HOME > 英語の勉強 > すぐ使える英語表現

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

第96回 「注目を浴びる」

hold court 注目を浴びる、(ファンなどに囲まれて)ちやほやされる

Because of her new fashion, she is holding court at the other side of the room.

新しいファッションのおかげで、彼女は部屋の反対側で注目を浴びています。

 courtは「法廷、裁判所」という意味で、hold courtは「法廷を開く」です。一方、会話表現では「注目を浴びる、(ファンなどに囲まれて)ちやほやされる」という意味にもなります。もともとは顧問が国王や女王を取り囲み、助言をしていたというのが語源です。
 私がこのフレーズに出会ったのはCNNのスポーツニュースの場においてでした。ある大会で選手が優勝し、多くの注目を集めているという話題です。hold courtというとどうしても裁判を思い描いてしまい、とっさにそのような訳語を口にしたくなったのですが、このようなときこそ全体像をとらえて意味をきちんと訳す必要があります。放送通訳現場はいつも発見の連続です。
 ところでcourtの語源はフランス語のcourから来ています。英語のcourtは他にも「中庭」という意味がありますよね。一方、「テニスコート」という意味が初めて出てきたのは16世紀初めだそうです。be on courtは「試合をしている」という意味です。
 さて、日本におけるテニス発祥の地はどこでしょう?正解は横浜の山下公園です。横浜が開港したのは1859年。その後、居留地に暮らす英国人などがテニスを始めました。日本で初めてローンテニスのプレーがおこなわれたのが山下公園で、1876年のことです。
 courtという単語ひとつから歴史を振り返るのも楽しいですよね。


第95回 「解決する」

iron out 解決する

Although the team won the match, the captain says there are some issues to iron out.

チームは試合に勝ったものの、解決するべきいくつかの課題があるとキャプテンは述べています。

 ironは「アイロン」という名詞のほかに、「アイロンをかける」という動詞としても用います。今回ご紹介するiron outは「アイロンでしわを伸ばす」という句動詞ですが、ほかにも「(問題などを)解決する」という意味があります。ぐちゃぐちゃの状態からしわを伸ばしてきれいにするかのようなイメージが思い浮かびますよね。過日行われたサッカー日本代表対オーストラリアの試合では日本が2対1で勝ち、その様子は英字新聞The Japan Newsでも大きく取り上げられていました。その中でSean Carroll記者は"Maya Yoshida said there are still creases to be ironed out."と吉田麻也選手について記しています。creaseは「しわ」ですので、「課題はまだある」という状況を表しているのがわかります。
 さて、ironは「鉄」という意味もありますが、なぜ化学記号ではFeなのでしょうか?これも語源を調べるとすぐにわかります。Feというのはラテン語のferrumから来ているのです。ちなみに「ナトリウム(Na)」は英語でsodiumで、Naはドイツ語のNatriumに由来します。一方、「銅(Cu)」はcopperで、ラテン語のcuprumから化学記号は来ています。
 本稿執筆の際に元素記号表を改めて眺めているのですが、色々な記号があり実に興味深いですね。原子番号95は「アメリシウム(Am)」、102は「ノーベリウム(No)」、99は「アインスタイニウム(Es)」、111は「レントゲニウム(Rg)」とあります。人名や国名が付いているのを見ると、化学の進歩を感じます。


第94回 「立ち消えになる」

fizzle out 立ち消えになる

The plan fizzled out because of poor management.

ひどい運営のせいでその計画は立ち消えとなりました

 私は幼いころオランダに暮らしており、インターナショナルスクールに通っていました。アメリカ人がとても多く、クラスメートの男子がいつもコーラをお弁当に持ってきたのが印象的でしたね。ちなみにインターでは週一回、マクドナルドが給食として出ていました。私にとっては実にアメリカ的な小学校生活でした。
 今回ご紹介する単語のfizzleは、炭酸飲料の泡がシューと音を立てる様子を表します。炭酸の泡自体をfizzと言いますよね。その派生語です。fizzle outは「炭酸飲料の泡が消える」という意味のほかに、上記例文で見られるような「(計画などが)立ち消えになる」という語義もあります。
 ところでfizzleのように-zzleで終わる単語は他に何があるでしょうか?気になったので調べてみました。電子辞書には「ワイルドカード検索」機能があります。そこに入力してみたところ、puzzle, drizzle, grizzle, nozzle, sizzleなどが出てきました。ちなみにmonkey puzzleは樹木の「チリマツ」だそうです。Chinese puzzleは知恵の輪などの複雑なパズルだとか。
 ・・・と今度は「知恵の輪」の英訳が気になったので調べたところ、wire puzzleであることが判明しました。あれ、「知恵の輪」はなぜ「チエノワ」というアクセントなのかしら?
 こうして調べ物は楽しく続きます。


第93回 「ひっきりなしに」

bumper-to-bumper ひっきりなしに

I'm rather fed up with this bumper-to-bumper airing of same commercials.

同じコマーシャルがひっきりなしに放映されることに若干うんざりしています。

 bumper-to-bumperは辞書を引くと「交通渋滞の」「車が数珠つなぎの」といった意味が出てきます。まさに自分の車の後部バンパーと、後ろを走る車の前バンパーがくっつくような感じから来たフレーズです。「車が数珠つなぎになる」はline up bumper to bumperで、ここではハイフンは入りません。間にハイフンが入るのは形容詞として活用するときです。
 私は放送通訳の早朝シフトに入ることが多く、そのような日は始発の電車で出かけます。起床は午前4時。身支度をしながらAFN(米軍ラジオ局)というAM放送局でアメリカ公共放送のNPRを聞いています。AFNは在日アメリカ軍が制作した番組が流れるのですが、時間帯によってはNPRを転送しているのですね。インタビューやニュース、特集番組など、非常に聞きごたえのあるプログラムになっています。
 今回ご紹介するbumper-to-bumperが出てきたのもNPRの番組内でした。アメリカでの中間選挙に関する話題で、ネガティブキャンペーンについて出演者が語っていたのです。そこでは"Everyone hates the non-stop, bumper-to-bumper airing of campaign commercials"となっていました。交通渋滞だけでなく、「ひっきりなしに」という意味であれば応用できることをこのとき知った次第です。
 英単語やフレーズとの出会いはテキストに限りません。何気なく聞いているラジオ番組や目を通した新聞などから得られることもたくさんあります。新たな出会いがあるからこそ、英語学習は楽しい。そう思いながら私も日々勉強を続けています。


第92回 「冷遇される」

get the cold shoulder 冷遇される

Since he acted in a selfish way, he got the cold shoulder from his colleagues.

自分勝手にふるまったため、彼は同僚から冷遇されました

 get the cold shoulderは「冷遇される」という意味です。getの代わりにreceiveを用いることもできます。一方、「~を冷遇する」はgive cold shoulder to ... です。
 なぜ「冷遇」がcold shoulderなのでしょうか?気になったので調べたところ、いくつかの語源がありました。そのうちのひとつで興味深かったのが、招かざるお客様のもてなし方と関連したものでした。その節によれば、イヤな来客の際、ヒツジの冷たい肩肉を出したのだそうです。歓待したいのであれば温かい料理でもてなしますので、その逆というわけなのですね。日本では来客にお茶を出さないと無礼とみなされますが、これも言い換えれば招かざる客と思われているからといえるでしょう。
 私は英語学習の際、新しいフレーズに出会うと関連表現があるか気になります。たとえばここではcoldとshoulderが出てきましたので、ではhot shoulderはあるだろうかと考えるのですね。他にも「cold+体の部位」「hot+体の部位」という具合に、反対語の有無も調べます。
語源や関連表現をインターネットや辞書で調べていると別のフレーズにも出会います。そうした貴重な巡り合いを学びの際には大切にしています。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
放送通訳者、獨協大学非常勤講師。上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 通訳学校で後進の指導にあたるほか、大学の英語学習サポートルームにて英語学習アドバイザーも務める。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。「放送通訳者・柴原早苗のブログ」を更新中。