HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第176回 go head to head (直接対決する)

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第176回 go head to head (直接対決する)

go head to head (直接対決する)

The candidates went head to head on the TV debate.

(候補者たちはテレビ討論会で、直接対決しました。)

「直接対決する」は英語でgo head to headと言います。head-to-headのように間にハイフンを入れる表記もあり、意味としては他にも「直談判して」「一騎打ちの」といったものもあります。head-to-head raceはスポーツ用語の場合、「大接戦」を指します。

私はデジタル全盛の時代となった今でも紙辞書が好きで、自宅では大修館書店の「ジーニアス英和辞典第5版」を愛用しています。そのジーニアスでheadを引くと、数ページにわたり語義や例文、慣用句などが列記されているのがわかります。ざっと眺めてみると、have a head for (得意である)、come to a head(危機に陥る)、make head(立ち向かう)など実にたくさんのフレーズが出ているのですね。

なお、head単体の語義で面白かったのは「(蒸気・水などの)圧力」「(炭鉱の)地下通路」「(河川・渓谷などの)源」でした。簡単な単語でも、じっくりとすべての語義を読み直してみると、その都度大きな発見があります。


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。 「放送通訳者・柴原早苗のブログ」 http://sanaeshibahara.blog.
so-net.ne.jp/