HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第114回 「ネット通販」を英語で言うと?

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第114回 「ネット通販」を英語で言うと?

皆さん、こんにちは。秋晴れが続いているイギリスからお届けしています。
今週のトピックは「ネット通販」。英エコノミスト誌2017年10月26日号の「The age of Amazon and Alibaba is just beginning」によると、過去10年間において毎年20%もの成長を続けて来たとのこと。人々の生活スタイルにも大きく影響を及ぼしています。今回は、同記事から気になる用語をいくつか紹介します。

1.まずは「ネット通販」の英訳はいかがでしょうか? 

「ネット」だからとすぐinternetという言葉が浮かぶかもしれません。けれども英語ではふつうonline shoppingと言います。


2.consumer goodsの和訳はいかがでしょう?

consumerと聞くと機械的に「消費者」と訳してしまうかもしれません。でも、そうすると「消費者グッズ」?! なんだかちょっと違う気がします。
consumer goodsとは「消費者が使うモノ」で「消費財」と訳します。つまり「個人が直接消費する目的で購入する財のこと」。これに対して、企業が生産目的で消費するのは「生産財(producer goods)」。


3.retailing accounts for one in nine jobsはどう訳しましょうか?

・account for - :~(の割合)を占める
・ one in - : ~に1つ(1人)
このような数字と一緒に使われる表現はIR通訳必須です!
では、上記の文の訳はいかがでしょうか。
「小売業が9つの仕事のうちの1つを占める」→「9人に1人は小売業界で働いている」

4.オンラインショップ(online shop)に対する「実店舗」は英語で何と言うでしょう?

英語では「れんがとモルタル(セメントで出来た)」という意味のbrick-and-mortarがよく使われます。れんが造りではない日本の店舗には使いにくい表現だと感じたら、physical storeとも言えます。郊外ではなく街中にある店舗の場合は、high street shopもonline shopと対比して使われます。(注:high streetはイギリス英語。米語ではmain street)

5.boonとは?
これは「好景気/急成長」のboomと似ているので要注意!
最後がmではなくてnのboonは、オックスフォード辞典でa thing that is helpful or beneficial, a favour or requestと定義されています。文脈に応じて、「朗報/利益/恩恵/お願い事/頼み事」などと訳されます。
本記事ではthis is a boon for competitionなので「これは競争には役に立つことだ」→「これによって競争が活性化される」

以上、オンラインショップの大手米アマゾン社と中国のアリババ社を取り上げた記事からいくつかの用語を紹介しました。

同記事によると、世界の小売売上高のうちネット販売が占めるのはまだ8.5%ということですが、私自身は10年以上前から買い物はほとんどネットで済ませています。支出の9割以上を占めているように思います。グリーン家の場合はこれ以上の伸びは期待できませんが、世界全体ではまだ8.5%なので、今後ますますネット販売の割合が増えていくことが予想されています。

2017年11月6日

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!