HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第152回 「大したことない」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第152回 「大したことない」

It's not rocket science (大したことない)

Don't worry. You can do it. It's not rocket science!

(心配しないで。あなたならできるから。大したことないよ!)

rocket scienceは「ロケット科学」のことですが、上記のようにIt's not rocket scienceで「大したことない」という意味になります。It doesn't take a rocket scientist to ... も同様の意味で、It doesn't take a rocket scientist to solve the problem.は「その問題を解くのは大したことでなない」という意味になります。

ちなみにbrain surgery(脳外科手術)も略式表現では「とても難しい作業」という意味です。Just keep on doing. It's not brain surgery.(とにかくやり続けてご覧。難しい作業ではないのだから)といった用例があります。

rocketに話を戻しましょう。rocketは口語表現では「叱責、大目玉」という意味も持ちます。また、「厳しく罰する」という動詞でも使えます。ちなみにThe boy got a rocket from his father after breaking the vase.は「男の子は花瓶を割った後、父親から大目玉をくらった」です。一方、サラダの一種であるrocket saladは「ルッコラ、キバナスズシロ」という意味です。いずれもrocketはフランス語のroquetteから来ています。 


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。