HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第37回 Brexit 特集 その2

皆さん、こんにちは。前回からBrexit(イギリスのEU離脱)問題を取り上げています。その2では、少し基本に戻り、そもそもEU(欧州連合)とは何なのかを一緒に考えたいと思います。というのも「EUを出たがるイギリス人がどうして増えたのか」を理解するためには、まずEUを理解することが大切だからです。

1.EUの生い立ち
現在のEU(欧州連合)が誕生したのは1993年ですが、誕生のきっかけは二つの世界大戦にさかのぼります。二つの大戦により、欧州の各地が荒廃し、またアメリカ合衆国とソビエト連邦という二超大国による世界の分断が進む中で、欧州が一致団結することで再興をはかろうという動きが活発化します。まずはフランスとドイツが仲直りすることから始まり、ベルギー、イタリア、ルクセンブルグ、オランダの4か国が加わってEuropean Coal and Steel Community(ECSC、欧州石炭鉄鋼共同体)が1952年に設立されます。その後、石炭鉄鋼以外にも領域を広げたEuropean Economic Community(EEC、欧州経済共同体)が1957年に誕生しました。

Brexit問題を考える上で、ここで注目していただきたいのは、EUの母体であるECSCやEECの当初の加盟国にイギリスは入っていない、ということです。イギリスは欧州の主要国であるためにEUの主要国でもあると思われがちです。ところが、イギリスは地理的にヨーロッパ大陸からは離れた島国ですし、アメリカとの関係も密接なため、大陸諸国の仲間に入るかどうか二の足を踏んできました。60年代に入り、やっとEECに加盟希望を申し出ても当時のフランス大統領に反対されるなどという経過があり、加盟が実現したのは1973年のこと。確かにイギリスは欧州の主要国ではありますが、EUの中核メンバーではないのです。このことは、イギリスが単一通貨ユーロを導入しなかったことと関連していると言えるでしょう。

2.EUの掲げる理念、ever closer unionについて
「絶えず緊密化する連合」などと訳されますが、EUは問題が発生する度に「お互いの連携を強めて、さらに統合すること」で解決しようとしてきました。1992年には単一市場(Single market)を形成し、人・モノ・資本・サービスの移動が自由化されました。2002年には共通通貨ユーロが導入され、現在19か国で使用されています。最終的にはthe United States of Europe(ヨーロッパ合衆国)を樹立しようという考えさえあります。ところが、今回イギリスがEU離脱の国民投票をするということで英キャメロン首相がEUに提案した改革案の内容は同理念ever closer unionに反するものであり、これまでのEUのあり方を根本的に変えるきっかけとなる可能性があります。

3.EUは国際連合(UN)のヨーロッパ版?
第二次世界大戦に設立された国際機関、国際連合(UN)と比較して、「EUはUNのヨーロッパ版なの?」と聞かれたら、どう答えるでしょうか?
どちらも戦後、国際的な平和と発展を目指して設立された国際機関ですが、質問の答えはNoでしょう。上記2からも明らかなように、EU諸国のほうがずっと強く結びついています。単一市場以外に、欧州議会(European Parliament)があることも大きな違いと言えるでしょう。EUの場合は、欧州議会(国会を拡張したようなもの)が設置されていて、議員は各加盟国から直接選挙で選ばれます。そこで採択されるEU法(Regulations規則、Directives指令、等)は、各加盟国の国内法に優先します。つまりEU法と国内法の間で矛盾があれば、EU法が優先的に適用されます。
また翻訳・通訳者の関心事としては公式言語の数も大きく異なります。UN加盟国の数は現在193か国に及びますが、公式言語は6言語のみ(英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、アラビア語)。一方、28か国が加盟しているEUの公式言語はなんと24言語。これは各加盟国が公平に参加できることがEUでは重視されていることを表しています。マルタのようなミニ国家でもEUに加盟した時点から、すべての公式文書はマルタ語にも翻訳され、会議にはマルタ語の同時通訳がつきます。したがってEUの通訳や翻訳の量は莫大で、それにかかる費用が問題となることもありますが、ヨーロッパ言語の翻訳・通訳者にとっては、非常に魅力的な雇用の機会を提供しています。

以上、今回はBrexitを考える上で重要となるEUについて、3つの点から考察しました。次は、イギリス人にとってEUの何が不満なのか、を考えてみたいと思います。


第36回 Brexit 特集 その1

皆さん、こんにちは。この1カ月、バズワードについてお伝えしてきましたが、その間にいくつかのグローバルニュースが世間を騒がせていますね。アメリカでは大統領選の指名候補争いが意外な展開を見せ、イギリスではEU離脱を問う国民投票の実施が発表され離脱か残留かに関し連日活発な議論が行われています。私としては、米大統領選も気になりますが、本コラムはイギリス発信なので、やはり後者を取り上げ、この問題を理解するために役立つようなキーワードおよびキーポイントを数週間に渡りお伝えしていきたいと思います。これを機会にヨーロッパが抱える問題について一緒に考えてみませんか。

1.Brexitとは?
まずBrexitという新語については第22回で少し説明しましたが、BritainのBrにExit(退出)をくっつけて作られた新しい言葉。2012年から使われているGrexit(Greece + Exit)に倣って出来た言葉ですが、ここで注意するべきなのはギリシャの場合はEU(欧州連合)ではなくてユーロ圏(EUの通貨が使われている経済圏)からの離脱の話でしたが、イギリスの場合は、今でも英ポンドを使っているので、通貨の話ではないということです。またギリシャの場合、大半のギリシャ国民はユーロ圏もEUも出る気は全然なかったけれど、多額の借金を返せないためにユーロ圏からから追い出されるのではないかと世界中が心配し、話題になっていたのに対し、イギリスの場合は元々あったヨーロッパに対する懐疑心が年々増し、自分たちで好きなようにやったほうが国が繁栄するだろう、という声があまりにも高まったためキャメロン首相はEU離脱に関する国民投票を2017年までに行うことを公約に掲げ、去年の総選挙で予想外の勝利を収め、現政権についたといういきさつがあります。

ところでこのBrexitという言葉ですが、日経新聞が「ブリクジット」とカタカナ表記しているのに驚きました。Exit(エグジット)にBrがついた言葉ですし、イギリスで報道されている原音に最も近いカタカナ表記は「ブレグジット」で、英語では "e" にアクセントがあります。

2.「残留」「離脱」を英語で言うと?
日本の報道では「残留」「離脱」など、ふだんの会話では使わないような漢語が使われていて難しい話のように感じますが、英語では「残留」はremainまたはstay、「離脱」はleaveと中学英語で習うような日常会話レベルの表現が報道でも使われます。また「EU残留派」はpro-EU campaignerやthe Remain camp、「離脱派」はpro-Brexitやthe Leave campと呼ばれています。Eurosceptic(ユーロスケプティックと発音)は超国家的なEUに対して反感を持つ人たちのことで欧州懐疑主義と訳され、「離脱派」の可能性が高いです。キャメロン首相は"改革された"EUに残ることを訴えていますが、与党内の有力政治家の中でも意見は分かれていて、特にロンドン市長のボリス・ジョンソン氏が声高々にBrexitを訴えています。ちなみにファーストネームの「ボリス」で国民から親しまれている、このロンドン市長は次の首相有力候補と言われています。

また「イギリスのEU残留」という意味でBremainという新語もあります。説明するまでもなく、BritainとRemainをくっつけた造語です。ただ、Brexitは毎日のように見聞きするのに対し、Bremainはそれほど浸透していません。

以上、今回は上記の2点にしますが、本件の歴史的背景や論点について次回以降も解説を続けます。ご質問などはhi-career@ten-nine.co.jpまでお送りください。

ところで、6月23日に予定されている、この国民投票、英国在住19年になる私は今も日本国籍なので投票権がありません。ところが来月18歳になる愚息にはなんと投票権があることに気が付き驚きました! それでグリーン家の食卓でもEU離脱問題についての議論が盛り上がっています。


第35回 Buzzwords 第4弾

皆さん、こんにちは。今週は、再びイギリスからお届けしています。3月に入り、日照時間はかなり長くなったものの、まだまだ寒い毎日。昨日は牡丹雪が舞い散る中を通勤しました。

さて、先月からバズワードと呼ばれる表現をお届けしています。今回紹介するバズワードは、pre-prepare, face time, insourceの3つです。バズワードの説明は第32回をご参照ください。

1. pre-prepare: 第33回で紹介したpre-planと同様、prepareには既に「前もって」という意味が含まれているので「事前に」という意味の接頭辞pre-を付けるのは不要であり誤りだと主張する人がいる一方、「事前に」の意味を強調してpre-prepareと重要そうに語る人もいます。日本語の「準備」も事前に行うものだから「事前に準備する」という表現は冗語だと言う人もいれば、問題なしとして使う人もいるのに似ているのではないでしょうか。Pre-prepared frozen meals(調理済みの冷凍食品)のように料理について使われることも多いようです。

2. face time:これは第8回でも紹介しましたが、iPhoneのビデオ通話機能FaceTimeと混同しないようにしましょう。iPhoneでのチャットと関係ないところでface timeという言葉が使われたら、それは「対面時間」のこと。最近では同じオフィスで働く同僚にも連絡方法はメールのみで実際に話すことがない、という職場環境が増えているようです。だからこそ、メールでも電話でもなく実際に会って話をするface timeは有意義な時間といえるのでしょうね。
I hope to get more face time with my boss.
上司と会って話す時間がもっとあればいいなと思う。

3. insource: 「外部委託/外注をする」という意味のoutsourceは皆さんご存知だと思いますが、ではinsourceとはどういう意味でしょう? これは「(外注するのではなく)組織内・社内の人に頼む」という意味です。
The company A plans to insource software projects.
A社はソフトウェア・プロジェクトを社内で受け持つ予定だ。

以上、今回はpre-prepare, face time, insourceという3つのバズワードを紹介しました。お役に立てば幸いです。



第34回 Buzzwords 第3弾

皆さん、こんにちは。今週は、東京からお届けしています。到着した日は春のような陽気で感激しましたが、その後はロンドンに負けず劣らずの寒さ。それでも刺激の連続で学びの多い充実した1週間を過ごしました。

先々週からbuzzwordと呼ばれる表現をお届けしています。今回紹介するbuzzwordsは、incentivise、touch base offline、Guruの3つです。

1. incentivise (米incentivize):一昔前はmotivateやprovide with an incentiveと言っていたけれど、特にビジネスではincentive(インセンティブ)を動詞化して使うようになりました。
We need to incentivize our sales reps to achieve these targets.
(営業員がこれらの目標を達成するようインセンティブを与えなければならない)

2. touch base offline: 実際に会って話をする。電話、Eメール、インスタントメッセージ、ビデオチャットなど、最近はコミュニケーションの手段も増え、顔を合わすことなく気軽に連絡が取りあえるようになりました。けれども、だからこそ実際に会って話すことに大きな意味があるとも言えるでしょう。
Let's touch base about that offline.
(そのことは会って話そう)

3. Guru: もともとはヒンズー教の指導者のこと。転じて、指導的な立場の人がGuruと呼ばれるようになりましたが、さらに転じてそれほどスキルのない人に茶化してGuruと言うことがあります。Rocket scientist(ロケット科学者) や Brain surgeon(脳外科医)も同様。文脈に気を付けて、誤解を招かないように訳すよう気を付けましょう。

以上、今回はincentivise、touch base offline、Guruという3つのバズワードを紹介しました。お役に立てば幸いです。


第33回 Buzzwords 第2弾

皆さん、こんにちは。先週からbuzzwordと呼ばれる表現をお届けしています。buzzwordを簡単におさらいすると、何か新しい重要な概念を表しているようでかっこよく聞こえるように思って、コンサルやマーケティング担当者などが好んで使うことが多いけれども、意味が曖昧だったり従来の用法じゃなかったりで聞いた人によっては顔をしかめるかもしれない、というイメージの表現。今回のbuzzwordシリーズでは、英語ネイティブのビジネスパーソンなら皆見聞きしたことがある表現を選んでお届けしてます。

今回紹介するbuzzwordsは、pre-plan, low-hanging fruit, challengeの3つです。

1.pre-plan: plan(計画する)という言葉には既に「将来のことを/前もって」という意味が含まれているので「事前に」の意の接頭辞pre-を付けるのは重言と受け止める人がいる一方で、「事前に」の意味を強調していて重要そうに聞こえる場合もあるようで、割と使われています。日本語でも「公に公表する」「後で後悔する」などという重言があるのと似ているかもしれませんね。同様の表現にforward planningがあります。

2.low-hanging fruit: (低いところある果実、から転じて)最もたやすく達成できること、確実に営業成績が出せそうなところ。いったんこれらが達成できれば(once they are picked)、次の戦略を立てるべし。試験でも「確実に点が取れそうなところから取り組むように」というアドバイスで使えそうですね。→First pick the low-hanging fruit!

3.challenge: 皆さんお馴染みの言葉ですが、日本語の「チャレンジ」とは違ったニュアンスで使われることも多いので文脈に要注意です。buzzwordとしてはYou don't have problems, you have challengesのようにproblemをポジティブに捉えよう!という文脈や、problemの婉曲表現として使われます。

以上、今回はpre-plan, low-hanging fruit, challengeという3つのbuzzwordsを紹介しました。お役に立てば幸いです。



《 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!