HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第64回 保険用語 第4弾

皆さん、こんにちは。先月から保険をテーマに用語を取り上げてきたところ、英The Economist誌(9月24日号)に興味深い記事があったので、紹介します。

見出しは以下のようになっています。
Autonomous car insurance
Look, no claims!
Self-driving cars are set radically to change motor insurance.

自動運転車の技術がどんどん進化していることは、ここ数年大きなニュースになっていますが、その進化のスピードはこれまでの予想を超えており、技術的にはもう人間が運転するよりも安全性が高まった(事故率が低い)と考えられているそうです。
自動運転車が普及すると社会にどんな変化がもたらされるか、色々と議論されていますが、保険業界に大きな影響が及ぶとはこの記事を読むまで気が付きませんでした。

ではこの記事の関連用語について説明します。

autonomous/self-driving/driverless car: 自動運転車
人間が運転操作をしなくても自動で走行するクルマ。日本語では「自動運転車」という言葉で定着しているようですが、英語では上記の3つの表現に加え、carの代わりにvehicle が使われたり、van/taxi/train/truckなど具体的に表したりします。

claim:保険金支払い請求
第61回で、「保険請求をする」というときに動詞はclaimを使うことを取り上げましたが、claimには名詞用法もあり、no claimsだと「保険金の支払い請求なし」という意味になります。

car/ motor insurance: 自動車保険
先進国では運転手は事故を起こした時のために保険に入ることが義務づけられています。自動車保険といってもどこまで補償されているかでいくつかのレベルに分かれますが、義務付けられている保険はcompulsory insurance(強制保険)。日本では「自賠責」という言葉で知られますが、フルネームは「自動車損害賠償責任保険 (compulsory automobile liability insurance, CALI)」。

Liability will move from private car-owners towards manufacturers for crashes
(事故の際の法的責任が車を所有する個人からメーカーに移行する)
自動運転車が一般道で走行できるような法的整備が早急に求められている中で、一番の議論の中心は、事故の際に誰が責任を負うのか、という点。ドライバーからメーカーに法的責任が移行するのが当然と考えられますが、メーカーは部品サプライヤーに責任転嫁をする可能性もあり、簡単に答えが出る問題ではなさそうです。
損害に対する支払い義務などの「法的責任」はliability。「Aさんは~に法的責任がある」というときは形容詞のliableを用いて "A is liable for ~"。

以上、お役に立てば幸いです。

自動運転車が普及すると事故が激減し、保険の請求も大幅に減る→保険業界に大打撃、なんて言われてみれば、なるほどなー、と思いました。
クルマと言えば、若い時からクルマ好きで最近までスポーツカーを乗り回していた実父が緑内障悪化のためついに運転ができなくなるそうです。ボタン1つ押せば、driverless carがお迎えに来て、どこへでも連れて行ってくる時代が一刻も早く訪れると田舎に住む両親にとって便利になるだろうなー、と早急な法整備と技術の発展を願っています。


第63回 保険用語 第3弾

皆さん、こんにちは。先週は、日銀政策決定会合と米FOMC(連邦公開市場委員会)が相次いで金融政策の発表を行ったことが業界で注目を集めたニュースでした。世界的に低金利が続いていますが、これは年金運用をする保険業界にも大きな影響を及ぼします。そこで今回は年金に関連した用語を紹介します。

DB pensions:
世界中の多くの年金制度が危機的な状況に置かれていますが、企業年金制度ではDB pensionが問題の原因の一つと考えらえています。DB pensionとはdefined benefit pension/plan(確定給付年金)の略で、従業員の勤務期間や給与に基づいて給付額が保証されているタイプの年金。従業員の立場からすると、退職後の年金受給額が決まっているので将来設計がしやすくて魅力的な制度ですが、運用側からすると資産の利回りが確保できなかったり、加入者が予想以上に長生きをしたりすると資金が足りなくなる、という問題がでてきます。実際、低成長・低金利が続き、高齢化しているので、年金資金不足が深刻な問題となっています。

DC plans:
そこで、最近ではDC制度(defined contribution plan/scheme、確定拠出年金)に移行する企業が増えています。こちらは拠出額(掛け金、つまりいくら払うか)は決まっていますが、その資金の運用実績によって給付額が異なります。運用側のリスクは減りますが、加入者にとっては老後の生活に不安が残ります。

401K:
米国の確定拠出年金制度ですが、日本が開始した確定拠出年金はこれを参考にしているので、「日本版401k」と呼ばれています。

actuary:
年金数理人、アクチュアリー、保険数理士などと訳されますが、保険の掛け金や支払い率を決めるために確率・統計学などの数理の知識を駆使して将来のリスク・不確実性の分析・評価する専門職。弁護士(lawyers)や会計士(accountants)に比べると数が少ないのであまり知られていない職業ですが、保険業界には欠かせません。中学英語のactually(実は)と発音が似ているので気を付けましょう。日本人に弱いLとRの違いです。

annuity:
ふつう「年金」と訳されるのでpensionとの違いがピンとこないのではないかと思いますが、annuityとは「一定の期間、加入者に収入を支払う保険契約」のことで、個人的に購入する金融商品としての年金はpensionではなくannuityです。

「年金」というと遠い先のことのようで少し前までは自分の問題とは考えられませんでしたが(単に現実否定?!)、先週末に長男が巣立ち、私ももうそれほど若くないんだと改めて感じました。自分の子供が成長していくというのは、もちろん喜ばしいことですが、なんだか久しぶりに失恋でもしたかのように心にぽっかりと穴が空いてしまったようにも感じています。小さいお子さんがいる読者の皆さん、子育て中はイライラすることもよくあるでしょうが、子供と過ごせる貴重な時間をどうぞ大切にしてください!


第62回 保険用語 第2弾

皆さん、こんにちは。日本の皆さんは連休を楽しまれましたか。イギリスでは先週30度を超える真夏日が続き驚きましたが、またどんより厚い雲に覆われたすっかりイギリスらしい天気に戻っています。

では、前回に引き続き保険用語を紹介します。

1.無事故割引: accident-free discount
自動車保険にある割引で、1年間事故を起こしていなければ翌年の継続時の保険料が安くなるという制度です。「無~」の英訳で - freeがさっと出てくると英語らしくていいですね。よく似た意味でNo claim discount (NCD)またはNo claims bonus (NCB)もよく使われます。NCDやNCBは自動車保険に限らず、保険請求をしていない場合適用される割引です。

2.天災地変:act of God
地震・雷・洪水など、自然界で起きる様々な災いのことですが、人間の力では防ぎようもないので英語ではact of God(神業、神による行為)と言われます。「不可抗力」というとき、英語の契約書ではフランス語のforce majeureもよく使われます。「天災や不可抗力が原因で不履行になった場合は補償金が支払われない」というような内容の条項に出てきます。

3. (人やモノの)損傷、損害: damage
ケガをしたり、モノが壊れたりしたときに保険を請求することがありますが、「損傷/損害」というときはdamageと単数形です。damagesと複数形にすると損害賠償(金)という意味になるので気を付けましょう。

4. 免責金額:(英)excess (米)deductible
損害保険契約で保険金を支払う事故が生じた場合に、契約者(または被保険者)が自己負担するものとして設定された金額のこと。イギリスではexcess、アメリカではdeductibleと言います。
免責金額を超える損害については、免責金額を差引いた金額が保険金として支払われます。
スマホの修理に£100かかったとして、excessが£30の場合、保険から残りの£70が支払われます。

5. 損害てん補、損失補償: indemnity
損失や損害があったときの補償となる保険をindemnityと言いますが、損害補償の支払い義務からの免責のことを指す場合もあるので、文脈に気を付ける必要があります。

6.専門職業人賠償責任保険: professional indemnity insurance
専門的事業に携わる者を対象とする損害賠償責任保険。「専門職」というと医師・看護師・弁護士・公認会計士などの職業を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、私たち翻訳者や通訳者も含まれます。大きな訳ミスをしたことが原因でクライアントが大損失を被った場合、実際に翻訳者・通訳者が責任を問われることがあります。この保険に入っておくと、そんな恐ろしいことが起きた場合、自分で損失額を負担しなくていいので安心です。
イギリスでは、過去にある日本人翻訳者がドッグフードをキャットフーと間違えて訳し、誤りに気が付かなかったクライアントが缶のラベルを大量に印刷してしまい、翻訳者に賠償責任が問われるという1件があったそうです。幸い、この翻訳者はprofessional indemnity insurance に入っていたとのことです。

何かのときのために入っておくと安心な保険ですが、何が起きるか分からないので、なんでもかんでも保険に入ると月々(または年ごと)の出費が高額になり、問題が起きないと損したような気がするので、どれに入るかの決断は難しいですね。



第61回 保険用語 第1弾

皆さん、こんにちは。執筆時の今は、9月11日イギリス時間の午後で、ちょうど米国では9・11の追悼式典が行われています。あの衝撃的なニュースが世界に流れてから15年が経ったのですね。テロの脅威がなかなか収まらないのは残念ですが、少なくともシリアの内戦に関しては停戦が合意されたことは喜ばしいニュースです。

今回から数回に分けて保険業界で使われる用語を取り上げます。日常的に見聞きする言葉でも意外に定義や訳語があやふやかもしれません。

今回は1回目ということで、基本的な概念を理解した上で用語を見ていきましょう。

まず「保険(insurance)」とは、大勢の人があらかじめ「保険料」を出し合い、保険事故が発生した時には「保険金」が給付される制度。保険関係の設定のために「保険契約」締結され、保険料の支払い義務を負う者を「保険契約者」、保険事故が発生した場合に保険金を支払う側を「保険者」といいます。

1.保険料/掛け金: premium
「~料金」という表現は何の料金かによって英語ではcharge, rate, fare, fee, toll, billなど色々あって、正しい語を使うのは意外に難しいのですが、保険料の場合はpremiumといいます。英語premiumというとたくさん語義があり、特に「プレミアム/割増金」の意味が最初に思い浮かぶかもしれませんが、premiumに「保険料」の意味があることもこの機会にぜひ覚えてください。発音は「プレミアム」ではなくて「プリーミァム」。

2.保険金:insurance, insurance money/payment
保険事故が発生したときに保険会社が支払うお金のこと。保険の文脈だと分かっていれば、単にpaymentやmoneyだけでも十分です。
「保険金を請求する」というときの動詞は何でしょうか? 
答えはclaimです。claim for damageで「損害の賠償請求をする」。
ところで日本語で「クレーム」というと「苦情(complaint)」のことなので、カナカナに紛らわされてclaimと訳さないように気を付けましょう。

3.保険契約:insurance policy
「契約」というとまずcontractが思い浮かびますが、保険契約の場合はふつうpolicyを使います。"policy=政策"と覚えている人も多いかもしれませんが、「保険契約」の意味も覚えておくとよいでしょう。

4.保険契約者/被保険者: policyholder, insured (person)
保険料の支払い義務を背負うのが保険契約者(policyholder)、保険をかけられている人や組織を被保険者(insured)といいます。policyholderとinsuredは同じ人の場合もあれば、夫が妻や子供の保険もかけている場合など、insuredが複数の場合もありますし、企業が従業員の保険をかけていればpolicyholderとinsuredは別の名義になります。

5.保険者:insurer
保険料を集めて、請求に応じて支払う側を保険者(insurer)と言います。たいていは保険会社(insurance company)ですが、個人の場合もあれば、リスクが大きい場合は複数の保険会社が共同で保険を引き受ける場合もあります。

以上、今回は保険関係の用語を取り上げました。

先日、愛しい教え子から「ついにIR通訳デビュー。授業で習ったことがとても役に立ちました!」という嬉しい報告を受け、自分の仕事にやりがいを感じました。
今回の表現も読者の皆さんにとって、いつか役に立つ日がくればいいなと思っています。


第60回 Apple and Tax

皆さん、こんにちは。9月に入り、イギリスでは新学年、日本では2学期がスタート。それぞれの夏の思い出を胸に新たな生活が始まる時期ですね。皆さんにとって、学びの多い秋となることを願います。
さて今回は、先週話題を呼んだビジネスニュース、米アップル社にEUが最大1.5兆円(130億ユーロ)の追徴税をアイルランド政府に納付するよう命じた件を取り上げます。

「アメリカの企業であるアップル社が、アイルランドに納税するようEUが命じる」というニュースの意味合いを理解するにはグローバル企業が税負担を減らすために何をしているか、そしてその節税対策のため多くの先進国にどのような影響が及んでいるかを理解する必要があります。

そこで鍵となる表現を紹介します。

・tax evasion: 脱税
これは、偽りの報告などをして税金の支払いを意図的に怠るという違法行為です。見つかると罰金や禁固刑という罰則が与えられるため、多くの大企業は違法行為をしないように努力をします。
「脱税する」と動詞で表現するときはevade tax。

・tax avoidance:節税、租税回避、税金逃れ
tax evasionと違い、こちらは法律に違反しない範囲で納税額を下げようとする行為です。国によって納税義務のルールが大きく異なるため、グローバル企業の多くは、税務コンサルタントを雇い、どの国でどのように税金を払えば節税できるかを綿密に計算し対策を立てます。その結果、実際に経済活動を行っている国とは別の国で税申告をすることでかなりの節税を実現しています。アイルランドやオランダのような国は、外国の大手企業を誘致するために税率を低く設定し、さらに特定の企業に優遇措置をとり、より低い税率を認めています。アップルだけでなく、スターバックス、アマゾン、グーグル、マクドナルドのような皆さんが毎日の生活で利用しているような大手企業が大規模なtax avoidanceをしていることがここ数年問題視されてきました。
こちらも動詞表現はavoid tax。

・legally right but morally wrong: 合法行為ではあるが、道徳的に間違っている
このトピックでほぼ必ず出てくるのが、この表現です。他の企業は法人税を何十パーセントも払っているのに、上記のような一般消費者を相手に巨額の利益を出している超大手企業がほとんど法人税を払っていないというのは、法には触れていなくとも倫理的にやってはいけないことだ、という議論です。

・the Base Erosion and Profit Shifting (BEPS) :税源侵食と利益移転
このように多国籍企業が国際的な税制の隙間や抜け穴を利用して租税を回避し、税負担を軽減している問題をBEPSと呼び、これに対応するためOECDは「BEPS project」を発足しています。

このニュースでの注目点は、納税義務を言い渡したのがEUだという点です。アイルランド政府としては、アップルが追徴税を支払うことになるとアイルランドに拠点を置く他の企業が転出してしまう可能性が高くなるため、短期的には税収が増えるにもかかわらず、この判決を好ましく思っていません。そこでアップル社とともにヨーロッパ司法裁判所(European Court of Justice)に異議を申し立てるとのことです。

法に触れてさえいなければ正しいことなのかと考えさせられる、今後も注目のニュースです。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!