HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第66回 flashの意味、いくつ言えますか? 品詞は何でしょう?

 皆さん、こんにちは。今日はflashという言葉に焦点を当てて解説したいと思います。flash、本コラムをお読みの皆さまなら一度は見聞きしたことがあると思いますが、どんな意味が思いつきますか? どんな場面で使われ、品詞は何でしょう?

 この名前の雑誌はさておき、まず日本語に浸透しているカタカナの「フラッシュ」、つまり暗いところでカメラ撮影するときに使う「フラッシュ」はこの英語から来ています(名詞用法)。けれども、他の意味でもよく見かけるので、これだけでコラム1回分のネタになるなあ、と思った次第です。

 自然な訳語、見やすいレイアウトで定評のある『ロングマン英和辞典』(失礼、ちょっと宣伝っぽいですね...)によると、まずは動詞用法として「ぴかっと光る」「ぱっと映し出される」「(笑顔など)をちらっと見せる」「(ニュース・情報など)を速報する」「あっという間に過ぎ去る」など9つの語義が掲載されています。翻通訳者の大親友『英辞郎』には他動詞だけで16もの語義が出ているのでどうぞ一度ゆっくりご覧ください。だいたいどの辞書でも下の方に掲載されている語義は「(俗)(人前で)性器をちらっと見せる」ですが、いずれにしても、ほとんどの語義に共通しているのは「一瞬/非常に短い時間」というニュアンスですね。

 形容詞用法では「派手な、高級品っぽい」のような別の意味でも使われますが、最近目にした3つ用例を取り上げます。

1.flash crash
 「フラッシュクラッシュ」または「瞬間暴落」「瞬間的相場暴落」などと訳され、最も有名なケースは2010年の5月、わずか数分のうちにダウ平均が1000ドル近く下落したことですが、この現象が10月7日に起きました。今回起きたflash crashは株価ではなくて、英国の通貨、ポンドです。わずか1分間に6%も暴落し、7分後には3.5%取り戻す大混乱が起きました。イギリス時間の夜中に起きたことからも、原因はアルゴリズム取引の連鎖的な反応と考えられています。つまり、欧州の政治家の発言を受けてコンピュータによる自動取引が過剰反応したということです。

2.flash sale
 マーケティングの一つ、「あと~時間で、特別価格が終わりますよー」と消費者の気持ちを煽ります。消費者向けのメッセージなら「今だけ特別価格」が適訳かもしれません。業界用語としては「フラッシュセール」というカナカナ語も使われているようです。「在庫に限りあり」「会員限定」「今だけ」のようなうたい文句につられて、ついつい買ってしまったという経験はありませんか? 悔しいけど、私はあります......。

3.flash flood
 今年のイギリスは珍しく天気のいい日が多いのですが、大雨の後にはよく見かける表現です。洪水は洪水でも、じわじわと水が押し寄せるのではなく、一気に水があふれる状態で「鉄砲水」とも訳されます。

 以上の3つの用例もやはり「一瞬/短時間」というニュアンスが含まれていますね。金融の専門用語からちょっとお下品な意味まで、幅広い意味を持つflashの解説でした。

 では、皆さん、flash saleを見かけたら本コラムをさっと思い出し(flash back to this article)、ちらっと笑顔を浮かべ (flash a smile)、買うか買わないかのご判断をしていただければ幸いです。また日頃の地道な努力が一瞬の成功(a flash in the pan)で終わらないことを願います。


第65回 Brexit 続編

皆さん、こんにちは。10月も中旬に入りましたが、皆さんどのような秋をお過ごしですか? 学びの秋? それとも、やはり食欲の秋でしょうか?!
今回は、再びBrexitを取り上げることにしました(本コラム第36回第39回第51回第54回もご参照ください)。第54回の記事を書いてからBrexitに関しての新しい動きがなかったのですが、先週イギリス与党・保守党の党大会にてメイ首相がやっとBrexitをどう進めていのかという方向性を語ったからです。

では今回の争点に関して、英語の報道を理解し、英語で語るために役立つキーワードを解説します。

1.to trigger/invoke Article 50(直訳:第50条を発動させる、意訳:EU離脱交渉を始める)
イギリス発信の報道(BBC、FT、The Economistなど)では、Article 50が何を指すのかいちいち説明がなく、trigger Article 50とかinvoke Article 50という表現がよく出てきます。Article 50を「第50条」と直訳しても何を指すのか聞き手(読み手)が理解できないと判断すれば訳を工夫したほうがいいでしょう。この文脈でのArticle 50とは、EUの基本条約、リスボン条約の第50条。こちらにEU離脱に関する手続きが規定されています。

EU離脱プロセスの理解で大切なことは、以下の2点です。
・離脱を決めた国(この場合、イギリス)がEUにその旨を通知して、やっと離脱プロセスが始まるということ。(EU側としては、早く通知をするようにイギリスに圧力をかけたり、各加盟国には正式な通知が行われるまでは裏取引などしないよう指示をしたりしています)
・いったん離脱通知をすると、交渉期間は2年間という上限があること(期限延長は不可能ではないけど恐らく無理)。

つまり、6月23日の国民投票で離脱派が過半数を超えたからといって、自動的にEU離脱のプロセスが始まったのでなく、イギリスがEUに対してアクションを取らないことには実際は何も約束されていないので、「国民投票結果には法的拘束力はないし、ふたを開けてみれば残留派の方が多いみたいだから」という理由で「離脱しない」、または「再度国民投票をする」ことも可能性としてはあったのです。

一方、離脱通知をする(invoke Article 50)と、後戻りができないので、この通知時期について国民投票日以降100日間多くの推測がなされてきました。「年内には行わない」ということは明らかになっていましたが、来年となると、フランスの大統領選やドイツの議会選挙が予定されていてEU主要国においてもEU懐疑派が勢力を伸ばすとみられているため、選挙結果を待った方が、イギリスにとって有利になるのではないか、という見方も有力でした。

そういうわけで、投票日から100日めの記念すべき日の党大会にてメイ首相が「2017年3月末までには第50条を発動させる」と発表したことが大きなニュースとなりました。

2.soft Brexit(穏健離脱)
国民投票でEU離脱が決まったものの具体的にイギリスがどのような条件で交渉していくのかが重要なポイントですがが、そこでEU残留派が望んでいるのはsoft Brexitと呼ばれる穏健な方法。Norway style(ノルウェー式)とも言われますが、EUには入っていないけれどもEEA(欧州経済領域)には加盟することを指します。
その場合のメリットは、単一市場(the Single Market)に残って、EUとこれまで通り貿易を続けらるということ。デメリットは、「自由な人の移動(free movement of persons)」も認められているためEUからの移民の数を制限できないことだけでなく、EUの規制のほとんどに従わなくてはならない。そして、(以前よりは減額するけれど)EUに分担金を支払わなければならない。またEU議会に議員を出せないので、EUに対してまったく意見ができなくなる。など、形式上はEUを出ているものの、「こんなことならEUに残っていた方がいいんじゃないの?」と言われたら反論できないような選択肢です。

3.hard Brexit(強硬離脱)
ではsoftの反対、hard Brexitはどうなのかというと、米国のようにEUからは完全に独立するので、EU移民を制限できるし、EU規制にも従わなくていい、分担金も出さなくていい、だけど、EU国への輸出入に関税などの制限がかかるので、経済への影響が計り知れないため経済界はhard Brexitを懸念しています。

Brexiteersは、その中間、「単一市場には残るけれども移民数は制限を設ける」を主張して勝利したものの、それはEU27か国が認めないと言っているので、先が読めない状態が続いています。

今回の演説でメイ首相が、We are not leaving the EU only to give up control of immigration again(意訳:せっかくEUを離脱するんだから再び移民の管理を放棄するわけにはいかない)と移民制限を優先的に取り組む姿勢を打ち出したことにより、hard Brexitの方向に話が進むと考えられる一方、メイ首相は「BrexitをSoftかHardかに分けることはおかしい(a false dichotomy)」と、新しい形でEUとの関係を築く考えを示しました。
その場合、可能性としては、カナダ版があります。EUはカナダと自由貿易協定(Free Trade Agreement/FTA)を結ぶ予定です。イギリスもそのようなFTAを結べば貿易問題を回避できるというわけです。ただし、そのような協定を結ぶには10年も交渉に時間がかかり、2年という期限内に協定締結というわけにはいかないそうです。
以上、Brexitを語りだすとダラダラと長くなってしまいます...。今回のニュースが金融市場に与えた影響(ポンド暴落、株価上昇)についても解説したかったのですが割愛いたします。
アメリカ大統領選も残すところ1カ月を切り、ワールドニュースに目が離せませんね!


第64回 保険用語 第4弾

皆さん、こんにちは。先月から保険をテーマに用語を取り上げてきたところ、英The Economist誌(9月24日号)に興味深い記事があったので、紹介します。

見出しは以下のようになっています。
Autonomous car insurance
Look, no claims!
Self-driving cars are set radically to change motor insurance.

自動運転車の技術がどんどん進化していることは、ここ数年大きなニュースになっていますが、その進化のスピードはこれまでの予想を超えており、技術的にはもう人間が運転するよりも安全性が高まった(事故率が低い)と考えられているそうです。
自動運転車が普及すると社会にどんな変化がもたらされるか、色々と議論されていますが、保険業界に大きな影響が及ぶとはこの記事を読むまで気が付きませんでした。

ではこの記事の関連用語について説明します。

autonomous/self-driving/driverless car: 自動運転車
人間が運転操作をしなくても自動で走行するクルマ。日本語では「自動運転車」という言葉で定着しているようですが、英語では上記の3つの表現に加え、carの代わりにvehicle が使われたり、van/taxi/train/truckなど具体的に表したりします。

claim:保険金支払い請求
第61回で、「保険請求をする」というときに動詞はclaimを使うことを取り上げましたが、claimには名詞用法もあり、no claimsだと「保険金の支払い請求なし」という意味になります。

car/ motor insurance: 自動車保険
先進国では運転手は事故を起こした時のために保険に入ることが義務づけられています。自動車保険といってもどこまで補償されているかでいくつかのレベルに分かれますが、義務付けられている保険はcompulsory insurance(強制保険)。日本では「自賠責」という言葉で知られますが、フルネームは「自動車損害賠償責任保険 (compulsory automobile liability insurance, CALI)」。

Liability will move from private car-owners towards manufacturers for crashes
(事故の際の法的責任が車を所有する個人からメーカーに移行する)
自動運転車が一般道で走行できるような法的整備が早急に求められている中で、一番の議論の中心は、事故の際に誰が責任を負うのか、という点。ドライバーからメーカーに法的責任が移行するのが当然と考えられますが、メーカーは部品サプライヤーに責任転嫁をする可能性もあり、簡単に答えが出る問題ではなさそうです。
損害に対する支払い義務などの「法的責任」はliability。「Aさんは~に法的責任がある」というときは形容詞のliableを用いて "A is liable for ~"。

以上、お役に立てば幸いです。

自動運転車が普及すると事故が激減し、保険の請求も大幅に減る→保険業界に大打撃、なんて言われてみれば、なるほどなー、と思いました。
クルマと言えば、若い時からクルマ好きで最近までスポーツカーを乗り回していた実父が緑内障悪化のためついに運転ができなくなるそうです。ボタン1つ押せば、driverless carがお迎えに来て、どこへでも連れて行ってくる時代が一刻も早く訪れると田舎に住む両親にとって便利になるだろうなー、と早急な法整備と技術の発展を願っています。


第63回 保険用語 第3弾

皆さん、こんにちは。先週は、日銀政策決定会合と米FOMC(連邦公開市場委員会)が相次いで金融政策の発表を行ったことが業界で注目を集めたニュースでした。世界的に低金利が続いていますが、これは年金運用をする保険業界にも大きな影響を及ぼします。そこで今回は年金に関連した用語を紹介します。

DB pensions:
世界中の多くの年金制度が危機的な状況に置かれていますが、企業年金制度ではDB pensionが問題の原因の一つと考えらえています。DB pensionとはdefined benefit pension/plan(確定給付年金)の略で、従業員の勤務期間や給与に基づいて給付額が保証されているタイプの年金。従業員の立場からすると、退職後の年金受給額が決まっているので将来設計がしやすくて魅力的な制度ですが、運用側からすると資産の利回りが確保できなかったり、加入者が予想以上に長生きをしたりすると資金が足りなくなる、という問題がでてきます。実際、低成長・低金利が続き、高齢化しているので、年金資金不足が深刻な問題となっています。

DC plans:
そこで、最近ではDC制度(defined contribution plan/scheme、確定拠出年金)に移行する企業が増えています。こちらは拠出額(掛け金、つまりいくら払うか)は決まっていますが、その資金の運用実績によって給付額が異なります。運用側のリスクは減りますが、加入者にとっては老後の生活に不安が残ります。

401K:
米国の確定拠出年金制度ですが、日本が開始した確定拠出年金はこれを参考にしているので、「日本版401k」と呼ばれています。

actuary:
年金数理人、アクチュアリー、保険数理士などと訳されますが、保険の掛け金や支払い率を決めるために確率・統計学などの数理の知識を駆使して将来のリスク・不確実性の分析・評価する専門職。弁護士(lawyers)や会計士(accountants)に比べると数が少ないのであまり知られていない職業ですが、保険業界には欠かせません。中学英語のactually(実は)と発音が似ているので気を付けましょう。日本人に弱いLとRの違いです。

annuity:
ふつう「年金」と訳されるのでpensionとの違いがピンとこないのではないかと思いますが、annuityとは「一定の期間、加入者に収入を支払う保険契約」のことで、個人的に購入する金融商品としての年金はpensionではなくannuityです。

「年金」というと遠い先のことのようで少し前までは自分の問題とは考えられませんでしたが(単に現実否定?!)、先週末に長男が巣立ち、私ももうそれほど若くないんだと改めて感じました。自分の子供が成長していくというのは、もちろん喜ばしいことですが、なんだか久しぶりに失恋でもしたかのように心にぽっかりと穴が空いてしまったようにも感じています。小さいお子さんがいる読者の皆さん、子育て中はイライラすることもよくあるでしょうが、子供と過ごせる貴重な時間をどうぞ大切にしてください!


第62回 保険用語 第2弾

皆さん、こんにちは。日本の皆さんは連休を楽しまれましたか。イギリスでは先週30度を超える真夏日が続き驚きましたが、またどんより厚い雲に覆われたすっかりイギリスらしい天気に戻っています。

では、前回に引き続き保険用語を紹介します。

1.無事故割引: accident-free discount
自動車保険にある割引で、1年間事故を起こしていなければ翌年の継続時の保険料が安くなるという制度です。「無~」の英訳で - freeがさっと出てくると英語らしくていいですね。よく似た意味でNo claim discount (NCD)またはNo claims bonus (NCB)もよく使われます。NCDやNCBは自動車保険に限らず、保険請求をしていない場合適用される割引です。

2.天災地変:act of God
地震・雷・洪水など、自然界で起きる様々な災いのことですが、人間の力では防ぎようもないので英語ではact of God(神業、神による行為)と言われます。「不可抗力」というとき、英語の契約書ではフランス語のforce majeureもよく使われます。「天災や不可抗力が原因で不履行になった場合は補償金が支払われない」というような内容の条項に出てきます。

3. (人やモノの)損傷、損害: damage
ケガをしたり、モノが壊れたりしたときに保険を請求することがありますが、「損傷/損害」というときはdamageと単数形です。damagesと複数形にすると損害賠償(金)という意味になるので気を付けましょう。

4. 免責金額:(英)excess (米)deductible
損害保険契約で保険金を支払う事故が生じた場合に、契約者(または被保険者)が自己負担するものとして設定された金額のこと。イギリスではexcess、アメリカではdeductibleと言います。
免責金額を超える損害については、免責金額を差引いた金額が保険金として支払われます。
スマホの修理に£100かかったとして、excessが£30の場合、保険から残りの£70が支払われます。

5. 損害てん補、損失補償: indemnity
損失や損害があったときの補償となる保険をindemnityと言いますが、損害補償の支払い義務からの免責のことを指す場合もあるので、文脈に気を付ける必要があります。

6.専門職業人賠償責任保険: professional indemnity insurance
専門的事業に携わる者を対象とする損害賠償責任保険。「専門職」というと医師・看護師・弁護士・公認会計士などの職業を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、私たち翻訳者や通訳者も含まれます。大きな訳ミスをしたことが原因でクライアントが大損失を被った場合、実際に翻訳者・通訳者が責任を問われることがあります。この保険に入っておくと、そんな恐ろしいことが起きた場合、自分で損失額を負担しなくていいので安心です。
イギリスでは、過去にある日本人翻訳者がドッグフードをキャットフーと間違えて訳し、誤りに気が付かなかったクライアントが缶のラベルを大量に印刷してしまい、翻訳者に賠償責任が問われるという1件があったそうです。幸い、この翻訳者はprofessional indemnity insurance に入っていたとのことです。

何かのときのために入っておくと安心な保険ですが、何が起きるか分からないので、なんでもかんでも保険に入ると月々(または年ごと)の出費が高額になり、問題が起きないと損したような気がするので、どれに入るかの決断は難しいですね。




《 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!