HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第13回 「人として正しいことをする」という経営理念

先週のビジネスニュースで私がもっとも注目したのはフォルクスワーゲン社(VW)の排ガス不正問題に関連した一連のニュースです。米国の排ガス規制を逃れるために不正なソフトウェアを搭載していたことが明るみになり、同社の株価は暴落。謝罪した社長も辞任に追い込まれ、今後2兆円を超える規模の民事制裁金だけでなく刑事訴追や消費者による賠償請求の可能性もあるということですが、事件の波紋は日に日に広がる一方です。ヨーロッパ市場や他の自動車メーカー、ディーゼル車産業への影響も懸念されています。

まず、このニュースを英語と日本語で追っていて気がついたことは、英語の表現のほうがずいぶんcolourful(変化に富んでいる)ということ。その代表は、米子会社のホルンCEOが使った表現"We have totally screwed up"です。screw upというと「大失敗をした」という意味ですが、ふつうはごく親しい人の間でしか使わない俗語表現。それを正式な発表の場で用いた、ということで英語での報道ではどのメディアも書面では見出しに使われ、音声や動画ではその部分が抜粋されて報道されました。企業のトップがこのような表現を使って率直に失敗を認めたということも注目を浴びた理由のひとつでしょう。日本語の報道では「どうしようもない大失態を犯した」とか「完璧な大失態」と訳されていますが、レジスター(言語使用域)の大きな差と翻訳の限界を感じます。「完全にしくじってしまった」のほうが近いでしょうか。
他にも日本語報道では「不正」「違法」という表現が繰り返されている一方、英語ではmanipulate, rig, deceive, cheatなどの表現が使われていてニュアンスの違いを感じます。

今回はVWの株価が大暴落したことを受け、株価の動きに関連して使われる表現を取り上げます。

1.「(株価が)下がる」
ふつうに「下がる」という場合は、drop, fall, declineやdown。downは形容詞または副詞としてbe動詞やgo/move/comeなどの動詞と組み合わせてIn two days the share of Volkswagen went down by 36 percent (二日間でVW株は36%下落した)のように使われます。またdrop, fall, declineは名詞としても使われます。
「下がる」スピードが速く規模が大きい、つまり「急落/暴落する」という場合は、plunge, slump, plummetなどの動詞を使うと一言で表せますがdropやfallにsharplyやrapidlyなどの副詞を組み合わせることもできます。「株価大暴落」はcrashを用いてshare price crashとも言えます。

2.「(株価が)上がる」
ふつうに「上がる」という場合は、climb, rise, increase, up(downと同様の動詞と組み合わせ)。こちらも急に上昇する場合は、sharplyやrapidlyを付け加えられますが、soarやshoot upだとインパクトが強い感じがします。Share in XXX have shot up today following reports ...(...という報道を受け、本日XXX社の株価が急騰しました)

3.「反発/回復する, 持ち直す」
いったん下がった株価がまた上昇する場合はrallyやrecover, rebound。rally in stocks(株価の持ち直し)のようにrallyやreboundは名詞でも使われますが、recoverの名詞形はrecovery。

ところで日本航空(JAL)を再建した稲盛和夫氏が昨年オックスフォード大学で講演されたときに、同時通訳を担当する機会に恵まれました。その通訳の準備で稲盛フィロソフィを学び、心から共感しました。実は、本コラムのプロフィールの最後に「グローバル社会の発展に貢献」とあるのは、その影響からです。
稲盛フィロソフィのひとつに挙げられているのが「人間として正しいことをする/Do the right thing as a human being」。日常的に色んな判断に迫られますが、私自身この判断軸を積極的に用いるようになってから自分の行為に自信が持てるようになり、幸福感も増したように思います。些細なこと、例えばゴミを仕分けして捨てる、という簡単な行為でも「正しいことをしている」という意識を持って行うとめんどうだと思わなくなっただけでなく喜びすら感じるようになりました。
また、「私心のない判断を行う/Make unselfish decisions」も稲盛フィロソフィとして挙げられています。

いずれにしても、フォルクスワーゲン社が稲盛フィロソフィに沿った経営理念を掲げていれば今回のような不祥事は起こらなかったことでしょう。環境技術の高さで知られていた企業が不正操作によって規制基準を満たし、実際の走行時は基準の最大40倍もの窒素酸化物を排出していたのですから、刑事責任が問われて当然だと思います。

回り道に思えても「人として正しいことをする」ことの大切さを改めて感じたニュースでした。


第12回 会議で意外に便利なonとoff

みなさん、こんにちは。日本代表チームが大金星を挙げたラグビーワールドカップ・イングランド大会の開催都市、ブライトンからお届けしています。次の開催地が日本(2019年)ということで日本からも多くの関係者やラグビーファンが訪れていて、とても賑わっています。日本もイングランドも決勝トーナメントに勝ち進めるといいですね!

今回は、on と off を使った、単純ながらも意外に役立つ表現を取り上げます。このような前置詞は実に様々な用法がありますが、ここでは会議での用法に限定して紹介します。

まずoffsite meetingとonsite meeting。企業や組織がふだん勤務に使っているオフィスを使って行う会議をonsite meeting、ホテルの会議室など社外の施設を使って行う会議をoffsite meetingと呼び、わざわざリゾート地まで出かける場合もあります。社内のメンバーだけが参加する会議でもふだん違う環境で行うと新しいアイデアも出る、という発想からあえてoffsite meetingを実施する企業も特に西欧では増えています。逆にふだんの環境で行うのがonsite meeting。

「アジェンダに含まれている項目なのかどうか」もonやoffで表せます。on the agendaなら「アジェンダに含まれている」、off the agendaだと「アジェンダにない項目」ということになります。「項目」はitemなので「次はアジェンダの5番目の項目、プロジェクト管理についてです」だと
→ Next on the agenda is item 5, project management.

会議やイベントでは予定通りに進むことが大切ですが、こんなときもonを使ってon timeで表せます。「会議が予定通り開始できるよう5分前にお越しください」だと
→ Please arrive five minutes early so that we can start the meeting on time.

ちなみに「予定通りに進んでいない」場合にoff timeとは言えないので気をつけてください。
予定より早ければahead of schedule、遅れていればbehind scheduleといいます。

off timeという表現はふつう使われませんが、time off(語順に注意!)だと「仕事を休むこと・休暇」という意味。timeの代わりに休む期間を入れることもできるので「1週間の暇をもらいます」だと
→I am taking a week off.

誰でも知っているonとoffですが、以上の用法がお役に立てば幸いです。

では、ビールやワインを片手にラグビーの応援をしましょう! (あ、ダイエットが......)


第11回  「賛成」「反対」を英語で言うと? Corbynomics って何?

 先週の鬼怒川水害はイギリスでも大きく報道されていました。このたびの被災に際し、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復旧をお祈りしています。

 前回の「続けられなくてもあきらめない!」というメッセージに「励まされた」という嬉しいお便りを複数いただきました。ボチボチでも出来るときに少しずつがんばりましょう!

 さて今回は会議通訳に必須の「賛成」「反対」という表現を取り上げます。「賛成」「反対」の英訳は何が思い浮かびますか? では次の文の英訳・和訳を考えてみてください。

1.その提案に賛成します。
2.その計画に反対します。
3.All those in favour, say Aye. All opposed, Nay.
4.I think the Ayes have it.
5.150対121で、賛成が反対を上回った。

いかがでしたか? では解説します。

1.その提案に賛成します。
「賛成」の場合、forやin favour of(米語favor)が使えます。
→ I'm for the proposal.またはI'm in favour of the proposal.
「大賛成」と絶対的な支持をする場合はallを使ってI'm all for the proposalと言えます。

2.その計画に反対します。
「反対」の場合はagainst、または先ほどのin favour ofの否定文が使えます。
→I'm against the plan. またはI'm not in favour of the plan.
こちらも「大反対」の場合はallを使ってI'm all against the proposalと言えます。

3.All those in favour, say Aye. All opposed, Nay.
国際会議でこのような表現を聞くことがあります。これは提案に対して口頭で票決を取る場合に議長が使う表現です。Aye(アイと発音)は賛成、Nay(ネイと発音)は反対を表明します。AyeではなくYea(イエィ)が使われることもあります。日本人参加者も口頭で意思表示をしなければならないので、こんな風に通訳できます。
→「賛成の方はアイ、反対の方はネイと言って表明してください」

4.I think the Ayes have it.
口頭で票決を取ったあと、Ayeという声のほうが多ければ議長はこのように言います。
→「賛成多数のようですね」

5.150対121で、賛成が反対を上回った。
「上回る」はoutnumber、「~対~」はtoを使います。
→The ayes outnumbered the nays 150 to 121.
「~票差」を表したければbyを使って
→The ayes outnumbered the nays by 29.

 また「賛成する/同意する/支持する」などという意味の動詞はapproveやagreeの他にsecondも知っておくと役に立つと思います。

 投票といえば、イギリスでは最大野党である労働党の党首に急進的な政策を掲げるジェレミー・コービン氏が圧倒的多数で選出され大きな話題となっています。同氏は公共事業の拡大や反緊縮財政、核兵器廃絶などを訴える強硬左派の政策を掲げており、既にCorbynomics(コービノミクス)という新語も生まれています。新労働党党首が現政権にどんな影響を与えるのか、今後要注意です。


第10回  継続できなくても、あきらめない!

 みなさん、こんにちは。9月に入り日本は過ごしやすい季節になったかもしれませんが、こちらイギリスでは急に寒くなり、今朝の最低気温は7度でした! またクリスマス商戦も始まりクリスマス限定の商品が店頭に並び始め、今年も終わりに近づいていることを感じずにはいられません。

 前回「今年の目標」について触れましたが、達成には近づいていますか? 「XX検定XX級合格」「XXキロ減量」「XX円貯金」「XXキロレース完走」「1日XX分通訳自己トレ」などなど、色々な目標が考えられますが、毎日の生活の中でついつい気がついたら目標達成への努力を怠っていた...ということもあるでしょう。というか、実際はそのほうが多いかもしれませんね。私自身がそうです(苦笑)。でも、その目標を叶えたいなら、大切なことは「方法は変えたとしても目標はあきらめない」ことじゃないかと思っています。
なかなかタバコを止められない私の父は、「禁煙なんか簡単や。もう23回やってみた! ハッハッハ」というジョークが気に入っているようです。周囲がどんどん禁煙に成功する中、なかなか止められなくて何十年も悩んでいる父ですが、何十回も禁煙を試みることで吸ったタバコの数はかなり減ったはずで、それも意味があることではないかと思います。
生徒さんから「通訳練習を毎日しようと思いながら......」という声もよく聞きます。子育てや昼間の仕事など、色んな事情で自己トレの時間をとるのが難しい日もあるでしょうが、ここでも大切なことは「本当にプロの通訳者になりたいのなら自己トレを再開すること」ではないでしょうか。「毎日継続できなくても、あきらめずにまた始める」の繰り返しできっと上達することでしょう。

では、今回も会議で使える表現を3つ取り上げます。

1) 「その問題は次の会議に持ち越します」
会議の時間というのは限られていて、その間に議論できる項目も限られます。内容によっては次の会議まで持ち越しても問題ない場合もあり、そんなときに使える表現がleave for the next meeting。議長さんならI think we'll have to leave that question for the next meetingなどと言って次に進むことになります。

2) 「議事録」「議事録に残す」
「"議事録"は1分・2分の"分"と同じminute」とだけ覚えている人は要注意! 「議事録」という意味の名詞は常に複数形minutesです。take (the) minutesで「議事録をとる」ですが、minuteは動詞としても使えます。It's been minutedだと「(それは)議事録に残されました」。

3) 「次の議題に移ります」
たいていの会議はアジェンダに沿って行われますが、次の項目に移るときのつなぎ言葉をうまく訳せると会議がスムーズに進行します。そんなときに使えるのがmove on to the next pointとかmove on to the next item on the agendaなどmove on toという句動詞を使った表現。
「本件についての採決をした後、次の議題に移ります」だと
We'll have a vote on this topic and then move on to the next point.

以上、3つの表現がお役に立てば幸いです。

 実は、父の禁煙エピソードに匹敵するのが私のダイエット。「XXキロまで減量」という同じ目標を掲げて5年以上経ちます(涙)。その間、「毎日30分運動」「トマトダイエット」「炭水化物抜きダイエット」など色々試しましたが、目標達成する前にいつのまにか止めている...... ということの繰り返し。でも、おかげで少なくとも体重増加はしていないと自分を慰め、あきらめないで今日できることを一つでも実行しようとしています(ビスケット一枚・ワイン一杯をがまん、スパゲティの代わりにモヤシ等)。

 というわけで、決めたことを継続できなくても目標を達成するためにはあきらめず成功に向けて今日からまた階段を一段一段登りましょう! 
There is no elevator to success... You have to take the stairs. (By Zig Ziglar) 


第9回  The Great Fall of Chinaはどう訳す?

 みなさん、こんにちは。8月もいよいよ終わり。日本の学校では2学期の始まりですが、イギリスでは新しい学年度の始まりです。私の息子は二人とも進級するだけですが、この秋から新たに小学校や中学校、高校・大学・大学院に入学する人がいる家庭ではドキドキ・ハラハラしながら入学準備をしていることでしょう。いずれにしても、それぞれ新しい季節を迎えるにあたり、気持ちも新たに充実した日々を送られるよう願っています。

 さて先週は中国株式市場の大暴落を受け、世界の株式市場が大きく揺れ動き、外国為替市場にも影響が及びました。この中国株式市場の急落をイギリスのDaily Mail紙やThe Economist誌などのメディアは「The Great Fall of China」と呼んでいます。この表現、みなさんならどう訳しますか? お気づきかと思いますが、これはThe Great Wall of China(万里の長城)をもじった表現で、WをFに変えるだけでこんなに意味が変わるなんて英語の表現としてはうまいなと思います。最初に思いついた人はかなり得意気に感じたのではないかと察しますが、言葉遊びを和訳に反映させるのは至難の業です(第三回aGreekment参照)。こういう表現は、通訳なのか(その場合、同時か逐次か、聞き手は誰か)翻訳なのか(その場合、見出しか、文章の中で訳すのか、媒体は何か、読者は誰か)などによって、意味だけを伝えるのか、程度の度合いも含めて説明も加えるのかなどの判断が訳者にゆだねられます。場面を想定して、自分だったらどう対処するかぜひ考えてみてください。

 では今回も会議で使える表現を3つ紹介します。

1.「その件は後で個別に対応します」
以前、答えにくいを質問されたときに使える便利な表現を紹介しましたが(第7回参照)、会議で他の参加者の前では答えにくかったり、他の人にはあまり関係ない質問をされることもあるでしょう。そんなときに「後で個別に話しましょう」という意味で使える表現。
→Let's take it offline.

2.「おっしゃることがよく分かりません」
ダイレクトにI don't understand what you saidとも言えますが、「~が理解できない」という意味の慣用表現cannot get one's head around (ふつう否定形)を使うとソフトに聞こえます。
→I couldn't get my head around what you said.

3.誰かの発言に続いて「一部のみ同意します」
部分的には納得できても他の部分に関して反論したいときなどに使える表現。
→I agree up to a point.

 以上の3つの表現、お役に立てば幸いです。

 今年も3分の2が過ぎ、あと4ヶ月を残すのみとなりました。今年の目標を振り返るのに良い時期かもしれません。目標達成のために、あきらめず、今日できることを少しでも実行に移せるといいですね。



《 前 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!