HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第153回 「耐える」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第153回 「耐える」

take it on the chin(耐える)

It was my fault. I guess I have to take it on the chin for all the criticism.

(私のせいです。批判全部に耐えることが求められるのでしょうね。)

今回ご紹介するtake it on the chinを初めて耳にしたのはCNNで放映された北朝鮮情勢のニュースでした。4月半ばのことです。take it on the chinは略式表現で、「困難かつ不愉快な状況などにじっと耐える」というニュアンスを持ちます。

chinは辞書を引くと「下あご」と出ていますが、具体的には「あご(jaw)」の先端部分です。chinを使った表現は他にもあり、たとえばKeep your chin up!は「頑張れ!」という意味、一方rub one's chinは考え事などをする際の動作で、「あごをなでる」です。また、chinは動詞で用いることができ、バイオリンをあごに当てる際にもchinを使います。

ちなみに「あご」のjawも略式表現では「くどくどしゃべる」という動詞で使えます。noseも動詞なら「ゆっくり動かす」です。cheekはイギリス英語の口語で「目上の者に生意気な口をきく」です。こうして一つの単語をきっかけに、名詞なら動詞を、あるいはその逆をという具合に調べてみるのも、私にとっては楽しい作業です。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。