HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第168回 「大盤振る舞いをする」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第168回 「大盤振る舞いをする」

push the boat out 大盤振る舞いをする

Since there was a sharp increase in sales, the president decided to push the boat out.

(売り上げが大幅に伸びたため、社長は大盤振る舞いをしようと決めました。)

push the boat out は「大盤振る舞いをする、気前よくお金を払う」という意味です。主にイギリスで使われる略式表現です。お祝いや娯楽などにお金を使う様子を表します。

そもそもボートというのは一人で陸から移動させることができません。人の助けを借りてようやく漕ぎ出すことができます。そこから少しずつ意味が転じて、イギリス海軍で用いられるようになったそうです。海軍での意味は「人にアルコールをおごる」というものでした。

英語には今回ご紹介したフレーズ以外にも、海や船舶などにちなんだ表現が色々とあります。たとえばrock the boatは「波風を立てる」、navigate the difficult meeting (難しい会議をうまく処理する)、jump ship (組織を離れる)などです。考えてみれば、日本語にも「大船に乗ったつもりで」「船頭多くして船山に上る」などがありますよね。

ところで千葉県船橋市の地名由来は、市内を流れる「海老川」にまつわるものだそうです。その昔、橋を渡すのが難しかったため、小さな船を数珠つなぎのようにして橋の代わりにしたと市のHPには出ています。 


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。