HOME > 英語の勉強 > 世界衝撃TOEIC攻略法

世界衝撃TOEIC攻略法

第19回 なぜ点数があがらない?の原因は分析不足!


皆様、こんにちは。
ハイキャリアの世界衝撃TOEIC勉強法も今回で19回目になりました。
これまで読んでくださった方、本当にありがとうございます。
そして、今年で終わると思っていた予想を裏切り、来年もブログを続けることとなりました!来年もまた内容を一層充実させ、皆様の人生を英語で、楽しくできるよう頑張りますので、楽しみに待っていて下さい!

年内は、私が普段通訳の現場で、お客様よりいただく英語学習についての質問に答える形で、皆様の疑問を解消していきたいと思います。

さらに今回はもう一つ告知させてください。
ツイッター、フェースブック、mixiでは、既に告知させていただきましたが、10月26日に幻冬舎より本が発売されることとなりました。

既にアマゾンでは予約を受け付けております。

題して「TOEICテスト280点だった私が半として800点、3年で同時通訳者になれた42のルール」です。

お金もなく、時間もなく、留学経験も無かった私がどのようなきっかけで通訳をめざし、どんなできことがあって、どうやって半年でTOEIC500点アップをしたのか、その後3年で通訳になったのか、自分自身の体験談、勉強方法を余すところなく書かせていただいています。

手前みそですが、英語をモノにしたいという方にはやる気も出て、具体的にどうしたら良いのかを、自分で計画し、実行し、達成できる本になっています。実利があり、かつ、読み物としても面白くなっていると思います。

もちろん、TOEICのスコアをすぐ上げなければいけないという人にも即効性のある攻略法を書いておりますので、是非、参考にしてください。

それでは、本題に入りましょう。
前回まで3回に渡ってTOEICの受験攻略法についてお話をしてきました。
もうこれで得点アップは間違いないですね!

しかし、「そうはならないのが現実だ!」と声もありそうですね。

そして実際、TOEICの点数が目標まで上がらない、という相談を受けることが良くあります。

今回からは、TOEICだけに限りませんが、そういった方々の相談にのった際にお答えした内容をお伝えすることで、皆様が軌道修正できるようにしていきたいと思います。

これは、私が通訳をさせていただいたアンソニー・ロビンの言葉ですが、
「一流と二流の間は2ミリの差しかない」
というメッセージがありました。
この微妙な調整ができた時に、爆発的な結果を出せるのです。

私自身も通訳者として先輩の通訳と自分の通訳の差が「は」「が」と一言の違いにも関わらず、わかりやすさに雲泥の差が出る事を体験していますから、この点の重要性は身にしみて感じています。

この2ミリの調整を年内はFAQという形態で皆様に調整していただけるようにしたいと思います。

一つ目のご相談内容は、

Q:英語は大の苦手だったので、一からやり直したのに、TOEICの点数は550点とふるいません。どうしたらあがるのでしょう?

です。

この方はリスニングの方が点数も良く、特に文法に関するパート5が低いという特徴がありました。学習の姿勢はとってもやる気に満ちていて、こういう人だったらすぐにあがるだろうにと、思いました。やり直した時の参考書も見せてくれ、ぎっしり答えが書き込まれる状態で、努力の跡は明確に見えていました。

が、しかし、TOEICの勉強は会社の時間を活用したいということで、インターネットの問題が中心で、TOEICの問題集を買って問題を解いていなかったということがわかりました。

今ではインターネットでも数えきれないほど素晴らしい情報があるのも事実で、私も多いに活用させていただいています。

しかし、TOEICの点数を上げるには情報が体系的にまとまってないものが多く、特に、傾向と対策を身につけるためには、解説がとても重要です。

というのも、なぜ間違えて、なぜ正解が選べたのかを一問ずつ分析して腑に落とさなければ、点数がアップするのは難しいからです。

そこで自分の目標点数にあった参考書を購入されることをおすすめいたしました。

もう一つのアドバイスをしました。
なんだと思われますか?

やり直しの参考書に、その方は、答えを書き込んでしまっていました。

TOEICの問題集は是非、書き込まずに、マークシートのページをコピーしてそこに書き込むようにアドバイスしました。

理由はお分かりになりますよね?

間違える問題は、ちゃんと解説を理解して、腑に落としてなければ同じように間違えます。

ちゃんと理解して、腑に落としていれば、間違えない、ゆえ、点数アップにつながるのです。ですから、書き込まずに、繰り返し勉強できるようにすることはとっても重要なのです。

また12月に受験されるとおっしゃっていましたから、次回の結果が楽しみです。

次の質問です。

Q:TOEICの本番の点数が、目標点数まであと30点足りませんでした。ちゃんと参考書も購入して、3回繰り返したのに。なぜなのでしょう?

この方もとてもまじめな方できっと3回きっちり問題集をこなされたのだと思います。

でも、なぜ、後30点足りないという残念な結果になってしまったのでしょうか?

私自身も同じ参考書は3回以上、繰り返しますから、なぜ、点数があがる、あがらないと異なった結果になるのでしょう?

この方は3回目をのべつ幕無しに解かれたことがわかりました。

のべつ幕無しとは一人目の方のアドバイスでも書いたように、なぜ正解でなぜ間違っているかを分析していなかったのです。

分析なくして3回繰り返しても、記憶の良い方であれば、回答自体を暗記できてしまうから、その問題集は解ける、けれども、本番では解けないという状態になってしまうのです。

そして、もう一つこの方に対してお話した重要なアドバイスは、間違った問題と理由がわからずに正解になった問題を中心に繰り返してくださいということです。

理由はお分かりになりますよね?
なぜが分かるようになって初めて、本番の問題でも同じように正解が引き出せるようになるからです。

そして大切なのは前日に間違えた問題だけを繰り返し、確実に自分の弱点を補うことです。

こうすることで、あやふやになっている知識をしっかり復習し、確実にしてから、本番の試験を受けることで、前回よりも点数をあげていくことができるのです。

今回の2ミリの調整はいかがでしたか?
なーんだそんなことかと思った方。
そのとおりなのです。
その「そんな」ことが大きな違いを生むのです。

それでは次回のFAQによる2ミリの調節もお楽しみに。


第18回 上から全て読んでいてはTOEIC part7はアウト!

前回、すぐに得点アップできるリーディングセクションのパート5と6の攻略法についてお話しました。

今回は、その続きでTOEICのリーディングセクションのパート7の攻略法をお伝えします。

パート7は長文問題です。選択肢の中から文法の知識や語彙を使って、長文を正しく理解できているかどうかを確認する問題です。

さて多くの方が時間切れになってしまう長文文題を、できるだけ早く解くコツは、なんでしょう?
多くの方が時間切れになってしまうとおっしゃられる方に「問題全てを読んでいますか?」と聞くと、ほとんどの方からそうですという答えがかえってきます。

これまでの私のブログを読んでくださった方であれば、次の展開は想像できるのではないでしょうか?

パート5、6でもお伝えしてきたように、パート7も全てを読む必要はありません。

もちろん全て読んでも時間があまるぐらいになると950点以上の実力があるということになりますが、そうでない方は読むということにフォーカスをするよりも答えを探すようにすることがコツになります。

ということで、この問題の解き方もまず選択肢を見ます。
これは問題の意図を理解するためです。
それから問題を見て、答えのクルー(ヒント)を探し、正しい答えを選びます。

仕事のメール、手紙、ファックスでも、全てを読んでいては追いつかないですよね。ポイントをしっかり読んで、後は読み飛ばす。その感覚に、近いといっても良いかもしれません。

パート7ではどんな対策が効果的なのでしょうか?

今、市販の問題集に載っている内容で十分ことカバーしきれていると思いますが、ちょっと本番は緊張する傾向もありますから、一冊を三回解くだけでは不十分かと思います。二冊以上を繰返し解くことを勧めします。

先日通訳させていただいたお客さんも「1冊を三回繰り返したが、目標が600点であったのに対し、40点足りず560点だった」とおっしゃっておりました。一冊を三回やる問題点は、私自身も経験しましたが、問題を暗記できてしまうことが理由ではないかと分析します。

では、問題集の選び方ですが、自分の目標点数にあったもので、ほとんどの場合は問題ないでしょう。やる気満々ですという方は、少し高めでもいいですし、逆に仕事上どうしても勉強しなくてはならないから勉強するのでという状況の方は、少し低めからやってみても良いでしょう。

やる気満々の時には、多少自分にとってハードルの高い難しいことに取り組んでも、頑張れますが、やる気が余りない時にはなかなか難しいものです。やる気が減退している時には、逆に簡単に解ける問題に取り組み、正解を得ることで英語の楽しさを再認識して、自分を乗せていく必要があるのからです。マラソンをする時に必ずウォームアップで身体を温めるのに似ていますね。

ですから、自分の英語に対するやる気があまり高くないなと思う時には、少し自分のレベルよりも低めの問題集を選びましょう。それでも、時々難しい問題がありますから、十分に勉強になるからです。

それでは毎日できるちょっとした勉強法についてお話しましょう。

英語でメールすることも、プラスになりますね。でも、そういう機会がないよという方はインターネットを活用しましょう。

例えば、フェースブックを使って、気なるアーティストや共通の趣味を持っている人を探して、友達依頼を出して交流してみることも良い方法かもしれません。

自分の会社のホームページの英語版を読んでみる、或いは競合の英語のホームページを読んでみるというのも良いでしょう。

業界雑誌を探して、そのホームページを見ることでも海外の業界動向も知り、かつTOEIC対策にもなるので一石二鳥になります。

NYやロンドンにあるレストランを検索してみても良いですね。広告を読む良い練習になりますね。

BBC、ニューヨークタイムズのiPhoneアプリでヘッドラインを見て、気になる記事を読んでみることも私が良くやる勉強法ですね。

さあこれではTOEICの全てのパートを解説してきました。
次回の試験で高得点を記録されることお祈りしております!!

さらに、例題を使った解き方や最新の出題傾向は10月発売予定のアプリに入っていますので、こちらもどうぞ乞うご期待!


第17回 TOEIC part 5/6は設問読み回答探し!語彙も重要!

前回、すぐに得点アップできるTOEIC攻略法のパート3とパート4についてお話しました。

今回は、その続きでリーディングセクションのパート5と6の攻略法をお伝えしていきましょう。

パート5は文の中で虫食いのように空白になっている部分を、選択肢の中から文法の知識や語彙を使って、正しい回答を選ぶ問題です。

この問題の解き方は、まず選択肢を見ます。
これは問題の意図を理解するためです。
それから問題を見て、答えのクルー(ヒント)を探し、正しい答えを選びます。

しかもパート5の出題傾向は比較的決まっていますから準備もしやすいのです。

時制、語彙、言葉の品詞、動詞や形容詞と前置詞の組み合わせ、分詞構文、動詞の後の目的語などの問題は知識を問う問題ですから、知ってれいば5秒もかからず解いていくことができます。

この種の問題はボキャブラリーで芋づる式に単語やイディオムを覚え、名詞、動詞、副詞、形容詞系がどのようになっているのかを掴み、例文から動詞の後に来る前置詞や目的語の形を把握しておけば、まず得点アップは間違いないと思います。

私自身の経験もTOEFLの勉強をしている際に培った単語のグルーピングのおかげで半年の間に500点アップを実現しました。

例題を一つ出しましょう。

1.About  2. Of  3. With  4. On

という選択肢ですから、明らかに前置詞問題であることが分かりますね。

He was unsure ____ his future while the outlook of his company was gloomy.

unsureの後にどの前置詞が来るか?
of ですね。日本語で考えると自分の未来に「ついて」不安を感じたとなりますから、aboutを特に選びたくなってしまいますが、答えはofです。

sureもof を前置詞でとりますから、否定を意味するunがついても同じだということですね。同様の使い方をするのが、think of「~について考える」、know of「~について知っている」です。

さらにビジネスの場面で使われる語彙が知ってないと解けない問題もありますからそういった表現も普段から読むように心がけておきましょう。

例として、実際に2011年の7月に出題された問題に類似する設問をお話しましょう。

1.perform 2.performance 3.performing 4.to performという選択肢です。

言葉の品詞を解いている問題だと分かります。
動詞の原形と取るのか、名詞か、現在分詞か、それともTo不定詞かということです。

しかし設問は下記のようでした。

The company expects to give a ________ review one a year.

reviewが名詞なので形容詞と思うかもしれませんが、performance reviewとは人事考と言う意味のビジネス用語になり、2が回答になります。

本文中のroll out 「展開する」、speak up 「意見を言う」などは、必ずマスターしたい現ですね。

他にも、正しい接続詞や代名詞を入れる問題などもあります。

NHKのビジネス英語の教材や10月発売予定のアプリの教材を使って、特に代名詞や接続詞に注意してシャドーイングすることで、良い対策になるでしょう。

パート6は、基本的にはパート5と同じですが、虫食いになっている文が、長文の中に点在しているというところが違いです。

ですが、長文の穴埋めだからと言って、長文を最初から最後まで、全部読まなければならないという解き方は必要ありません。対策はパート5と同じです。

以上、パート5と6は選択肢から読み始め、回答を見つけるために役立つクルーを探し、回答していくという解き方であることを理解していただけたでしょうか?

ということは対策も同じですから勉強する側としては嬉しいことですね。

次回はTOEICのリーディングセクションのパート7を解説していきます。
お楽しみに!

さらに、例題を使った解き方の練習は10月発売予定のアプリに入ってますので、こちらもどうぞ乞うご期待!


第16回 TOEICパート3/4の対策は設問と回答の速読!

前回、すぐに得点アップできるTOEIC攻略法のパート1とパート2についてお話しました。

今回は、その続きでパート3とパート4の攻略法をお伝えしていきましょう。

パート3は二人の会話を聞いて、設問に対する回答を問題用紙の選択肢から選ぶ問題です。

会話自体はシンプルですが、一度しか聞けません。会話を聞きながら読もうとすると、どれがどれだったかわからなくなったり、意味は間違っているのに会話の中で出ている単語と同じ単語があるだけでその選択肢を選んでしまうことがあり得るのです。

そこで、リスニングで満点を取った私の攻略法をお伝えしましょう。

まず、パート2の最後の問題の回答を塗りつぶしたら、まだパート3が始まる前にパート3の設問と回答の選択を肢最初から最後までざーっと一通り読みます。

最初はなんとなく頭に入れるような感覚で大丈夫です。
キーワードだけを追っていくような感じです。

そして、その頃にはパート2が終わり、パート3の解説が始まるでしょう。

パート3を解く方法はすでに分かっていますから、例題の説明の間も無視します。
無視している間にしっかりとパート3の一番始めの問題に戻り、設問と回答選択肢を読み込みます。

余裕があれば二つ目、三つ目まで見て行ってもいいですが、例題の終わる頃までには一番始めに設問と選択肢に戻って、しっかり準備をしましょう。

会話が流れる頃には、もう設問が分かっていますから回答もすぐわかります。会話を聞いている間にどんどん回答していきます。

問題は時系列です。行ったり来たりすることはありませんから、上から順次回答していきましょう。

このように進めて行けば、会話がながれている間に回答できますので、設問を読みあげる時には次の設問を読むことができるのです。

これが好循環のコツです。

さぁ、これで試験の解き方のコツが分かりましたか?

では高得点をあげていくために日々どんな訓練をしたらいいのでしょう?

読む速さをあげることが重要であることがわかりますよね?
このパートの設問を先に読む時に役立つのが前から訳していくサイトラです。実はサイトラは速読にはとってもいい方法です。

そして正しい回答を選ぶためには、同義語と対義語の知識が大活躍するのです。
なぜならば、日本語で理解したかを確認するのではなく、あくまで英語で理解したかを確認する時には同義語を使って、肯定的に言い替えるか、対義語を使って否定的に言い替えるしかないからです。

ですから、単語帳を作る時には同義語と対義語も辞書で調べて書いておくことで、TOEIC対策にはとっても効果があります。

パート4はパート3に似ていますが、会話ではなく、アナウンスメントやスピーチのように一人のスピーカーが話している内容を理解し、設問に答える問題です。設問の解き方のコツはほぼパート3と一緒です。

まず、パート3の最後の問題を回答しおわったところで、パート4の設問と回答の選択肢をざっと一度読みます。パート4の1番が始まる前に、再度一番の設問と問題をしっかり読んでおきましょう。

では、どのようにパート4の得点アップをはかれば良いのでしょうか?

比較的、留守番電話の伝言や、機内の放送、ラジオの広告、上記の企業のパーティーのスピーチなどの出題確立が高い傾向を考えると、それぞれ次のような対策が考えられます。

英語で仕事をされている方で、いつもメールでのやり取りが多い方は、TOEICまでは電話をもっと利用してみることも良いでしょう。実際に生で聞き、話すことでそのときの場面にあった会話を体験できます。また留守番電話を聞くと音質のよくない再生音で、背景なしに自分の耳だけをたよりにメッセージを理解することになります。さらにメールよりも人間関係を緊密にする一助にもなると思いますよ。

空港のターミナルや機内の放送は、実際に出張や旅行に行く時に、いつもよりも耳を澄ましても良いでしょう。ICレコーダーで録音しておくのも良いかもしれませんね。

ラジオはAFNを聞くこともとっても有効な対策になりますし、インターネットラジオも活用できますね。

これで全てのリスニングセクションをカバーしました。

いかがでしたか?

TOEICのリスニングは決して早くはありませんから、ナチュラルスピードの映画などを大量に聞き流し、耳を慣らしてください。日々対策をこうじて、本番は攻略に基づいて解いていけば満点も夢ではありません!

さらに詳しい解説・練習を希望されている方は10月末には本とiphoneのアプリが発売になる予定ですので、こうご期待!

次回はTOEICのリーディングセクションのパート5、6を解説していきます。
お楽しみに!


第15回 TOEICパート1/2の対策は普段から絵や疑問を英語化する事!

前回、流し読みを効果的にするスキミングと英語脳にしてくれるサイトラについてお話しました。

今回は、すぐに得点アップできるTOEIC攻略法ご紹介いたします。

まずはパート1から。

パート1は写真を見ながら、正しく写真の内容を伝えている英文を選択するという問題。メモは一切取れないですし、一度しか聞けませんから、ちょっと緊張しますよね。
しかし、ちゃんと攻略法がありますから、それを活用すれば問題ありませんので、ご安心ください。

パート1のコツは、絵を細かく見て英文を用意しておくこと。
写真の中に物理的に存在する物を、どんどん見て英文を作成してみましょう!

本番の試験中、ガイダンスと例文が流れる間に時間があります。
この時に、写真を見て、人の数、場所など物理的な状況を確認しておきましょう。
特に、英語は単数、複数、前置詞が重要ですから、数と場所に注目しましょう。
できれば、頭の中で短文、単語を頭の中で考えておきます。
このように準備しておくことで、聞こえてきた順に即答できるのです。

パート1の攻略法は明確になりましたか?

では、どのような対策を立てて準備すればよいでしょうか?

二つの方法があります。まずは、目に入る情景を英語化する習慣をつけること。
時間もかかりませんから簡単ですね。
通勤中の車内つり広告や通勤中に見かける様子を見ながら、どんどん英語にしていけばよいのです。
目の前の広告の中で、例えば、女性がお風呂に入りながら、小型防水テレビを見ているのであれば、頭の中で、"A woman is in a bath tab, watching a handheld waterproof TV."と英文を作ってみるのです。広告だけでなく、景色でもOKです。
"A blue sky is stretching across the city."青い空が街に広がっている、など。

そうです、これは歩いていても、車中でも、社内でも、自宅でもどこでもできる英語脳エクササイズです。

なぜならば、英語を聞いて、情景を思い浮かべられること自体が英語脳の第一歩で、それができれば、パート1は完璧です!

パート2は英文の質問が一度流れ、それに対する回答選択肢が3文流れ、その中から正しい回答を選ぶ問題です。
質問も回答も、音声で一度しか聞けませんから、パート1よりもさらに緊張感がありますよね。

問題用紙は何もヒントもなく全く役に立ちませんから、しっかり対策をたてて望みましょう。

パート2の攻略のコツは、質問の意図を理解&記憶し、想定回答を自分で用意をしておくことです。

ほとんどの質問は、4W1Hで始まるので、しっかりその一語を忘れないように心がけましょう。一部、did youやhave youなどのyes /no問題もあります。

私は通訳という職業上、英語を聞いたら、すぐに日本語にする習慣があります。そのプロセスが記憶に刻みやすいのと、日本語の方が覚えやすいということもあるので、質問を頭ですぐに日本語に変換し、回答も日本語で先に用意してから、英語にしている場合もあります。

この辺りは、英語の方が記憶しやすいか、日本語の方が記憶しやすいかによって変わるでしょう。

記憶世界選手権大会で2010年に優勝した中国人の男性は、英語の数字を記憶する競技の際、中国語に変換してから覚えるか、それともそのまま英語にして覚えるか迷ったそうですが、結論は、英語で記憶するかわりに訓練を増やすという選択肢を取ったそうです。

皆さんはどちらが良いですか?

既に、英会話に慣れしたしんでいる人は英語が断然よいでしょう。
今はまだ英語に慣れていなくて、すぐに点数をアップさせたい人は日本語に変換する方が無難かもしれません。
将来的に英語で絶対仕事をしたい、と思っている人はまだ慣れてなくても、あえて英語で覚える訓練をすることは、長期的には一石二鳥になります。
急がばまわれということですね。

それでは対策についてお話しましょう。

パート2に出てくる質問は、日常的に皆さんが家族、友人、同僚、上司にするような質問ばかりですから、自分の日本語のメールや発言の後、ふっと自分の中でこれは英語でなんて言うのかなと考える癖をつけると、英会話能力もアップし、得点アップにもつながります。

私の場合は良くB5の半分の大きさのノートを持ち歩いて、「これは英語でなんて言うのだろう?」というのを書き込みました。そして英語ができる人を見つけては、これはなんて言うのかというのを、しつこく聞いていました。

英語らしい表現を映画やドラマや仕事や友達との会話から聞いた時にも、書きこんでいました。

今考えれば、パート2に出てくる表現の宝庫だったと思います。

これが、TOEICでは一度しか聞けませんから、得点獲得にはとても重要です。

次回はTOEIC パート3と4の攻略法をお伝えします。
お楽しみに。



《 前 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次 》


↑Page Top

プロフィール

小熊弥生

小熊 弥生さん
同時通訳者。ビジネスシーンを中心に活躍し、数百億円規模の商談に多数関わってきた。アンソニー・ロビンズ(世界的ベストセラー作家)やノーベル物理学賞受賞者の来日講演、F1ドライバー(ヤルノ・トゥルーリー)の取材、アメリカ最大のプロレス団体WWEの来日記者会見など、数々のイベントでも通訳をつとめる。 短大入学時点では、英語力は平均以下だった(英検四級、TOEIC280点)。それが独自の勉強法を駆使した結果、3年後には通訳デビューを果たす。フジテレビ番組『世界衝撃映像社』に、「通訳」としてレギュラー出演。
ホームページはこちらから