HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第9回 絵を書くように話す!冠詞は数と特定か否かを意識!

 前回は文法の続きで、日本人が苦手と言われている前置詞をパターンという観点から絵を活用して、勉強する方法についてお話しました。

 今回は、もう一つ日本人にはなじみにくい、冠詞の勉強についてお話していきたいと思います。

 冠詞には、「定冠詞」と「不定冠詞」と「無冠詞」の三種類があります。
「定冠詞」と「不定冠詞」の"the"、"a"という非常に短い単語についてだけでも、100ものルールを記述した本もあり、ネーティブ並みにマスターするには、なかなか手ごわいと思われるかもしれません。

 私自身も最初はなんとなくカッコよく聞こえる気がしてなんにでも"the"をつけてしまったり、"a"を要らないところに入れてしまったり、ネーティブの方に私が書いた文書を添削してもらうと真っ赤になっていたのが、この冠詞の部分でした。

 しかし幸い、TOEICでは"a"や"the"は選択肢を見てどれが正しいかを判別できるだけのレベルしか要求されません。

 仕事やプライベートの会話でも最初は間違っていたとしても、大意が伝われば十分ということも多いですし、その後に複数回意図を確認しながらコミュニケーションを行うというので十分でしょう。

 ですから、はじから100ものルールを覚えようとするのではなくて、まずは「特定のものは指さないが1個のもの」は"a"、話している人が共通に認識している「ある特定のもの」は"the"というところを抑えることが重要です。

 そこで、このブログではまずは"a", "the"が英語においてどんな存在なのか、どういう意味を表現する時に、どう使われるのか、という点に焦点を当てて、お話していきたいと思います。

 まず、このような"a", "the"を理解する上で、理解すべき日本語と英語の根本的な違いがあります。

 それは数に対する感覚です。

 日本語であれば、

 「テーブルの上にリンゴがあります。」

 この文ではリンゴが一つなのか、それとも複数あるのかは、分からないですよね。
日本では意識しない数を、常に意識して伝えるのが英語の感覚なのです。

 ですから、通訳をする時でも一つなのか、複数なのかということを話者に確認し、実際の現場であれば、数を目で見て、確認して伝える必要があるのです。

"There is an apple on the table."

「そのテーブルの上に一つリンゴがあります。」

 という状況を説明しているわけですが、もし

「母から送ってきてもらったリンゴです。」

 という補足説明をするのであれば、どれでもいいリンゴというのではなくて特定のリンゴですから、"a "は"the"に変わります。

"My mother sent the apple to me."

 そして数えられない名詞もありますよね。例えば、水は数えられません。

 その場合は、a は不要になりますが、aがつく場合もあります。どんな状況でよう?
レストランに言って、「水一つください」という言う時など、a waterになりえるのです。
もちろん、a glass of waterと厳密には水グラス一杯くださいというのが正しいのですが。

 厳密なルールが、駅名や楽器、月や太陽、theがつくなど多数ありますが、まずは一つしかなくて、強調したい時にtheであると考えればよいでしょう。

 英語で話す時というのは前置詞の覚え方でも理解いただいたと思うのですが、絵で表現しやすいのです。別の言い方をすれば、絵を描いくようにして場面に何がいくつ、どこに、いくつあるのかを意識して話していくと、コミュニケーションが取り易いということです。

 もう一点冠詞からは少し離れますが、数を意識すると言う点で重要なことがあります。

 それは主語と述語の一致です。
TOEICで頻出する問題で、かつ英語表現としても良く使われるone of XXは複数あるXXのうちの一つという意味です。

 書いている時は、XXを複数形のSをつけるのは忘れないようにする必要があるだけでなく、主語はあくまでoneですから、単数形ですから動詞も単数形です。

 このようにEither A or Bやboth A and Bなど主語に複数の言葉が入っている場合、動詞が単数形になるか、複数形になるかを考えないといけないと思うと、とても複雑に感じるかもしれませんが、それも意味を考えて、AかBのどちらか一つなので単数、AもBも両方なので複数ととらえれば良いのです。

 そうはいっても、日本語では主語が単数か複数かによって動詞が変わることもありませんから、この主語と動詞の数の一致も、日本人には意識をしないと忘れがちなところですね。

 しかし、文法の正しさばかりを気にして、仕事のメールで時間がかかりすぎるもの、あまりよろしくありません。もっと大切なのは、会話のタイミングです。仕事では特に、会議中の発言がなければ、合意したと解釈されてしまう可能性もあります。ですから、その際は、まず発言してみて、その後、補足していくよう、会話のリズムに乗りながら、自分の英語力を育てていくという方法が重要です。

 私たち日本人が、間違えなしに、上達はすることはないからです。

英語では数と特定するか否かを意識する、けれども、まずはどんどん使って間違えて行きながら上達していきましょう。

 少し冠詞の話からはずれましたが、次回はスピーキングの上達のコツをお話していきたいと思います。お楽しみに。


第8回 紛らわしい前置詞は絵で原則、パターンで応用マスター☆

 前回は「さしすせそ」の「し」の文法を、パターンを使い、短期的にグーンと得点をアップでき、楽しく、無駄なく、学べる方法をお話しました。
 
 今回は文法の続きで、日本人が苦手だと言われている前置詞です。こちらもパターンという観点から勉強する方法についてお話していきたいと思います。

 私自身、前置詞は日本語の「て」、「に」、「を」、「は」と似ていて、短い単語で簡単そうなのに、辞書で調べると、沢山意味も例文もあって、どう使ったらいいのか分からず、苦手意識がありました。

 場所を表す前置詞も、部屋の中は"in" なのに、駅は"at"だし、学校も"at"で、レストランも"at"なのに、教室は"in"でバスは"on"にいちいち変わるのが、なぜなのかは全く分かりませんでした。そんなレベルの時には、自分で文を書く時でも、例文に書かれてる状況と全く同じでないと使えない状態でした。要するに前置詞の後にroomがくるのか、stationがくるのかで前置詞を選んでいて、全く応用がきかないという状態だったのです。

 それが、前回ご紹介したトフルゼミナールの単語用の参考書の中で書かれていた図によって、パターンの根本的な原則を理解できるようになりました。

 例えば、何かに接触して物理的に上にのっているのなら"on"。そして場所の括りが壁に囲まれているように、はっきりしている空間の中にいるなら"in"。括りがはっきりしてないけどその辺りにあるなら"at" のように絵を見ることで明確にそれぞれの前置詞を使う理由が分かったのです。

 この原則が分かってからは、例えば「昨夜深夜にタヌキが電線の上を歩いている様子を見た」という辞書の例文に載っていないような文を伝えたいとすると、電線の上に物理的に接触してるだから"on"を使うと応用できるようになりました。

At midnight last night, I saw a raccoon dog walking on an electric power line.

 TOEICやTOEFLで高得点を目指す方は、トフルの単語用の参考書をお勧めしますが、もし英会話を日常あるいはビジネスで使えればよいという方であれば、明日香出版社の「絵でわかる前置詞の使い方」エインジェル・久保著で楽しく学べると思います。

 この本には、前述のような一般的な例だけでなく、in the front of(最前列)やin front of(前方)の違いなど、辞書にある言葉だけの説明でなかなか理解できにくい場合も、絵で解説してくれているので初心者の方でも、中級以上の方でも、活用できると思います。特に、シンプルな絵で表現しているので、直感的に効率よく勉強できます。

 さて、図解で覚えた前置詞の原則を発展させて、さらにTOEICなどの試験対策で高得点を取るためには、動詞と合わせたパターンで覚えることが有効なステップになります。

 例えば"participate"という動詞が来れば、"in" が次に来ると覚えておくということです。違う言い方をすれば、"participate in"というように動詞と一つで記憶のくくりとし、単語のように覚えるということです。このように覚えると、上にのっているのか、中に入っているのかがあまり当てはまらないような場合にも、考える時間をかけずに、話したり、書いたりできるようになります。

 私自身はCobuild学習辞典を使って、この動詞を前置詞の組み合わせを確認し、それをA5サイズのバインダーにアルファベット順の単語帳を作って、単語を書く時には必ず例文も書くようにしました。

 さらに類義語辞典を使って、participateと同じ意味を持つ単語を調べて、それらも以前、紹介したA4の紙に書いて壁に同義語グループとして覚えていきました。

Participate in, take part in, be involved in, join

 と、こんなイメージです。

 研究社の英和活用大辞典でも、どの前置詞と一緒に使われるかがチェックできますので、お勧めです。

 今回はパターンを使った前置詞の勉強法をご紹介しました。
次回は冠詞の勉強法についてご紹介します。お楽しみに。


第7回 文法用語は不要?パターンで克服する簡単文法勉強法!

 前回は、私の体験を交えて、脳の特徴を生かす、感情、連想、音楽を使った効果的な英単語記憶法を、いくつかご紹介しました。

 今回から、「さしすせそ」の「し」、文法を楽しく、無駄なく、効率よく学ぶ方法をお話していきます。

 文法を勉強して楽しかったという記憶は、私の学生時代には一度もありませんでした。

 「現在分詞」、「過去分詞」、「現在完了形」、「仮定法」など、文法を説明する日本語そのものの意味がわかりづらく、混乱してしまうことが多かったのです。

 しかし、その私がクイズを解くように楽しく文法の問題に取り組めるようになったのです!

 その結果、半年で、TOEICのスコアが300点から500点にジャンプし、その後804点にまでなったのです。

 なぜ、文法嫌いの私が、どんどん文法問題出して!とでも言わんばかりに、文法問題を解けるようになったのでしょうか?

 その原因は、私が通ったトフルゼミナールの教え方にあります。
もう少し正確に言うと、米国に留学する外国人学生の英語力を測るためのTOEFLには、文法セクションがTOEICと同じようにあります。このセクションの攻略法が私にとっての好転のきっかけとなったのです。

 TOEFLの最もよく知られている参考書は出版社BARONから出されている参考書ですが、
この参考書の中では、文法のセクションはパターン化されています。

 TOEFLは、英語を母国語としない人の英語力を診断する試験ですから、難しい文法用語を使っても混乱するだけですよね?

 ですから、彼らはパターンで攻略する方法を伝授していたのです。

 私が通ったトフルゼミナールでも、この方式に従い、日本人の先生がパターンで文法を教えてくれたのです。

 文法のルールを、パターンで攻略するとはどういうことなのでしょうか?

 例えば、alreadyと来たらhave done とする、というように、反射的に正しい形が思い出される、百人一首に近いパターンで、記憶する勉強する方法です。

 この学校で教鞭と取られていた阿部先生が書かれた本は、授業に加えてとても役立ちました。

 「TOEFL TEST対策完全英文法 著 阿部友直 ティーエス出版」

 この本の中では、227のパターンを紹介しています。
このパターンを完全に克服できなかったとしても、だいたい70%理解できれば、TOEIC800点がとれると思います。

 実際、私の半年勉強した結果がその程度だったからです。
「あっ、その問題前やったなぁ」、「確か、この問題の回答はこれだったはず」、程度の理解です。
自分が理解して、これはこのパターンだから答えはこれ、というところまで行ったのは、900点を超えてからでした。どんな問題でも回答を一発で選べ、なぜ他の選択肢が違うのかまで説明できるのが950点以上でした。

 もう少しこのパターンで文法を学ぶポイントを理解してもらうために、もう一つ最もよく出題され、パターン学習法の強みが生きている例を紹介します。

I recommend that she study this text book.

 この文は、日本で典型的な文法教育を受けてきた方だと、studiesではありませんかと指摘しそうですよね。

 しかし、命令、要求、提案、決定のように強い意志をあらわす動詞の後のthat節の中では、原形になるのです。

 これは英国ではもともと強い意志をあらわすために、すべきという意味のshouldが入っていたのです。

I recommend that she should study this text book.

 しかし、これがアメリカでは、効率よく簡略しようということで、shouldが割愛されるようになったという歴史を受けての米国英語の文法のルールなのです。

 同じ理由で、suggest、demand、order、request、propose、decideといった動詞も同様の形をとります。

 さらに、strange、natural、surprising、necessaryなど感情や判断をあらわすit's xxx that 節の中でも同じルールが適応されます。

 このパターン学習法のおかげで、受験英語を教える機会があるまで、ほとんど文法用語は覚えずに800点を超えることができました。

 このアプローチは、特に瞬発力が必要な通訳から、仕事、趣味でビジネスや日常会話の勉強をされている方まで、幅広く有効です。

 なぜならば、会話というリアルタイムの場面では、「現在完了のhave done? あれっ、それとも過去のdid?」と考えている暇はないからです。
考えている間に会話が次に進んでしまってしまい発言のチャンスを逸してしまうからです。

 今回は、パターンを使った短期的にグーンと得点をアップできる文法の勉強法についてお話してきました。

 次回も文法の続きで、日本人が苦手だと言われている前置詞と冠詞について効果的な勉強法をお話していきたいと思います。次回もどうぞお楽しみに。


第6回 感情、連想、音楽が効率の良い学習の秘訣だった?!

 3月11日の宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

 一日も早く普段の生活に戻れますよう、皆様のご無事を心よりお祈り申し上げます。

 前回は、震災に関連する用語をまとめた号外をお届けしましたが、前々回は、意外な、でもとっても効果的な、単語の勉強法の続きを、私の実体験を元にお話しました。

 今回から、最近私が脳の特徴を理解した上で、効果的と思って実際に実践している英単語記憶法を、いくつかご紹介していきます。

 一つ目は感情の活用です。
感動で涙が出るぐらい嬉しかったこと。
顔が真っ赤になるぐらい恥ずかしかったこと。
頭の先から湯気が出るぐらい怒ったこと。
単に涙が出るだけでなく、文字通り自分の心がさけるくらい悲しかったこと。
こういった感情は深く記憶に残りますよね。

 忘れたくても忘れられない感情の記憶。この感情も単語を覚える時にフル活用することができればとても効率よく覚えられるような気がしませんか?
覚えられない単語が忘れたくても忘れられないぐらい記憶に残る。魅力的ですよね?
ですから、単語を覚える時にも自分の感情がこみあげるような内容にすることはとても有効です。

 私はプリティーウーマンが大好きで、何度も見て、セリフを覚えて勉強しました。
その中で、ジュリア・ロバーツが初めて、リチャード・ギアとオペラを見に行く場面があり、その時の美しく貴婦人のように着飾ったジュリア・ロバーツを見て、「You look stunning!」とリチャード・ギアードが言ったのです。

 映画館で見ていた私もまさに、その美しさに見とれ、その感情と共に、このstunningのニュアンスをしっかりと覚えることができました。

 そして、今でも覚えている20年前の間違え。

 コップの中に浮かんでいたゴミを、floatではなくdriftと言ってしまいました。
確かにどちらも浮かぶという意味ではあるのですが、目的も無く浮かぶ、すなわち、漂流するという意味のdriftをコップの中のゴミに使ってしまい、オーストラリアの先生に「ゴミは漂流しないわよ。浮かぶからfloat」と生徒10数名の前で直され、恥ずかしい思いをしました。

 こういう恥ずかしいことは20年たった今でも覚えているわけですから、その時は顔から火が出るぐらい恥ずかしいと思われるかもしれませんが、逆に学習のチャンスです。
是非、心の奥底で「やったぁ、この単語は一生忘れない!」と喜びましょう。

 是非、皆様も自分のいろんな感情を上手く使って、単語のニュアンスを体得してみてください。

 二つ目は、脳には一つの事象から、関連する他の事象を連想する性質があるということです。
例えば、リクルートスーツを沢山見ると、「就職活動の時期なんだなぁ」と考えたり、袴の女性を見れば、「大学の卒業式なんだろうなぁ」と考えたりします。
そのように人間の方は複数の出来事を結び付けて考える=連想するという性質があります。
そこで、例えば、"idiosyncrasy"という言葉を覚えたかったとしましょう。

 「変わっている行動」という意味なのですが、私は自分の最も変わっている部分を思い浮かべて、「通訳をする時に、おでこに三本の深いしわを作ってしまうのは、私のidiosyncrasyだ」という例文を作ったのです。
コツは思い浮かべるということです。

 連想をさらに効果的にするのが、音楽。
ラジオやテレビから流れる曲を聴くと、昔の記憶がありありと蘇る時はありませんか?
当時お付き合いしていた人との楽しい想い出など、ちょっとセンチメンタルになることもあるかもしれません。

 音楽のパワーですよね。
これも上手く単語の学習に使いたい。やる気が出ない時は、自分の大好きな曲を聞いてから学習を始めることでも音楽の力を活かすことができます。

 もし好きな英語で歌われている曲があるのであれば、是非、題名や歌詞を探してみてください。そこに出てくる単語は、他の場面で出会う単語よりもより早く身につけることができますから、お勧めいたします。

 実際、私も自分の結婚式で、カーペンターズのFor all we knowを主人の伴奏で歌ったのですが、その時に、何度も歌の練習をすることで、生きた言葉を学ぶことができました。

 "time alone will tell"という一節があります。
「時間だけが教えてくれる。」が直訳ですが、愛をはぐくみ、二人の間が真の意味で親密になれるかは、時間をかけないと分からないという意味です。
「英語をモノにできるかどうかは、時間をかけないと分からない」というときにも、この一節を使うことができるのです。

 カラオケでも英語の曲が沢山用意されていますから、どんどん好きな曲を選んで、練習してみてください。歌詞の内容を想像してみることで、単語の持つ意味を自然と身につけることができます。

 今回は、脳の特徴を生かした英単語記憶法を、いくつかご紹介してしました。
次回は、さしすせそのし、文法を楽しく無駄なく効率よく学ぶ方法をお話していきます。


号外(震災用語集)

 1,000年に一度の大規模な地震に、大津波、そして原発事故という、これまで私たちが経験したことがない日本国家の危機に直面している中で、多くの通訳者が現地でもボランティア活動や、或いは海外メディアに帯同して通訳しています。しばらくは被災に関連した場面で通訳をされる方も多いのではないかと思います。今回は私なりに今使える表現を整理して、少しでも皆様の準備、現場での活動に役立てていただければ思い、いつもとは違った形で書かせて頂きました。

 もちろん言葉は生き物で、NHK、BBC、NYタイムスを見る中でも、同じ事象を異なる言葉で表現していますから、ここに私が整理した言葉だけが必ず唯一の正しい表現とは限りませんが、なかなか準備時間がとれない状況で、今まで使われてきた表現はこんな表現でしたということで整理させていただきます。


東日本大震災 Great East Japan Earthquake
東京電力 Tokyo Electric Power Company or Tepco
保安院 Nuclear and Industrial Safety Agency or NISA
自衛隊 Self Defense Force or SDF
警察庁 National Police Agency
官房長官 Chief cabinet secretary
死者数 death toll
地震 earthquake, seism, temblor
地震に見舞われた earthquake stricken
余震 aftershock
震央、震源地 epicenter
事故が起きた原子力発電所 crippled nuclear power plant
全壊 totally/completely destroyed
半壊 partially destroyed
浸水 submerged, flooded, inundated
流される washed away, up, down(方向により前置詞が変わる)
放水 spraying water
作業員 workers
被爆 radiation exposure, exposed to radiation
(放射)線量 dose (of radiation)
溶解 meltdown
核分裂 nuclear fission
燃料棒 fuel rod
炉心 reactor core
圧力容器 pressure vessel
格納容器 containment vessel
蒸気凝縮プール suppression pool
緊急炉心冷却装置 emergency core cooling system or ECCS
買いこみ stocking, hoarding, panic-buying
避難場所 shelters, evacuation centers.
避難者 evacuees
被災者 victims
犠牲者 casualty
復旧 recovery, running again
行方不明 missing
ヨウ素 iodine
セシウム caesium, cesium
探す search for
ホッカイロ warming patch, warm patch, body warmer
仮設住宅 temporary housing
退去 exodus
計画停電 rotating power outage, rolling/scheduled blackout
所在 whereabouts

 
 印刷をする場合は、このまま印刷するとウェブサイトの構成上、単語帳として、使いやすい形で印刷できないため、単語の部分をワードの白紙にコピーをして印刷されることをお勧めいたします。



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから