HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第58回 交渉に関する表現 その4 

皆さん、こんにちは。お盆休みは何か思い出になるようなことが体験できましたか? イギリスでは8月中旬はAレベル、続いてGCSEの成績発表の時期です。これで希望の大学や高校に進めるかどうかが決まるので、受験生を持つ家族がどきどきハラハラしながら発表の日を迎えます。
では、引き続き交渉に関する表現を紹介します。

1.stalemate: こう着状態、行き詰まり
もともとは、王を動かす以外に指し手がないけれども動かすと王手になる状態(引き分けになる)を指すチェス用語ですが、交渉の場では話し合いが全然前に進まない状況を意味します。前回同義語を紹介しましたね。何でしたか?
「行き詰る、こう着状態に陥る」はreach a stalemate、「こう着状態を打開する」だとbreak a stalemateと言えます。Negotiations stalemated(交渉は行き詰まってしまった)のように動詞として使うこともできます。deadlock以外にimpasseも同義語として使われます。

2.small talk: 世間話
交渉の場に限らず、多くの会議で本題に入る前に軽い世間話をします。たいていは、天気についてとか、フライトを含め会場まで問題なくたどり着けたか、滞在期間はどれくらいなのか、など。時事問題が話題になることもあり、今の時期ならオリンピックが欠かせませんね。このようなフレンドリーな会話をsmall talkと言います。
例:We sat around the table for five minutes making small talk, and then began the meeting.
(席について5分ほどは世間話をし、その後会議を始めた)

3.reservation price: 留保価格
自分が譲歩できる最低ライン(bottom line)のこと。交渉を始める前に設定しておくことが望まれます。互いのreservation priceの重なる部分がZOPA(第56回参照)となります。
例:If you are negotiating the price of something you want to buy, your reservation point is the highest price that you are prepared to pay.
(買い手の場合、留保価格とはその商品を買ってもよいと考える上限値)

以上、「こう着状態」「世間話」「留保価格」にあたる英語表現を紹介しました。

Aレベルの成績発表日(18日)は、グリーン家も、ドキドキ・ハラハラ不安な気持ちで迎えました。幸い第一志望大学に合格。ここ数年、一夜漬けタイプで楽天家の愚息にあまりイライラしないようずいぶん親としての度量が試されましたが、合格してやれやれです。次男のGCSE成績発表は来週。
通訳者としての生活は、受験勉強がずーっと続くような側面があります。常に語彙や知識を増やし、スキルアップしていく必要がありますが、その方法は一夜漬け型でもコツコツ型でも、集中と繰り返しではないかと思います。ただ、しかめっ面で勉強するのではなく、学びに喜びを感じられるといいですね! (とはいえ、ドラえもんの暗記パンはやっぱり欲しい!)


第57回 交渉に関する表現 その3 

皆さん、こんにちは。今回は英マンチェスターからお届けしています。イギリスも首都への一極集中が顕著ですが、マンチェスターの街を歩くと産業革命後の繁栄・19世紀の栄光があちこちで感じられます。お天気にも恵まれ、通訳を担当した会議も順調に終わり、やれやれ。
では今回も引き続き交渉に関する表現を紹介します。

1.deadlock: こう着状態、行き詰まり
どちらも譲らなくて話が前に進まない状況をdeadlockと言います。
We managed to devise a proposal that they can agree on to avoid deadlock.
(合意してもらえるような提案を考えてこう着状態を切り抜けた)
また動詞用法もあるので「Xが~の問題で行き詰っている」だと
X are deadlocked on the issue of ...

2.back out: 後に引く、取り消す、手を引く、取りやめる
いったん約束したことや合意したことを取りやめることをback outと言います。
第55回で同義語が出ましたね。何でしたか?
It is too late to back out now.
(今さら後へは引けませんよ)

3. BATNA: バトナ
交渉が成立しないときに取りうる最善の選択肢のことでBest Alternative To a Negotiated Agreementの略。「不調時対策案」とも訳されます。BATNAを明確にしてから交渉に臨むことが交渉学で重要視されます。これば前回取り上げたZOPAで設定した最低ラインをさらに下回っている代替案。万が一、交渉が成立しなくてもBATNAがあると気持ちの余裕も生まれ、交渉に役立つとのこと。
If the agreement that has been negotiated is better than your BATNA, you should accept it.(交渉中の契約条件がBATNAよりよければ合意するべきです)

4 bluff: はったり、はったりをかける
交渉の一環として、いい加減なことを大げさに口にしたり、そのつもりのないことを言ったりすることがあります。それをbluffと言いますが、名詞でも動詞でも使われます。
He says he will not make a higher offer - but is he serious or is he bluffing?
(これ以上の価格は提示しないと言っているけども、本気かな、それともはったりかな?)

5.close a deal: 取引をまとめる
交渉の最後に(取引を)まとめる、(商談を)成立させる、というときに動詞はcloseを使います。
They had been negotiating for some time and wanted to close the deal before December 31st.
(かなり長い間交渉してきたので、年末までに取引をまとめたがっていた)

以上、交渉に関して使われる用語を紹介しました。bluffというと不誠実で悪いイメージですが職業によってはポーカーフェイスでbluffできることが重要なスキルとも見なされるし、Fake it until you make it(実現できるまで出来るふりをしろ)なんていう格言もあります。通訳の現場でも自信がないときにbluffingで乗り切る(この場合はbest guessとの違いが微妙)か、訳を飛ばすか、可能であればスピーカーに質問するか、常に判断に迫られます。


第56回 交渉に関する表現 その2 

皆さん、こんにちは。今回は大阪からお届けしています。覚悟はしていましたが、やはり暑いですね......。でもせっかくの機会なので、山登り、川遊び、海水浴、花火大会など日本の夏を満喫しました!
では今回も引き続き交渉に関する表現を紹介します。

1.ZOPA
ZOPA(ゾーパ)とは、Zone of Possible Agreementの略で「合意可能領域」や「交渉可能範囲」などと訳され、交渉当事者の双方が合意できる範囲を示します。
例えば、AさんとBさんがパンの売買をすると仮定します。売り手のAさんは、最低でもパン1個100円で販売したいと思っています。一方、買い手のBさんは1個300円を超える場合は購入するつもりはありません。この場合、100円から300円がZOPAとなります。300円に近い額で交渉が成立すればAさんにとって有利な交渉で、100円に近ければBさんにとって嬉しい結果となります。
ただし、実際の交渉では値段だけではなくて数や納期など他の条件も加わり、もっと複雑になります。

2.win a concession: 譲歩を勝ち取る
Aさんの要求すべてにBさんが譲歩して合意してくれれば
→ A won all the concessions from B.

3. wide-ranging discussions: 様々なことについて話し合う
「〜について色々と話し合った」と言いたければ
→ We have had wide-ranging discussions about...


以上、交渉に関連する表現を取り上げました。休暇中のため、短めのコラムで失礼します。皆様も残り少ない夏、夏バテに気を付けながらどうぞお楽しみください。


第55回 交渉に関する表現 その1 offer

皆さん、こんにちは。先週はイギリスでも連日30度を超える暑さとなりました。イギリスでは「蒸し暑い」ときhot and stickyと言います。イギリス人はToo hot/sticky to sleepと文句を言っていましたが、朝方には20度未満にまで気温が下がるので日本の夏に慣れた人には快適な暑さです。

では今回から数回に分けて、商談の場で役立つ表現を紹介します。

1. counter-offer/ counteroffer: 対案、カウンターオファー
交渉の際に、相手側に出された案に納得できないときに出す別の案。ただし、カウンターオファーを出した時点で、元の案は拒否したことになるので要注意。「オファー」という言葉は「申し出・提示」という意味で日本語でも浸透していると思いますが、英語のofferは動詞でもよく使われます。
offer ~ in return だと、「見返りに~を提供する」

2.fallback position: (希望が叶わない場合の)代案
「交渉の準備段階で代案を考えておくべきだ」
→ You should prepare a fallback position before starting any negotiation.

3.final offer: 最終提示条件
「これ以上は交渉の余地がないから、この条件で受け入れられなければやめてくれ」と強気に出るときに使う慣用表現は
→Take it or leave it.
そのようなオファーをtake-it-or-leave-it offerと言います。

4. give ground 譲歩する/ gain ground 立場が改善する
交渉の過程で譲歩することをgive ground in negotiationと言います。
gain groundだと、前より状況がよくなること。交渉で弱い立場から逆転して優勢になったときに使われます。
ちなみに、紛争地でgain groundというと進撃して陣地を得ること。
「過激派ISがシリアでの陣地を広げた」
→IS gained ground in Syria.

政治の話なら、支持率が上がること。
「スコットランドでの保守党の支持率が上昇した」
Tories gained ground in Scotland.

5.pull out of a deal: 取引から手を引く
pull outには「引き抜く、取り出す」以外に「取りやめる、撤退する」という意味もあります。pull out of a businessだと「事業から手を引く」ですが、pull out of a recessionだと「不景気から抜け出す/脱する」。 

以上、お役に立てれば幸いです。商談と言えば、先週のビジネスニュースで「ポケモンGO」に続いて最も話題を呼んだのはソフトバンクの英ARM買収でしょう。3.3兆円という巨額な買収取引の交渉をたったの2週間で行ったというのも驚きです。ただし孫社長は10年間にわたり密かにARM社の買収を夢見てきたとのこと。ブレグジットで悲観的な見方が多い中、イギリス経済に期待をかける大変うれしいニュースでした。今後のARM社とSoftbankの発展に注目です。


第54回 イギリス、Brexit体制整う

先週の原稿を提出した直後にイギリスの政界で急速な展開が繰り広げられ、ハイキャリア通信が配信される水曜日(7月13日)には内容が古くなっていて申し訳ございませんでした。もう皆さんご存知の通り、イギリスの新首相にテリーザ・メイ氏が就任し、大混乱状態にあったイギリスの政界、世界の金融市場が落ち着きを取り戻しています。そこで、今週も引き続き、Brexit関連の表現を取り上げます。

1.Brexit means Brexit and we're going to make a success of it.
国民投票の結果が出た後、Regrexiters(第52回参照)が続出し、再投票を求める署名が400万以上集まり、「イギリスは本当にEUを離脱するのか」について多くの疑問の声が上がっていました。その疑問に対するメイ首相の答えです。「~を成功させる」を英訳するときの表現としてmake a success of ~。使えるようになるといいですね。
メイ首相のもとで、残留派と離脱派が一体となり、イギリスが困難を乗り越えて発展していけるというイメージが現実化してきました。

2. British humour? UK's new foreign secretary is Boris Johnson.
新首相に就任し、早速組閣に着手したメイ首相。キャメロン内閣では首相の右腕として目立っていたオズボーン前財務大臣を更迭するなど、注目点がいくつかありましたが、最も意表を突いたのはボリス・ジョンソン氏が外務大臣に起用されたことでしょう。今までジョンソン氏はオバマ大統領を含む有名政治家に対し失言を繰り返すなど外交手段に長けているという実績はなく、同氏が外務大臣なんてイギリス流の冗談(British humour)じゃないかと世界の政治家から失笑もされていて、どんな顔で交渉の場に現れるのか、今後の動きに関心が寄せられています。就任早々、ニースでのテロ事件、トルコでのクーデター未遂など大きな事件が相次ぎ、執筆時現在(7月18日)ジョンソン外相は初めてEU外相会議に出席しています。
ところで、ジョンソン氏に加え、David Davisという離脱派のベテラン政治家にEU離脱担当大臣(Brexit minister)という新しいポストが与えられたことで、新政権がEU離脱に本気で取り組む姿勢が示されています。
日本の外務大臣はMinister for Foreign Affairsと訳されますが、イギリスではforeign secretaryと呼ばれます。米国ではSecretary of State(国務長官)が同等の職務を担当。ただ、複数の外務大臣を言及するときはforeign ministers。少しずつ違うので要注意。

3.Target of balancing the budget by 2020
前述のオズボーン前財務大臣は、2020年までに財政赤字をなくすことを目標に掲げ、緊縮財政政策(austerity measures)を実施してきました。それにより、多くの公務員が職を失い、生活保護の打ち切りにより貧困層の生活が苦しくなったことも今回の国民投票の結果につながったようですが、メイ首相がオズボーン氏をクビにした理由の一つは、新政権と緊縮財政を切り離すことだったと考えられています。早速上記目標は撤回され、インフラへの公共投資が期待されています。
balanceは、「(重さを)量る、相殺する、収支を合わせる、埋め合わせる」などの動詞用法と「はかり、残高、安定、平衡」などの名詞用法がある多義語なので、文脈に応じて適訳をつけるのが意外に難しい語。「バランス」と訳せるときもあるけれど、そうでないときの方が多いかもしれません。

以上、やっと先が見えてきたイギリスの様子についてお伝えしました。

個人的には、昨日地元の10キロレースで無事完走しました! 走るときのつらさと達成感は同時通訳と似ているといつも思いながら走っています。体力と精神力の両方が必要。これからもカメさんのようにマイペースであきらめずに頑張ります。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!