HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第54回 Win winなプレゼンをするコツ!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

今週末はいよいよ今年最後の長時間ソロセミナーです。
今回はアルク出版のワルコムワールドの連載最終回を記念してのセミナーです。

私がTOEIC280点の落ちこぼれから、失敗しながら学んできたことを書かせていただいていたのですが、ありがたいことに連載期間中一番人気のあるコーナーだったそうです。本当にうれしいですね。

いわば落ちこぼれ道場のような連載でしたので、セミナーも皆様の悩みを解消するように構成しました。

ハガキはウェブから80の悩みをいただき、そのうちの20個を厳選して4時間の中で解決していきます。

•つい忙しくて誘惑に負けてしまいます。どうしたらモチベーションが維持できますか?
•本当に効果のある、自分にあった勉強法が知りたい
•忙しい毎日の中でどうやったら成果の出る英語学習ができますか?
•中高年ですが年齢的に、英語をやっても間に合いますか?
•英語を使う機会がありません。どうしたらよいですか?
•帰国子女じゃない、留学したことがないといったハンデを乗り越えるにはどうすればよいのでしょうか?
•一回で聞き取れません。対策はありますか?
•TOEIC900点を超えるリスニング力を身につけるにはどうしたらよいでしょうか?
•英語の質問ではないですが、どんな風にキャリアを積んだのか?
•やる気のスイッチは入りますが、どこから始めたらよいかわからない。
•子育て、犬のしつけに使える英語はなんですか?
•電話会議など顔が見えない時、聞き取れません。声もぶつぶつ切れますし、どうしたらよいですか?
•英単語の覚え方。繰り返しはわかるが、繰り返すモチベーションがあがらない。
•発音で苦労したことを教えてほしい。RとLとかsとthとか。
•せっかく得た英語を使う機会になると地蔵状態になる。対策と思って英語番組をみているが、全然頭に入らない。
•どうしても直訳調の日本語になってしまう。最初から英語で組み立てるには?
•臨場感あふれる話がしたいと思いながら、いつもしゃべってます。この雰囲気を伝えるにはどういったらいいんだを見つける辞書、参考書はありますか?
•できないという自分のメンタルブロックを壊したい!
•始めた頃は楽しかったのに今となっては苦しい。
•最初と最後に引きつける言葉はありますか?

これは私も悩んでいるというものがあれば、是非、下記から申し込んでセミナーにいらしてください。
http://www.alc.co.jp/event/13/0721/

さて、前回は、英語でのプレゼンテーションで聴衆の心を一つにする質問は自分のプレゼンテーションが解決する問題を疑問文にして投げかけることだということを説明しました。

今回は前回の私の例の最後にあった、Excellentを言うことによって得られる効果を考えてみたいと思います。

Excellentと言われたら、言われた人はどう思いますか?

あなたはほめられるとどう思いますか?

中にはくすぐったい気持ちになるや、嫌だと思う人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は喜びますよね。

そしてその喜んだ状態は、講演をしているあなたにも反映されるのだそうです。

ん?となりましたか?

あるカフェに入って笑顔で迎えられたときに、あなたはどうしますか?笑顔で帰る人がほとんどではないでしょうか?

ということで、人間の自然な反応として与えられたものをそのまま返す習性があるのです。(もちろん例外はあります!)

ということで、excellentということで、聴衆も講演しているあなたのことをexcellentと思う確率があがるのだそうです。

面白い法則ですよね。

次回皆様も英語でスピーチをする時に、是非、聞いてくれている人をほめる言葉をちりばめてくださいね。

では、次回は立ち方についてお話をしたいと思います。
またまたグローバルオーディションの時の立ち方とTedx東京の時の立ち方を比べてみて、違いを確認してくださいね。

Global Audition:
http://talentsearch.ted.com/video/Yayoi-Oguma-Behind-the-scenes-o;TEDTokyo

Tedx東京:
http://www.youtube.com/watch?v=P-ggxpMY9q0&feature=player_embedded

次回、なぜ変えたのかを説明しますのでどうぞお楽しみに。
ちなみにこの時にTedx東京で通訳した全米一の美大、ロングアイランドデザイン美術大学学長のジョン・マエダさんはすぐにこの違いに気づかれました。
さすが、一流はプレゼンテーションの極意を当然のように知っているんですね。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第53回 英語プレゼンのコツ第一弾!

皆様、こんにちは。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

6月9日に予定しておりましたワークショップは残念ながら準備時間が確保できず開催することができませんでしたが、代わりに7月21日にアルク主催の英語学習マスターマップ長時間セミナーを開催することになりました。

これまでのセミナーよりも、より皆さんの悩みにその場でお答えられるようにする参加型のセミナーになりますので、どうぞ語学学習で悩みを抱えている方はふるってご参加ください。

アルクセミナー:
http://www.alc.co.jp/event/13/0721/

さて、前回は仕入れた単語をすぐに使えるようにするコツは使う場面を学ぶ側から想像していくことだと伝えました。

早速、いくつか使ってみることはできましたか?

今回は出張中に聞かれたプレゼンテーションのコツについてお話したいと思います。

去年の今頃はちょうど初めての英語でのプレゼンテーションに挑戦するということで、TEDx東京の準備に明け暮れていました。TED Global Auditionを皮切りにTEDx東京、TEDxEE、PMIなどいろいろな場面で、通訳という枠を超えてプレゼンする機会を得ましたので、その時の経験から学んだ英語でのプレゼンテーションのコツをお伝えしたいと思います。

本一冊に匹敵するほど学ぶポイントは多かったので、何回か段階に分けて英語のプレゼンテーションのコツについてお話をしたいと思います。

よく見かける英語のプレゼンテーションはまず日本語で言いたいことを作成、その後和訳して、それを原稿にする、暗記するかそれをそのまま音読する。もしくは見ながら、少しアドリブを加える、という方が多いようです。

私自身もグローバルオーディションの時の準備は上記のとおりでした。

しかし、TEDx東京ではある要素を加えて登壇しました。
皆さん自身にも違いを感じて欲しいと思いますので、時間が許せば両方のスピーチを見比べてみてください。

Global Audition:
http://talentsearch.ted.com/video/Yayoi-Oguma-Behind-the-scenes-o;TEDTokyo

Tedx東京:
http://www.youtube.com/watch?v=P-ggxpMY9q0&feature=player_embedded

さぁ、違いは気づかれましたか?

実は、TEdx東京の時に加えた要素は、聴衆とつながるということです。暗記とは異なり、自分の言葉で前に座っている聴衆に伝えることを重視したプレゼンにしていまるのです。

相手に語りかけ、つながりを感じ、反応をみてアドリブを入れながら微調整し、そして自分の一番伝えたいメッセージを相手の中に届けていく。

ここは日本人のプレゼンターが苦手とするところではないかと思います。
私自身も英語のプレゼンテーションの専門家にコーチについて、練習して慣れていきましたし、日本人のプレゼンターで聴取とつながることを意識しながらプレゼンされている方は日本語でも英語でも少ないと感じています。

皆さんだったら、聞いてくださっている聴衆とつながるために何をしますか?

私がTedx東京プレゼンの中でつながるためにやっていたことは何だったでしょう?

質問をする。
手をあげてもらう。
そのことに感謝・賞賛する。
ある一人に話しかける。

もちろんアイコンタクトも大切ですね。
200人ぐらいまではZ型に視線を配ると全員と目が合うようにしていくことができますが、400名ぐらいでかつ照明が強いところでは難しくなりますから、その時には上記にあげた質問をして、手を挙げてもらい、それを労うということが聴衆を引き込む上でとても大切です。

ではどんな質問をしていくと良いのでしょうか?
聴衆の心を一つにして、話の聞く耳を作る質問の作り方を次回お伝えしたいと思います。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第52回 仕入れた単語を即使うが身に付くコツ

皆様、こんにちは。

皆様はいかがお過ごしですか?

ボキャビルワークショップは30名の方に参加いただき、アンケート結果も満足度99.9%ということでとても充実した時間となりました。
参加いただいた方、誠にありがとうございました。

さて、前回はputting yourself in others' shoesという表現をご紹介しました。相手の立場になりきって考え、今の現象に違う意味づけをして苦しい過去を解釈しなおすことで、トラウマをかけがいのない賜物にして克服できるということを伝えました。

今までの過去の苦労の見方を変えることはできましたか?

今回は、せっかく単語を覚えても、使う場に困るという相談をよく受けますので、どうしたら自分から覚えた単語を発信できるのかということを伝えていきたいと思います。

覚えた単語をどうしたら使えるのか?に対する答えは実に簡単で、使う場を学んだときに想定しておくということです。

私の場合は、例えばリーダーとして模範を率先して示す率先垂範という表現の訳にぴったりな「leadership by example」を頭に置き、何度も言って口に覚えさせながら、どこで使えるかを想像します。

例えば、leadership by exampleにふさわしい人を想像してみます。
社内公用語を導入した楽天の三木谷さんが社員に英語の勉強を促すと同時に自分も中国語を勉強し始めた。
これはまさにleadership by exampleですよね。

ここまでだけでも実際に同じような人に出会った時にleadership by exampleが口をついて出てくるようになりますが、もっと出やすくするには、どう使えるかを自分で考えてみるとよいです。

School year book、卒業アルバムを見ても、真っ先に自分を捜してしまうのは人間ほぼ皆自分のことが一番に気になるからです。

では具体的にどうするかと言うと、私はleadership by exampleかしら?と思えばいい訳です。英語に関しては、私はleadership by exampleになってると思いますが、整理整頓については全くもって苦手なので、できてないなぁ。と考えるわけです。

そうすると文ではどう使われるのかなって気になりますよね?

そうしたら、My motto is leadership by example.「私のモットーは率先垂範です」のような短い文を作ってみて、Googleに入れてみましょう。

そしてその文そのものが出て来くれば、その文がネーティブも使う表現なんだと理解できますし、A leader leads by exampleといった類似したネーティブが使う表現も仕入れることができます。

Google検索した時に画像をクリックして、リーダーが率先して階段をのぼっていって、フォロワーがそのリーダーに追従してのぼっていく様子を描いたイメージを目から情報として入れることでも、より深くその表現のイメージをとらえられ、使える場が出てきたときに思いつきやすくなるでしょう。

思いついたけれど、口からなかなか出てこないと悩んでいる方であれば、大切なのは最初に書いたように口から何度も声を出して言うことです。この時、できるだけイメージ、使ってる場を想像しながら言うとより効果的です。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第51回 トラウマの背後にあるGiftを見つける!

皆様、こんにちは。

皆様はいかがお過ごしですか?

ボキャビルワークショップもいよいよ今週末となりました。
今からでも参加可能ですので、もっと思いっきり飛躍したい方、是非いらしてください!
http://eventregist.com/e/ogumayayoiworkshop0421


さて、前回はトラウマを克服するためのステップ3、無我夢中になれるcompellingな目標を設定することを伝えました。

無我夢中になれる目標設定できましたか?

今回は、half cup fullと捉えられるようにする最後の手順です。

ある意味ステップ3は、無我夢中になる目標で、自分の意識を良い方向に向けるdistractionに近いのです。

それでも、過去の記憶は夜一人でいる時間にふっと思い出してしまったり、あるいは辛い状況に似た何かを見る事で思い出してしまうものです。

この辛い経験は脳の中でも危険をさけるために、かなり奥の方に刻まれてしまっているので、なかなか忘れるのも難しいという事実もあります。

これは私たちの脳の根底には、は虫類脳(reptile brain)があり、生存本能(survival instinct)からより深く刻まれてしまうのだそうです。この部分を詳しく知りたい方はリック・ハンソン著の「ブッダの脳」を読んでください。

催眠療法などを使って、自分が望んでいたような記憶に書き換えることもできますが、どうしても嫌だった出来事を思い出す必要もあり、専門家の力を借りないとやりにくいというところもありますので、もう少しやりやすい方法を共有したいと思います。

それは客観的にその出来事を見直して、何をそのおかげで学んだ、あるいは得る事ができたかを考えることです。

例えば、私自身はずっと海外で生活することに憧れていました。留学先から合格通知が届いた時にはすでに英会話講師になってしまっていたのと、留学資金が足りずに行けなかっただけでなく、その後の海外生活が実現しそうな目前でその道がたたれるという悔しい出来事が何度もありました。

そしてふっと気づいたのが、実は海外に住む事なく英語ができるようになったことで、自分だからこそ伝えられる英語学習の情報があるのだ、ということでした。

つまり辛い体験には何か自分を強くしてくれる贈り物(gift)が隠れていると考えるということです。

これも私が発見したことでもなく、沢山の本で書かれていることですが、私自身この考え方を当てはめて考えることで以前よりも早くトラウマも克服して前進できるようになりました。

実践するといっても、もちろん辛さが減るというわけではなりませんが、明らかに痛みを感じて意気消沈している時間は短縮できたように思います。

というのも、何か辛いことを言われたとしましょう。以前だったら、「なんであの人はこんなことを私に言うの?」ということにとらわれて、ずっと落ち込んでいました。そこで、この「ここなら何が学べるのか」を自問するのです。そうすると、すぐにその問いの答えが見つかるわけではなりませんが、言ってくれた人の立場にたって自分を客観的に見ることで、「私に○○を気づけよ」と言ってくれていたんだと謎解きのようにその人の意図を見つけることができるのです。

Putting yourself into their shoes.--相手の靴をはくという表現が英語でもありますが、これがまさに相手の立場にたつということですね。

この気づきこそが人生の最高の宝ではないでしょうか?
人は皆、死に向かって生きています。
他界する時に、お気に入りの服も鞄も貯金も持っていくことはできませんが、自分が学んだことだけは延々に自分のものです。

ということで、かなり時間をかけてトラウマの克服法を書いて来ました。
皆様の英語学習中の苦しみ、通訳練習中の悔しさ、その他いろんな日々の辛い出来事に役立てていただければ幸いです。
次回からは皆様のお役に立てる内容を書いていきたいと思います。
どうぞ楽しみに。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第50回 無我夢中になる目標はトラウマを凌駕する

 皆様、こんにちは。

 皆様はいかがお過ごしですか?
桜が美しいですね。

 最近、個人の英語セッション中でかなり多くの英語学習者の方がとても努力されているのに、その努力がちょっとしたミスで報われなくなってしまっている状態を目の当たりにしています。とっても残念ですよね。2ミリの修正ができれば、もっとぐーんと点数も実力もあがるのかもと思うことがよくあります。

 もし自分がそうかもしれないと思う方は是非、4月21日に企画しているワークショップにいらしてください。

 ワークショップは、未だに単語を一つ一つただただ暗記している方、あるいは、綴りは完璧に覚えているけれど、発音が定かでない方、英単語一つに日本語訳をつけて覚えている方におすすめです!

 お申し込みはこちらからどうぞ。
http://eventregist.com/e/ogumayayoiworkshop0421

 会場で皆様に直接、英語学習を「大変」から「楽々」に変えられるのを楽しみにしております!

 さて、前回はトラウマを克服するためのステップ2、物事と感情の間にスペースを作ることを伝えました。

 どうでしたか、このスペースを作る感覚はわかりましたでしょうか?

 今回は、そのスペースを使って、どうしたらhalf cup emptyと考えがちな自分がhalf cup fullに解釈できるかどうかを具体的に伝えていきたいと思います。

 なかなか苦しいと思っていることを、fullに解釈するということは、無理矢理前向きに解釈するように思え、難しいと感じるかもしれません。

 でも、実は、ちょっとしたコツで自分に教え込んでいくことができます。

 そのコツをお話する前に、こんなことはありませんか?
 頭が痛くてしょうがなかったのに、友達の相談にのってなんとか助けようとしてるうちに頭痛を忘れて元気になってしまった。
 体調が悪いと思っていたのに、夢中になって働いてるうちに忘れてしまった。
もっと言えば、東日本大震災が起きたときに、それまで感じていた悩みが小さいものに感じませんでしたか?

 これを過去の辛い体験にも応用できそうだと思いません?

 ちょっと論理に飛躍がありますでしょうか?
 がんばってついてきてくださいね。

 何か夢中になる夢や目標があって、それだけを本気に文字通り無我夢中になって追っていれば、過去の辛い体験も忘れてしまえるのです。

 これはただ嫌なことに蓋をして、忘れてしまいなさいということではないのです。

 全員が最後は死ぬという事実を考えた時に、人生は無限に続くわけではなくて、必ず終わってしまう日が来るんですよね。

 そんな有限の人生を過去の辛いことに使ってしまうのはもったいなくないですか?

 それであれば、その同じエネルギーを自分の目標に向けていきましょう。
 でも、無我夢中になれるような目標でなければ、すぐに辛くなってしまいますから、コツは自分が本当に手に入れられたら幸せになると思える目標、compellingな目標を立てるということです。

 ですから、まずは自分を大切にする。そして出来事と感情の間にスペースを作る。そして、自分が本当に欲しいと思う目標を立てることで、苦しい過去にひっぱられなくなるのです。

 さらに、もう一歩進んで、完全に辛い過去をhalf cup fullと肯定的に捉えられる方法がありますので、これは次回に解説します。どうぞ楽しみに。

 今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから