HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法 > 第45回 加速的上達には仮想強迫観念が効く!

世界衝撃TOEIC攻略法

第45回 加速的上達には仮想強迫観念が効く!

皆様、こんにちは。

前回はチャンスが来たら、すぐにつかむタイミングの重要性と必ず成功する準備方法について詳しく話をしました。

今回は加速的に学ぶ方法について話をしたいと思います。

同じ1年であっても、人によっては英語をマスターできる人もいれば、初心者のままである人もいますよね。

私自身の中でも、英語は早くマスターできた方だと自負しておりますが、趣味のダンスは本当に恥ずかしいくらい上達が遅いんです。

ということで、自分自身の体験と観察から得た加速的に学ぶ方法について今日は皆様にお伝えしていきます。

個人的な英語セッションやセミナーで一番よく聞くコメントが、自分が本当に上達できるか自信がないので不安というものです。

この姿勢は自分でやると決めきれていない「未決断」の状態です。
英語で言えばcommitしてない。とも言えますね。
スキーで言えば、しっかり足が踏めてなくて、及び腰という状態です。

さて、これは加速的に上達すると思いますか?

簡単ですよね。
この状態では、とても加速的に上達することはできません。

それに対して、もし英語をマスターしなかったら、来年の昇進が危ぶまれるだけでなく、レイオフの対象になるのです、だから今やるしかないのです。
この状態だったらいかがでしょうか?

私の20歳の時の状態がまさにこれに近い状態です。
「英語をマスターできたら、夢見た女性が一人で自活できる。もしできなかったらこの東京という最も豊かな都市のど真ん中で餓死するかもしれない。」

この状態に入ると、先ほどの向いている、向いてないということは一切考えなくなります。

だってやるしかないのですから。

周りの通訳さんでも「(私には)これ(通訳)しかないですから」とおっしゃる方がとっても多いのです。

もし今皆さんが英語を必ず必要とするような状況でないとしたら、そしてたぶん「及び腰」になってしまう方が多いでしょう。
私のダンスに対するこれまでの姿勢がそうでした。
そういう場合はマスターできないか?
そうではないのです。

そういう時に必要なのが、アインシュタインが知識より大切と言っている、そう「想像力」を使いましょう。

想像力を駆使して、できるようになった時に得られる喜びとそしてできなかった時の痛みを想像しましょう。

仮想強迫観念でもいいのです。
英語ができないと死ぬと自分に言い聞かせてしまえば、死ぬ気でやります。
そうすると、その前には感じられなかった極度の集中力のおかげで、必ず以前よりも上手くできるようになります。

そうすれば、これが上達できたという喜びに変わり、これが継続したいと思わせる力になるのです。

そして、さらに努力し、さらに上達する、さらに喜びが変わる。
これが上達の好循環です。

もちろんこの後にはゴルフでもダンスでも英語でも停滞時期が来ます。
その停滞時期の乗り越え方は次回お伝えします。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


世界衝撃TOEIC攻略法


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから