HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第156回 「有能な」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第156回 「有能な」

be on the ball 有能な、機敏な

Our new boss really knows about the industry. He is on the ball.

(私たちの新しい上司は業界についてよく知っています。彼は有能ですね。)

be on the ballは「(人が)有能な、機敏な」という略式表現です。他にも「油断のない」という意味があります。

私がこのフレーズに出会ったのは米軍放送AFNでした。日中のAFNにはDJのおしゃべりあり、ヒット曲ありで聞いていて飽きません。今回ご紹介したような口語表現は、単純な単語の羅列である分、意外と通訳現場で出てくると、全体の文脈から判断せざるを得ないような難易度もあります。ballから「有能」という言葉を連想するのは私の場合、難しかったので、より印象に残った次第です。

辞書でballを引くと熟語やフレーズがたくさん出てきます。たとえば「会話を率先して始める」はget the ball rollingですし、「話を続けていく」はkeep the ball rollingです。「ジーニアス英和辞典」(大修館書店、第5版)にはballの説明として野球のボールやテニスボールの英語表記を紹介しています。baseball、softball、footballという具合です。ところがテニスボールだけはtennis ballと一語ずつ話して表記するのですね。こうしたルールを知るのも学習者向け英語辞典ならではです。

ところでロンドンのグリニッジ天文台には赤い玉(報時球)があり、時報の役目を果たします。この玉を英語ではtime-ballと言います。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。