HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第150回 「分相応の生活をする」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第150回 「分相応の生活をする」

cut one's coat according to one's cloth (分相応の生活をする)

I wanted to buy an expensive car but I came to a conclusion that I must cut my coat according to my cloth.

(高い車を買いたいと思っていましたが、分相応の生活をしなければならないとの結論に至りました。)

cut one's coat according to one's clothは文字通り訳せば、「自分の布に応じて自分のコートを裁断する」という意味で、「分相応の生活をする」ということです。大修館書店の「ジーニアス英和辞典」によれば、忠告をする際に使われるとあります。他の辞書を引いたところ、主にイギリスで使われる略式表現と出ていました。

「順応して生きるべし」という意味の表現は他にもあります。たとえばWhen in Rome, do as the Romans do.(郷に入っては郷に従え)やStretch your legs according to your coverlet.(掛け布団の長さに合わせて脚を伸ばせ)、Better bend than break.(折れるより曲がった方がまし)などです。日本語でも「長い物には巻かれよ」「蟹は甲羅に似せて穴を掘る」などがありますよね。いずれも「中庸」を勧めることわざです。

ところで私は今回の執筆にあたり、coatを英和辞典で引き直し、一通り語義を読み直してみました。coatはcoteと同音であることや、他の用例も参考になっています。たとえばa heavy coat(厚手のコート)、a light coat(薄手のコート)なども使いこなしたいところですよね。なお、少し古風な用法としてcoatには「上着、ジャケット」という意味もあり、A coat and tie are required(上着とネクタイをお召しください)との例文も辞書には出ています。こうして「ついでに」調べてみると、改めて発見がありますよね。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 通訳学校で後進の指導にあたるほか、大学の英語学習サポートルームにて英語学習アドバイザーも務める。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。