HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第73回 学力向上のためには何が大切か

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第73回 学力向上のためには何が大切か

皆さん、こんにちは。先週OECD(経済協力開発機構)による国際的な学力調査(PISA)の結果が発表されたのはご存知ですか? 3年毎に発表されるこの調査結果は「教育のワールドカップ」とも言われ各国の教育関係者は心待ちにしているそうです。私自身ロンドンメトロポリタン大学や個人経営のグリンズアカデミーを通して教育・人材育成にかかわっているのでPISAの結果や解説には非常に興味を持っております。そこで今回は、英エコノミスト誌の記事を紹介し、関連用語を取り上げます。

まず教育と経済の関連ですが、OECDの行っている15歳児を対象にしたテスト(PISA)と世界経済には次のような関連性があります。
教育→人材育成→雇用率・生産性の向上→地域経済の発展→国レベルでの経済発展→世界経済の発展
つまり教育に投資することは世界経済の発展につながるということです。

12月10日発行の英エコノミスト誌にはWhat countries can learn from PISA testsWhat the world can learn from the latest PISA test resultsという二つの記事が掲載されています。

Poverty is not destiny. Money isn't everything.
(貧しいからといって運命が決まるわけではない。お金がすべてではない。)

成績というと一般的に「優秀な子は教育熱心な家庭や裕福な家庭に育つ子供」というイメージがあり、それが国レベルになると「先進国の子供は貧困国の子供より成績優秀」ということになります。でも、最新のPISAの結果、これまでの動きを分析するとそれだけではないということが証明されています。

29% of poor pupils score among the top quarter of children across the OECD. In Singapore, Japan and Estonia nearly half of the poorest pupils do.
OECD全体では貧しい家庭で育つ子供のうち、ほぼ3人に1人が上位25%に入っている事実に加え、シンガポール、日本、エストニアなどの教育レベルの高い国々においては貧困家庭の子供のほぼ半数が上位25%に入っている、とのこと。

裕福さと教育レベルの高さの関連は完全に否定できるものではないけれど、それだけでは決まらないという例がいくつか挙げられています。アルゼンチンで実施された教育改革によって教師のストを減らし、教師研修を強化して教育の質を上げたことが成績向上(得点アップ)につながったようです。今回のエコノミスト誌では取り上げられていませんが、「ゆとり教育」から転換した日本が再びトップクラスに返り咲いたことからも教育政策が生徒の学力にかなり直接的に影響を与えていることは明らかです。

The successful children are those who are exposed to good teaching more often.
つまり「質の高い教育を数多く受けることが成功につながる」とのこと。

これは子供の教育だけではなく成人教育にも当てはまると思います。独学も素晴らしいけれど、信頼できる教育者につき学びの機会を増やすことで成長のスピードが上がると日ごろ実感しています。

では最後に日常会話でも役立つ用語をいくつか紹介します。

・がり勉 swot
・おたく nerd
・教育ママ tiger mother (イギリスではpushy parentsのほうがよく見かけます。ママとは限らない?!)
・一夜漬けlast-minute cramming

あれ?! なぜかネガティブなイメージの言葉ばかりが......!

では最後はポジティブな言葉の引用で締めくくります。

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young. -Henry Ford

いつまでも学び続け、若さを保ちたいですね。そして、そのことが究極的には世界経済の発展、グローバル社会の発展につながると信じています。


ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!