HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第27回 Wearable technology、どこまで生活に浸透していますか?

皆さん、こんにちは。年明けの仕事や学校が始まって、1週間。いかがお過ごしでしょうか。
先週のビジネスニュースでは中国の株価暴落とそれが世界に広がった影響が大きく報道されましたが、私が注目したニュースは、1月6日付英Financial Times紙UK版のトップニュース、"CES 2016: Fitbit launches latest fitness-focused smartwatch"でした。
冒頭部分を紹介します。

Fitbit launched a new fitness-focused smartwatch at the Consumer Electronics Show on Tuesday, as looks to stave off growing competition to its early lead in wearable technology from beyond Silicon Valley.
The Blaze smartwatch will go on sale in March, starting at - just over half the price of the cheapest Apple Watch at $350.
以下はこちらをご覧ください。

http://www.ft.com/cms/s/0/a046e528-b398-11e5-b147-e5e5bba42e51.html#axzz3wa1gibSr

では用語の解説をします。

• CES: Consumer Electronics Show 世界最大の家電見本市、毎年1月に米ラスベガスで開催される。時代の先端を行く製品や技術が発表される場。
• Fitbit: 歩数や心拍数、消費カロリー、睡眠追跡をサポートする腕時計型フィットネス端末。JawboneやGarmin、Misfitなどと比較される人気ブランド。
• stave off: 食い止める、防ぐ、抑える
• wearable technology: ウェアラブル技術。腕時計やメガネ、指輪のような形態で身に着けたまま使える端末。このような新しい技術は日本語では分かりにくくてもカタカナで定着していますね。
• Blaze: Fitbitの新しい仲間。これまでのフィットネス端末をさらに進化させたスマートウォッチ。Apple WatchやAndroid系のスマートウォッチと競合することになる。 
• just over half the price of the cheapest Apple Watch at $350: 「~の半額を少し上回っている」と「最も低価格のアップルウォッチは350ドル」という二つの要素を含め、うまくつなげて訳すのは意外に難しいかもしれません。

これだけ読むと、この新しい製品に期待が高まっているのかと思いきや、この後 "Fitbit closed 18 per cent lower at $24.27, its lowest point after the initial public offering" と続きます。「発表日のFitbitの終値は前日比18%安の24.27ドル、上場以来の最安値をつけた」ということです。既に競争が激しいスマートウォッチ市場におけるBlazeの成功する見込みについて、投資家の意見は厳しいようです。

ドローンやVR(バーチャルリアリティ/仮想現実)などの他の新技術に加え、今後どんなウェアラブル端末が生活に浸透していくのか、今後も注目していきたいと思います。

ところで、先週の記事をご覧になった方から、「Willpowerに頼るのではなく楽に行動を変え、また継続できるよう環境を変えることが大事」という考え方(Choice architecture)について、またその関連記事としてFive myths about our habitsをご紹介いただきました。
https://www.washingtonpost.com/opinions/five-myths-about-our-habits/2015/12/31/1f3ab244-ad93-11e5-9ab0-884d1cc4b33e_story.html

どうもありがとうございます。
偶然というか、この記事にもFitbitが出ています。そしてまた実は第21回でお話ししたBlack Fridayに購入した夫へのプレゼントというのはFitbit Surgeでした! 歩数、心拍数、カロリー消費量、階段を上った数などの表示可能でGPS機能もついています。これはダイエットにいいぞ!と思い、「夫へのプレゼント」という名目でついつい自分の分も買ってしまいました! この端末とFitbitのアプリ(上記リンク先参照)とを連動させ、カロリー摂取量も入力し、健康管理をしながら、昨年のダイエット目標を今年こそ達成しようと今日もがんばっています。

本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をぜひhi-career@ten-nine.co.jpまでお送りください。


第26回 新年の目標設定はSMARTに!

皆さん、明けましておめでとうございます。
早速ですが今年の抱負は立てられましたか。「どうせ立てても三日坊主だし...」なんて言わないで、今年こそはSMARTな目標を立てて、ぜひ実現に向かって一歩でも進めるといいですね!
でもSMARTな目標って何?という方もいるかもしれません。英語ではSMART criteriaとか、SMART Goalsとか呼び方はいくつかありますが、この考え方は、経営戦略を含め欧米のビジネス界で広く導入されています。私の勤務するロンドンメトロポリタン大学の通訳修士課程では、授業ごとの短期目標、学期ごと(または1年)の中期目標、そして3~5年を念頭に入れた長期目標を立て、達成具合を確認しながら進めています。そのときに設定する目標はSMART基準を満たしていることを確認します。
では、SMARTって何でしょう。これは次の単語の頭文字をとったものです。
• Specific(具体的)
• Measurable(測定可能)
• Achievable(達成可能)
• Realistic(現実的)
• Time-based(期限を設定)
ただし、AはAgreed upon(同意している)、RはResult-oriented(成果に基づいているか)など、他のバージョンもあります。
いずれにしても、単に「売り上げを伸ばす」「ダイエットする」「語学力をアップする」ではなく、
• 今年の上半期で商品Aの国内販売を20%増やす
• カロリー摂取・消費量の記録をつけ、夏休みまでにウエストを3㎝引き締める
• 毎日ビジネスに関連する新しい英単語を2つ学び、その単語を使った文章を書く
など、期限を設け、現実的に達成可能な数値を入れることで、達成が明確になるし、達成できなくても自分がどの程度進んだのかを確認することができます。
ロンドンメトロポリタン大学での実際の例を挙げると、「英語の表現力をつけたい」という、ある学生は「毎日10分、The Economist誌の記事を10分音読する」という目標を掲げ、週ごとに達成度を確認しています。また達成具合によって、次の目標を調整します。
では、こうやって指導している私自身の昨年の目標「年末までに2kg減量」というSMARTな目標は達成できたのか、恥を忍んで発表すると......。YESかNoかと問われれば、答えはNOでした(涙)。「3歩歩いて2歩下がる」というような進み具合で残念ながら目標達成には至りませんでした。けれども、それに向けて努力はしたし、100%の達成はできなかったけど50%くらいは達成できたことで、自分を称えました。
「達成可能な」目標を設定したつもりでも、色んな事情により、必ずしも「期限内に」達成できるとは限りません。それでも、達成できなかったからといって落ち込んだり、あきらめたりするのではなく、どうすれば達成できていたかを考え、次の目標設定にその学びを取り入れることが大切だと思います。目標の下方修正も、ときには必要でしょう。
目標達成のためのもう一つのアドバイスは、「大きな長期目標を達成するために、小さな短期目標をたくさん設定する」ということ。「1年で本を20冊完読する」というのも構いませんが、「2週間で1冊」にすると目標達成の機会が増え、達成時の喜びを感じる回数も増えます。「喜びを感じること」は脳に刺激を与え、脳の働きを高めるので、スピードが要求される通訳の現場でも役に立つでしょう。ですから、小さな目標をたくさん達成して、その度に自分にWell done!と声をかけるとよいと思います。
というわけで、ぜひSMART原則に合った新年の抱負を立て、実現に向けて一緒にがんばりましょう。
本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をhi-career@ten-nine.co.jpにてお待ちしています。

では、学び多き1年となりますように。


第25回 今年の主な経済ニュースは?

皆さん、こんにちは。今年の最終回となりました。この半年間、ご愛読ありがとうございます。

今回は1年のまとめ、ということで英フィナンシャルタイムズ紙がEnd of Year Reviewで取り上げた7つのニュースを紹介します。

1. European Migration Crisis(欧州移民・難民危機)
2. VW Emissions Scandal(フォルクスワーゲン排ガス不正問題)
3. Inside Isis Inc. How oil fuels the terrorists(ISISの財源、石油ビジネス)
4. China Tremors(中国経済崩壊が世界に与える影響)
5. US Rates Rise(米国の利上げ)
6. Oil(原油価格の暴落)
7. Greece Debt Crisis(ギリシャ債務危機)

本コラムで取り上げたトピックもいくつか入っていますね。

これまで1の移民問題や3のISIS関連は何度か取り上げようかと思いつつ、躊躇してきました。でもグローバル経済を考える上で避けられないトピックなので今回は1に関連する用語を解説します。

ご存知の通り、中東で起きている紛争を逃れようと百万人を超える大勢の人々が今年ヨーロッパに押し寄せました。このトピックではrefugeeとasylum seeker、economic migrantの違いを理解する必要があります。メディアでも混乱して使われる場合もありますが、法的にはrefugeeとは、すでに受け入れ国で難民申請が認められた人で、asylum seekerは難民申請の手続きを行い、結果を待っている人です。Refugeeとしての認定は、母国で戦争や迫害を逃れている人たちが他国で暮らせるようにするために与えられます。
それに対し、economic migrant(経済移民)は職を求め新たな生活を築こうとして国境を超える人のことで、やむを得ず母国を離れる人とは区別して考えられます。そういうわけで、「経済移民なのに難民申請をしている人」に対して、「それは違法行為だ」などという非難の声があがっているのです。
また高スキルを持った外国人はexpatriate(口語ではexpat)と呼ばれ、受け入れ国の経済発展に貢献するため歓迎されます。日本人の海外駐在員はexpatになります。「移民コミュニティ」という意味でDiasporaというギリシャ語が使われることもあります。
もう一つ重要な用語は、Schengen Agreement(シェンゲン協定)です。これはヨーロッパにおいて出国・入国検査なしで自由に国境を超えることを許可する協定で、EUとは別の取り決めなので、イギリスのようにEU加盟国でもシェンゲン圏に入っていない国もあれば、ノルウェーのようにシェンゲン協定には加盟しているけれどもEUには加盟していない国もあります。ただほとんどのヨーロッパ諸国はシェンゲン協定に合意しているので、いったんギリシャやイタリア、ハンガリーなどのシェンゲン圏で難民申請をすると、自由にドイツやスウェーデンなど移民受け入れに寛容な国へ移動することができることが大きな問題となっています。

紙面の都合上、解説は1のみとしますが、本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をhi-career@ten-nine.co.jpにてお待ちしています。

では、皆さま、素敵な新年をお迎えください。


第24回 「米国の利上げ」がもたらす意味は?

皆さん、こんにちは。12月も後半に入り、いよいよ年末ですが、いかがお過ごしでしょうか。
先週も色んなニュースが流れましたが、金融業界でのトップニュースはやはり米国でついに「利上げ」が正式発表されたことではないでしょうか。でも、どうしてそれがそんなに大きなニュースになるのでしょう? 今回は米国の利上げがもたらす意味や関連用語を解説します。

まずは関連用語から。

1. Monetary policy(金融政策):金利(interest rate)を上げたり下げたりすることや、世の中に出回るお金の量(通貨供給量、money supply)を調節して、インフレ(inflation)を抑え、物価・経済を安定させること。この役目を担うのが中央銀行(central bank)。日本の場合は日本銀行(Bank of Japan / BOJ)、米国は連邦準備制度(Federal Reserve System / Fed)、イギリスはイングランド銀行(Bank of England / BOE)、ユーロ圏は欧州中央銀行(European Central Bank / ECB)です。

2. Easy monetary policy(金融緩和政策)、Monetary easing(金融緩和):不景気の際に金利を下げ、通貨供給量を増やし、経済活動(投資や消費)を刺激すること。ゼロ金利でも不景気が続き、さらに通貨供給量を増やすために実施されたのがQuantitative Easing (量的緩和、QE)。
ご存知の通り、アベノミクス、黒田日銀総裁のもと、日本は金融緩和策で市場にお金をジャブジャブとつぎ込んでいる。米国も最近まではそうだった。

3. Tight monetary policy(金融引き締め政策)、Monetary tightening(金融引き締め):好景気の際に金利を上げ、通貨供給量を減らし、経済活動を抑制すること。最近は日本や欧米でゼロ金利が当たり前のように受け止められているが、好景気の時は6%以上にまで引き上げられた。

4. Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会、FOMC):米国の金融政策の最高意思決定機関。日銀の金融政策決定会合(Monetary Policy Meeting)に相当。

5. Federal Funds(Fed Funds/FF)rate:米国の主要政策金利、フェデラル・ファンド(FF)レート。今回引き上げられた金利の正式名称。

今回ほんの0.25%利上げしただけですが、世界中で大きなニュースになっている理由は、金融危機以来初めて、ほぼ10年ぶりの利上げだからです。これまで米国は、日本、ユーロ圏などの先進国と同じく、上記2の金融緩和政策を実施して景気を活性化させようとしてきたのに、米国だけが「失業率は5%まで下がったし、経済成長率は2%台と好調」だからと上記3の金融引き締めに入った、ということで先進各国との状況の違いも浮き彫りになっています。ただし、本当にそこまで米国の景気が堅調なのかは疑問の声もあり、これまで資金が流れていた新興国への影響(資金難となり景気減退が加速)や、ドル高が懸念されています。また景気が回復している英国では、米国に続いて利上げが行われるのではないかと予測する声も高まっています。

というわけで、世界一の経済大国が0.25%利上げをすることで米国経済や世界経済にどんな影響があるのか、また今後どのようなペースで利上げが実施されていくのかに注目しましょう。

本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をお寄せください。hi-career@ten-nine.co.jpにてお待ちしています。


第23回 threatといえば何が思い浮かびますか?

皆さん、こんにちは。年末が近づき慌ただしい日々の中、新年に掲げた抱負(New Year's Resolution)にこだわっている人はどのくらいいるのでしょうか。私は今年も懲りずにダイエット目標をかかげ、今年こそは必ず達成しようと目標値をたったの2kg減と大幅に下げたにもかかわらず、まったく減っていないので(苦笑)、今週は運動に加え、ダイエット・アプリでカロリー計算をまめに行ってがんばっていたところ、12月11日のBBCのトップニュースでこんな報道がありました。

Obesity 'biggest threat to women's health' in England

Obesity is the biggest threat to women's health and the health of future generations, warns England's chief medical officer Dame Sally Davies.

(続きはこちらでhttp://www.bbc.co.uk/news/health-35061167

「サリー・デイビス英国主席医務官によると、肥満は、女性の健康と将来の世代の健康にとって最大の脅威」であり、「食品業界が自主的に健康食を促進できなければ砂糖税(Sugar Tax)導入も避けられない」とのこと。

一方、タブロイド紙デイリー・メールはもっと衝撃的な見出しを付けています。

Obesity in women 'as dangerous as terror threat': Extraordinary claim by health chief as she uses speech to demand condition is added to list of emergency threats

(続きはこちらで http://www.dailymail.co.uk/news/article-3355256/Obesity-women-dangerous-terror-threat-Extraordinary-claim-health-chief-uses-speech-demand-condition-added-list-public-health-threats.html

「女性の肥満はテロの脅威と匹敵するほど危険」であり、国の「緊急の脅威リストに加えるべき」とのこと。暴飲暴食シーズンを前に警鐘を鳴らそうとしているのかもしれませんが、この時期に肥満とテロを同じように扱う表現は受け入れがたく感じる人も多く、現にBBCのスタジオに招待された超肥満の中年女性は「None of us wake up in the morning, look at ourselves in the mirror and say "Glad I'm still fat!" We have all tried(朝起きたときに鏡を見て『今日も太っていて良かった!』と喜ぶ肥満女性なんていない。皆、努力はしたけどやせられないのよ)」と怒りを爆発させていました。

ところで、threat(脅威)という言葉は、英エコノミスト誌最新号(2015年12月12日号)の特集記事でも使われています。

Playing with fear

In America and Europe, right-wing populist politicians are on the march. The threat is real

「欧米では、右翼のポピュリスト(大衆主義)の政治家が台頭していて、その脅威は現実的だ」とのこと。

ここでのthreat(脅威)とは、テロ行為でも中年女性の肥満でもなく、米国のドナルド・トランプ氏が数々の暴言にもかかわらず人気を博していることや、先週末にフランスの地方選でマリーヌ・ルペン氏率いる極右政党FN大躍進したこと、そして他の欧米地域でも右派の大衆主義がかつてないほどの支持を得ていることを指していて、それが「西洋社会への脅威」だと警告しています。

一方、当のトランプ氏やルペン氏は、イスラム教徒や移民がthreatだからと、極端な移民対策を打ち出していて、それが人気を呼ぶ理由の一つでもあります。

threatと聞くと、反射的に「脅威」と訳しますが、いったい誰にとって何が脅威なのかは話し手と話題によって大きく異なります。自分の考えや先入観に左右されず、話し手の立場や背景を理解して、その意図を忠実に訳すようにしなければならない、という通訳基本ルールを思い出させてくれた用語でした。

では、「イギリスへの脅威」と後ろ指をさされないよう、ダイエットを続けます。


追伸:本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をhi-career@ten-nine.co.jpにてお待ちしています。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!