HOME > 英語の勉強 > あなたの英語は大丈夫?必ず伝わるビジネス表現 > 第9回 recommend, suggestによくある使い方の間違い

あなたの英語は大丈夫?必ず伝わるビジネス表現

第9回 recommend, suggestによくある使い方の間違い

「recommend/を勧める」「suggest/を提案する」はビジネスシーンでもよく使われる表現ですが、「(人など)に(する事)を勧める/提案する」と言う場合には注意が必要です。


例1
X Paul recommended Product Development to outsource this part.
(ポールは、製品開発部がこの部品を外部調達することを勧めました。)

〇 Paul recommended that Product Development outsource this part.
(ポールは、製品開発部がこの部品を外部調達することを勧めました。)

例 2
X I would suggest a brief description of each member's profile to be added to the documents.
(資料には各会員の簡単なプロフィールを追加すると良いと思います。)

〇 I would suggest that a brief description of each member's profile be added to the documents.
(資料には各会員の簡単なプロフィールを追加すると良いと思います。)

 

【解説】
recommendおよびsuggestは「recommend/suggest + 人/物 + to do」で覚えている方も多いかもしれませんが、これは非常に古い表現のためビジネス文書で使われることはありません。
「recommend/suggest that + 主語 + (should) 動詞の原形」を使うようにしましょう。(※shouldは省略可能)。

また単純に物や行動のみを勧める場合には「recommend/suggest + 名詞/動名詞」という使い方もできます。(例:I wouldn't recommend buying this machine. )


あなたの英語は大丈夫?必ず伝わるビジネス表現


↑Page Top

プロフィール

英語教育事業部

英語教育事業部
英会話講師がクライアント様の社内に常駐し、オフィス内を英語環境にすることで社員の英語力向上を目指す「オフィス内英語学校 」を運営しています。国内外の大手企業様延べ3000名以上にプログラムをご提供しています。