HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第14回 スキミングとサイトラで速読英語脳!

前回、受験勉強や学校の英語教育では、なかなか伝授されてこなかった、速読の基本である大量流し読みを紹介しました。そして、そのコツは教材選びと語源であるとお話しました。

今回は、この流し読みをさらに効果的にしていく速読を、二つご紹介いたします。

一つ目は、ある種の速読法とも言えるのですが、スキミングという方法です。

これは、TOEFLゼミナールの時に基本を学び、その後インタースクールという通訳の学校でリーディングのクラスの時に、ネーティブの方から伝授いただいた方法です。

この方法は、英語の書き方のルールを逆手にとって、重要な情報だけをすくい取るように解釈していくので、「すくう」という意味のスキミングという名称がついています。

スキムミルクは牛乳の表面をすくって、粉末にしたミルク=脱脂粉乳ですよね。
そのスキムと同じです。

英語の小論文には、起承転結よりも、もっときっちりした構成があります。
TOEFLを受験したことがある方であれば、エッセイ・ライティングのセクションがあるので、学んだ方もいらっしゃると思います。

まずは、問いを立てる導入。そして自分の主張を、複数の理由をあげて説明します。これで一段落目が終わりです。

二段落目で、理由の一つ目を具体的な例を加えて、自分の主張の根拠を説明します。

三段落目も同じように、二つ目の理由を具体的な例をあげ、説明します。

理由が二つであれば、ここまでで、もっとあれば、その数だけ、段落を設けて、説明していきます。

そして、最後の段落が結論です。

と、論文など何か主張をしている場合はだいたいがこの形式を取りますので、スキミングでは、まず、最初の段落の一文目、結論の一文から二文、そして、真ん中にある段落の最初の文をどんどん読んでいきます。

こうすることで短い時間で、著書がもっとも言いたいことを、スキミングすることができるのです。

もう一つの方法が、サイトラと呼ばれる通訳者を目指したことがある方、通訳者であれば、必ずやったことがある勉強法を使った速読法です。

サイトラとは、「サイト・トランズレーション」=「見て翻訳する」という言葉の略です。

ですから、日本語でも英語でも、目で文面を読みながら、翻訳して言葉に出して行くという練習法です。

日本語と英語の同時通訳の場合は、語順が逆(英語では動詞は主語の後、日本語は文末。)になります。通訳の大先輩は1文以上、頭の中で記憶(リテンション=保持)して、訳されていますが、そこまでできない時には、文頭から訳していきます。

この文頭から訳す時に役立つのが、サイトラです。

例えば、下記の例文を二つの方法で、訳し分けてみましょう。

As an ever-increasing amount of data moves on the global network, the need to have commonality and interoperability grows. A key to our success in our target markets is our deep and historic involvement with the industry's most important standards associations and specifications.

従来の後ろからの訳:

データが、ますますグローバル・ネットワーク上で移動している昨今、共通化また相互運用に対するニーズが高まっている。標的とする市場での成功のカギを握るのは、業界で最も重要な標準団体や標準仕様にどれだけ深く、長年に分かって関わって来ているかだ。

頭からの訳:

ますます増えるデータのやりとりがグローバル・ネットワーク上で行われている中、ニーズは共通化、相互運用に対して高まる。成功のカギは、標的市場では深く歴史的な関わりが、業界の最も重要な標準団体、仕様に対してあるか否かだ。

これを頭から訳していく時に、意味毎にスラッシュを入れていき、訳しやすくしていきます。

As an ever-increasing amount of data/ moves on the global network/, the need to have commonality/ and interoperability grows/. A key to our success/ in our target markets/ is our deep and historic involvement/ with the industry's most important standards associations/ and specifications.

ちょっと文面から、このプロセスを理解するのは難しいかもしれませんが、要は前からどんどん英語の語順で理解するということです。

通訳や翻訳者を目指す場合は、当然、適切な日本語の文章にしていくことが重要ですが、TOEICで高得点を目指す、英語の上達がとりあえずの目標という場合は、日本語に置き換えることは重視せずに、内容を理解していくことに焦点を当てればそれだけで十分です。

この練習は英語脳を作るという意味でもとっても有効です。

この練習を使ってあっと言う間にTOEICで高得点が取れるようになる?!iPhoneアプリも現在開発中ですので、どうぞお楽しみに。

今日はリーディングの中でも速読に焦点を当てて二つの方法をご紹介しました。

次回はすぐに得点アップできるTOEIC攻略法についてお話していきます。
乞うご期待!


第13回 読解のコツは大量流し読み!8割知ってるが最適教材!

前回、発音のコツは、舌の位置を頭で理解、それを実際にやってみる、そして人にチェックしてもらうこと、そしてそのメリットは、既に自分が知っているカタカナ英語も、どんどん使える語彙になることだとお話しました。

今回は、テーマを変えて、リーディングのコツについてお話したいと思います。

リーディングは、私も苦手な分野で、なかなか上達しませんでした。

しかし、一度コツを掴むとTOEICでもTOEFLでも、高得点が取れ、英検1級、そして通訳者としても情報収集や仕事の準備に欠かせない、とっても重要なスキルです。

特に、英会話ができても、浅い会話しかできないと悩み始めたら、まさにリーディングをしっかりと身につけることが、その悩みの最適な解決法です。

もちろん、受験で英語をみっちり勉強している方、英文科だった方、義務教育から英語が得意だった方で読み書きに精通されている方は、問題に感じないという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、受験英語のように後ろから訳さなくても良い方法、義務教育のように一語一句を理解しなくて良い方法について、説明していきたいと思いますので、特にリーディングに問題を感じていない方にも参考になれば幸いです。

TOEICで出題されるビジネス文書の中から、必要な情報をすぐに見つけ、短時間で設問に答えなければならないような問題でも、有効な方法を今回と次回の2回に分けてお伝えしていきましょう。

まず、リーディング上達法の一つ目は、リスニングの時に紹介した大量の流し聞きと同じようなコンセプトですが、辞書を使わずにどんどん流し読みしていくことです。

最初は、辞書を使わないで、読み流しても全く意味がわからないということがあると思います。流し読みをしていく場合は、流し聞きとは違って、自分のレベルにあった教材を選ぶことが重要です。最初のうちは、なるべく想像力を使って、読み通してみてください。もし、ほとんど内容がわからなければ、2回目に辞書を使って読んでみてください。その時に、自分の想像とあっていたか確かめることも大切です。

教材は自分の興味のあるアーティストのホームページでも、好きな映画のペーパーバック版でも構いませんし、会社の資料でも良いでしょう。

一段落読んだ時に、知っている単語が7割から8割くらいだといい教材だと思います。
そうすれば、後の2~3割は分からなくても文脈から想像して、推測することができるのです。

この文脈から想像することが、とても重要な読解力アップの訓練なのです。

この時に活躍するのが、背景知識。これが想像するときの武器になります。

だからこそ、興味のある分野であれば、推測もしやすくなりますから、よりハードルは低くなります。

そして、もう一つは単語の勉強法でも紹介した語源の情報を使って推測するということです。

これは、TOEICでも知らない単語が出てしまった時に、全く当てずっぽうに推測するよりも、正解率をあげることができる有効な手段です。

この流し読みは量が勝負ですから、どんどん自分にあった教材を見つけてやってみてください。

私の場合は、いつも持ち歩けるiphoneアプリのBBCやニューズウィークを良く使います。気になるニュースなら、途中で飽きずに、どんどん想像しながら読めます。

今回は、受験勉強や学校の英語教育ではなかなか伝授されてこなかった速読の基本である大量流し読みについてお話してきました。

次回は、この流し読みをさらに効果的にしていく必殺読解法についてお話してみたいと思います。

どうぞご期待ください!



第12回 発音は形!カタカナもどんどん使えるからとってもお得!

前回、リスニングのコツは、大量の聞き流し、リプロダクション、シャドーイングで基礎を固め、ディクテーションで自分の欠点を明らかにし、その後の対策に役立て、戦略的に勉強することが効果的だとお話しました。

今回は、自分が学んだ英語を相手に分かってもらう上で重要な、発音のコツについてお話していきたいと思います。

発音の重要度については、意見が分かれるところだと思います。

英語を使って仕事をされている方でも、発音をあまり重視してない方もいらっしゃいます。
確かに、正しい場所にアクセントを置き、文脈があれば、多少発音に難があっても、相手が分かってくれることが多いのも事実です。

ですが、私自身は、19歳の頃に一人で行ったアメリカ旅行の出来事から、どれだけ発音が重要であるかを痛感しました。

その頃は、まだ英検も4級しかもっていなくて、英会話のレッスンはとったことはあっても、まだまだペラペラには程遠い状態でした。

挨拶くらいしかできず、「英語が上手だね」と言われるのが、はっきりお世辞とわかる程度でした。

ラスベガスの空港着いて、そこからタクシーでサーカスサーカスというホテルに行きたいということを運転手に説明しようとしたときに、私の発音が悪かったため、理解してもらうまで相当な時間がかかりました。体感的には10分以上でした。

ありとあらゆるパターンでサーカスを表現したような記憶があります。

結局、最後には紙に書いて伝え、運転手の口から出てきた
「Oh, circus!」
という、正しい発音で言われたサーカス、一生忘れないほど耳に焼きついています。

ということで、私がお伝えしたいことは、私たちが日常使うカタカナ英語を見直してみようということです。
ほとんどが外来語で、そのうちの多くが英語でも同じ表現を使うにも関わらず、そのまま日本語の発音だと伝わらないのは、とってももったいないと思いませんか?

ですので、是非、正しい発音を覚えることをトライしてみてください。
この意味は、(何の意味?)
例えば、"th"であれば、舌の先をちょっとだけ前歯の間に入れること。
"W"であれば、スネオ君みたいに口をとがらす。
"L"は、舌の先を前歯の裏に置く。
"R"は、吐きそうな時のように舌をクルッと喉の奥に巻き込む。
という舌の位置、口の形です。

そう、発音は形から入るものなのです。

ここで強調したいのは、ネーティブと全く同じように発音せよ、ということではありません。
上記のように、聞き手がストレスなく聞ける程度の発音のコツを掴んで習得しましょうということです。

やり方は、まずはインターネット上や電子辞書についている単語を聞いて、真似してみる。
これが第一歩です。

実際には、真似してみても舌の位置が違うと、まるで通じないという現状もあるので、是非、舌の位置が書いてあり、CDなどで正確な発音の分かる参考書を入手して、ネーティブや英語が得意な方から学んでください。ICレコーダを持っている方は自分の真似を録音してみると、どれだけ違っているか驚かれるかもしれません。

自分では正しいと思っても、ネーティブの耳には全く違うように聞こえていることもありますから、ここはお金を使うことになっても是非、投資と思ってください。

私も恥ずかしい誤りを沢山してきました。

「ご飯が食べたい」が、「しらみが食べたい」になってしまったり...。Rice→Lice
「今日は選挙です」と言ったつもりが、とてもブログで書けないような言葉になってしまったり...。Election→LがRになってしまった。

私が使った教材は、舌の位置が書いてある"Pronunciation pairs"(Ann Baker、Sharon Goldstein著)です。
私が、某英会話学校の講師をしていた時に使用していたものです。
テープに、Read, LeadやRice, Liceなど、間違えやすい単語が交互に書いてあって、それを聞き取らせる教材でした。
実際、自分が教えながら、とても自分のためにもなったなと思います。

これも、もう一つのポイントです。
"L"と"R"、"M"と"N"、"th"と"s"など、日本人の耳には特に区別しにくく、どちらの単語をだったのかを練習できる教材を一度やっておくと、聞き取りにもプラスになりますね。

ダンスでも、スイムでも同じだと思いますが、やっぱり見てもらうって大切です。指摘 を非難として受け取らずに、できるまで見てくれる先生或いは、友達を見つけるのはいいことだと思います。

ということで、発音のコツは舌の位置をまずは頭で理解、そして実際にやってみる、そしてチェックしてもらうことです。

この発音のコツができるようになると、カタカナ英語もどんどん使える英語になりますので、今知っている単語で、英会話ができるようになって、とってもお得なことだと思いませんか?

是非、やってみてください!

さて、次回は、リーディングの上達のコツについてお話していきたいと思います。

どうぞお楽しみに。


第11回 リスニング、大量聞き流し・ぶつぶつ繰返しが効果的!

前回、スピーキングのコツは簡単な短文で実践していき、少しずつ長文、複文にしていくこととお話しました。

実際に短文で話しかけた時に相手の言っていることが聞き取れないと会話を続けることができません。

ということで、今回はリスニングのコツについてお話していきたいと思います。

まずは英語を聞きとる耳づくりが必要です。

なぜならば、

- 落ち着いて聞き取れない。
- つづりによって誤った発音で記憶してしまっている。

もちろん、実際に聞く単語や表現を知らないということもありますが、それよりも上記の二つが何より大きな原因のようです。

ですから、英語の音に慣れることが第一歩となります。
ということで、まずは英語を聞いてください。

これを聞き流しと言います

しかし、英語教材のCDは、面白さに欠けることも多く、かつ聞きとりやすいようにゆっくり明確に話していることもあって、実際に使われている英語とは少し違うと感じることも多いでしょう。

ですから、まずはナチュラルな英語の会話に慣れる、という目的で映画やドラマなどICレコーダー、iTunesなどを使って聴いてみましょう。

この時に大切なのが、教材の選択です。何を沢山聞くのかということが重要になります。

私が20年前に一気に英語力をつけた時には、映画の「プリティーウーマン」を選びました。
なぜならば、ジュリアロバーツが演じる主人公の状況が私に似ていて、私自身もなんとか現状を打破できないかもがいていて時期で大変共感したからです。

実際に、彼女のセリフは私が発言しそうな内容が沢山含まれていたのです。

そして、聴けば聴くほど、自分がすぐ活かせるような表現に出会うことができました。
加えて、何度聴いても楽しい、飽きない、という利点もありました。実際、二日に一度は映画を見て、移動中など耳が空いてる時は常に音声だけを録音したカセットを聞いて、自然と口から映画の台詞がそのまま出てくるようになりました。

ここでの最初の目的はナチュラルなスピードの会話に慣れるということですから、全てを聞き取れるかどうかは上達してからの課題なので、まずは聞き流すことに慣れましょう。

ある意味ダンサーや女優の方が、まずいいダンス、作品を見て、目を肥やす。作家が沢山の本を読んで仕入れる。シェフの方が、美味しい料理を沢山試食して、インスピレーションを得るというのに似ている作業です。

このナチュラルスピードの聞き流しをすることによって得られるメリットは、ただ単に音に慣れるというだけではありません。ちょっとしたセリフを覚えて、会話で使えるネーティブの「間」や口語表現を学ぶことができる。また、ナチュラルなスピードに慣れているから、TOEIC等の試験の際にゆっくり聞こえ、点数が上がり易くなるなどがあります。

そして、次のステップは、自分の中にある語彙と耳から聞こえてくる情報を一致させるという作業です。

私はアメリカ英語をマスターしたかったのでアメリカ人特有の早口英語を理解するためにとっても有効な教材を使いました。

「Whaddaya Say? (2nd Edition)」 Nina Weinstein

この教材では、

What do you say?(わっとどぅーゆーせい?)

をアメリカ人は

Whaddaya say?(わだやせぃ?)

と普段は発音する規則性を分かり易く説明しています。

日本語でも

「お疲れ様です。」

「おっ~つ。」

とか

「ぉつかさまです。」

という感じでさらっと言う時ありますよね?

あの感じに似ている早口化です。

他にも going to は「ごーいんぐとぅー」ではなく gonna(がな)と聞こえたり発音されたりしています。

ここまでできたら、後はもう少し地道な努力が必要になります。

例えば、前回紹介した中学生レベルの教材についてるCDを使って、リプロダクション、或いはシャドーイングをするということです。

リプロダクションは、いわゆる「リピートアフターミー」、私の後に繰り返して発言してくださりという感じで、テープを止めて繰り返すことです。

止めるのが面倒であれば、再生しているCDに合わせて聞こえてきたままを影武者のように発音する。これがシャドーイングです。

これはカラオケで歌を知らないのに曲を入れてしまった時に、一歩遅れて歌う時があると思うのですが、それに似ている感覚です。

最初はやったことがないために難しいと考えるかもしれませんが、実際は、聴いたままをつぶやくだけなので、リプロダクションよりも簡単ですし、停止する必要がないので歩きながら、通勤中も、いつでもできるので是非やってみてください。

では、テストのためのリスニングの対策はどうしたらいいのでしょうか?
私は、TOEICやTOEFLの教材を使いました。

上記のプロセスを経て、取り組んでみると、実際の試験用のリスニングは早くないことが分かります。

これまでの攻略法でお話してきたやり方で表現、単語の基礎ができるとともに、私の場合、リスニングはかなり早い段階から満点近くになりました。

スキーで上級斜面を滑った後に、中級斜面に行くと、前感じていたよりも緩い斜面に感じるようになるのと同じ感覚です。

他にも、ディクテーションという勉強法があります。
これは通訳学校でよく使われる方法です。

一言で言うと、一語一句書き取る作業です。

大変時間を取るにも関わらず成果が無いと思われる方もいるかもしれませんが、やらないと本当の自分の欠点が分からないので、リスニングに問題があるけれど何が欠点かわからないと思う方は少しでも使ってみることをお勧めします。
分析するための手段として使うのでもいいと思います。

まとめると、大量の聞き流し、リプロダクション、シャドーイングで基礎を固め、ディクテーションで自分の欠点を明らかにして、その後の対策に役立て、戦略的に勉強することが効果的だと思います

今回はリスニングの上達のコツをお話してきました。
参考になりましたでしょうか?

次回は発音の上達のコツについてお話したいと思います。

どうぞお楽しみに。


第10回 スピーキングは、単語→短文→長文と段階的に実践!

前回は、日本人にはなじみにくい冠詞の勉強について、絵を描くように数量を意識することと、特定のものかそうでないかを考えることがコツであるとお話しました。

今回は、前回にも少し触れましたが、タイミングが大切な会話の英語力を上げているコツを、もう少し詳しく掘り下げてお話していきたいと思います。

英語の勉強法で「さしすせそ」の話をした時も触れましたが、文法の正しさばかりを気にして、発言するまでにあまりに時間がかかってしまうと、なかなか会話のキャッチボールがリズムよく出来ません。

そういう時は自分も苦しいですし、相手も話にくいものです。

ですから、その際は、まず発言してみて、その後、補足していくよう、会話のリズムに乗りながら、自分の英語力を育てていくという方法が重要です。

私たち日本人が、間違えることなしに、上達することはないからです。

とは言っても、間違えだらけでは話をするのも恥ずかしいでしょうし、相手もブロークンの度が過ぎれば、意図が理解できず困惑してしまうでしょう。

そこで、単語、短文、複数の短文、長文と段階的に会話を上達させる方法をお勧めいたします。

具体的には、まずは「さしすせそ」の「さ」、単語で会話をする。

これはいわゆるサバイバル英語と言われるような感じで、一番言いたい単語だけで会話をするということです。

実際、ツーカーの中であれば、単語だけで会話をしていることが意外と多いものです。

少し昔の亭主関白な夫が家に帰ると、「風呂」、「めし」、「寝る」しか発言しないと批判されることがありました。

それでも家族として生活できたことを考えると、最低限の意図は伝えられることがわかります。

単語の覚え方については、これまでのブログを見ていただくとして、その次の段階、短文の作り方を説明していきましょう。

ここで言う短文は主語と述語で成り立つ単文で短い文という意味です。

まず自分の会話から、よく使うフレーズを書きだしてみましょう。
例えば、

  • 1. どうしたの?
  • 2. どうしょう?
  • 3.  大丈夫?

そしてそれをGoogle の検索やアルクの英辞郎や電子辞書で調べてみます。

  • 1. どうしたの? What happened?
  • 2. どうしょう? What should I do?
  • 3. 大丈夫? Are you OK?

そして、この短文をどんどん使ってみましょう。

そうは言っても、周りには英語で話してくれる人がいないという方に、私が使った英語を話す機会を作る方法を、お伝えしましょう。

・電車の中、駅、街中で見かけて、道に迷っている方に話しかける。
・空港や駅やレストランなどで待ち時間があり、明らかに時間を潰している様子で話しかけても良さそうな方に話しかけてみる。
・英会話学校の無料のレベルテストや授業を受けてみる。
・スカイプやフェースブックでチャットをしてみる。
・帰国子女だったり、留学経験があるバイリンガルの友人につきあってもらう。

使ってみると相手の発言からも学ぶことができますし、受動語彙を能動語彙に変え、短期記憶の情報を長期記憶に変えることができるので、英語の運用能力が飛躍的に上がります。

ある意味、水泳の本を暗記しても、泳げるようにならないのと同じですね。
使ってみて、体が初めて覚えてくれるところは英会話にもあるので、是非、遠慮せずに使ってみましょう。

ある程度、短文での意思疎通ができるようになったら、少しずつ短い文を複数作成して、会話を長くしていきましょう。

上記の例文であれば、例えばこのように繋げていけます。

  • 1.What happened to her? She is the receptionist. She works in that building. That building is across from our office.
    2.What should I do? He does not come home. But I want to make up with him.
    3.Are you OK? Can you come to my place? I can wait until you are done with your homework.

そして、短い文でコミュニケーションが取れるようになったら、次に長文に挑戦です。
この時には、文法のブログで紹介したように、パターンを活用して文法を覚えて実践しましょう。

  • 1.What happed to her who is the receptionist at that building (which is) across from our office?
    2.What should I do when he doesn't come home even though I want to make up with him?
    3.Are you OK to come to my place after you are done with the home work?

上記のように、文と文を結合する糊の役目をする太字の単語達をパターンとして覚えていくことが必要になりますが、どれも中学校で勉強した単語ばかりですよね。

そう、英語は意外と簡単なのです!!

もちろん、書きだすことが面倒であれば、NHKの英会話の入門の教材を使ってもいいです。
一冊、この目的で良い参考書も見つけたのでご紹介しておきます。

「中学生レベルの英単語でネイティブとペラペラ話せる本」ニック・ウィリアムソン箸 ダイアモンド出版

この本では、タイトルどおり中学校の英語の授業で勉強した単語ばかりで、ちゃんと伝わり、かつ、とっても使える短文が盛りだくさん掲載されています。

かつCD付きなので、間違った発音を覚えてしまう危険も避けることができるので、上記のプロセスが面倒という方はこちらをお求めください。

今回はスピーキングの上達のコツをお話してきました。
参考になりましたでしょうか?

次回は、せっかく話しかけても相手の言葉が聞き取ることができなければ、会話は続きませんので、リスニングの上達法のコツについてお話していきたいと思います。

どうぞお楽しみに。



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから