、というのも、High Contextだからこそ。Low contextの社会では、そのような感覚は強くありません。また、「気が利かない」というのも、High contextならではですね。


  lecture14_3.gif

恥とShameについても同じです。恥は日本的な感覚で、社会的に見て「恥ずかしい」という感覚です。しかしShameはShame on you!という表現があるとおり、社会的な感情というより、Verticalな関係において、認められない行動をとったことに対する感情です。訳をする上では、これらの2つをイコールと考えても、大きな問題はないでしょうが、文化的な違いは大きいと考えるべきです。


  lecture14_4.gif

さて、次回はビジネスの話に移ります。日本のビジネスが欧米型ビジネスにどんな影響を与えているのか、考えて見ましょう。



第13回 Americanization & Globalization

 グローバル化に関わる様々な例をこれまで見てきました。ここ2回は野球とサッカーに焦点を当てましたので、今週は少し内容を変えて、言語を考えて見ましょう。これまでに考察してきたとおり、アメリカの影響は日本国内で非常に大きなものがあります。その結果、英語の表現を日本でも頻繁に耳にすることがあります。
▶ 第13回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。  lecture13_1.gif lecture13_2.gif lecture13_3.gif lecture13_4.gifその例の中には、物を示すものがあります。例えばテレビやコンピュータなどは、英語の単語が日本語にカタカナ語として借用されたものですよね。IT関係の通訳をしていると、助詞だけが日本語で、それ以外はカタカナを乱立しているのではないか、と思うこともあります。しかしあえてそれらを日本語にしてしまうと、その業界にいる人々の理解を阻害してしまうという現実もあります。聴衆を知るということが必要ですね。物を示す言葉以外にも、概念など、触ることのできないものを指す単語もあります。最近よく耳にするのは「リスペクト」「アジェンダ」「コミットメント」など。これらの単語は確かにカタカナを日本語にするのが難しいと感じることもあるのでしょう。しかしこういった表現を望ましくないと感じる人は比較的多いですし、プロの通訳者としてはこういった表現も聴衆にとってわかりやすい日本語にして訳すことが必要だろうとも感じます。
  しかし英語以外にもカタカナ語はありますよね。鎖国時代にポルトガルやオランダと交易をしていたことによって、ポルトガル語やオランダ語の影響は大きいと言います。ポルトガル語であればカステラ、オランダ語であれば手術で使うメスなどがそうですね。ケーキ屋に行くとマロンといいますが、英語ではChestnutですね。
 またさらに興味深いのは、日本語が英語などの外国語にも入り込んでいること。交番や過労死などは、英語として認められています。だからと言って、どの英語話者もこれらの言葉を知っているわけではありません。しかし文化色の濃い寿司やしゃぶしゃぶは、とてもよく知られた単語です。また、英語が日本語となり、それがまた英語として使われている例もあります。今回のレクチャーではアニメの例を取り上げています。アニメはAnimationに由来する外来語ですね。AnimationとはAnimateという動詞からわかるとおり、日本で考えられている「アニメ」より大きなカテゴリーの単語です。しかしこのAnimeという言葉が英語になったことで、この単語は宮崎駿やディズニー、ドラえもんなどとは違う、ある特殊な漫画を指すことが非常に多いです。


第12回 Americanaization & Globalization

 

 今週も前回から引き続いて、グローバル化を考えてみましょう。いつもどおり、復習からです。

lecture12_1.gif▶ 第12回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。  

数週間前に、グローバルブランドの話をしました。そこで、まずアメリカのブランドが非常に強い価値を持っていることを話しました。飲料系、IT、電化製品など、アメリカに本拠地を持つ会社が世界中でその製品を販売しています。しかし日本も負けたものではありません。自動車、電化製品など、やはりさまざまな領域で日本のブランドは世界に進出しています。同時に、他の国も強力な価値観を持っていますね。スウェーデン、韓国、フランスなどの国名がその時のレクチャーではテーマになりました。これは「一流ブランド」と一般に呼ばれるものだけですから、企業の規模は小さくても、世界に与える影響力の大きいニッチ産業ブランドなどは含まれていません。
 前回は野球の話をしました。野球といえば、やはりアメリカ主導のイメージが強いです。MLBの人気は日本でも依然として高いです。選手はMLBでプレーしたいと考え、ファンもMLBの迫力あるプレーを見たいと感じています。しかしWBCの例を考えてみると、MLBのビジネスモデルは非常に成功を収めていますが、必ずしもアメリカ流のプレースタイルが世界で通用するとは限らないことがわかりました。実際、日本、韓国、キューバなど野球の強豪国がありますし、アメリカの戦績は優れているとはいえません。これはアメリカ中心と思われている文化が、実はより複雑なグローバル化を象徴している例といえるでしょう。

lecture12_2.gif

 今週は同じスポーツでも、アメリカとは程遠い存在と思われているサッカーを扱います。サッカーは特にそのワールドカップが世界3大スポーツイベント(他の2つはオリンピックとF1)に挙げられるように、非常にグローバルなスポーツです。世界のどこに行っても、サッカーはプレーされていて、サッカーを知っていれば仲良くなれる、と言っても過言ではないかもしれません。その中で例外をあげるとすれば、アメリカでしょう。フットボール、ホッケー、バスケットボール、そして野球の4大スポーツの影に隠れています。女子サッカーは人気ですが、残念ながらどこの国でも女子スポーツはスポンサー収入に苦しみ、観客動員数もなかなか伸びません。その影響もあって、サッカーはアメリカ的なスポーツではない、と一般に考えられています。

lecture12_3.gif

 しかしそれを覆すデータもあります。アメリカで競技人口が増えている2つのスポーツは、ゴルフとサッカー。アメリカの若者にプレーしたことのあるスポーツを聞いてみると、サッカーが1番です。ユース年代では、多くの子供たちがサッカーを経験するのですが、大人になるとサッカーから離れていくという傾向が見えてきます。しかし将来的にサッカーを経験したことのある世代が拡大し、また社会人になってもサッカーをする傾向の強い移民が増えることで、アメリカにおけるサッカーの位置も変わってくるでしょう。これは世界のスポーツがアメリカに侵入している例です。野球やブランドの例とは少し違ったグローバル化の一例と考えられます。

lecture12_4.gif

 このように分析していくと、ただグローバル化といっても、それにはいろいろな形やスタイルがあり、一概に「グローバル化はアメリカの文化侵略」とは片付けられない様子が見えてくるでしょう。


第11回 Americanization & Globalization

今週も先週に引き続いて、AmericanizationとGlobalizationがトピックです。グローバル化と聞くと、どうしてもアメリカ主導型のAmericanizationを思いがちではないでしょうか? 実際のところはどうなのか、いくつかの例を見ることが重要です。今週はそのケーススタディーの1つ目として、野球を見てみましょう。

▶ 第11回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。 lecture11_1.gif

野球はアメリカならではのスポーツ。野球の始まりを知ることはほぼ不可能です。というのも、誰が最初にボールを棒で打ったかを知ることは歴史学的になかなか難しいもの。しかし組織化された近代スポーツとして考えると、そのルーツの一部はアメリカに存在します。

lecture11_2.gif

またメジャーリーグ(MLB)は世界で最大のプロ野球リーグ。映画や音楽などの大衆文化にも浸透しています。A whole nine yardsやHome run、Cover all the basesなどといった野球から生まれた英語表現は日常生活やビジネスの中で頻繁に使われます。

lecture11_3.gif

多くの野球選手がいつかはMLBでプレーすることを夢見ます。多くのファンはMLBの試合を見に行きたいと考えています。MLBは非常に収益性の高いスポーツであり、世界中にファンがいます。そう考えると、野球のグローバル化は、世界の野球のアメリカ化とほぼ等しいと考えることもできます。

lecture11_4.gif

しかしWorld Baseball Classic (WBC)を考えてみましょう。オリンピックでもそうですが、必ずしもアメリカの優位性は確立されたものではありません。WBCは2大会連続で日本が優勝しました。ほかにも韓国やキューバなど強豪国がたくさんあります。どちらかといえば、アメリカはその影に隠れていました。スター選手はあまりプレーせず、バスケットボールのようなDream Teamではありませんでした。アメリカ以外の国が活躍した理由として、アメリカより緻密な戦略やトレーニングを行ったことなどがあげられていますが、アメリカ流ではないプレースタイルが成功したといえます。この点からは、野球のグローバル化がアメリカ化とは同一ではありません。それどころか、グローバル化によって、さまざまな野球のスタイルが生まれたわけです。

lecture11_5.gif

野球のアメリカ化が激しいのは、野球ビジネスでしょう。チームは選手に投資をしますから、その選手がWBCで疲労を抱えたり、怪我をするのを好みません。ですからなるべく手放さない方向で選手と話をします。しかしMLBとしては世界に野球が広がって、MLBのマーケットが拡大することは望ましいこと。そのバランスをとろうとしたのがWBCでした。


第10回 Globalization & Americanization

今回のテーマはGlobalizationとAmericanizationです。

▶ 第10回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。 lecture10_1.gif

グローバリゼーションと聞いてどんなことを想像しますか?これまでのレクチャーの中でも、すでにどのようにグローバリゼーションが私達の生活に影響を与えるか、考えてきました。Social Locationの内容では、世界の中での自分のアイデンティティーを考えました。Beautyのレクチャーでは、世界や文化によってその定義が違うことに言及しました。そして前回と前々回のレクチャーではブランドに焦点を当てました。
lecture10_2.gifブランドのレクチャーでは、グローバルブランドを羅列して、その特徴を探ってみました。今週の内容とは離れますが、Aspirational Brandという概念は非常に重要なものですから、ぜひ覚えておいてください。きっと皆さんの会社、部署、そして個人のブランディングのヒントになると思います。
グローバルブランドを羅列したとき、日本のブランドと日本以外のブランドが生まれました。日本以外のブランドとして、Rolex(スイス)やIkea(スウェーデン)などが挙げられました。しかしMcDonald's、Ford、Googleなどアメリカのブランドも沢山出てきましたね。よく考えると、「グローバリゼーションとは結局のところ、アメリカ化でしかないのでは?」と思わずにはいられないこともあります。実際のところはどうなのでしょうか? 

lecture10_3.gif

経済の世界では、Big Mac Indexというものがあります。有名なThe Economistという雑誌が最初に紹介したものです。1つのビッグマックが世界の各国でどれくらいの値段で売られているか、ということを探り、それを元に通貨の価値を考えるものです。例えばアメリカでビッグマックが2ドルだったとします。日本で、(あくまで例えばです)200円だったとします。もしも円とドルの交換レートが1ドル85円だったとすれば、本来はビッグマックが170円で売られていていいはずですね。しかしそれが200円で販売されている。この170円と200円の格差をもとに、一体為替レートが的確であるか、各国の経済状況はどうか、ということを考えるのに役立つのです。ここで重要なのはそのメカニズムではありません。それより、この様なIndexが可能であるという事実です。つまり、マクドナルドが世界中に進出し(約120カ国というデータもあります)、ビッグマックを世界で食べることができるからこそ、この様な経済統計が取れます。グローバリゼーションを測る指標がアメリカ化の結果として生まれた社会現象であるということです。
lecture10_4.gif他にも映画、政治経済のニュース、有名な芸能人などを考えると、諸国の知識があるとは言え、やはりアメリカのインパクトが大きいことは否めません。すると、グローバリゼーションは本質的にアメリカ化であって、そこにいくらかの例外がある、ということなのでしょうか? この仮説の信憑性がある程度出てきますね。グローバル化した社会は、アメリカの影響を受けやすくなった社会ということです。必ずしも、全ての国がグローバル化に参画している、というわけではないのです。
議論をする上、そして正しい知識を得る上では、複数の視点を見ることが大切です。次回のレクチャーでは、グローバリゼーションがアメリカ化ではないとする意見を考えてみましょう。 lecture10_7.gif



《 前 1 2 3 4 5 次 》


↑Page Top

プロフィール

木内裕也

木内 裕也さん
フリーランス会議・放送通訳者。 長野オリンピックでの語学ボランティア経験をきっかけに通訳者を目指す。 大学2年次に同時通訳デビュー、卒業後はフリーランス会議・放送通訳者として活躍。 上智大学にて通訳講座の教鞭を執った後、ミシガン州立大学(MSU)にて研究の傍らMSU学部レベルの授業を担当、2009年5月に博士号を取得。翻訳書籍に、「24時間全部幸福にしよう」、「今日を始める160の名言」、「組織を救うモティベイター・マネジメント」、「マイ・ドリーム- バラク・オバマ自伝」がある。アメリカサッカープロリーグ審判員、救急救命士資格保持。