HOME > 英語の勉強 > シャドウイング

放送通訳者直伝!すぐ使える英語表現

シャドウイングとは?

通訳訓練法は通訳を目指す人やTOEIC900点以上の人だけの勉強法ではありません。通訳訓練法を使えば、英会話が苦手な人も、もう一歩伸び悩んでいる人も、リスニング力、表現力、英語の論理的思考が身に付きます。まず通訳の代表的な訓練法として「シャドウイング」というメソッドをご紹介します。

シャドウイングとは「聞こえてきた英語を、そのまま英語で再現するトレーニング」です。英語の音声を聞いてその内容をきちんと理解し、耳から入る情報と同じ情報を同時に声に出すのがシャドウイングです。このトレーニング法は英語でのコミュニケーション力が飛躍的に向上し、特にスピーキング力と発音やイントネーション矯正などに効果的です。

シャドウイングは長年通訳訓練法に取り入れられてきましたが、その効果が高いことから現在では初級レベルの英語学習教材にも多く取り入れられています。

シャドウイングとリピーティングの違い

シャドウイングとは「聞こえてきた英語をそのまま英語で表現するトレーニング」だとお伝えしましたが、残念ながら多くの方や英語教材がシャドウイングの本当の意味を間違って捉えています。シャドウイングのトレーニングのはずが「リピート練習」になっているのです。

シャドウイングはどうしても「聞きながら話す」というイメージが先行してしまい、多くの場合聞えてきた英語を自動的にまねて口で繰り返すというトレーニングになっています。そのようなトレーニングを続けても効率的に英語力を身に付けることができません。

それではシャドウイングでは何が一番重要なのでしょうか?

シャドウイングの正しい方法

シャドウイングの本質は耳から入ってきた情報を理解することです。聞こえた英語を繰り返すといった見せかけのリピート練習ではありません。「内容を理解しよう」という姿勢が重要です。「この英語は何を言おうとしているのだろうか?」「このスピーカーは今どんな感情で話しているのだろうか?」「この教材の中で一番大切なポイントはどこだろ?」といったところを意識いて行います。リピートではなく正しいシャドウイングを行えば最初は5分も集中力が持たないでしょう。

RepeatingではなくReproduction

相手の言葉を理解し、共感しながら聞くというのは「シャドウイング」に限らずコミュニケーションの理想的な形です。通訳ではシャドウイングでも同時通訳でもアウトプットのことをリプロダクション(Reproduction)とも呼びます。

リプロダクションとはリピート、つまり「反復」ではありません。「再現」という意味です。聞えてきた言葉と100%同じ言葉をアウトプットしようとする必要はありません。「再現」は一語一句正確に繰り返すことではないからです。
大切なのはインプットとアウトプットが同じDNAを持っていること。「つまり言っていることは同じ」であればそのシャドウイングは合格点です。重要なのは内容レベルで正確な再現です。

シャドウイング上達のコツ

1)内容を理解しながらシャドウイングを行うには集中力が必要です。1日、20分でも30分でもいいので集中してトレーニングしましょう。BGMのように英語を流しながらリピートしても効果は見込めません。

2)細かな情報が聞きとれなかったとしても気を取られず全体の話の流れ(コンテキスト)をしっかりつかむようにしましょう。ひとつの単語の聞き取りに夢中になって、次のフレーズが頭に入ってこなかったなんてことがないようにリラックスして行いましょう。意味を理解しながら聞いていれば、ひとつや二つ単語が聞き取れなくても全体像が分かるはずです。

3)大切な人に語りかけるようにシャドウイングしましょう。もしも大切な人に何か語りかけるとしたら言葉にその思いや気持ちを込めるのではないでしょうか?

4)恥ずかしがらずに声を出しましょう。
シャドウイングは必ず声に出して行ってください。一人で部屋で練習する時も、大勢の人があなたのシャドウイングを聞いていると想像しながら練習してください。そして言いかけた文章は最後まで完結させましょう。

↑Page Top