HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第49回 Half Cup Full or Half Cup Empty

 皆様、こんにちは。

 皆様はいかがお過ごしですか?
毎日少しずつ暖かくなってきて春の到来を感じますね。

 次回のワークショップですが、前回のワークショップのアンケート結果でボキャビルへのニーズがかなりありましたのので、もともと予定していたビジネスとボキャビルを足して、即ビジネスで使えるボキャビルワークショップとしました。開催日は4月21日です。

 英語ができたら将来の可能性があがると知りつつ、どこから始めたらいいかわからないという方から以下のような方まで、幅広い方々にお勧めです

■単語がとにかく覚えられない、覚えるのが苦痛という方
■英語を勉強したいけれど、どこから始めればいいのかわからない方
■頑張って単語を覚えても、すぐ忘れてしまう方
■語彙力不足がリスニング力やスピーキング力アップの足かせになっている方
■上司が突然外国人になって困っている方、あるいはその可能性がある方
■社内用語が英語になって困っている方、あるいはその可能性がある方
■今のところ仕事で英語は必要はないけれど、社内的にグローバルという言葉がよく伝われるようになったという方
■いつか英語でビジネスをしたいという希望がある方
■英語ができるようになって将来の不安をなくしたい方
■キャリアの選択肢を増やすために英語ができるようになりたい方
■沢山時間を割いたのに、ビジネスシーンで英語が使えるようになっていない方
■英語力はある程度身に付けられたが、どうやって仕事に結びつけたらいいのかわからない方
■英語は得意でも、もっと効率よく勉強したいと思っている方

 などなど初級者にはわかりやすく、中級、上級者はこれまでの努力で乗数的に結果が出せるようになる、とってもおすすめなワークショプになっておりますので、是非、ご参加ください。

 会場で直接皆様に語彙を増やす楽しさをお伝えできるのを楽しみにしております!
http://eventregist.com/e/ogumayayoiworkshop0421

 前回はトラウマの克服の第一歩は自分の語学を勉強するという自分の努力を自分が認めることからだとお伝えしました。

 自分を大切にすることについて考えてみましたか?
いかがでしたか?

 わがままになるという意味でもなく、傲慢という意味でもなく、自分を大切にするということは意外と英語以上に難しいことかもしれませんね。

 自分自身を大切にする感覚を持つという土台ができたという前提で次の段階に進んでいきましょう。

 次に考えていただきたいことは、つらい過去の経験の在処(ありか)です。
どこにありますか?

 えっ?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
その過去は自分の記憶にしかない、自分の脳の中の記憶にすぎないわけです。

 そしてそれに対してつらいという感情を感じてるのは誰でしょう?
実は、自分なんですよね。

 ある事象に対して解釈を与えて、悲しいとか悔しいとかうれしいなどの感情を持っているのは自分であるという事実に気づいてください。

 この事実に初めて気づかせてくれたのはスティーブン・コヴィー(七つの習慣著者)でした。その後も、私が定期的に通訳しているアンソニー・ロビンズも言っていることなので、人間として人生を生きている限り、これは英語の学習ということだけでなくて、いろんなことが起きる中で、重要な気づきであると思っています。

 というのも、この事実に気づけると、事象と自分の感情の間にスペースができるので、このスペースが自分を自由にしてくれ、そして、自分の人生を豊かにしてくれるのだと私は思っています。

 なぜならば、このスペースを活かして、自分が主体となってその事象に解釈を与えて、どの感情を自分が感じるかを決めることができるからです。

 英語で、half cup empty, half cup fullという表現があるのはご存知でしょうか?

 水が半分入っているコップを見て、「半分しか入ってない」と解釈するか、それとも「半分も入っている」と解釈するかによって、あなたが悲観的か、楽観的かを判断することができるよという、米国でよく使われる表現です。

 自分の持っているスペースを十分使って是非、fullを感じられるようになってください。

 といっても苦しいと思っていることを、無理矢理よく解釈することは難しいと感じるかもしれません。

 そのやり方についてはまた次回お話をさせてていただきたいと思います。

 今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第48回 英語学習のトラウマ克服法!

 皆様、こんにちは。

 皆様はいかがお過ごしですか?

 先日行われたリスニングワークショップは50名のお申し込みをいただき、大盛況のうちに終了することができました。私自身もほっとしております。

 次回のワークショップは4月21日です。
 成功するビジネス英語と題して企画しておりますので、どうぞ乞うご期待。

 前回は停滞時の抜け出し方は失敗パターンを比較して分析していくことで、解決策が見つかるのだとお伝えいたしました。

 さて今回はメールでお問い合わせがありましたトラウマの克服方法についてお伝えしていきたいと思います。

 「留学中の酷い経験のお蔭で、ネイティブや英語が大嫌いになりましたが、仕事上英語が必要です。どうしたら克服できますか?」

 英語が全くできないのに行ってしまった米国への一人旅行の時、短大時代の米国人の方とルームシェアしていた時にも、21歳で英会話主任講師になって年上の米国人講師の面倒を見なければならなかった時にも、社内通訳をしていた時にも、そしてフリーランスで通訳をしている今でもやっぱり、いろんなことが起きます。その中には、トラウマになる程の悔しい出来事、悲しい出来事が起きることは残念ながら、同じ日本人同士の会話でもいろいろあります。まして常識の異なる世界の人とつきあう時には、このような出来事が起きることはさけられないと思います。

 さらに語学を学ぶ行程では、間違えてしまうことで恥ずかしい思いをすることも残念ながらさけられないと思います。赤ちゃんがお父さんに「ママ」と言ってしまい、「パパ」だと諭されて学んでいくことで、「ママ」と「パパ」の違いを学ぶのと同じことだと思うのです。でも、赤ちゃんの時と違って、大人は既に自我ができているので、恥ずかしいだったり、悔しいという気持ちを抱いてしまうので「トラウマ」になってしまいがちなのだと私は解釈しています。

 そして通訳という仕事でも、不測の事態が起きて、準備していないことをやらなければならなくなってしまうこともあり、その内容がその時の分を超えてしまっている時には、全く訳せない、あるいは間違えて訳してしまい、大勢の人の前で直されるということも、沢山の様々な現場を経験していれば起きてしまうことはあることだと思います。

 そこで、この相談のように語学を学習している人にはトラウマをどう克服するか語学学習者、通訳を目指す人には必要なスキルだと思います。

 皆さんも、英語に関連してまさに「一生懸命話したのに、ばかにされた」
「話しかけているのに、無視された」「発言途中で、別の人に話されてしまった」「英語で話している時に、赤ちゃんをあやすように扱われた」「注文したものと違うものが出てきた」「英語ができないのでいじめられた」「怪訝そうな顔で対応された」など度合いは人によって違うにせよ、いろんな事があったことも、相談者のように積極的に英語を使おうとしたからこそ「つらい」と思う出来事が多かった人も多いのでは?

 ということで私自身もいろいろありましたので、その時にどのように乗り越えたかという自分の体験とNLPを勉強している中で学んだメソッドについても、何回かにわけてお伝えしたいと思います。

 私自身の体験、細かいことは伝えませんが、TOEIC950点も超えている頃でも、「英語ができない」と感じて、NYに旅行に行くのも恐いと思っていたことがありました。

 それが先ほどの細かいトラウマの蓄積の結果です。

 日本で英語を学習して、英会話学校に通っている段階ですと少しでも上達すれば「上手になったね」と褒めてもらえる。ご褒美がもらえるので楽しく学習ができるようになっています。

 しかし、一度外国人の中少数派として働くようになると、今度は事情が変わります。英語はできて「当たり前」。褒められることはぐんと減り、皆が冗談を言っている時にはそこに参加できないとすっかり蚊帳の外になってしまいます。

 かなり孤独感を感じて、その状態を周りのせいにしていました。
 その状態に気づいた今の親友で米国20年とほぼネーティブの日本人女性が話してくれたことがありました。

 「日本で勉強しただけでそこまで英語ができるようになった自分を自分が認めてあげたらいいんだよ。私は状況から自然と英語ができるようになったのだから、私と比較してもしかたがない。私はやよいちゃんの努力を尊敬しているよ。」

 私はトラウマにあった時にそうやって救いの手が与えられた事は本当に運が良かったと思います。

 ですから、私から英語を学習している皆さんにお伝えしたいと思います。

 わざわざ日本人として生まれながら、英語という全く違う言語を学ぼうとしている皆さんは、そのことだけで素晴らしいです。どうぞその素晴らしさにご自身が気づいて、認めてあげてください。

 大切にされている本を借りた時、大切に扱いますよね。ぼろぼろの本だったら、扱いはそこまで気をつかないのでは?ということは、自分が自分を大切にすれば、大切にされる可能性が高くなるということなのだと思いませんか?

 是非、じっくり考えてみてください。

 今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。
 次回はトラウマの克服方法の続きについてお伝えします。


第47回 突破口には何より自己分析!

皆様、こんにちは。

まだまだ寒い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしですか?

最近は講演依頼が増えました。
本を出版したおかげですね。
小学校の時から人前で話すことが大好きだった自分としては、まさに自己実現。
とってもありがたいことです。
さらに、アンケート結果を見る度に、私のこれまでの人生で体験して学んだことがお役に立てているんだと実感でき、これ以上ない至福だと感じています。

先日講演会の質疑応答で面白い質問がありました。

「英語学習が進んでしまったらば、英語ができる人が増えて、通訳の仕事がなくなりませんか?」

という質問です。鋭いですね。私もこれについては、よく考えました。
確かに、短期的に見たらそうなのかもしれません。
でも、担当者レベルの社内通訳をする時に、思うんです。
「こういう会議は通訳なしでできた方がよっぽど効率よく生産的にできるのではないか?」と。
役員会議やシンポジウムや国際会議や放送の場ではもちろん私たちが正確に同時通訳することはとっても意味があると思うのですが、ちょっとした社内会議は英語で進められた方が日本の経済にとっては良いのではないかと思います。

そうすれば、英語がどこでも通じる他国に流出してしまうのも防げますし、もっと生産性が上がるのではないかと。

そして生産性が上がって日本の経済が良くなれば、もっともっと国際会議で発言できる日本人が増えるのではないかと思うのです。

そういう場が増えれば、もっと長い目で見て、私たち同時通訳者の活躍の場も増えるのではなかという信念で、英語学習法を広める活動を行っています。

ちょっと良い質問だったので、私のミッションを一度明言した方が良いと思い説明させていただきました。

さて、前回は停滞期を次の突破口の予兆だと解釈することで乗り越えられるということについてお話をしてきました。

今回は突破口をどうしたら作れるのかをお話しましょう。

突破口は英語でbreak throughです。
停滞期に感じる壁を壊して突き抜けるということです。

壁を感じてる時であれば、当然、早く突き抜けて、解放されたいですよね?
それを早めるためにできることがあります。

自己分析です。

医者に行って、診断が間違っていて、誤った薬を処方されても治らないですよね。

それと同じようなことです。

TOEICの点数をあげたいのであれば、なぜ自分の点数が今の点数なのかを明確に分析しましょう。

分析なしに、的確な対応策は考えられません。

英会話であれば、どんな時にいつもつまずくかを書き留めるなどして、パターンを知りましょう。

通訳であれば、どんな場面のどんな訳の時にいつもつまずくかということですね。

雑談であれば、どんな話でいつも終わってしまうのかということを見て、パターンを見つければ、対策が考えられるのです。

次回はパターンを見つけた後にどう対策を作るのかをお伝えします。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第46回 停滞期は突破口の予兆!

皆様、

2013年いよいよ始まりましたね!
2012年はどんな年でしたか?
私は予想外の挑戦が続いた年でした。
今年もしっかり昨年挑戦した結果を一時的なものにせず、永続的な躍進にできるように土台を固めていきます!

年初1月6日にスピーキングのワークショップを行いました。
参加してくださった方には私自身がずっと思っていたスピーキングを飛躍させるエッセンスをお伝えし、体験していただいて、とても充実した5時間半を過ごすことができました。
全員が満足してくださったとのアンケート結果に私もとても嬉しく思ってます。

今年はもっともっと皆様に直接お会いして、これまで日本国内だけで勉強してきた私が習得したことのエッセンスをお伝えしていきたいと思い、早速リスニングのワークショップを2月24日(日)に企画させていただきました。

リスニングを飛躍的に伸ばしたい方は、是非日程調整していらしてください。
必ず満足いただける内容になっております。参加希望の方は下記よりお申し込みください。

http://eventregist.com/e/ogumayayoiworkshop0224

さて、前回は加速的に学ぶ方法は、自分を死ぬ程の本気に追い込む仮想強迫観念が好循環を作るということについてお話をしてきました。

今回はこうして作った好循環の後に訪れる停滞期の乗り越え方についてお話します。

何か始めた時に最初からすっとできてしまうタイプの方、私のように何事も時間がかかるタイプの方でしたらとってもうらやましいと思います。
ですが、こういうタイプの方が良く私に言われるのは「器用貧乏なので、弥生ちゃんみたいにがむしゃらに努力できるのがうらやましい。」と。
無い物ねだりと言えばそれまでですが、私が通訳する世界的コーチもこういう方をdabbler、すなわち、ちょっとかじって次に目移りするタイプと呼んでいましたから、世界共通のタイプのようです。

そして、私のように何が何でも頑張るタイプはstress achiever、ストレス抱えながら無理矢理努力で達成するタイプがいて、最後にmasterというコツを得て、要領よく学んで達成していくタイプと3種類いると区分していました。

さぁ、皆さんはどれにあたりますか?
自分に正直になって考えてみてくださいね。
自分と向き合うことに慣れてない人は、ちょっと分かりにくいという人もいるかもしれませんので、少しだけコツをお伝えしましょう。

ちょっと思い出して欲しいのが、誰かを褒めたくなる時、あるいは逆に批判したくなる時ってありますよね?

その時に向ける意識の矛先を自分にしてみてください。

私は自分を客観的に見ることを、「衛星を飛ばす」といういい方をしますが、要するに自分を自分の外から見るようにしてみてください。

自分の過去を振り返ってみるという感覚でも伝わりますか?
「これまで何か始めた時、自分はどうだったかな?」
「飲み込み早いね」と言われた人はdabblerな可能性があります。
「がんばりやだね」と言われた人はstress achieverかもしれません。
「プロだね」と言われた人はmasterかもしれません。

さぁ、なんとなく自分がどれかは分かりましたか?
必ず白黒はっきり分かれるわけではありませんから、自分がdabblerなところもあるけど、仕事に関してはmasterだなとか、趣味はstress achieverかなっと思ってみても問題ありませんよ。

いずれにしても何かを学習する時には必ず、停滞期というのが来ます。

英語であれば、単語では最低限のコミュニケーションが取れるけれど、込み入ったことになるとさっぱり。
とか、
聞き取るのはなんとなく分かるんだけど何か言おうとすると全然出てこない。
とか、
英語圏でないアジア人や日本人などノンネーティブスピーカー同士だと自分の英語が通じるのに、ネーティブには「??」という顔をされてしまう。
などなど、
通訳でもありますね。
知ってる人の通訳ならできるんだけど、いきなりあった人のことは全く何を言ってるのかがわからない。
とか、
原稿も用意されてるようなちゃんとした会議ならわかるけれど、ネーティブが通訳を意識せずにフリーで話されるとわからない。
とか。
まぁ、こういう停滞期は目標の数の数倍以上ありますから、あげたらきりがない。まさに枚挙にいとまがないですね。

ということで、こういう停滞期に入った時に皆さんはいままでどうしてましたか?

もう向いてない!と言ってやめてました?
ただがむしゃらにできるまで努力してましたか?
飽きたなと言って他のことを始めましたか?

プロのレベルに到達したい、あるいは、中途半端をやめたい、一流と自負できるところまで達成したい場合であれば、当然、やめるというのは選択肢ではありません。

でも、ここでやめたくなるのはあなただけではありません。

ここで、もし停滞期があるのは次の突破口の予兆だと解釈したらどうでしょう?
停滞期に感じる「いらいら」「フラストレーション」が「わくわく」に変わりませんか?

突破口を抜けたことがどんな分野でも一度でもあれば、あの爽快感は最高ですよね?

いきなりドアが開いて、壁の向こう側に広がる新たな世界が一気に見える状態。
真っ暗闇のトンネルの中、手探りで歩いてきて、いきなりトンネルの終わりに光の筋が見える瞬間とも言えるでしょう。

そう、この出来事の解釈を意識的に変えて行くことで、停滞期を乗り越えていくことができるのです。

次回は突破口を作るコツについてお話していきますので、お楽しみに。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。


第45回 加速的上達には仮想強迫観念が効く!

皆様、こんにちは。

前回はチャンスが来たら、すぐにつかむタイミングの重要性と必ず成功する準備方法について詳しく話をしました。

今回は加速的に学ぶ方法について話をしたいと思います。

同じ1年であっても、人によっては英語をマスターできる人もいれば、初心者のままである人もいますよね。

私自身の中でも、英語は早くマスターできた方だと自負しておりますが、趣味のダンスは本当に恥ずかしいくらい上達が遅いんです。

ということで、自分自身の体験と観察から得た加速的に学ぶ方法について今日は皆様にお伝えしていきます。

個人的な英語セッションやセミナーで一番よく聞くコメントが、自分が本当に上達できるか自信がないので不安というものです。

この姿勢は自分でやると決めきれていない「未決断」の状態です。
英語で言えばcommitしてない。とも言えますね。
スキーで言えば、しっかり足が踏めてなくて、及び腰という状態です。

さて、これは加速的に上達すると思いますか?

簡単ですよね。
この状態では、とても加速的に上達することはできません。

それに対して、もし英語をマスターしなかったら、来年の昇進が危ぶまれるだけでなく、レイオフの対象になるのです、だから今やるしかないのです。
この状態だったらいかがでしょうか?

私の20歳の時の状態がまさにこれに近い状態です。
「英語をマスターできたら、夢見た女性が一人で自活できる。もしできなかったらこの東京という最も豊かな都市のど真ん中で餓死するかもしれない。」

この状態に入ると、先ほどの向いている、向いてないということは一切考えなくなります。

だってやるしかないのですから。

周りの通訳さんでも「(私には)これ(通訳)しかないですから」とおっしゃる方がとっても多いのです。

もし今皆さんが英語を必ず必要とするような状況でないとしたら、そしてたぶん「及び腰」になってしまう方が多いでしょう。
私のダンスに対するこれまでの姿勢がそうでした。
そういう場合はマスターできないか?
そうではないのです。

そういう時に必要なのが、アインシュタインが知識より大切と言っている、そう「想像力」を使いましょう。

想像力を駆使して、できるようになった時に得られる喜びとそしてできなかった時の痛みを想像しましょう。

仮想強迫観念でもいいのです。
英語ができないと死ぬと自分に言い聞かせてしまえば、死ぬ気でやります。
そうすると、その前には感じられなかった極度の集中力のおかげで、必ず以前よりも上手くできるようになります。

そうすれば、これが上達できたという喜びに変わり、これが継続したいと思わせる力になるのです。

そして、さらに努力し、さらに上達する、さらに喜びが変わる。
これが上達の好循環です。

もちろんこの後にはゴルフでもダンスでも英語でも停滞時期が来ます。
その停滞時期の乗り越え方は次回お伝えします。

今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから