HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第53回 イギリス、国民投票後 その3

すみません! またこの話題です!
実は、今週は別の話題にする予定で、「交渉に関する表現」と題して既に原稿もある程度まとめていました。でも、先週の通訳業務においてやはりBrexitの話題がかなり出たので、通訳者としてBrexitの知識を持っておくことの重要性を再認識しました。
というわけでこの一週間で気になったBrexit関連の英語表現を取り上げます。

1.stand aside/ stand down/ step down 辞任する、引退する、退陣する
Q: キャメロン首相の辞任表明、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長の首相レース不出馬に続き、先週辞任表明をしたのは誰でしょう? 
A: 前回「a liar」として紹介した英独立党(UKIP)党首のナイジェル・ファラージ氏。
EU離脱派の中心人物だったファラージ氏ですが、「自分が政治家になった目的は果たせた」「今は自分の生活を取り戻したい (I want my life back)」という理由で辞意を表明しました。投票結果は出たものの、これから実施という段階での辞任は「無責任だ(irresponsible)」とあちこちで批判されています。
「辞任する」はresign, quitの他に上記の句動詞も覚えておくと役に立つでしょう。

2.UK's 2nd female Prime Minister イギリスで2人目の女性首相
Q: キャメロン首相の後任者選びが始まりました。首相レースには5人が出馬しましたが、議員による投票で選ばれた二人の政治家とは誰でしょう?
A: テレサ・メイ内相とアンドレア・レッドソム エネルギー担当閣外相
投票前は、有力政治家のメイ内相とマイケル・コーブ司法相が残るものだと思われていましたが、コーブ司法相の裏切り行為は不信感を煽ったようです(前回記事参照)。その結果、離脱派からは政治家としてあまり経験のないレッドソム・エネルギー担当閣外相が決選投票に進むことになりました。今後は保守党の一般党員およそ15万人による投票で9月9日までにどちらかが選ばれます。どちらが勝ったとしても、次のイギリスの首相は女性になることが決まりました。マーガレット・サッチャー氏以来、25年ぶりの女性首相 (first woman prime minister since Margaret Thatcher) の誕生となります。来年のG7サミットは女性首脳が3人となる可能性大です。ヒラリー・クリントン氏は2008年の大統領選では"we were not able to shatter that highest and hardest glass ceiling (一番高く、最も硬いガラスの天井を打ち砕くことができなかった)」と言って撤退を表明しましたが、今回は打ち砕いて青空に手を伸ばせるといいですね。

3.Oustria/ Italexit/ Czech-out/ Departugal
EU最大の懸念事項は、Brexitそのものではなく、BrexitがきっかけとなりEU自体が崩壊することです。28加盟国の中には既にEUに懐疑心を抱いている国々があり、それぞれ造語が作られています。第51回で紹介した語に加え、Oustria (Oust + Austria), Italexit (Italy +exit), Czech-out (the Czech Republic + out), Departugal (Departure + Portugal)など。EU離脱を望む最大の理由は、移民・難民問題です。自由に人が移動できることによるメリットは大きいものの、テロリストも簡単に国外逃亡できるという欠点もあります。
一方、残留派の国を示す造語ではRemania (Romania + Remain) があります。

4.Bremigration/ Brexodus
こちらはBritainにemigration(国外への移住)、exodus (集団脱出)を加えた造語で、企業や個人がイギリスから大陸のEU諸国に引っ越すことを意味します。英語圏にとどまりたい人はカナダへの移住を考えていて、Canadexit(Canada + exit)という造語も生まれています。なぜ米国ではなくてカナダかというと、ドナルド・トランプ氏の台頭している国を避けるためです。ただし、私見になりますが、イギリスが単一市場に残る可能性もあり、EUの将来も不透明な現状(上記3参照)で、Bremigrationを実行するのは先走りしすぎじゃないかと思います。

以上、今週もブレグジットの話題でお送りしました。お役に立てば幸いです。


第52回 イギリス、国民投票後 その2

皆さん、こんにちは。引き続きイギリスEU離脱関連です。金融市場は落ち着きを取り戻しつつある一方、イギリスの政治は与党も野党も大混乱。まだまだ先が読めない状況です。「もうBrexitの話はたくさんだ!」という方に便利な表現は、"I'm BrexSick!"  どうぞこの先はお読みにならないでください。 
BrexSickでない方は、続けてお読みください。

1.cherry-picking いわゆる「おいしいとこ取り」。えり好み。
ドイツのメルケル首相はイギリスに対しUK can't cherry-pick EU privilegesと警告しました。イギリスは単一市場(the single market)へのアクセスは強く望む一方、自由なヒトの移動(the free movement of people)は拒んでいるために、「EUのおいしいとこ取りは許さない」と厳しい態度を見せています。pick and chooseもcherry-pickと同様の意味で使われます。

2.Regrexit/ Bregret ブレグジット(Brexit)という言葉はもう日本にも浸透しているようですが、投票結果が出た後、Leave(離脱)に投票した人の中で「まさか勝つとは思わずに投票したのに...」と後悔している人が少なくないようで、regret(後悔する)との造語でRegrexitやBregretという言葉が生まれました。Brexitに入れて後悔している人がRegrexiters。一方、離脱派に囲まれていて本心を語れなかったSilent Remainers(隠れ残留派)も少なからずいたようです。

3.a liar 「嘘つき」と言えば、英語でこんなジョークがあります。
Q: How can you tell when a politician is lying?
A: When his lips move.
政治家の話に嘘が多いのはイギリスだけではないし、今に始まったことでもありません。でもその度合いが許容範囲のこともあれば、あまりにひどくて「ぜったいに許せない!」と全国民の怒りを買う場合があり、今回は完全に後者です。誰のどんな嘘でしょう? 
今回a liarと呼ばれたのは英独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首。投票日直前まで "Let's give our NHS the £350 million the EU takes every week(毎週EUが取り立てている3億5千万ポンドを英国民医療制度に使おう)" と訴えていたのに離脱派の勝利が決まった24日にその数値は間違い(a mistake)だったと認めたのです。3億5千万ポンドは確かにイギリスがEUに支払っている額ですが、EUから受けている補助金などを相殺すると純支払額は1億ポンド程度です。これはキャンペーン中からmisleading(誤解を招きやすい)と批判を受けていたにもかかわらず訂正していませんでした。投票結果が出たその日に突然誤りに気が付くということはありえないので、a liarと呼ばれている政治家の筆頭はUKIPのファラージ氏です。ただし、他の離脱派政治家も皆勝利確定以来、決まり悪そうな態度をとっています。

4.stab ~ in the back/ treachery/ betrayal 裏切る・裏切り行為
次の首相争いで大混乱が続くイギリスの政界ですが、先週「裏切り者」と呼ばれた政治家は誰でしょう? 上記3と4の答えに正解したあなたはBrexit通です!
EU残留を訴えていたキャメロン首相は、投票結果が出て数時間後には辞任表明を行いました。その時からABB(Anyone But Boris)という、「次首相にはボリス・ジョンソン氏以外なら誰でもいい」というキャンペーンが保守党内で繰り広げられる中、離脱派主導者の一人でありジョンソン氏の盟友、マイケル・ゴーブ司法相は自らが首相になる意思を完全否定していて、ボリス・ジョンソン元ロンドン市長をサポートするものだと誰もが思っていました。ところが首相レース立候補の届け出締め切り直前に自分が出馬するという驚きの発表を行い、ジョンソン氏は次期保守党首選を断念。このゴーブ司法相の行動は、裏切り行為だと批判されています。

5.sell-off, rally, rebound, depreciation, appreciation
投票結果が出た24日(金)はsell-off(セルオフ)が発生しました。これは大量の売りによって生じる株価急落のことです。ただし、週明けにはrally/rebound(反発、下がった相場が値上がりに転じること)。確かに金融市場に影響が出ましたが、「想定内」との専門家の意見もあり、先週の動きではリーマンショックのような大混乱というわけでもなさそうです。外為市場(foreign exchange market)ではポンド安(the pound has fallen/ depreciation of pound/ a weaker pound)、円高(the yen's appreciation/ Yen surges/ The Japanese yen soared/ strong yen)となりました。通貨安・高の英語表現は動詞・名詞・形容詞を使って上記以外にも色々あるので、ぜひ英字新聞で確認してください。

6.Brexit 「またBrexit?」と眉をひそめられたかもしれませんが、別の意味でのBrexitが懸念されています。ここではbrain exitを合わせた造語。brain drain(頭脳流出)とも言われる現象です。イギリスの大学・研究施設では多くのEU市民が科学の分野で活躍しています。イギリスが移民の数を管理することにより、優秀なEUの科学者が英国大学からいなくなることや科学研究へのEUからの補助金がなくなることが心配されています。

7.Breturn/ Breversal
上記、1、2、3、4のような状況下、離脱派が選挙期間中に約束していたことは実現不可能であり、EUとの離脱交渉を率いる次の首相の顔も見えないことから、Breturn/ Breversalの可能性も高まってきました。つまり、結局は国民投票の結果を無視して、EU、あるいはEEAに残るということです。EEA(European Economic Area 欧州経済領域)という選択肢はNorwegian optionと呼ばれています。つまり、一応EUは離脱したことになりますが、単一市場へのアクセスを認められる一方、EUからの移民を無制限に受け入れ、EUの規制に従い、高額の負担金を支払う必要があるだけでなく、議会での発言権がなくなるので、「それだったらEUに残った方がましじゃないか」という流れでEUに残る可能性が十分にある、ということです。

以上、いつもより長くなりましたが、この一週間で使われた表現の一部を紹介しました。Brexit関連の話題でお役に立てば幸いです。


第51回 イギリス、国民投票後 その1

こんにちは。もう皆さまご存知の通り、6月23日にイギリスでEU離脱に関する国民投票が行われ、離脱派が僅差で勝利を収めました(Brexitについては本コラム第36回から第39回で特集しています)。「なぜこんなことに?」という疑問を抱いている読者の皆様に向けて、イギリス在住者として、最終的になぜ離脱派が勝利を収めたか個人的な視点からお話します。

イギリスには昔から反EU感情があったのは確かです。それが国民投票日が近づくにつれて増してきた理由の一つは選挙活動において離脱派のほうがTake back controlとポジティブな言葉を使って説得力のある訴えをしていたことだと思います。それに対し、残留派は経済危機に対する恐怖感を表現を変えて繰り返し訴えていましたが、離脱派はそれをscaremongering(デマを流して世間を騒がせている)と批判し「イギリスは世界で5番目の経済大国だから困難は乗り越えられる(We are the 5th largest economy. We can overcome the economic impact)」「それよりも我々の主権を取り戻し、自分たちの将来は自分たちで決めよう(take back control of our country/sovereignty/borders/destiny」と主張し、その言葉に説得力があったんだと思います。信じられないことですが、Euro 2016(サッカーの欧州選手権)でイングランドが勝ち進んだことで愛国心が高まり離脱支持も増えた、という報道もあります。

投票の集計結果を見ると、投票率(turnout)が高い地域(70%以上)は離脱派が勝利を収めたという傾向が明らかです。どの選挙でも反政府派は投票率が高い傾向がありますが、今回それに拍車をかけた要因が二つあります。

まずはメディア報道。数々の世論調査(poll)の結果、いったんは離脱派が優勢でしたが、直前に逆転し残留派が優勢となり、国民投票日の当日は金融市場にも安堵感が流れ株価(FTSEを含む主要株価)が上昇し、通貨はポンド高に動きました。ロンドン通勤者の大半は仕事帰りにEvening Standardという夕刊紙を読みますが、その日の表紙はRemain ahead in final poll(最終世論調査の結果、残留派優勢)という見出しと共にキャメロン首相夫妻がにっこり笑顔で投票に行く姿が掲載されました(写真参照)。「色々と騒がれたけど、やっぱり残留だよね」という安心感を与えるような報道で、残留派はほっとして投票に行かなかった人もいるのではないかと思います。

green-160627.jpg

もう一つの要因は当日の天気です。ちょっとくらいの雨ならイギリス人は慣れていますが、前日から当日にかけ、イギリスは雷を伴う大雨に見舞われました。洪水のため閉鎖された投票所(polling stations)もあり、鉄道のダイヤは大幅に乱れ、ロンドンのビクトリア駅、ウォータールー駅などの主要駅では大混乱が起き、投票が締め切られる夜10時までに帰宅できなかった人も大勢いました。また、帰宅できても悪天候のため「どうぜ残留だし、わざわざ私が行かなくても」と投票に行くの思いとどまった人も多いのではないでしょうか。初めての投票を楽しみにしていた愚息も当日は悪天候のため行く気をなくしてしまったのですが、父親に勧められなんとか投票所に足を運びました。皮肉にも翌日は朝から青空が広がり、"UK Independence Day!" と祝杯をあげる人がいる一方で、「昨日もこんなに晴れていたら別の結果になっていたのでは......」と思わずにはいられませんでした。

いずれにしても、離脱に投票した人が大勢いたことは否定できない事実です。

これを受けて、EUの他の加盟国でも離脱を望む声が高まり、Frexit, Pexit, Czexit, Nexit, Italeaveなどの新語も生まれています(それぞれ、フランス、ポーランド、チェコ、オランダ、イタリアのEU離脱)。逆にロンドンは残留派が圧倒的なので「ロンドンが独立してEUに加盟しよう」というLondependance という動きも始まっています。

EU残留派のスコットランドは早速UK離脱に関する国民投票を再度実施する動きに入っていますが、晴れて(?)UKを離脱しても、その段階でEUがどんな状態になっているかは現段階ではまったく不透明です。ちなみに2014年のUK離脱に関する住民投票では85%という非常に高い投票率を記録したスコットランドですが、今回は70%に満たず、「そんなにEUに残りたいならちゃんと投票すればよかったのに」と思われるような結果です。同じく残留支持が多い北アイルランドは地域別に見た場合、最も低い投票率となっています。

国民投票のやり直しを求める声も高く、6月26日の執筆時で310万人の署名が集まっています。ところが、先月、残留派が僅差で勝つ見込みだった時にキャメロン首相は6月23日について「once-in-a-lifetime decision(一生に一度の決断)でありneverendum(終わりのない国民投票)ではない」と主張しているので後戻りは難しい状況です。

とにかく世界全体に影響を与える今回のイギリス国民投票結果。今後の動向も注視していきたいと思います。


第50回 マーケティング用語 adopter categories

皆さん、こんにちは。本コラムの連載が第50回を迎えました! 第1回をお届けしてほぼ1年になります。また今年に入ってから本コラムに関連した内容を小出しにツィートしています。おかげさまで「向上心の高い人々に出会い、共に学び、刺激しあう」ということも実現していると感じます。いつもお読みいただきありがとうございます。

今回はマーケティングにおけるadopter categoriesを紹介します。これは『Diffusion of innovations(イノベーション普及学)』という本で社会学者エベレット・M・ロジャース氏が提唱した理論で、現在ビジネス界において広く取り入れられています。

ロジャース氏は新しいアイデアや技術の採用について以下の5つのカテゴリーに分けました。

green-san 160620.png

1.Innovators(イノベーター/革新者)
新サービス、新商品の導入に最も積極的なタイプ(新し物好き)。ただし、全体の2.5%しか占めず、イノベーターが購入した商品が必ずしも市場を大きく動かすとは限らない。
グーグルグラスを購入した人はこのタイプと言えるのでは。

2.Early Adopters(アーリーアダプター/初期採用者)
最新情報を常にチェックしていて、新商品の導入に前向き。商品全体の動向に影響を与えることも多くopinion leaders(オピニオンリーダー)とも呼ばれる。企業としてはこのタイプを取り込むことが大切。

3.Early Majority(アーリーマジョリティ/前期追随者)
上記2タイプの様子をうかがってから購入するタイプ。人口の34%も占めるとされていて、上記2タイプに比べると情報に疎く、金銭的な余裕もない傾向があるものの新しいものを試そうという意欲はある。

4.Late Majority(レイトマジョリティ/後期追随者)
すでにかなり普及してから「そろそろ私も始めた方がいいかなあ」という感じでようやく手を出すタイプ。こちらも34%なので、アーリーマジョリティと共にこのレイトマジョリティの層を取り入れれば商品として大成功。この1~2年でスマホを買った人はこのタイプでは。

5.Laggards(ラガード/遅延者)
流行り物や変化をなかなか取り入れない保守的なタイプ。このタイプまで説得しようとする企業は少ない。今でもそろばんを使っている人?!(それは16%もいませんね...)

以上、マーケティングにおける5つのカテゴリーを簡潔に紹介しました。お役に立てば幸いです。

ところで皆さんはどのタイプに当てはまりますか? 私は2のアーリーアダプターです。第27回で紹介したウェアラブル端末Fitbitもクリスマス以来、毎日愛用しています。おかげでダイエット目標も年明けに達成できたのですが、今ちょっとリバウンド気味なので、またがんばらなければ!

Fitbitといえば、これで通訳中の心拍数もチェックしています。米原万里の『ガセネッタ&シモネッタ』には「同時通訳の作業中の心拍数はずっと160」とありますが、この半年間の記録では同時通訳中にそこまで上がったことはありません。馴染みのあるトピックの会議なら平常時よりやや高い程度(100未満)、慣れない内容で緊張しているときは100~120程度です。この同時通訳中の心拍数についてもう少しデータを集めたいと思っています。今のところ、ウェアラブル端末をつけている通訳パートナーにお会いしていないので、1人分のデータしかありません(涙)。心拍数をチェックできるデバイスをお持ちの方、是非通訳中(逐次・同時)の心拍数をチェックして情報共有していただければと思います!

本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をぜひhi-career@ten-nine.co.jpまでお送りください。


第49回 basic incomeとは?

皆さん、こんにちは。今週は時事ニュースからbasic incomeを取り上げます。スイスで6月5日に賛否を問う国民投票が行われたので耳にした方も多いかもしれません。同国民投票では圧倒的多数で否決されましたが、この考え方を推奨している日本人経済学者もいるので、賛成反対にかかわらずベーシックインカムという概念を理解しておくとよいでしょう。そこで、今回は関連用語を紹介します。

1. basic income
まだ日本で浸透してないので訳語もメディアによって「ベーシックインカム」、「最低生活保障」「最低所得保障」「基礎所得保障」など微妙に異なっています。英語でもuniversal basic income, demogrant, Citizen's Incomeなどの表現がありますが、いずれにしても、すべての国民に無条件で(お金持ちにも)毎月一定額を支給するという、新しい社会保障のあり方を意味しています。年金や失業保険などが廃止され制度がシンプルになる、技術革新により雇用に付けなくなった人にも最低レベルの生活が保障される、などの利点がある一方、さらなる格差の拡大や財源、労働意欲、移民問題などが心配されています。

2.benefits
一般的な辞書には「給付金」「(福祉)手当」などの訳がついていますが、「生活保護」と訳すとピッタリなこともよくあります(『ロングマン英和辞典』には「生活保護」という訳語もついています! あなたの手持ちの英和辞典はいかがでしょう?)。この意味では複数形がよく使われますが、「利益」「メリット」「福利厚生」などの意味もあるので文脈に気を付けて訳しましょう。

3.a means test
資産調査、資力調査。「収入、資産」という意味でのmeansは常に複数形であることに要注意! 給付金には収入や財産のレベルにかかわらず支払われるもの(国民年金など)と所得制限つきのものに分かれます。経済的に要件を満たしているかどうかの調査をa means testと言いますがmeans-testedという形容詞形もよく使われます。
「この手当は収入にかかわらず支給される」→These benefits are non-means-tested.
「収入レベルによっては支給されない手当もある」→Some benefits are means-tested.

4. disposable income
可処分所得、手取り収入、自由に使える収入。個人の購買力(purchasing power)を測る目安とされる。
ベーシックインカムが導入されると専業主婦や家族の介護で働けない人も可処分所得を得るようになり購買力がつきます。

5. the Gini coefficient
ジニ係数。所得や資産の不平等・格差を測る指標。完全に平等に分配されていればゼロ、ある一人の人に集中している場合は1。つまり値が低いほど所得格差が少ない。日本は0.3を超えていてOECD加盟国の平均を少し上回っている。the Gini indexともいう。
以上、今週はベーシックインカムとその関連用語を取り上げました。詳しくは英エコノミスト誌のUniversal basic incomes Sighing for paradise to come(2016年6月4日号)をご覧ください。上記の用語の復習にもなりますよ!

ちなみに私自身は最低生活保障という考え方に賛成です。最低レベルの生活がすべての人々に保障される制度では餓死の心配が激減しますが、逆に言えば、ベーシックインカムでは最低レベルの生活しかできないわけですから、ほとんどの人はできる限り就労し、税金を納めるのではないでしょうか。



《 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!