HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第84回 米Snap社、ついに上場

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第84回 米Snap社、ついに上場

皆さん、こんにちは。皆さんは、Snapchatって聞いたことがありますか?アメリカ発祥のメッセージアプリですが、イギリスの若者の間でも大人気です。そのSnapchatの運営会社スナップが3月2日にニューヨーク証券取引所に株式を上場、時価総額が約283億ドル(3兆円を超える)という大型上場となったことがビジネス界で話題を呼びました。そこで今回は、このニュースを解説しながら関連用語を説明します。

まずは「上場する」ですが、英語では何と言うでしょう? 新規で上場する場合は、go publicがありますが、list shares, get listed, become listed, become a listed company, make an IPOなど色々な表現がありますが、単にlist(自動詞)だけでも構いません。どこの株式市場にかを付け足す場合の前置詞はonです。(例:Snap has listed on the New York Stock Exchange)。

IPOはInitial Public Offeringの略で、直訳では「最初の公開売り出し」ですが、未上場の会社が新たに株式を上場し、証券取引所で売買できるようにすることを意味します。

上場前に企業はIPO価格(公開価格/売り出し価格)を決めます。今回の上場でスナップ社は、その価格を17ドルに決定しました(Snap has decided to price its initial public offering at $17 a share)。

上場して最初に決まる株価を初値(opening price)と言いますが、この初値がいくらになるのかが注目されます。人気の企業であればIPO価格の2倍以上になることもあります。

スナップ社の場合は、41%増の24ドルでした(Share of Snap Inc. jumped to $24 per share, 41% over its $17 opening price)。

企業価値を表す時価総額(market cap, market capitalization)は、およそ283億ドル(Its market cap is about $28.3 billion)。

今回のIPOの特徴は、公開された株式に議決権(voting rights)がないことです。エバン・スピーゲル最高経営責任者(CEO)ら共同創業者2人が議決権株式の9割を保持するということで、上場後も支配権(control)を維持する予定のようです。これは透明性(transparency)や企業統治(corporate governance)の面からも懸念されています。

スナップ社は、昨年Spectaclesというカメラ付きのメガネを発売したことでも話題になりました。スナップチャットの人気の理由は、投稿した写真や動画が最大10秒で消える仕組みになっていることですが、このSpectaclesを使うとビデオ撮影が最大10秒に設定されているので、さっとSnapchatで共有できるというわけです。でもこんなメガネをかけている人が近くにいたら......、SNSに投稿されそうだからと逃げますか? それとも、投稿されてもすぐに消えるから気にしませんか?

green-san170306.jpg

本コラム第82回で企業買収を取り上げましたが、スナップ社は2013年にFacebookからのプロポーズ(30億ドルの買収案)を断った経歴があります。フラれたFacebookは腹いせにSnapchatとよく似たサービスを提供し始め、今はユーザー獲得の取り合いをしています。

日本で主流のメッセージアプリLineやSNOWと比べると、Snapchatはメッセージの自動消滅タイマーを設定できて顔認識カメラのあるSNOWと似ています。十代後半の私の息子二人ともやはりSnapchatをいつも使っています。すぐに消えるから気軽に画像を送れるようですね。

以上、スナップ社上場のニュースに合わせて、「上場」「IPO」「初値」「時価総額」「議決権」などの用語を紹介しました。IR通訳でも必須の表現ですので、お役に立てば幸いです。

2017年3月6日

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!