HOME > 通訳 > 忙しい人のためのビジネス英語道場

第5回 リスニング強化もサイ トラを

前回はリスニングのトレーニングは聞くだけでは伸びないという話をしました。読む力がある程度ある人が音を聞くトレーニングをすること、比較的スムーズにリスニング力が伸びていきますが、読む力が弱い人の場合、音を聞くトレーニングをしても空回りしてしまい、成果がなかなかでないことがよくあります。よく考えてみると、読んで理解できないものを聞いて理解できるわけがないわけですから、読んで理解できる範囲を広げていくことが重要なのは当然のことです。

前回のコラムで"It's useful to have a rule of thumb on what to wear, and for my money, it's usually better to be overdressed than underdressed."という例文を挙げましたが、皆さんはどのように理解しましたか?個々の単語自体は平易なので、ぱっとみると何となくわかったような印象を持った人も多いかもしれません。

時間な制約がないのであれば、学校で習った英文解釈や翻訳をしてもいいのかもしれませんが、限られた時間の中で情報を処理しなければならないビジネスでは、スピーディに情報を処理するスキルが求められています。じっくり英文を最初から最後まで読み、構文を分析したり、修飾関係を考えたり、後ろから前に訳しあげ、適切な日本語に変換していくような余計な手間はかけられません。

しかし実際には、日本で英語を勉強してきた人は、英語を理解する=英文解釈・翻訳をするという考えに縛られている人が少なくありません。このような英文解釈や翻訳式で理解していく方法を続ける限り、英語をスピーディに理解していくことは不可能ですし、聞こえてくる英語もそのままダイレクトに理解することもできません。

先ほどの例ですが、英文解釈や翻訳式では、「どういった服装にすべきか大雑把な目安があれば便利ですが、私の意見では、通常はカジュアルすぎる服装よりはフォーマルすぎる服装をした方が安全だと思います」というような感じになると思います。しかし英語を聞きながら、同時にこのような訳を考えていくことは非常に負担がかかります。

そこで英語を前から処理していくサイトラを使ってみてください。サイトラとはSight Translationの略で、文字を見た通りに前から理解していくやり方で、スラッシュリーディング、チャンクリーディングという人もいます。実際に先ほどの例をサイトラで処理すると次のようになります。

It's useful (役に立ちます)
to have a rule of thumb (大雑把なルールを持つことが)
on what to wear(何を着るのかについての)
and for my money(そして、私に言わせれば)
it's usually better(通常はより良い)
to be overdressed than underdressed(カジュアルすぎる服装よりはフォーマルすぎる服装することが)
※a rule of thumb、for my moneyはイディオムで、それぞれ「大雑把な目安、決まり」「私に言わせれば」という意味になります。

いかがでしょうか?日本語としてはぎこちなさも残りますが、意味を捉えるという点では全く問題ないと思います。このような形で前からどんどん理解していくことができるようになれば、読むスピードは言うまでもなく伸びますが、聞いて理解する力も格段に伸びます。どの言語でもそうですが、徐々に情報が積み重なり、最終的に内容がわかるようになっています。情報が与えられ、それを受けて、次にどういう情報が来るのかを予想しながら次の情報を待つことが重要です。それでは、〈与えられた情報〉と〈その情報を受けて、次を予想するプロセス〉を見てみましょう。

〈与えられた情報〉→(次の情報を予想するための頭の中での処理)
〈役に立ちます〉→(何が役に立つ?)
〈大雑把なルールを持つことが〉→(何のルールが?〉
〈何を着るかについての〉→(なるほど、で次は?)
〈そして私に言わせれば〉→(何に関して?)
〈通常はより良い〉→(より良いって、何に比べて?)
〈カジュアルすぎる服装よりはフォーマルすぎる服装することが〉→(カジュアルすぎる服装よりはフォーマルすぎる服装の方がより良いってことだったのか!)

このように〈与えられた情報〉を受けて、(次の情報を予想するための頭の中での処理)を行うことで、話の流れがつかみやすくなります。サイトラで前から理解していくことは少し練習をしていけば、できるようになりますが、(次の情報を予想するための処理)が案外できていないケースが少なくありません。

〈与えられた情報〉だけを見ていくと、話の流れがわかりづらくなることがありますので、〈与えられた情報〉から(次の情報を予想するための頭の中での処理)をしっかりと行うようにしてください。与えられた情報に対して、次にどういう情報がくるのか常に予測する癖をつけることで、読む力そして聞く力を強化することができます。

次回は前から理解していく時に、どこで区切ればいいのかを考えてみたいと思います。皆さんも普段どういうところで区切っているのかを考えてみてください。


第4回 リスニングやり直し勉強法2

前回、リスニングトレーニングは英語を聞く量ではなく、トレーニングの質を重視したやり方が重要であるという話をしました。本当に集中して聞けているのであれば、量を増やすことで成果を上げることはできますが、ただ聞き流したり、集中できていないのにとりあえず聞くというような練習は、かけた時間に対する成果を考えると効率的なやり方ではありません。音を聞くトレーニングがメインの方は成果が上がっているかを確認してみてください。

リスニングは音だけで理解しないといけないので、どうしても音を使ったトレーニングをメインにする方が多いと思いますが、読むトレーニングも実は重要です。通訳クラスでも、自分の知っている単語が聞こえると内容が何となくわかったと思う方が多いのですが、実際には内容が全く分かっていないケースも少なくありません。またビジネス英語の講座でTOEICのパート4の問題を使った時に、設問には全問正解できるのに内容を全く誤解していたケースもありました。聞いてわかったと思ったのに、実際には全く理解できていなかったのはなぜでしょうか?

例えば、次のような英語が流れてきたとすると
It's useful to have a rule of thumb on what to wear, and for my money, it's usually better to be overdressed than underdressed.
単語自体難しいものは入っていないので、これを音で聞くと何となくわかったと思ってしまうのでしょう。ある生徒さんに何の話でしたか?と聞くと、"役に立つ洋服とお金の話"でしたと授業の中でおっしゃっていました。この方は恐らく太文字/下線の単語をベースに内容を連想したのだと思います。

次にスクリプトを一緒に確認したら、単語自体は全て知っているし、それぞれの発音も問題ありませんでしたが、音を聞いた時とスクリプトを見た後でも、内容の理解度はほとんど変わりませんでした。知っている単語しか使われていなくて、比較的ゆっくりと話されていたにもかかわらず、理解できなかったのは音の問題ではなく、英語そのものの理解力(読む力)が問題でした。

いまだに日本人は読み書きが得意で、話すことと聞くことが弱いと信じている人がいますが、実際にはそうではありません。読む力があれば、音の練習をすれば比較的短時間でも成果を上げられますが、読む力が弱い人がいくら音の練習をしてもなかなか成果は出ません。

通常"読む"というと辞書を引いてわかるまで時間をかけて読むというイメージを持つ方もいますが、ここでいう"読む"というのは少し違います。先ほどの英文を実際に読むと、7~10秒くらいかかります。この英文を聞き取るためには、スクリプトも同じくらいのスピード(7秒~10秒)で理解する必要があります。もしこの英語を理解するのに、辞書を引いて数分かかるのであれば、到底聞いて理解することはできません。

リスニング力をアップさせるために必要な読む力というのは、音声と同じくらいのスピードで読む力を指していて、自分が聞けるようになりたいレベルの英文を話すのと同じくらいのスピードで情報を処理することがカギになります。実際に、自分の持っているリスニング教材のスクリプトを話されるスピードで読んでみると案外難しいと感じると思います。

リーディングと言えば、自分のペースで辞書を引いてわかるまで調べるという勉強方法が主流なので、ここまで早く読んで理解するというトレーニングをしてきたことがない人にはかなり大変な訓練だと思います。読むことが得意な人でも、このように読むスピードを設定して読むとなるとうまくできない人もいます。

またあまり英語が得意でない方、英語に慣れていない方は英語を一度音読または黙読し、読めない単語があると一瞬止まって読み方を考えたりと、もう一度読んでみるといった余計な作業をする方がいますが、それでは音声と同じスピードで読むことは不可能です。英単語を読まずにそのままダイレクトに情報を取るようにしてください。それと"全てを理解しないといけない"という考え方から"わからないところは深く考えずに、スピーカーが何をいいたいのかを捉える"という考え方に変えて読むことも重要です。

来週はスクリプトを前から読んでいくためサイトラについて考えてみたいと思います。今回使用した英文も次のコラムで説明しますので、どうやって前から読むのかを考えてみてください。


第3回 リスニングやり直し法 1

  前回、SMARTで学習計画を立てるという話をしましたが、実行してみましたか?英語の勉強を始めようと思った気持ちのまま、一気に勉強を始めたいのはよくわかります。計画を立てるのに何時間もかける必要はありません。いつまでに、何を、どこまでやりたいのかを明確にして、使用する教材を決めるだけであれば、1時間もあれば十分できるはずですので、ぜひ試してみてください。

  さて、今回はリスニングについて考えてみたいと思います。スピーキング、リーディング、ライティング、リスニングの中で、リスニングが苦手という方は多いと思います。他の3つのスキルは、自分で内容もスピードもコントロールできますが、リスニングは内容もスピードも相手に合わせないといけないので、その分難しいと思います。またアメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語、インド英語、シンガポール英語等さまざまなタイプの英語にも対応していこうとすると、聞けるようになるためにはかなりの時間がかかります。

  ほとんどの方がリスニングの勉強なんだから、とにかく"聞く"練習をするのではないでしょうか?今はポッドキャストで音声を聞くこともできますし、ネットには無料の音声教材が無数にあります。また書店に行けば、シャドーイングやディクテーション教材、ニュース英語の教材、映画を使った教材等たくさんあります。中には、速い音にも対応できるように~倍速で録音されたものを聞いて、速さに慣れるといった教材まであります。

  たくさん聞けば本当に英語のリスニング力がアップするのでしょうか?答えはYESでもありNOでもあります。聞く量を増やすことは必要ですが、それだけでリスニング力が伸びるわけではありません。まず、リスニングの勉強を2つに分けて考えてみましょう。1つは音と音の繋がりに慣れる、間違って覚えている単語の発音を矯正するといった音声的なトレーニングで、もう一つが話されるスピードで内容を理解する(情報を処理する)ためのトレーニングです。

前者の音声的なトレーニングでは、ただ聞くだけでは無駄が多すぎるので、ターゲットの音声(例えばTOEICのリスニング)を数回聞き、そのスクリプトを見ながら、聞き取れなかった箇所を洗い出します。この洗い出しをせずに、ただ聞くだけではリスニング力を伸ばすことはできません。そして音声トレーニングは課題を絞り込むほどより効果的な対策を取ることができます。

実際のコミュニケーションの場でも、相手が言っていることがわからない場合は、質問をして確認します。勉強でも同じです。わからない場合は、頑張って聞き続けるのではなく、不明な個所を明確にして(質問して)、スクリプトを見る(確認する)作業を入れていくと効率よくリスニングを伸ばすことができます。この作業をした後で、同じ教材を繰り返し聞けば、同じ時間でより早くリスニング力を上げることができます。

効率的なリスニングトレーニングをまとめると次のようになります。

① リスニングを伸ばしたい対象を決める(絞り込む)
② 数回聞いて、聞き取れたところとそうでないところを確認する
③ スクリプトを見て、なぜ聞き取れなかったのか(どう聞こえたのか)を確認する
④ スクリプトを見ながら、意味を確認する
⑤ 音声を聞きながら、聞き取れなかった箇所の文字と音を合わせ、その箇所だけ音声に合わせて声に出す
⑥ 総仕上げとして、全体を最初から聞いてみて、わかるかどうか確認する

⑤まで終えてから、繰り返し音声を聞くとより高い効果を上げることができます。逆に①~⑤までの作業なしに、大量の音声を聞いてもあまり効果がありませんので、くれぐれもこういった作業をしてから、音声を聞くようにしてください。

次回はリスニングの情報処理についてみたいと思います。


第2回 大人のための目標の立て方

これまで20年近く英語を教えてきた中で、目標を決めずに勉強を始めて失敗する人が非常に多いことに驚くことが少なくありません。そのため、現在、担当している英語やり直し講座の初日では、英語の授業はほとんど行わず、英語の勉強のやり方と目標設定に時間を使います。特に大人が英語をやり直すためには、目標設定が必須です。

学生時代は試験という決められた目標がありました。大人になって英語をやり直す時に、目標設定が必要なんて誰も教えてくれなかったわけですし、ほとんどの人は漠然としたイメージ(夢)を目標と思って勉強を始めます。学生の時にやったみたいにとりあえず本を買って頑張ってみてもうまくいかないものです。

これまで何度となく英語の勉強をしてきたけど、うまくいかなかった方、ちょうどこれから始めようと思っている方、ちょっと立ち止まって計画を立ててみましょう。それほど難しいことではありません。ただ"学習目標"と"夢"とを区別していく必要があります。夢を計画に変えるためには、いわゆるSMART Goalを使ってみるといいでしょう。ご存知の方も多いと思いますが、SMARTとは目標を決めるうえで、下記の要素(S、M、A、R、T)をすべて盛り込んで目標を設定するやり方です。

Specific 具体的な
Measurable 数字化できる
Attainable 達成可能な
Relevant自分にとっての重要かどうか
Time-specific 期限が決まっている

という基準で目標を決めていきます。"リスニングを強化したい""話せるようになりたい"というのはSMART Goal的には夢であって、目標とは言えません。S、M、A、R、Tどれも満足していないからです。

最終目標としては、映画でも海外ドラマでも何でもわかるし、自分の言いたいことも全て言えるようになることかもしれませんが、そのレベルまで行くためには何十年もかけて英語と付き合っていかなければいけないと思います。それは長期的な夢として温めるとして、とりあえず自分に問いかけてみてください。

(1) 英語を使って何ができるようになりたいですか?(Specific)
(2) どの程度できるようになりたいですか?(Measurable)
(3) 英語ができるようになることがどれくらい自分にとって重要ですか? (Relevant)
(4) いつまでにできるようになりたいですか?(Time-specific)
(5) (1)~(4)は現実的にできると思いますか?(Attainable)

この問いかけ(S、M、A、R、T)のうち、足りない要素が増えれば、それだけ途中でやめてしまう可能性が高くなります。今勉強している人、これから始めようとしている人、伸び悩んでいる人、皆さんの今のやり方はS、M、A、R、Tすべて揃っていますか?

現在の英語のレベルに関係なく、このS、M、A、R、Tは必要です。先ほど良くない例で出した"リスニングを強化したい"とか"話せるようになりたい"という目標をどう変えればいいのでしょうか?

"リスニングを強化したい"からもう少し具体的にして、"ニュース英語や映画がわかるようになりたい"としたらどうでしょうか?少し具体的にはなりましたが、まだまだS(具体的)とA(達成可能性)の要素的に不適切です。目標にするためには、あるニュース番組のあるコーナーだけに絞るとか、映画も好きな映画一本に絞るのであれば、SとAの要素はOKです。

次にM(数値化)とT(期限)ですが、Mでは、同じニュース番組や映画を50回見るとか1日1時間必ず見るというように数字のノルマを決めるといいでしょう。Tでは、いつまでにこのニュース番組やこの映画を理解できるようになりたいのか(期限)を決めます。

R(関連性)は、案外一番難しい部分です。これは学習者のモチベーションに直結する部分で、そもそもこの勉強が自分にとって本当に必要なのか?やる価値はあるのか?という問いかけをすることになります。ひょっとしたら、今ニュースや映画を理解することよりも他にやるべきことがあるかもしれません。例えば、業務で必要なメールが書けるようになるとか、プレゼンができるようになるとかの方が重要であれば、この人の目標にはRの要素が欠落しているので、途中でやめてしまう可能性があります。

"話せるようになりたい"という場合も同様に見ていきましょう。
S (具体性):誰とどういう内容を話せるようになりたいのか(外国人の上司とコミュニケーションできるようになりたい、クライアントへのプレゼンを英語でできるようになりたい)
M (数値化):どの程度話せるようになりたいか(これまでは通訳を使っていたが、自分一人で上司に報告や顧客プレゼンができるようになる。用意したプレゼンだけではなく、今まで不安だった質疑応答もこなせるようになる。)これらは数値的な目標ではありませんが、上達したかどうかの基準としては十分です。
A(達成可能性):SとMがかなり具体的なので、T(期限)次第では達成可能でしょう。
R (関連性):この内容であれば自分の仕事に直結しているようなので、自分との関連性が高く、Rも問題ありません。

T(期限):現在のレベルによるが、SとMが具体的なので、1か月単位の目標設定も可能でしょう。

折角英語を勉強するなら、いろいろなことができた方がいいという気持ちはわかりますが、そこを目標にすると(そもそもそれは目標とは言わないが)伸びている感覚がつかめないまま、途中で諦めてしまいます。

小さな成功体験を積み重ねていく方が、確実に早く英語をものにできます。大雑把な勉強をしているのであれば、30分だけ時間をかけてSMARTやってみてください。


第1回 今のあなたのやり方で大丈夫?

2年前に"やり直し!英語道場"というコラムをこちらで担当させて頂きました上谷です。今回はその続編で「忙しい人のためのビジネス英語道場」いうタイトルで書かせていただくことになりました。"忙しい人のため""ビジネス英語"という言葉からもわかるように、時間が限られた中で、ビジネス英語をマスターするためには何をしていけばいいのかを、自分のこれまでの経験、普段の授業や通訳現場での気付きから書いていこうと思います。

第1回目の今回は、"何から始めればいいのか?"を考えていきたいと思います。ビジネス英語を勉強しようと思う動機や現時点でのレベルもさまざまでしょうから、当然具体的に何をするかは個人個人で変わってきます。とはいってもTOEICが100点台の人でも990点取っている人でも実は最初にやることは共通して、これをやらないと三日坊主(ひょっとしたら三日すら続かない)で終わってしまいます。皆さんが英語をもう一度やり直そうと思った時最初に何をやりましたか?

学校を探した方、知り合いにアドバイスをもらった方、新しいテキストや問題集を買った方、いろいろいるかと思います。その前にやるべきことがあります。自分にしかできないこと、そうです!スケジュール・目標設定・自己分析をすることです。本当はここが決まらないと次に決めるべきことも決められません。

面白いことに、英語の得意、不得意は別にして、ほとんどの方の家には英語の辞書があり、探せば昔使っていた文法書や問題集がどこからか出てくるのではないでしょうか。またネットの環境があれば、すぐに音声教材も見つかりますので、やろうと思えばすぐに勉強が始められます。何かのきっかけで英語をもう一度やろうと思ったその日からその勢いで最後まで突っ走ることができればいいのですが、多くの方が経験しているように、いつの間にかやらなくなってしまいます。

日本で英語を勉強した方であれば、中学から勉強を始め、ほとんどの方が高校受験や大学受験という目標のために勉強をした経験があると思います。その時を思い出してみると、入試日(または中間・期末試験日)が決まっていて、やるべきこともかなり明確に定義されていました。その結果、いつまでに何をしないといけないのかも決まってきますし、自分の勉強が進んでいるのか、遅れているのか、遅れている場合いつ遅れを取り戻すのかというように自分のスケジュールを管理したはずです。

例えば3か月後に何らかの成果を出したいのであれば、そこから逆算して今何をすればいいのかを理解して勉強するのかそうでないのかでは、結果に対する満足度に大きな違いが出てきます。

受験勉強のように追いつめられて勉強しないといけないと言っているのではなく、ゆっくり進めたければそれもいいでしょうし、できるだけ早くできるようになりたいのであれば、それに合わせてやるべきことが決まってきます。転職するタイミングや新しい業務が始まるタイミングやテストを受けるタイミングによって、自分でスケジュールや目標レベルを決めることができます。

目標やスケジュールが状況に応じて、途中で変わっていくことは当然あるとは思います。始める時点での自分のレベルを把握しておかないと、最終的にどれくらい伸びたのかもわからないですし、途中で挫けそうになった時や、中弛みになった時に原点に戻るためにも必要です。これから英語を始める方もすでに始めている方も現時点の自分の立ち位置を再確認し、いつまでに何をどう進めて、何を達成したいのかを書き出してみてください。この書き出すということもポイントです。頭の中で何となくイメージするのではなく、実際に書き出しておくことで後から読み返した時に初心に戻ることができるのです。

私がやっている講座では、最初に今期の自分の目標をクラスの中で発表してもらいます。つまり、1期が3か月ですので、3か月後の目標は何か?という質問に答えていることになります。しっかりと考えている方もいますが、"リスニングを強化したい""語彙を増やしたい""もう少ししっかり話せるようになりたい"といったかなり曖昧な目標の方もいます。果たしてこれを目標として3か月間進めていいのでしょうか?答えはNOです。しかしながら目標について聞かれると、こういう感じの答えが本当に多く返ってきます。これは実は目標というよりも"希望"または"夢"であって、これから勉強していくための目標としては抽象的すぎます。ではどういう目標を立てればいいのかを次回お話ししていきたいと思います。



《 前 1 2 3 4 5


↑Page Top

プロフィール

上谷覚志

上谷覚志(かみたにかくじ)さん
大阪大学卒業後、オーストラリアのクイーンズランド大学通訳翻訳修士号とオーストラリア会議通訳者資格を同時に取得し帰国。その後IT、金融、TVショッピングの社での社内通訳を経て、現在フリーランス通訳としてIT,金融、法律を中心としたビジネス通訳として商談、セミナー等幅広い分野で活躍中。一方、予備校、通訳学校、大学でビジネス英語や通訳を20年以上教えてきのキャリアを持つ。2006 年にAccent on Communicationを設立し、通訳訓練法を使ったビジネス英語講座、TOEIC講座、通訳者養成講座を提供している。