HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現 > 第178回 「突き止める」

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第178回 「突き止める」

nail down (突き止める)

Why did the sales figure drop? We need to nail down the cause..

(なぜ売上高が落ちたのだろう?原因を突き止めなければ。)


英語で「突き止める」をnail downと言います。動詞と前置詞から成り立つこのような表現を文法用語では「句動詞」と言います。実は放送通訳現場で私が一番苦労するのが句動詞。もとの動詞の意味と異なる語義になるため、全体の文脈から推測して訳すことがしばしあります。出てくるたびに辞書で調べて勉強です。

nailは「爪、くぎ」という名詞の他に、「くぎで打ちつける」「嘘を暴く」などの意味があります。今回ご紹介するnail downは決定や合意をこぎつけるというニュアンスだけでなく、無理やり人に「意向をはっきり言わせる」という語義もあります。皆さんもぜひ辞書の例文検索機能で調べて、様々な用法を身につけてください。

さて、紙版の「ジーニアス英和辞典」でnailを引くと、くぎの詳しい図が出ています。「頭部」はhead、「胴部」はshankとあり、ねじの構造も図解になっています。さらにインターネットで調べたところ、ねじには「おねじ(male screw)」と「めねじ(female screw)」なるものがあったのですね。知りませんでした!


すぐ使える英語表現


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者。獨協大学・順天堂大学非常勤講師。 上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。 ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 NHK「世界へ発信!ニュースで英語術」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当。 ESAC(イーザック)英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 通訳学校にて後進の指導にあたるほか、大学での英語学習アドバイザー経験も豊富。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)、「英検分野別ターゲット英検1級英作文問題」(旺文社、2014年:共著)。 「放送通訳者・柴原早苗のブログ」 http://sanaeshibahara.blog.
so-net.ne.jp/