HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第32回 Buzzwords 第1弾

皆さん、こんにちは。今週から数回にわたりBuzzwordと呼ばれる表現をお届けします。まずは、buzzwordという言葉をご存知でしょうか? Oxford Dictionariesは "A word or phrase, often an item of jargon, that is fashionable at a particular time or in a particular context"、デジタル大辞泉は「バズワード」を「いかにも専門的に聞こえるが、実は意味が不明確なまま世間で通用している言葉」と定義しています。ちょっと新鮮な響きで大事そうに聞こえ、経営コンサルタントやマーケティング担当者などが好んで使うことが多いけれども、それを聞いた人(特に年配者?)は眉をひそめることも珍しくない、というイメージがあります。日本語では、ユビキタス、ビッグデータ、ブレスト、のようなカタカナ語がバズワードに当てはまるのではないでしょうか。これから数週間にわたり紹介するbuzzwordsは英語ネイティブのビジネスパーソンなら皆見聞きしたことがある表現ばかりなので、馴染みのないものがあれば是非この機会に学び、使えなくても意味は理解できるようになると役に立つ日が来るかもしれません。

今回紹介するbuzzwordsは、1)utilise, 2)re-purpose, 3)think outside the boxの3つです。

1. utilise (米 utilize) :「活用する」という意味でuseの代わりに使われます。leverageも同様。こういう長いスペルの言葉を使う方が重要そうに聞こえるので好まれるのでしょう。

2. re-purpose: 「目的を持つ」という意のpurposeに「再び」という意の接頭辞re-がついて「再び目的を持たせる」→「既にあるものを新しい方法で利用する」という意味で使われます。purposeは「目的」という名詞で使われることの方が多いけれどもre-purposeはふつう動詞で使われることにも要注意。日本語でも「リパーパス」とカタカナ語が使われているようですね。ブログ記事やメルマガの内容をeBookにまとめるなど、既にあるコンテンツを利用して別の形で提供するような場合に使われていて、本コラムも一部Twitterでリパーパスしています。

3. think outside the box: 既存の枠組みにとらわれないで考える。box(箱)というと形が決まっていて硬いイメージ。その箱の外で考える、ということで自由な発想でモノを考えるという創造性が感じられる表現です。そのような考え方ができる人をoutside-the-box thinkerと言います。

以上、今回はutilise, re-purpose, think outside the boxという3つのbuzzwordsを紹介しました。お役に立てば幸いです。

ところでロシア語会議通訳者・米原万里さんの著書『魔女の1ダース』の解説で師匠の徳永晴美氏がこう書かれています。

「(万里ちゃんは)まず通訳をやってギャラをもらい、その内容のおいしい部分を雑誌に書き、それをもとに単行本を出し、それが文庫本になる。一粒で四度美味しい。グリコも顔負け。」

さすがです。通訳経験を3度もリパーパスされていたんですね!

実は私、そのおかげで、つまり米原さんの講演を聞き、雑誌の記事を読み、『不実な美女か貞淑なブスか』を読んだことで同通を目指すようになりました。今でもお亡くなりになったことを思うと残念でたまりません。でも生前に多くの書物を残してくださったことに心から感謝しながら今日も前を向いて歩いていきたいと思っています。


第31回 「マイナス金利政策」を英語で言うと?

皆さん、こんにちは。相変わらず、どーんよりとした厚い雲が広がるイギリスの冬ですが、それでも2月に入ると日照時間が少しずつ長くなっているのを感じます。すでにあちこちで花も咲き始め、春の兆しに嬉しく思っています。

さて、今回は世界に報道された日本の経済ニュースを取り上げます。

1月29日に日銀がマイナス金利政策を発表したことで世界の経済界をあっと驚かせました。では「マイナス金利政策」は英語で言うと何でしょうか?

ここではカタカナの「マイナス」につられて英語でminusと言わないように気を付けましょう。正しくはNegative Interest Rate PolicyでNIRPと略されます。これまでのゼロ金利政策(Zero Interest Rate Policy)では期待通り経済を刺激することができなかったため、思い切って金利をマイナスにする、つまり預金をすると利子の分が増えるのではなく減る、という政策で、市場にお金を出回らせることを目的としています。

ただし今回のマイナス金利は個人が預けている預金ではなく、各金融機関が日本銀行に預けている預金にのみ適用されるので、私たち個人の銀行預金がだんだん減っていくわけではありません。このマイナス金利政策は昨年末に本コラムで取り上げた米国の利上げとは逆の動きですが、ヨーロッパではユーロ圏をはじめ、デンマーク、スイス、スウェーデンなどが1年以上マイナス金利を導入しています。

これからローンを組んで住宅や自動車の購入を考えている人には朗報ですが、二昔前のように預金の利子で暮らすことを夢見ていた人には夢がさらに遠のきました。「お金は貯めるものではなく、どんどん使うものだ」と奨励している政策ですから。

このように世の中に出回るお金の量(通貨供給量:money supply)を増やし、企業の資金調達を容易にし、経済を刺激しようという政策は金融緩和政策(easy monetary policy)と言われます。難しい経済用語のようですが、easyという語が使われているのが面白いですね! ここでの対義語はdifficultやhardではなくてtight、つまりtight monetary policy(金融引き締め政策)。またeasyの動詞形ease、tightの動詞形tightenも使って柔軟に英訳できるといいですね。例えば、「日銀がさらなる金融緩和を決定」だとBank of Japan decided to ease monetary policy further、「米国が10年ぶりに金融引き締め策をとった」はUS tightened monetary policy for the first time since 2006など。

今回のマイナス金利政策は個人預金には適用されませんが、円安(cheaper yen, weaker yen)につながることで、それぞれプラス・マイナスの影響を受ける人は多いかと思います。いずれにしても、今回のさらなる金融緩和政策が功を奏し、日本経済が活発になることを期待します。

以上、マイナス金利政策と関連用語を取り上げました。お役に立てば幸いです。


第30回 栄枯盛衰は世の常?!

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もついにほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

いきなり平家物語の引用で失礼。1月26日付のビジネスニュースを読みながら、中学時代に暗記させられた古典の一節が脳裏に蘇ってきました。

言うまでもなく、ここ何年も時価総額で世界のトップランナーとして悠々と走り続けてきた、米アップル社の話。

英The Economist誌Espressoによると......。
Apple announced revenues of .9 billion for the last three months of 2015, up 1.7% year-on-year, and profits of .4 billion, breaking its own record for the most profitable quarter in American business history.
ここまで読むと、絶好調のアップルの業績が続いていて、何の心配もいらないように感じます。ところが後半は......
But it said its revenues in the current quarter-two thirds of which come from iPhones - would fall by 11% year-on-year, marking the iPhone's first-ever sales decline.
となっています。

この発表によると、13年も増収を続けてきたアップルの成長にもついに陰りが見えてきたようです。

では、前回紹介したパラレルリーディング(並行読書)で1月27日付日経新聞の記事と比較してみましょう。前半部分とほぼ同じ内容が書かれた部分を引用すると......。
--------------------------------------
15年10~12月期業績は売上高が2%増の758億7200万ドル、最終利益が2%増の183億6100万ドル。いずれも過去最高を更新し、8四半期連続の増収増益となった。
--------------------------------------

この二つから以下のような比較ができます。

1.Revenues → 売上高
2.the last three months of 2015 → 15年10~12月期
3.up 1.7% → 2%増の
4.year-on-year→ 相当する表現なし。(前年同期比、の意。YoYの略もよく使われる)
5.profits→ 最終利益
6.breaking its own record → 過去最高を更新し

これを次のような表にまとめると分かりやすいかと思います。

160201 green.png

このように短い記事の比較でも意外に参考になる表現が見つかるのではないでしょうか。ぜひ、勉強法として取り入れてみてください。

ところで、ウォール・ストリート・ジャーナルはApple iPhone Sales Grow at Slowest Rate Everという見出しの記事を出しています。このslowestは前回説明したのと同じ用法ですね。どう訳すと日本語として自然な表現になるんでしたっけ? (第29回を参照)

ちなみに私はアップル社の製品を使い始めて20年になります。初めてパソコンを購入するときにMacを友人に勧められ、それ以来ずっとアップル社のファン。iPhoneやiPadも発売してすぐに購入し、故スティーブ・ジョブズ氏の有名なスタンフォード大学でのスピーチには何度も涙しました。企業がいつまでも成長を続けていくのは至難の業でしょうが、平家のように落ちぶれることがないよう祈っています。(Apple Watchは買わないけど)

追伸:今年からTwitterでも本コラムに関連した内容をツィートし始めました。よかったらフォローしてください。@HiromiGreen


第29回 通訳における「おはようの法則」

皆さん、こんにちは。
先週(1月19日)は、世界中のビジネスニュースで中国の直近の成長率について報道されました。
BBCニュースの見出しは、China economic growth slowest in 25 years

英フィナンシャルタイムズ紙の見出しと本文冒頭は以下の通りでした。

China annual GDP growth of 6.9% lowest since 1990

Chinese steel production and power generation contracted last year for the first time in at least a quarter of a century, according to official statistics released on Tuesday, as the economy grew at its slowest pace since 1990.

ここでは、下線部のslowestに注意してください。中学生でも知っている簡単な頻出語ですが、この文脈で、あなたならどのように訳しますか?

「(成長が)最も遅い」では、なんだかしっくり来ませんね。

そういうとき、私は持論の「おはようの法則」を当てはめます。
ではまず「おはようの法則」とは......?
たとえばGood morning! を訳すときに「良い朝ですね」と訳す人はいませんよね。それは、「Good morning! というのは朝のあいさつで文字通りの意味ではない」、「同じような場面で日本人なら "おはよう(ございます)" という」ことを知っているからです。それを応用し、直訳でしっくりこないときは、「同じ場面でネイティブならどう言うか」を考えて(調べて)、それを用いることを「おはようの法則」と呼んでいます。
ここでは、中国の成長率発表のニュースについて、日本のメディアがどう伝えているかを確認すると、「25年ぶりの低水準」「25年ぶり低い伸び」などという表現が使われていて、「遅い」とか「遅くなった」はこの文脈では使われていないことが分かります。
同じトピックのニュースを日英両方のメディアで読んだり、聞いたりしながら、1つのアイデアがどのような異なった表現で使われているかを学ぶ勉強法を私の授業では「パラレルリーディング」と呼んでいます。ただ「パラレルリーディング」と検索すると「テキストを見ながら聞こえてくる音声をそのまま後について繰り返す練習」という意味で日本では使われているようなので、私がふだん勧めている「パラレルリーディング(並行読書)」とはかなり違うようです。いずれにしても、この「パラレルリーディング(並行読書)」をすることで「おはようの法則」を当てはめやすくなります」今回の例では、「25年」を25 yearsだけでなくsince 1990やa quarter of a centuryという表現も使われていることも学びではないでしょうか。

本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をぜひhi-career@ten-nine.co.jpまでお送りください。


第28回 Hands-on, Hands-off どちらのアプローチが理想的?

みなさん、こんにちは。今回は指導方針に関する二つの方法を紹介します。
まずは、hands-onと呼ばれるアプローチ。Manager(上司 / 指導者)は、自ら積極的に意思決定をし、日常の実務にも携わります。部下を継続的にサポートし、指導するのが良い半面、部下は信用されていないように感じたり、常に干渉されることをわずらわしく感じたりします。

一方、わざと受動的な態度をとり、部下に意思決定をさせるのがhands-offといわれるアプローチ。最低限の監視で、部下が最大限の力を発揮するような環境を作る一方、能力が不十分な部下は指導の少なさに不十分を感じることもあります。

あなたの上司はどちらのタイプ? またはあなたが指導的立場にあるなら、どちらのタイプでしょうか? どちらが良いかは状況によるかと思いますが、私自身は「魚を与えるのではなく、魚の取り方を教える」方針を心掛けています。

出張中につき、短いコラムで失礼します。

本コラムでは、皆さまのご意見・ご要望にもお応えできたらと思っています。これまで取り上げた内容の続編も含め、リクエスト・ご感想をぜひhi-career@ten-nine.co.jpまでお送りください。



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!