HOME > 通訳 > 忙しい人のためのビジネス英語道場

第20回 もう一つのやり直し

 前回のコラムで「正統派の英語の勉強」と「今必要な英語のスキルの習得」とは違うという話をしました。"ビジネスで英語を使う"さらに"自分の業務を英語で行う"という風に限定するとかなり習得するスキルを絞り込むことができます。

 "英語をやり直す"となると、以前書いた英文法をやり直したり、単語を覚えたりするのが一般的ですが、英語が好きな(好きだった)人にとっては大したことではないかもしれませんが、英語嫌いの人や長く英語から離れていた人にとっては、このフェーズを乗り切ること自体かなり困難で、多くの人が途中で挫折してしまうのではないでしょうか?

 基礎的なことをおろそかにして先を急いでも、いつかは基礎に立ち返ることになりますし、基礎的なことを知らないがために、余計な回り道をすることもあります。ただどれだけ多くの人が途中で挫折してしまうかを考えると、基礎の振り返りにあまり時間をかけすぎるのも良くないのではないかと思うことがあります。

 また"基礎的なこと"の定義も実際にはあいまいです。英語から離れている人や苦手な人は、おそらくどこからどこまでが基礎なのか、その先の応用編において、基礎で学んだことをどう活用して行けばいいのかもわからないと思います。基礎が大切と信じて勉強はしてきたものの、それが将来自分にどういうメリットがあるのかがわからないまま何カ月も勉強を続けること自体かなりの苦痛です。

 「正統派の英語の勉強」で失敗した人はどうすればいいのでしょうか?再度テキストや環境を変えてチャレンジしてみるのも手ですが、思い切って「今必要な英語のスキルの習得」に絞ることをお勧めします。

 まずは自分が何を英語で言わないといけないのか(言いたいのか)をどんどん書き出していきます。普段業務で英語を使っている人なら、会議でうまく言えなかったことや業務文書の中で出てきた表現で自分の知らなかったものをすぐにメモします。あとで自分が英語でうまく言えなかったものを自分で英作して次に使えるように準備しておきます。この作業を3か月続けていけば、業務で自分が言わないといけないことはかなりカバーできるはずです。

 自分で言えなかったことを英語にして果たして合っているのかどうかという問題は残ります。周りに英語のできる人がいれば書いたものをチェックしてもらえると安心ですが、必ずしもチェックしてくれる人が周りにいるとは限りません。間違ったことを覚えてしまうのではと神経質になる人もいますが、私は自分で調べられる限り調べて、おそらく通じると判断したものであれば自信を持って使ってみるべきだと思います。

 ひょっとしたら間違った表現で、会議で笑いを誘ってしまうかもしれませんが、その時にどう言うべきか相手が教えてくれるでしょうし、それによって評価が下がることはありません。ちょっと不自然な英語でも前回よりも発言が増えたことで逆に積極性が評価されることになります。合っているかどうかを心配して発言をしないということは英語上達の面でもまた仕事上の評価の面でも大きなマイナスだと思います。

 業務で英語を使っていない人の場合は、どうすればいいのでしょうか?その方の場合は日常的に英語を使っていないわけですから、「今必要な英語のスキル」を定義することは難しいわけですが、英語を勉強するからには何らかの目的があるはずです。例えば転職するのであれば、英語の面接で自分をアピールするための練習に絞るのもいいでしょう。もう少し範囲を広げて、自分の日常生活を説明できるかどうかを振り返ってみるのもいいと思います。

 アメリカで生活を始めたころ、日常生活の表現が乏しく、持ち歩きできるメモ帳とペンを常に携帯していました。周りにある物で、英語で言えないものを片っ端から書き出したり、日常の表現、例えば髪を切ってもらうときの表現など、とにかくわからないものをどんどん書いては調べて、次の機会にはそれを使ってみるようにしました。辞書に書いてあったのに言ってみたら笑われたという経験も二度三度ではありませんでしたが、それも学習プロセスと楽しんでいました。今でも気になる表現があるとすぐにメモして調べるようにしています。

 ほとんどの方が電車で通勤されていると思いますが、車内の雑誌の吊り広告を使わない手はありません。通常雑誌広告は1週間くらい同じものが吊ってありますので、吊り広告の中で英語にできない表現があったら、メモして調べておくと、また同じ吊り広告を見る機会はあると思います。雑誌によっては芸能人の離婚からアベノミクスといった政治経済までさまざまな旬のトピックがカバーされるため、こういった旬の用語を調べて、次電車に乗った時に思い出せるかどうかを続けていくだけでも、時事英語の力が付きます。

 自分に必要な表現に絞っていくと、調べたり学習したことがすぐに使えるという実感を得ることができますので、「正統派の英語の勉強」よりも楽しく続けられると思います。自分で調べていく中で、必要に応じで文法を見直したり、単語を覚えたりしていけば、正統派の英語の勉強でカバーするのと同じように"基礎的なこと"を学べると思います。


第19回 現場第一主義

 先週から今週にかけて、海外から投資家が日本企業を訪問するInvestor Relations関連の案件が集中しており、毎日数社のIR担当者と投資家との通訳をしています。IRというのは主に決算発表後に行われ、投資家や株主に対して自社の業績や来期以降の見通しを説明するとともに、投資家との質疑応答を通じて将来の投資判断の材料に必要な情報を提供するために行われる会議のことをいいます。

 7~8年前、IR通訳を始めたころと比べると、通訳を介さずに外国人投資家への説明を行う企業の数が増えてきたような気がします。通訳が必要という企業でも投資家の話す英語は何とかわかるので、自分が発言する日本語だけを英語にして欲しいという企業や、何かわからないことがあったら確認させて欲しいので会議に同席だけして欲しいというケースも増えています。

 IRの会議では、自社の業績や来期降の見通しを投資家に示すことで、自社の株を買って (または保有株を長期保有して)もらうための自社の広報活動なので、できることなら通訳経由ではなく、担当者から直接投資家に自分の言葉で説明し、自社をアピールできた方がいいわけです。そういう背景もあり、IR担当者が自分で自社をアピールしなければならないという意識が高まっているのだと思います。

 以前は外部から英語のできる人を雇い、後から自社のIRの情報を覚えてもらいIR担当者として対外国人投資家の対応をさせる企業もありましたが、最近は元々財務部や経営企画部にいて、後から英語を勉強して外国人投資家向けの会議を行っている人も増えてきました。以前の会議では通訳を必要としていたのに、今回の会議では全て英語で質疑応答をこなせるようになっていた担当者もいました。一般的に英語ができるという部類には入らない人であっても必要に迫られて業務として英語を使っていくうちに、自分の仕事で必要なことは何とか話せるようになり、また投資家からの質問のパターンにも慣れてくると不思議とIRの質疑応答にも対応できるようになるものなのです。

 とはいえ英語学習者としてみた場合には、かなり荒削りであることには変わりないので、より正確に情報を伝えていくためには、一部の文法や語彙を見直したり、発音やイントネーションといった音声面のトレーニングをしたり、ちょっと聞き間違っている場合があるためリスニングのトレーニングも必要でしょう。荒削りとはいえ外国人投資家を相手に堂々と自社の説明ができるレベルまで力を付けたということ自体は素晴らしいことです。

 ビジネス英語をやり直す場合、文法や語彙を一から学び直し、発音練習やリスニング・スピーキングといった練習を多面的に取り入れ、いろいろなビジネスシーンに対応できるように、ある意味全方位的に対応できる力を積み上げていくやり方が一般的です。英語学校に行っても基礎クラスから始まり、少しずつ難しいことを学びながらクラスのレベルを上がりながら、時間をかけて幅広い知識とスキルを身につけていきます。安定した基礎を身につけていくことは可能ですが、外国人投資家向けのIR会議ができるようになるには年単位での準備が必要になるでしょう。

 荒削り型でIR現場に放り込まれて、英語の基礎はよくわかっていないけど、自社のIR内容に関してだけは何とか対応できる英語だけを即席で学び、その後で徐々にIRから違う分野の英語の広げていくやり方とではどちらがより早くビジネス英語をマスターできるでしょうか?

 確かにビジネス英語をマスターする上で基礎力は不可欠です。何も知らないでいきなり現場に飛び込んでもうまくはいかないでしょう。ただ市販のテキストや学校の講座にせよ、基礎力と言われる部分がかなり広範囲に渡り過ぎているような気がします。こういう基礎力は、いつか必要になってくるものではありますが、今ビジネス英語を何とかしたいと思っている人が全てを知っておく必要はないものもかなり含まれています。

 「正統派の英語の勉強」と「今必要な英語のスキルの習得」とは似ているようで、実はアプローチも内容も全く違うもののように思えます。これまでの自分の授業では前者をいかにわかりやすく伝えるかに注力してきましたが、たくましくIRの会議をこなす人たちを見ていると後者をサポートする授業こそが今求められているのではと思いました。

 次の回から「今必要な英語のスキルの習得」について考えていきたいと思います。


第18回 海外で通用する英語を身につける方法

 前回、ビジネス英語は難しいか?というトピックで書いてみました。自分にとってのビジネス英語を定義すれば、英語を使う範囲を絞り込むことができるので、これまでのような受験英語や資格試験よりも一般的には易しいというのが私の意見ですが、皆さんはどう思われましたか?

 普段通訳を通して、様々な国の人と一緒に仕事をします。最近では英語圏以外の人の通訳の割合が多く、アジアやヨーロッパの人たちの通訳をすることもよくあります。彼らにとっても英語は第二外国語(ひょっとしたら第三、第四外国語という場合もあるかもしれませんが)であるにもかかわらず、堂々と英語でビジネスをしている人がこんなにたくさんいるのに、日本ではこれだけ英語の重要性が認識され、学校や教材をはじめ必要なものがこれだけあふれているのに、なぜできない(と思っている)人がこんなにいるのだろうと思うことがあります。

 海外の人と英語でビジネスをしている、またはしたことがある方であれば理解して頂けると思いますが、「堂々と英語でビジネスをしている」=「英語がネィティブのように流暢」というわけではありません。

 発音も母国語訛りだったり、文法や単語の使い方もちょっと違っていたりすることもあるのですが、言わなければいけないことを確実に伝える術を持っています。それは場数を踏んでいるからという部分も大きいとは思いますが、それだけではないと思います。また英語だけを聞くと自分よりもできないのではと思うような人でも、自分よりも相手の発言を的確に理解していることに驚いたことのある人も少なくないのではないでしょうか?

 堂々と英語でビジネスをしている外国人と日本人では何が違うのでしょうか?もちろん日本語よりも英語に近い言語が母国語なので、英語のロジックに沿ってのコミュニケーションが日本人よりも楽とか、話好きな国民性で黙っているよりもとりあえず何か言おうという気質といった文化的な影響もあると思います。

 しかし一番大きな違いは英語に対する考え方だと思います。多くの日本人は、英語は勉強しないといけないものという意識が社会人になってからも強く、いつまでも単語や文法を覚えたり、リスニングやスピーキングの練習をしたりします。それ自体は悪いことではありませんし、自分の弱点を強化していくことで、コミュニケーションの質も上がっていくと思います。ただ英語を勉強するだけでは、彼らのようなコミュニケーション力は身に付かないと思います。

 例えば、英字新聞を読む理由を比べてみましょう。日本人が英字新聞を読む理由を聞かれると、多くの方が英語の勉強のためと答えると思います。英字新聞を読んで単語や構文を調べて、単語帳を作ったり、それを持ち歩いて見直したりする人もいると思います。それに対して、彼らは情報を得るために英字新聞を読むと答えると思います。もちろんわからないところは辞書を引くこともあるとは思いますが、あくまでも最小限にとどめ、それよりも自分のビジネスにとって必要な情報だけを収集していきます。

 英語を聞く場合も同様です。日本人がCNNやBBCといったニュース番組を見たり、誰かのスピーチを聞く場合、リスニングの勉強として聞くケースが多いと思います。シャドーイングをしたり、ディクテーションをしたり、わからないところをスクリプトで確認したりしながら、聞いて理解できる力を身につけることに重きを置きます。しかし、彼らの場合は、英字新聞を読むのと同じ理由で英語のニュース番組をみたり、スピーチを聞いたりします。

 英語を勉強することが悪いというわけではありませんし、英語力を向上させていくためには、地道に勉強していくことは必要です。ただこれまでの勉強方法だけでは海外では通用しないと感じることが必ずあると思います。

 日本人の中にも「英語はコミュニケーションツールである」という人が増えているにもかかわらず、本当の意味でツールとして英語を使っている人はいまだに少ないのが現状だと思います。語彙を増やしたり、リスニングやスピーキングの練習も大切ですが、英語をツールとして活用し、自分の知識を増やしたり、自分の興味のある分野をもう少し掘り下げてみることで、本当の意味で使える英語を身につけることができると思います。


第17回 ビジネス英語は本当に難しいのか?

 あっという間に2月になってしまいましたが、勉強は計画通り進んでいますか?計画から大きく逸脱してしまったら、月変わりで仕切り直して、より現実的な計画に修正してみてください。

 さて、今回ビジネス英語は難しいのか?について考えてみたいと思います。皆さんにとっての"ビジネス英語"とは何でしょうか?ビジネスで使える英語を身につけたいという方が多い中、自分にとっての"ビジネス英語"とは何かを明確に答えられる人は案外少ないのではないでしょうか?

 文字通り"ビジネス"で使われる英語なのですが、皆さんにとっての"ビジネス"とはどういうものなのでしょうか?TOEICのような資格試験テキストと違って、市販のビジネス英語教材はさまざまな業界や会社の最大公約数的な要素が盛り込まれています。絞り込んでしまうと購買層も限定されるために本の売れ行きにも影響するからでしょう。誰にでも少しは関係する情報が入っているということは、今は要らない情報もかなりあるということです。

 我々が中学から英語を学び始め、高校入試、大学入試、そして資格試験と英語を勉強してきた中で、私はビジネス英語が最も学びやすい英語だと思います。高校入試、大学入試、資格試験どれも内容を決めるのは試験作成者で、我々はテストされる側でした。しかしビジネス英語では、誰かにテストされるわけでもなく、何が必要なのかは初めて自分で選ぶことができるのです。

 とはいっても、ビジネスにおいて、急に世間話になり、時事ネタや政治ネタが急に飛び出してくることも珍しくありません。そういうことを含めて考えるとほぼ全ての話題がビジネス英語の範疇に入ってしまいます。

 また厄介なのが、同じ言葉が業界や企業によって異なるという点です。例えば同じ売上高を表すのに、企業によってsales, net sales, revenueという言葉が使われたり、営業利益も同様に、operating income, operating profitという言葉が使われています。

 それに加えて、役職によっても使う英語は変わってきます。CEOが必要な英語とコールセンターのスタッフが必要な英語は違うでしょうし、営業が使う英語と経理・財務が使う英語も変わってくるでしょう。

 漠然とビジネス英語を何とかしようと始めてしまうと、総花的な市販テキストに圧倒され、果たして自分の英語が伸びているのかわからない状態が長く続くことになります。
通訳であれば、このような様々な変化球にも対応できるように、仕事の中でそして日々の勉強の中で少しずつ覚えていかなければならないため、いくら勉強しても、また知らないことが出てきて(それは一生続きますが)なかなか自分が伸びているのか実感することが難しいのですが、幸い、一般の方はそのような苦しい勉強をする必要はありません。

 これまでの英語学習の中で、初めて自分で"これは今の自分に要らない"と言える権利を思う存分行使すれば勉強がもっと意味のあるものになり、達成感も得られるようになるでしょう。海外ドラマや英語のニュースがあまりわからなくても、英字新聞を読むのに日本語の10倍かかっても気にする必要はないと思います。

 それよりも今の自分にとって海外ドラマや英語のニュースを理解できるようになる以上に緊急性のある自分に必要な英語があるはずです。例えばWeeklyの電話会議かもしれませんし、上司への英語での報告書作成かもしれません、または転職のための面接かもしれません。今英語を使っていない人であれば、これから3か月、半年の中で英語を使うビジネスシーンは何かを考えてみてください。もしそういうシーンがイメージできない人であれば、ビジネス英語を勉強する必要がないということになります。

 将来必要だからといっても、自分でそのシーンがイメージできないのであれば、目標自体を立てることもできませんし、具体的な勉強方法すら決められません。今の時代、英語が出来て当たり前という風潮のせいで、英語ができないと取り残される(確かにそれはそうですが)ような気持から勉強している人も少ないないですが、それだけのモチベーションでは残念ながら3か月もたたないうちに挫折してしまうでしょう。

 通訳の現場で、「どうやったら英語ができるようになりますか?」という質問をよくされます。以前は勉強方法をいくつか説明していたのですが、最近は「市販のビジネス英語のテキストで何となく勉強するのではなく、自分が今本当に必要な英語だけに絞り込むことです」と答えるようにしています。

 サイトラ、シャドーイング、音読、ディクテーション、文法、語彙練習等いろいろと勉強方法はありますが、自分のビジネス英語がわからずに、何となく英語の勉強を始めて成功するのは、元々英語の素地がある人だけです。英語が苦手な人が最大公約数的な勉強をしても決してものにはなりません。

 もしビジネス英語が難しいと感じている方がいるのであれば、まずは勉強をいったん止めて、自分のビジネス英語とは何かをしっかりと定義し、イメージすることをお勧めします。


第16回 単語で自信を

 早いものでもう1月も終わりですね。12分の1終わってしまったと考えると恐ろしい気もしますが、まだ12分の11残っていると思うと頑張れる気がします。

 前回、集中的にリスニングをするという例を挙げて、普段しないような勉強方法で自信をつけるという話をしました。今回はもう一つ例を挙げたいと思います。

 社会人向けの講座で英語をどうやり直すかという講座を担当したことがありました。辞書の引き方、文法の勉強の仕方、リスニングやリーディングの勉強方法の他に単語の覚え方についても話をします。連載最初の頃に忘却曲線の例を出して、我々がいかにランダムに覚えたものを忘れてしまうのかについてお話をしましたが、その話も講座の中で行います。

 英語の勉強=単語を覚えるというわけではありませんが、単語を知らなければ何も始まらないのも事実です。そこで、英語をやり直したい方、基礎力が不安定な方にはまずは基本単語を覚えてもらうようにしています。毎回の授業で20個覚えてきてもらうようにしているのですが、英語が久しぶりの人にとっては20個を覚えるのにも半日かかったという人もいたり、覚えたと思ってもクラスでテストをすると思ったよりも覚えられておらずがっかりした人もいました。

 こういう方のほとんどは真面目に言われた通りに毎日20個を覚えようとします。この講座で覚える単語の数が500個ですから、25日で1回500個をカバーすることになります。ペースとしては悪くはないのですが、本来毎日単語を覚えていけば、だんだんとコツをつかみ、覚えるスピードが上がっていくはずです。数年前にある大学の夏期講座で単語特訓クラスというのをやりました。1日6時間5日間で同じ単語のテキスト(500個)を覚えるという講座だったのですが、最初生徒は「5日で500個なんて、今までやったこともないし、絶対無理!」というかなり懐疑的な人が多くいました。初日が終わり、覚えるコツがわかるとどんどん覚えていき、最終的には参加者全員が500個を覚えることができました。

 この話を先ほどの社会人講座ですると、"えー!!"と驚きの声があがります。1日20個の単語を覚えられない人にとって、1日100個の単語を覚えるなんて到底ありえないと頭で考えてしまいます。実は5日で500個を覚えたといっても均等に100個ずつ覚えたわけではありませんでした、初日はコツをつかむのに時間がかかるので、目標を50個程度にして、翌日から120個、その次に170個というように目標を毎回上げながら5日目に500個を覚えてもらいました。

 ここで大切なのは5日で500個を覚えたということではなく、毎回目標を上げていったということです。たとえ1個でもいいから昨日よりも多く覚えるということを目標にしていけば、必ずその目標を達成できます。毎日20個でいいと決めてしまうと20個以上覚えることはいつまで経ってもかなりの心理的負担になりますし、ましてや100個なんで絶対に無理と思い込んでしまうのです。

 忘却曲線でお話をしましたが、1回で完璧に覚えることは不可能です。どうしても忘れる単語がありますので、なるべく単語を見る回数を増やす以外方法はありません。1日20個で25日かけるのか、頑張って1日100個覚えて5日で1回終わり、6日目からまた2回目を始められるのかでは大きな違いが生じます。

 私が大学受験の勉強をした時もどんどん単語を覚える量を増やすようにしていきました。その当時は若かったこともあったのか、週末のどちらかを単語を覚える日と決めて1日500個以上単語を覚えていました。もちろん最初から500個覚えられたわけではありませんし、そこまで覚えられるとも思っていませんでしたが、必ず昨日よりも多く覚えないと寝ないというルールだけを自分に課して続けた結果500個程度であれば抵抗なく覚えられるようになりました。実際には、個数というよりも1日で単語集の単語を全部覚えることが最終的な目標になりましたので、1日で覚えた単語数は500個以上あったと思います。

 500個を覚えるとなると1時間や2時間ではもちろん覚えられませんが、短期間でそれだけの数を覚えられると、1日20個を覚えている人の25倍のスピードで勉強が進むので、達成感や自信も得られます。何よりも基本的な単語力が付いた方結果、リーディングやリスニングといった他のスキルも加速度的に伸びていきました。カンフル剤を打って急に元気になるような感じでした。

 語学は継続が大切と言われていますが、継続というのは同じような勉強内容を毎日少しずつ積み重ねていくという意味では必ずしもないと思います。自分の現状を分析して、今何が必要なのかを把握して、それに合ったやり方を工夫していくことを継続することが大切で、常に今の自分に挑戦し昨日よりも少しでも力をつける努力をする必要があると思います。

 毎日同じようなことを続けても、あるところで頭打ちになります。マンネリになっている方はカンフル剤的な勉強も取り入れてみてください。



《 前 1 2 3 4 5 次 》


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
大阪大学卒業後、オーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律を中心としたビジネス通訳として商談、セミナー等幅広い分野で活躍中。一方、予備校、通訳学校、大学でビジネス英語や通訳を20年以上教えてきのキャリアを持つ。2006 年にAccent on Communicationを設立し、通訳訓練法を使ったビジネス英語講座、TOEIC講座、通訳者養成講座を提供している。