HOME > 英語の勉強 > Bazinga!

Bazinga!

第6回 家の周りの単語(2)

前回に続いて、家周りの単語をいくつか紹介します。Floodは洪水という単語として学校で学びますが、水浸しになっていれば河川の氾濫ではなく、地下室が水に使った場合でもFloodといいます。例えば大雨が降ったとき、家の排水ポンプ(Sump pump)が壊れた場合、地下室(アメリカの一軒家の多くは地下にも部屋があります)に水が入ってきます。これもFloodの1つ。Flood lightは投光照明のことですから、水とは関係がありませんが、光がFloodのようにある場所を照らしているということで、イメージの関連性が感じられるのではないでしょうか?
都市部だと駐車場のスペースが限られているのは日本もアメリカも一緒ですが、少し郊外に離れると、道路から自宅の駐車スペースやガレージまで、10メートル、それ以上の距離があります。自分の家の敷地に入って、ガレージまでのアスファルトの部分はDrivewayといいます。ここはもちろん私道ですから、もしもひび割れなどしたら自分で修繕しなければなりません。
庭の手入れには色々な薬剤がつかれます。それをすべて称してChemicalと呼ぶことが多くあります。「化学製品を使って雑草を減らしたり、栄養を与えたりする」という理由でChemicalです。PesticideやInsecticideは害虫を除去するのが目的。Herbicideは雑草の除去。しかし一般的にはBug killerやWeed killerと簡単な表現をすることが多いです。もしくはティッシュをKleenexという商標名で言うように、Roundupなど有名メーカーの名前をそのまま使うこともあります。


第5回 家周りの単語

日本では学ぶのに、なかなか英語圏では使わない単語があるのと同時に、日本では学ばないのに、アメリカに住んでいると当たり前のように使われる単語があります。最近特に感じるのは、家周りの単語です。1月に一軒家に引越し、庭や家の手入れなどをしているのと、DoorやWindow、Ceilingと言った単語はもちろん学校で学びますが、意外と多くの単語を学校では学んでいないことに気づかされます。

例えばGrub。カブトムシなどの幼虫です。CaterpillarやWormは単語の試験に出ますが、Grubはなかなか習わないのではないでしょうか? しかし、Grubがたくさんいると、どんなに芝に水をあげても、うまく芝が育ちません。ホームセンターには、Grubを除去するための薬剤が売られています。

Roofは知っていても、Eavestroughを知らないこともあるでしょう。日本語では単に雨どいのことです。どの家にもあるでしょう。雨どいで水を集め、それを垂直に作られたパイプで地面に落としますが、そこはDrainpipeやDownpipeと呼ばれます。よく考えれば当たり前の表現・単語ですが、意外と知らないもの。また、小さな板を重ねて作る屋根はShingleと呼ばれます。新しい屋根という意味でNew roofとも言いますが、Shingleを取り替えないといけない、と言う風にも言います。


第4回 Man

 今週の単語はMan。中学校1年生で習う「男の人」という意味の単語ですから、なんら難しいことはないのですが、違った意味で使われることが多くあります。特に話者が若い男性の場合、Hey, man. What's up?と言った風に、Man自体に何の意味もなく、呼びかけとして使われます。Come on, man....と言うのは、ただCome on.(「お願い」「勘弁してよ」)というのと同じです。Come on, mom. Let me do it.(「お母さん、お願い、私にやらせてみて」)では明確に相手(母親)を指していますが、Come on, manであれば、男性の相手に言及しながらも、BobやJohnなどと言う場合とは違って、一般的な表現です。また、ただ単にOh man!と発することもあります。驚きの表現で使われます。カジュアルな表現ですから、ネイティブスピーカーでない話者が使うことは少ないかもしれませんが、この表現に出会うことはあるでしょう。
 さて、このManがスペイン語圏(特にメキシコや中米)で使われるようになっているとか。私はスペイン語に詳しくありませんが、スペイン語の会話の最後にManをつける若者が多くなっているようです。アメリカのTV番組などの影響なのでしょう。それをかっこいいと考えているのかはわかりませんが、コンピュータやテレビなど名詞の外来語とは違って、感嘆詞的な表現まで英語がそのまま輸入されるというのは、日本語ではないですね。


第3回 Bandwagon Fans

 アメリカに留学経験のある人は、きっと多くのアメリカ人が卒業した学校や家族の通う学校に対して非常に忠誠心を持っていることに気づいたことでしょう。お正月に行われる全国高校サッカー選手権や、春夏の甲子園を除けば、なかなか高校のスポーツが数千人の観客を集めることはありません。中学校であればなおさら。大学であっても、多くの観客が集まることは、日本では珍しいです。しかしアメリカでは、大学スポーツを筆頭に、高校や中学、そして小学校のスポーツまで、試合には家族だけではなく近所の人々や卒業生が集まります。
 私の住むミシガン州には、University of MichiganとMichigan State Universityという大きな州立大学があり、フットボールやアイスホッケー、バスケットボールなどの試合には数万人の人が集まります。母校に対する思いが非常に強いため、それを利用したマーケティングも盛ん。Tシャツやトレーナーといった洋服だけではなく、家や車のアクセサリー、キャンプグッズ、毛布など、あらゆるものに大学のロゴが入って売っています。卒業生や在校生、そしてその家族はこぞってそんなグッズを購入して学校を応援します。
 しかし中には特につながりがあるわけではないけれど、「強いから」「人気があるから」という理由で応援するファンも多くいます。そんなファンを指して言うのが、Bandwagon Fansです。例えば、数年前にボストンレッドソックスがワールドシリーズで優勝しました。私はちょうどその頃ボストンに住んでいたのですが、それまで特に野球に関心を示していなかった人たちまで、突然レッドソックスファンになったものです。そんなファンもBandwagon。He jumped on the bandwagon and became a Red Sox fan. と言うことができます。


第2回 ここ1週間でよく耳にした単語

 今週は、ここ1週間よく耳にした2つの単語をご紹介します。そのうちの1つは、多分通訳学校などで比較的習いやすい単語であると思うので、「知っておくといいですよ」程度で充分かと思います。しかし2つ目の単語は、アメリカに住んで数年後に覚えたのを思い出せる単語です。少しアメリカ社会の背景と混ぜながら、細かくご紹介します。

 1つ目はAusterity。緊縮(財政)という意味です。フランスの選挙が終わって、新しい大統領が選出されたことで、非常にこの単語をよく耳にしました。面白いと感じたのは、緊縮に言及する際この単語をそれほどアメリカでは耳にしないこと。しかしフランスでの選挙の後、突然耳にするようになりました。私の推測でしかありませんが、フランス語ではplan d'austeriteという表現をします。もしかするとこの新大統領が使ったこの表現に引きづられて、英語でもそれに響きが近いAusterityという単語が使われたのではないでしょうか? 日英に比べて、英仏など欧州言語は似た表現が多いですから、このようにオリジナルに引きづられるのはよくあることです。例えばヨーロッパで多言語の通訳が入る会議にいると、リレーされた英語を聞いて、「これはオリジナルの影響を受けているなあ」と感じることがあります。「オリジナルを感じさせない通訳」が本当は理想的ですが。

 2つ目はMillageです。辞書では「ドル辺りミル数」とありますが、これではわかりにくいですね。Millage rateとは、土地などにかかる税金の率。Millはミリメートルでわかるとおり、1000分の1。この率のことです。これだけ読むと、「なんだ、税率のことか」と思いがちですが、実はこれがアメリカの生活に想像以上の影響を与えます。

 先日、ミシガン州では各地元で選挙が行われました。市の税率を上げるのに賛成か反対かというのが争点。しかし、その理由が明確になっているのです。例えば、「地元のスクールバスを新調するため」「小学校のコンピューターを新しくする」「中学校の体育館の床を張り替える」など、公立学校に関するものが非常に多いです。数年前には、Millageが認められて数週間以内に新しいスクールバスを購入した学区もあったとか。もしくは、水道局の新しいシステムを導入する、などといったこともあります。

 日本の選挙と違って、このように非常に明確な目的を示し、「このために税率を上げたい」と伝えるのが、新鮮です。Millageと聞くと、航空会社のMileageを思いがちですが、こんな単語もあるのです。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

木内裕也

木内 裕也さん
フリーランス会議・放送通訳者。 長野オリンピックでの語学ボランティア経験をきっかけに通訳者を目指す。 大学2年次に同時通訳デビュー、卒業後はフリーランス会議・放送通訳者として活躍。 上智大学にて通訳講座の教鞭を執った後、ミシガン州立大学(MSU)にて研究の傍らMSU学部レベルの授業を担当、2009年5月に博士号を取得。翻訳書籍に、「24時間全部幸福にしよう」、「今日を始める160の名言」、「組織を救うモティベイター・マネジメント」、「マイ・ドリーム- バラク・オバマ自伝」がある。アメリカサッカープロリーグ審判員、救急救命士資格保持。