HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第106回 「旧姓」を英語で言うと?

皆さん、こんにちは。早くも9月ですね。夏期休暇が終わり、仕事や勉学に本格的に取り組む季節となりました。私の方は、先週末のモザンビーク出張を終え平常の生活に戻ったところです。遠方への出張(しかも途上国)は何かと大変ですが、まったく異なる文化を体験できるのは非常に興味深く (absolutely fascinating!)、これも会議通訳という仕事の魅力の一つだと改めて実感したところです。

さて、日本では先週「国家公務員の旧姓使用を対外文書にも容認」というニュースが流れていましたが、その英訳で某メディアが「旧姓」をpre-marriage family nameと訳していたのに驚きました。皆さんなら、どう訳しますか?

在英20年(早いなあ!)で、最も馴染みのある表現はmaiden nameです。イギリスに引っ越したばかりのころ、銀行口座を開設するにあたり登録に必要な情報の一つが "your mother's maiden name"でした。「自分の母親の旧姓」というのは、自分自身は(たいてい?!)忘れない情報だけれども、ふつう人に話すこともなく、本人確認の情報としてよく使われるということでした。言われてみれば確かに「自分の旧姓を言うことはあっても母親の旧姓を言う機会ってないな」と納得した記憶があります。

ただし、このmaidenという言葉は「未婚の女性/処女」という意味もあり、女性にしか使えないことや、古臭く聞こえることから「旧姓」の意味でmaiden nameを使うことに反対する人もいるようです。そこで政治的な正しい(politically correct)表現を好む場合は、previous nameとか、birth name, unmarried nameなどが使われます。

pre-marriage family nameという表現は、通訳でPlan Bとして使う分には問題ない(十分通じる)とは思いますが、やや冗長(a bit too wordy)という気がします。「旧姓」が2シラブル(音節)であるのに対してpre-marriage family nameは7シラブルです。通訳では簡潔な表現が好まれます。

「姓」だけを言う場合も、family nameやlast nameというよりsurnameというと簡潔です。
ちなみに「(下の)名前」の場合は、first nameの他、given nameもよく使われます。イギリスで驚いたのはChristian nameとも言われることです。「(下の)名前は何か?」と聞く場合、What's your Christian name? がときどき使われます。けれども、名字が先で、キリスト教徒でない日本人の名前の場合はgiven nameが最も適切かと思います。

以上、今回は「旧姓」に関連する英語表現について取り上げました。お役に立てば幸いです。


第105回 Figures of speech その4 ants in your pants

皆さん、こんにちは。早くも8月下旬、お盆も終わり平常の生活に戻られたころでしょうか。
さて、今回は英エコノミスト誌2017年8月17日号で見かけたFigures of speechを紹介します。(Figures of speechについては第98回参照

今回紹介する記事の大見出しはChina's digital-payments giant keeps bank chiefs up at nightですが、小見出しにはAnts in your pantsと書かれ、挿絵には大きな赤いアリと小さなダークスーツの銀行マンが中国の硬貨を押し合いしている姿が描かれています。これだけの情報から、この記事の内容をどれくらい想像できるでしょうか?

170821-表現.jpg

この場合、「have ants in the/one's pants:(不安・心配・緊張などで)そわそわして落ち着かない」という慣用表現を知っていることが決め手となります。pantsは米国では「ズボン」ですが、英国では「下着のパンツ」。どっちにしてもpantsにアリがいたら落ち着かないですよね。この表現にピンと来ると、大見出しの「主語 keep 人 up: "主語" のせいで "人"が眠れない」とも関連していることが分かることでしょう。

同記事では中国のフィンテック大手の目覚ましい成長ぶりが取り上げられていますが、この記事の主人公はAnt (Financial)という名前の中国の企業なのです。そこでhave ants in your pantsという慣用句とかけて小見出しが出ているというわけですね。翻訳者泣かせな表現です。

フィンテックについては第97回で取り上げましたが、モバイル決済などの技術をどんどん普及させているAnt社は今後どんどんグローバル化を進めていくようです。このような動きに従来型の金融機関はどう対応していくのでしょうか。アリと銀行マンの戦いでは、どちらが勝つのでしょう? 今後も注目のトピックです。

2017年8月21日

第104回 glamping, staycationとは?

皆さん、こんにちは。日本はちょうどお盆休みの時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。欧米も休暇シーズンなので、今回はホリデーに関連した記事と用語を取り上げます。

まずはglamping。英エコノミスト誌2017年8月10日号では、中国でglampingが流行っているという記事が掲載されています(参照記事)。では、glampingとは何でしょう? これはglamorous campingの略で、同記事ではcamping minus the hassle and grunge, usually in pre-erected and well-appointed tentsと説明されています。実際にテントを張って、キャンプをした経験のある方だとよくご存知だと思いますが、何もないところにテントを張って寝泊りするのは、楽しい反面、色々と大変です。そこでテントを張ったり、片付けたりなどの面倒な面を省いて自然の中でのキャンプを楽しめるのがglampingです。最近ではWifiや電源、バスルーム付きなど、贅沢度が高まっています。イギリスなどの欧州ではかなり前から流行っていて、グリーン家も7,8年前に経験しました。

glampingができる場所をglampsite、利用者をglamperといいます。

イギリスでは年次休暇(annual leave)を利用して夏に2~3週間休みを取って旅行をする(go on holiday、vacationは米語) のが一般的です。フランスやスペイン、ギリシャなどの大陸ヨーロッパで過ごす人も多いし、少し遠出してアメリカに行く人も珍しくありません。

ところがここ数年はstaycationという言葉をよく聞きます。これは、stayとvacationを合わせた造語ですが、ここでのstayは「海外に行かずに自国内に滞在する」という意味です。金融危機以降ポンドが急落し、海外旅行が高くつくようになったので国内で休暇を取る人が増え、staycationという言葉も流行るようになりました。宿泊せずに、日帰り旅行 (days out)で済ます場合もstaycationに入ります。今年はBrexitの影響でさらにポンド安となっているので、staycationが増加しているとのこと。イギリス国内で贅沢なキャンプ(staycation & glamping)も増えているようです。

グリーン家はこれまで日本で2週間ほど過ごすことが多かったのですが、今年はウィーンからブダペストまで猛暑の中360kmの自転車旅行をしました。ちょうど欧州に熱波(heatwave)が通過しているときで連日37度。ちなみに紅一点だった私は電動アシスト自転車(ebike)。それでも「もうダメか」とくじけそうになったり、涙が出そうになったりを繰り返しながらも、なんとか完走できました。毎日異なる町を訪れるのも楽しかったです。

苦しい思いをしてもやり遂げられると充実感があふれ出し、またやりたくなるのが不思議です。なんだか会議通訳と似ていますね。


2017年8月14日


第103回 AIは人類を滅ぼすのか? あなたはザッカーバーグ派ORマスク派?

皆さん、こんにちは。先週に引き続き、テクノロジーの話題です。AI(人工知能)の将来について米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEOと米フェイスブックのマーク・ザッカ―バーグCEOの二人が意見の対立をし、最近話題になりました。(参照記事

マスク氏は "AI could destroy humans(AIは人類を滅ぼしうる)" と3年前から警告しているのに対し、ザッカ―バーグ氏はAIの将来について楽観視し、"In the next five to 10 years, AI is going to deliver so many improvements in the quality of our lives.(今後5~10年の間に、AIのおかげで生活の質が多くの面で向上するだろう)" と言っています。

マスク氏の悲観論を批判したザッカーバーグ氏に対し、マスク氏は "His understanding of the subject is limited(彼は分かってないね)" と真っ向から対立。

SF映画のように、AIの発達によってある日、人類が滅ぼされ、世の終わり (doomsday) が来るのでしょうか?
それとも、AIの恩恵を受けながら慎重にAIを進化させることにより人々の暮らしはどんどん良くなっていく、つまりAIのメリットはデメリットを超える (AI's benefits will outweigh its negatives) でしょうか?

私が後者を支持してマスク氏から
"Your understanding of the subject is limited!"
と批判されても言い返す言葉がありません。マスク氏のビジョンには心から感心しています。でも、このトピックに限って言うと、
"I am optimistic. I think you can build things and the world gets better."
というザッカーバーグ氏の言葉を信じたいと思います。

2017年8月7日

第102回 EdTechとは?

こんにちは。学校は夏休みに入りましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は最近の英エコノミスト誌でも特集されたEdTechを取り上げます。

EdTech(小文字でedtechとも)という言葉は聞いたことがありますか? なくても想像がつく通りEducationとTechnologyを掛け合わせた造語で、ITやAI(人工知能)などの最新テクノロジーを教育に取り入れることを意味します。第97回で取り上げたfintechの仲間と言える用語ですが、今後の投資先としても注目されています。

これまでにもITを教育に取り入れる動きは、先進国で見られましたが、意外にも成果は上がっていないそうです。英エコノミスト誌2017年7月22日号「Together, technology and teachers can revamp schools」によると、生徒一人あたりのPCの数が増えても、学力向上にはつながっていないようです。逆にポルトガルで行われた調査では、ネット回線が遅く、YouTubeなどのサイトへのアクセスを禁止した学校では、ハイテクの学校よりも成績が良かったそうです。

それでも、今後のEdTechに期待の声が上がっているのはなぜでしょう?

まずはpersonalised learning。個人の能力に合わせ、弱点を克服し、長所をさらに伸ばせるようなテーラーメイドの個別学習が可能になるということ。

また教育における格差が縮まること。EdTechの開発には、かなりの資金がかかりますが、いったん適切なソフトが開発され、貧困地域にもデバイスが届くようになれば、人件費よりも低いコストで高いレベルの教育を提供することができ、格差の解消につながることが期待されます。

ただ同記事の最後にはこう書かれています。
the potential for edtech will be realised only if teachers embrace it.
(せっかくのエドテックのポテンシャルも教師がそれを受け入れない限り実現されない)
そしてこう続きます。
Scepticism should not turn into Luddism.
(懐疑心を抱いたとしても、だからと言ってテクノロジーを否定してはならない)

Luddismというのは、イギリスで19世紀に産業革命が起きたころ、新しい技術に仕事を奪われることを恐れ織機を破壊した労働者Ned Luddの名前から派生した語です。新しい技術に反対する人をLuddite、技術革新に反対することをLuddismと言います。

私自身、教育に携わる者として、EdTechは大変興味深いトピックです。グローバル社会の発展のために、質の高い教育は欠かせません。既にソーシャルメディアやクラウドでの教材共有、ウェビナーなどを取り入れた通訳トレーニングを提供していますが、今後もテクノロジーの進化をどんどん教育に取り入れていきたいと思っています。


2017年7月31日



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!