HOME > 英語の勉強 > American Culture and Globalization

American Culture and Globalization Online Lecture

第4回 Borders 2

第4回目となる今日の講義は、前回から引き続いてBorderの話です。次第に講義の内容も難しくなってきて、「どうしても分からない部分があるなあ」とか「ついていけるかな」と不安に思っている人もいるかもしれません。今回の録音された講義の冒頭にも私がお話していますが、100%分かろうとする必要はありません。約1年後にこの講義シリーズを修了し、その時に「少し英語力がUPした」とか「なんとなく英語の講義になれたかな」と思えればそれで十分です。最初から全てを理解する必要はありませんし、そのように自分にプレッシャーをかけると、逆効果になってしまうかもしれません。気軽に、分かるところだけでいいから、くらいの気持ちで取り組んでください。
lecture4_1.jpg▶ 第4回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

前回のレクチャーでは、Bordersを知ることによって、自分と他者の境界線を知り、その境界線を越えることの価値を知ることや、新しい世界に挑戦するには何が必要かわかるようになると説明しました。同時に、Bordersは人間が作り上げたものであり、国境や経済区域などニュースなどで耳にするもの以外にも、文化や年齢、性別など様々なものが境界線を生み出すことも説明しました。
 今回のレクチャーでは私の住むEast Lansing市とかつて住んだことのあるBostonの地図を用いています。皆さんも、近所の地図があれば、似たような境界線を引くことができるか考えて見てください。East Lansingであれば、大学のキャンパスとそれ以外には大きな違いがあります。しかしキャンパスの近くは学生が住み、本屋やバー、レストランが沢山ある繁華街を構成しています。そこから少し離れると、静かな環境になって、East Lansing市の東にあるOkemosという市などは、とても裕福な人が住む街として知られています。

lecture4_2.jpg 

英語ではOn the other side of the train trackという表現があります。日本でも駅の反対側(例えば皆さんが最寄り駅の東口に住んでいるとしたら、西口)はどうも実際の距離よりも遠くの気がする、ということがあると思います。それと同じように、この英語の表現は「線路の向こうは慣れない世界」というイメージのある表現。East Lansing市には127号線という高速道路が南北に走っています。この西側はLansing市で、East Lansingより治安がよくないとされています。またEast Lansingに住んでいる人にとって、実際の距離よりも遠く感じられる世界。こういった心理的なBordersはきっと皆さんの周りにも沢山あるでしょう。それを乗り越えると、「今まで知らなかった美味しいパン屋」など、思わぬ発見があるのです。

 

ボストンでも、Washington Streetの南は午後5時を過ぎると治安が悪いと言われています。このように様々なBordersが私たちの生活の中には存在しています。それだけではなく、当たり前と考えている男女差や飛行機のエコノミークラスとファーストクラスの間にあるBordersも、少し考えてみると思わぬ発見があります。トイレの例を考えれば、講義の中で解説があるとおり、親が異性の子供を何歳になったら1人で公衆トイレに行かせるか、何歳までは自分と一緒にトイレに入れるかという問題が、アメリカで大きな話題になっています。特に子供の安全の観点から、これは難しい問題を提起しています。

  lecture4_3.jpg

このようにきっと今までは特に考えたことがなかったであろうBorderの概念を掘り下げた結果、何かの新しい発見があれば幸いです。次回はBeautyの概念をお話します。

lecture4_4.jpg


第3回 Borders 1

 今週のテーマはBordersです。今週と次回の2回にわたって、このテーマを探求していきます。第1回目の今週は、Borderの概念についての話が中心です。やや学術的な部分もありますから、先にこの解説を呼んでから、レクチャーを聞くのも悪くは無いかも知れません。


▶ 第3回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

Bordersという単語にはどれくらい馴染みがあるでしょうか? 一般的には「国境」という意味で使われることが多いですね。Border Patrolといえば、国境警備。Border Controlという言葉も使われます。しかし日本語でも選挙の時期になると、「当選と落選のボーダーライン」と言った風にも使われます。Borderとは、境界線のことです。

  さて、このBorderという概念を扱う上で重要な点は2つあります。1つ目は、Borderが自分たち(Us)と他者(ThemもしくはOthers)を区切る境界線であるということ。例えば国境であれば、自分たちの国と、外国を区切りますね。「ここが自分の領域だ」ということは、「ここは自分の領域ではない」ということと等しいわけです。言い換えれば、他者の存在が無ければ、自己の存在も失われます。従って、私たちの人生における様々な境界線を知ることは、自己と他者の境界線を知ることであり、「自分とは何か」そして「自分の文化は何か」などの質問の答えが見えてくるものです。

 2つ目はBorderが社会的に作られたものであること(Social Construction)。レクチャーの中ではこの点をスライドで解説していますが、ネイティブスピーカーの学生でも混乱する部分ですから、やや難しいかもしれませんね。Social Constructionとは、自然社会に存在するものではなく、人間が作り上げたものです。そしてそれがあたかも当たり前で自然のように感じられることさえあります。講義の中ではスポーツの例を扱っています。野球を考えてみましょう。ボールを投げて、それを木製のバットで打つという行為自体には、何の本質的な価値もありません。「できるだけ相手に打たれないように投球し、それを打ったら、打者はできるだけ遠くのベースまで行き、得点を稼ぐことをルールとする」という合意があるから成立しているだけであり、ヒットを打った後に1塁へ向うことが必然ではありません。3塁に先に行くことを拒むものは何も無いのです。従って、スポーツは社会が決めた規則に従って行われるSocial Constructionの1つです。今ではそれが当たり前で当然で、必然のように感じられますが、よく考えればそんなことはありません。

  lecture3_4.jpgBordersも同じです。人間が勝手に決めたものであり、そこにBordersが存在する本質的な必要性は無いのです。だからこそ、例えば日本と韓国や、アメリカとメキシコの間で頻繁に国境にまつわる問題が発生しているのです。社会がこの様な境界線を設定したと言うことは、そこに何らかの意味があるわけですから、その境界線を認識し、その意味を探求することは意味のあることです。実際にその意味を探求するのは次回の講義ですが、その土台となるのが今週のレクチャーです。

 またBorderには国と国の間の境だけではなく、経済的なもの、文化的なもの、またユーロとドルといった通貨、若者と高齢者といった年齢など、様々な種類があることも覚えておく必要があります。

 さて次回への宿題は至って簡単です。Googleでも何でもいいですから、近所の地図を見つけてください。「近所」が自分の市町村であっても、都道府県であっても、日本であっても構いません。自分の生活圏を含む地図を見つけ、そこにどのようなBordersが存在するか考えてみてください。最寄り駅には毎日会社に通うために行くのだけど、駅の反対側はなぜか遠く感じる、ということがあれば、その線路が1つのBordersですね。自分の住んでいる街であっても、「あのスーパーの近所には行ったことがない」ということがあれば、それも1つのBorderです。小中学生の子供がいれば、学区もBorderになるでしょう。自分の見つけた地図の中に存在するBordersを次回までに探してみてください。

lecture3_5.jpg

第2回 「Social Location」

今回から、このレクチャーシリーズの本番です。第2回目はSocial Locationという概念を紹介しています。

lecture2_1.jpg▶ 第2回のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

 Social Locationとは「自分とは何か?」「自分と外の世界のつながりは何か?」を理解するうえで重要なコンセプトです。講義の中で解説している通り、Micro-Level、Meso-Level、Macro-Level、そしてGlobal-Levelという4つのレベルから構成されており、それぞれ、「自分による自分の理解」「自分と家族や近い友人の関係」「自分とコミュニティーや国のつながり」「世界の中の自分」というカテゴリーに分かれます。その答えを知るには、アルバムやデジカメ、携帯の写真を見ながら、自分にとって大切な写真をまとめてみることが有益です。それによって、視覚的に「自分とは何か?」という質問の答えが見えてきます。今回の講義では、私が自分の考えを例に、どのようなSocial Locationがありえるかヒントを出しています。

lecture2_2.jpg
lecture2_3.jpg
Social Locationは個人だけのものではありません。例えば皆さんが働いている会社のSocial Locationを知ることは、会社が社会にとってどのような価値や意味を持つ存在であるかを理解することにつながります。その答えと理想を比較することで、今後、会社や組織をどう成長させていけばよいのか理解することもできるでしょう。たとえばGlobalレベルもMacroレベルもSocial Locationが薄いのに、Global Presenceをキーワードに事業が進められているとします。そんな場合には、まずはMacro-Levelで存在を確立する必要があるでしょう。
 さて、今回のレクチャーでは、第1回目で話をした無生物主語の文章構成が複数あります。SituateやAllowといった動詞を使って、人や動物でない主語の文章があります。これは英語の表現では非常に一般的なことです。しかし日本人の英語学習者にとって、そのような文章の意味は理解できても、なかなか自分でそんな文章を書く、話すことは難しい、と感じることが多くあります。AllowやEnableは無生物主語を非常に取りやすいですから、そんな場合にはこの様な動詞を積極的に使ってみるといいでしょう。
 またInvestigateという単語が出てきます。一般的には、警察などが捜査する、という意味で使われる動詞ですが、StudyやExamineと同じ意味で使われることもあります。This study investigates the relationship between wealth and happiness.といった風に使えます。
 Big Tenという表現がでてきます。なかなか日本では馴染みのない表現でしょう。アメリカでは大学スポーツが非常に人気です。しかし国土が広いですから、国内の大学と試合をするのも移動が大変。そこで、地域でまとまってConferenceと呼ばれるリーグを作っています。私の教えるMichigan State UniversityはBig Tenという名前のカンファレンス(リーグ)に所属しています。同じカンファレンスに所属する大学は研究でもスポーツでもライバル視され、その様な学校と試合をする場合には、学生が一層熱をこめて応援しています。
 来週はBorderについてです。Borderは「国境」と理解しがちですが、その意味はそれだけではありません。隠された深い意味を考えていきましょう。

lecture2_4.jpg


Lecture 1 解説

 American Culture and Globalizationレクチャーシリーズの第1回目にようこそ。このレクチャーの目玉は音声教材ですが、それぞれのレクチャーの重要な点をいくつかまとめて、講義ファイルのアップロードと同時にご紹介していきます。

img_lecture01.jpg
▶ 第1回目のレクチャーはこちらにアクセスしてください。

 このレクチャーシリーズは、日本にいながらアメリカの大学の授業と似た経験をすることができるのが特徴です。しかもただ通常の大学の講義をオンラインで視聴するというのではなく、英語学習者向けに内容を適切に調整したオリジナルの講義であるというのも大切な点です。講義の中でも触れていますが、MITなど一流大学は一般向けに大学の講義をオンラインで公開しています。しかしその内容は時に専門的であったり、英語があまりに難しかったりして、なかなか学習教材には向きません。今回のレクチャーシリーズは、アメリカの大学で教えている私が、一般教養の授業を特別編集してお送りします。知的な刺激と、英語力アップに役立つ要素を入れながら、1回15分という短い時間で様々な情報をお伝えします。

 毎回の解説でお伝えするのは、その講義の内容であったり、講義で使われている英語であったりします。オンラインで講義を聞く前にこの解説文を読んでもいいですし、講義の後に読んでもいいでしょう。肩肘を張らずに、気軽に読んで、聞いていただければ幸いです。

 例えば次回の講義ではSocial Locationという概念を紹介します。もちろん講義の中でも解説をしますが、この解説文の中でもより深い理解ができるような説明をします。また、今回のレクチャーでも、いくつか英語学習の鍵となる部分があるでしょう。例えば1つ目の目的を説明するなかで、It enabled students to understand how American culture and non-American cultures interacted with each other.という文章が出てきます。無生物主語は英語の特徴でもありますが、どうしても日本人はStudents were able to understand...といいがちでしょう。このような文章のスタイルは非常に英語に特徴的です。

 または、その次のセクションで私はI hear you.と言っています。「あなたの言っていることが分かります」という意味ですが、I understand.やI agree with you.とは意味が違います。I hear you.というのは、あなたの言いたいことはわかるけど、私の考えは違う、という意識が背景にあるのです。ですから、私は「皆さんがビジネス英語だけ知りたいと言うのは分かるけど、実際には学術的な英語も必要なんです」と言っているのですね。

 さて、講義の本番は来週からです。2週間後のアップを楽しみにしていてください。



《 前 1 2 3 4 5


↑Page Top

プロフィール

木内裕也

木内 裕也さん
フリーランス会議・放送通訳者。 長野オリンピックでの語学ボランティア経験をきっかけに通訳者を目指す。 大学2年次に同時通訳デビュー、卒業後はフリーランス会議・放送通訳者として活躍。 上智大学にて通訳講座の教鞭を執った後、ミシガン州立大学(MSU)にて研究の傍らMSU学部レベルの授業を担当、2009年5月に博士号を取得。翻訳書籍に、「24時間全部幸福にしよう」、「今日を始める160の名言」、「組織を救うモティベイター・マネジメント」、「マイ・ドリーム- バラク・オバマ自伝」がある。アメリカサッカープロリーグ審判員、救急救命士資格保持。