HOME > 通訳 > 21世紀の通訳-Interpreting in the 21st Century- > 第55回 ポケモンGO

21世紀の通訳 -Interpreting in the 21st Century-

第55回 ポケモンGO

先週末は皆さんいかがお過ごしでしたか。私は今話題のポケモンGOをダウンロードし、プレイしてみました。好奇心からダウンロードしただけなのですが、やってみると懐かしさもあり(初代のポケモンが出たときに私は小学生でした)、友人と公園などでポケモンをゲットしてきました。

AR(Augmented Reality=拡張現実)を利用して楽しむこのゲームですが、事故や危険な場所への立ち入りなど、トラブルも相次いでいます。アメリカでは「原発はピカチュウを探す場所ではない」、ロシアでは「ポケモンがクレムリン(ロシアの大統領府)を訪れる理由はない」といった茶目っ気あふれるコメントが報道官から出ています。日本でも、菅官房長官が「私はポケモンはやっていませんが...」と言っていました。経済効果を期待した「ポケモノミクス」などの造語も作られています。デパートでは「ポケモントレーナーの皆さんへ、周りに注意してお楽しみください」といったアナウンスが流れており、注意を引くようなコミュニケーションを心がけているのが分かります。

それにしても、日本発のエンターテインメントが海外で広く楽しまれているのはうれしいことです。海外の友人ともポケモンについての話をしましたが、エンターテインメントの分野においても様々な異文化コミュニケーションの努力が見られます。

ポケモンについていうと、アニメの主人公はサトシという名前ですが、英語圏ではAshという名前に変えられています。また、ポケモンもピカチュウのように名前がそのまま使われているものもありますが、ほとんどは別の名前が使われています。

また、カスミというキャラクターがいますが、彼女は途中からトゲピーという卵のようなかたちをしたポケモンをゲットし、常に胸のところに抱えるようになります。これは、彼女は年齢の割に露出の激しい服を来ているので、ポケモンのアニメがアメリカに進出するときに、胸からお腹のあたりを隠すために持たせるようにしたと言われています。 日本ではコンビニなど、子どもが来るところにも性描写の激しい漫画などが置かれており、とくに欧米からは批判されていますが、こういった何気ないところにも文化的な配慮が隠れているのですね。ちなみに、ポケモンは進化しますが、この「進化」というコンセプトも、宗教によっては進化論を否定しているので、国によっては色々と表現を変えて使われているようです。

他にも、カルピスなどは海外で売られていますが、ある理由から英語圏ではカルピコと呼ばれています。私がイギリスでよく食べていた、Walkersのポテトチップス(ソルト・アンド・ビネガー味がおいしい!)もアメリカではLayと呼ばれているなど、固有名詞も国によって違うことがあります。カタカナの商品名が英語でもそのまま使われていると、通訳するのは楽ですが、そうでない場合はかえって通訳が難しくなりますね。


21世紀の通訳-Interpreting in the 21st Century-


↑Page Top

プロフィール

佐藤 祐大

佐藤 祐大さん
日英会議通訳者。熊本大学英文科卒。 公益財団法人日本英語検定協会に4年半務めたのち、ロンドンメトロポリタン大学に留学し、会議通訳の修士号を取得。 製薬会社、経営コンサル会社での社内通訳者を経て、2016年7月より現職。