HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第6回 ビジネスニュースを読みながら将来の仕事を予想?!

 みなさん、こんにちは。日本は猛暑が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか? 私は2週間ほど日本の夏を楽しんで、イギリスに戻ってきたところです。こちらはエアコンどころか扇風機すらもなしで過ごせるほど涼しいので、暑さが苦手な方はどうぞ避暑に来てください!

 ところで皆さんは、新聞を読んだりニュースを視聴したりしているときに自分の将来の仕事を予測することはありますか? 私は、日系企業が関連する大きなニュースがあると、「あ、この関連の通訳・翻訳を依頼されるかな?」と意識を高めます。そんな私のレーダーに先月引っかかったニュースはこちらです。

7月24日発行、日本経済新聞の見出し
「日経、英FTを買収 ピアソンから1600億円で」

 企業買収や合併は国内でも国外でもよく行われますが、それが日系企業と外国企業の場合、当然ながら多くの翻訳・通訳業務が発生します。ニュースになるかなり前から、様々な交渉が行われているので通訳が必要だった可能性は高いですし、買い手は対象企業について綿密な調査をしてから決定を下しますから、その資料の翻訳も必要となります。この調査を「デューデリジェンス」と言います。調査結果に満足すれば、買収契約を結ぶことになり、ここでまた契約書の翻訳が必要です。晴れて買収契約が締結された場合、企業運営の統合にあたり ますます翻訳・通訳の必要性が高まります。それをインハウスで行うか、フリーランスに委託するかはそれぞれの状況によるでしょうが、たいていはインハウスとフリーランスの両方で需要が高まると思います。

というわけで、今回は企業買収に関連した用語を取り上げます。

 まずは、さきほどの見出し「日経、英FTを買収 ピアソンから1600億円で」を英訳するといかがでしょうか? 

 「買収」というと、少しビジネス英語を勉強している方ならまずacquisitionが浮かんだのではないでしょうか? もちろん、acquisitionはよく使われますが、これは名詞なので「~を買収」と表現するときに困るかもしれません。

 そこで今度は買収されたFT紙の見出しを見てみましょう。ちなみにFTというのはイギリスの有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)のことです。紙がほかの新聞と違い薄いオレンジ系ピンク色なので、遠くからでも一目でFT紙と分かり、このピンクの新聞を持っているだけで一部からインテリと思われるかもしれません。そのFT紙(7月23日付)の見出しは、「Nikkei to buy FT Group for £844m from Pearson」でした。つまり一流経済紙の見出しで「買収」はなんとto buyという中学1年生で習う語が使われているのです! こんな風に日本語では専門用語でも英語では簡単な言葉が使われることが多いので、辞書で「買収」を調べるだけではなく、同じような記事を別の言語の媒体で用語を比べると、よりネイティブらしい表現が使えるようになるでしょう。また買収価格が日経新聞では円建て、FT紙ではポンド建てになっていることにも注目です。通訳では外貨換算する余裕がなくとも、翻訳では換算するのがふつうでしょう。これは、通貨に限らず重さ(グラム・キログラムvsオンス・ポンド)や距離(メートル・キロメートルvsフィート・マイル)などの単位でも同じです。

 また「買収する」は単なるbuy以外にもbuy outやacquire(acquisitionの動詞形)なども使われます。M&Aという言葉は日本語でもよく使われるので皆さんご存知でしょうが、企業の合併・買収と言ってもそのレベルはさまざまです。狭義では、二つ以上の企業が一つになることをMergers(合併)、ある企業が他の企業を買うことをAcquisitions(買収)といいますが、広義では一部株式譲渡(transfer of shares)、事業譲渡(transfer of businesses)、資本提携(capital alliance)なども含まれます。

 ちなみに今回FT紙を手放したピアソン社は、私が翻訳・編纂にかかわった『ロングマン英和辞典』の出版社で、今回の取引を決めた理由は教育事業に専念するためだそうです。個人的には、自分が働いていた企業から有力部門が手放された寂しさより、自分の国の新聞社が世界的に有名なメディアを所有することになった喜びのほうがはるかに大きく、今後の発展への期待に胸を膨らませています。

 またピアソン社はThe Economistというイギリスの週刊誌に50%出資していますが、こちらは今回の買収対象に含まれていません。

 この買収に伴い、経済分野での翻訳・通訳の需要が高まることが予想されます。この分野に興味のある方は、ぜひ日経新聞やFT紙などを読んで知識を高めるとよいでしょう。文書だけでなく、ポッドキャストや動画も利用すると通訳に役立つことでしょう。


第5回 C-levelって何?

 経営関連の会議、セミナー、文書でC-levelという言葉が使われることがあります。C-level managersやC-level executivesなど。このCは何を意味しているのでしょうか?

 ここでのCはChiefのこと。CEO(Chief Executive Officer:最高経営責任者)、CFO(Chief Financial Officer:最高財務責任者)、CTO(Chief Technology Officer:最高技術責任者)など、経営幹部を指します。

 「Cレベル」だけだと、A、B、CのCなので、あまり高いレベルのようなイメージが沸きませんが、C-level managersというと会社の経営トップの人たちのことなので、覚えておくと役に立つかもしれません。

(現在、休暇中なので短いコラムで失礼します)


第4回 「追い風」「向かい風」とは?

営業報告、事業展開などの文脈で「追い風」「向かい風」という表現がよく使われます。

例:
1 輸出業者にとって円安が追い風となっている
2 消費税引き上げという向かい風を受けながらも好調が続く

ここでは説明するまでもなく天気の話ではなくて、「追い風」は「業績アップや景気上昇につながるような要因」、「向かい風」はその逆で「業績低下や不況につながるような要因」のこと。

では、これらの例文をどのように英訳しますか。

こういう慣用表現は、直訳が目標言語(この場合は英語)においても同じニュアンスで使われているかどうか、そうでなければ代わりにどのような表現が使われるのかを知っておく必要があります。

幸い、「追い風」「向かい風」に関しては、直訳のtailwind(追い風)、headwind(向かい風)が同じ意味で使われるので、上記の例文は次のように訳せます。

1 A weaker yen is a tailwind for exporters.
2 We have maintained good performance although the consumption tax hike was a headwind.

通訳では、臨機応変に対応する力も必要です。「追い風」「向かい風」の英訳が思い出せない、または英語で同じように使われるか自信がない、という場合は、別の表現を使って、同じ意味を伝えることができればいいですね。また「円安」「円高」は英語では色々な表現がありますし、消費税は日本のメディアではthe consumption taxと訳されますが、ヨーロッパではVAT(Value-added tax:付加価値税)が使われます。VATはすべての商品に課されるのではない(イギリスでは食料品や子供服などは無課税)という点で日本の消費税とは少し異なりますが、分かりやすさを重視してヨーロッパ人にはVAT、アメリカ人にはSales Taxと訳したほうがいい場合もあると思います。

というわけで、言葉ではなく意味を重視した訳例は次の通りです。

1 The depreciation of the Japanese yen has boosted exports.
2 Our business is going strong despite the VAT rise.

など、逐語訳の枠を超えて他にも色々な訳が考えられます。日本人が英訳するとき、「円高」「消費税」などの専門用語はきちんと訳せてもaやtheが抜けていたり、単数形・複数形の誤りがよくあります。なかなか完全にマスターするのは難しく私も修行中ですが、常に意識をすることで、より正確な英文を作れるようにはなると思います。

「追い風」「向かい風」は、IR通訳でも必須用語なので、日英の表現を使いこなせるようになるときっと役に立つでしょう。


第3回 ギリシャをaGreekmentで救済?!

 こんにちは。この一週間、日本では安保法案関連ニュースや新国立競技場見直しなどが大きく報道され、BBCをはじめヨーロッパのメディアでも取り上げられています。ただ、このコラムではヨーロッパからの経済・ビジネスにかかわる情報として、前回に引き続きギリシャ問題を取り上げます。

 前回、ギリシャ問題でよく登場する人物を7人紹介しました(ギリシャ・ドイツ・フランスの首脳、ECB総裁、IMF専務理事、ユーログループ議長、欧州委員会委員長 誰でしたっけ? お忘れの方は第二回をご覧ください!)が、他にも重要人物が数人います。今回は、その中の一人であるドナルド・トゥスク氏、と最近の同氏の発言について取り上げます。

 まず、ドナルド・トゥスク氏と聞いて、即座に彼の役職名が頭に浮かんだとすれば、あなたはヨーロッパ通です!トゥスク氏の正式な肩書きはPresident of the European Council(欧州理事会議長)で、EU President(EU大統領)とも呼ばれます。ただし「大統領」といっても、一般のヨーロッパ人でさえ、役職名・名前・顔を一致されられる人はほとんどいないので、「初めて聞いた!」という人も自分の無知さにがっかりしないでください(笑)。そもそも「EU大統領」という役職自体がほんの5年前に新設されたもので、EU加盟国の首脳が集まるEU首脳会議の議長のこと。当時は、イギリス首相を退任したばかりだったトニー・ブレア氏がEU大統領の最有力候補として大騒ぎされましたが、結局他のヨーロッパ首脳は自分より有名でしかもイギリス人のブレア氏を拒否し、国際的には無名だった当時のベルギー首相Van Rompuy(ヴァンロンプイ)氏を選出しました。イギリスにいる者としてはがっかりしましたが、そのヴァンロンプイ氏が昨年の終わりに任期を終え、第二次EU大統領として引き継いだのがトゥスク氏です。

 大変前置きが長くなりましたが、そのトゥスクEU大統領も当然ギリシャ問題に深くかかわっています。7月12日から13日にかけて緊急のユーロ圏首脳会議が開かれ、ギリシャを支援するのか、いよいよユーロ圏離脱の方向に進むのかについて17時間に及ぶマラソン協議が行われました。そして会議の報告を待ち構えていた報道陣の前に姿を見せたのが議長のトゥスク氏です。その発表で、こんな風におっしゃいました。 

"One can say that we have a-Greek-ment"

関係者一同お疲れの場で、agreement(合意)とGreek (ギリシャの)をかけたおやじギャグ的な表現。通訳者泣かせです。記者会見を生放送で同時通訳していた方は、どう訳されたのか気になります。

 もし辞書の見出し語として加えられるなら......

a-Greek-ment (名) ギリシャ支援に関する合意(2015年7月、債務問題を抱えるギリシャに対しユーロ圏首脳が合意した救済措置)

のように説明をつけるでしょう。ただし今後この言葉がどのような意味で使われるか(今回の合意のみを指す言葉か、ギリシャ支援に関する新たな合意についても使われるようになるのか)、また「アグリークメント」というカタカナ表現が日本語としてある程度定着して、通用するようになるのか等により、定義や訳語は変わります。
 
 通訳の場合、「文脈」、つまりその前後の言葉も考慮して、全体の流れとして訳しますから、その前の発言も紹介すると

Good morning. Today, we had only one objective: to reach an agreement. After 17 hours of negotiations, we have finally reached it. One can say that we have 'agreekment'...(その後、合意内容が続く)

ということで、すでに合意があったことを述べているし、関係者がみなギリシャ支援の話だということも分かっている状況なので、One can say...の部分は「"ア・グリーク・メント"に達したとも言えるでしょう」のように、原発言を紹介するような訳にすればいいのではないかと思います。

 このギリシャ問題。とりあえずギリシャのユーロ離脱は免れた(先延ばし?)とはいえ、解決からはほど遠い状況です。aGreekmentが将来的にも使われるかどうかも含めて、今後の動きにも注目していきたいと思います。


第2回 ギリシャ危機、主な関係者は?

こんにちは。7月も中旬となり、日本では暑さが本格的になってきたころでしょうか。こちらイギリスは珍しく快晴続き、今が1年でもっとも過ごしやすい季節です。
今回は、ビジネスニュースで毎日流れているギリシャ危機を取り上げます。欧州の未来、ひいては世界の未来を左右するギリシャ危機ですが、執筆時点では、ギリシャが追加融資を受けてユーロ圏に残るのか、ユーロ離脱となるのか、まだ分かりません。どちらにしても、私たちへの生活になんらかの影響がある可能性は高いですし、通訳の場でギリシャ危機が話題になることも多いでしょうから、英語・日本語の両方でこの問題を理解することは私たち翻訳・通訳者にとって大切だと思います。
事態が刻々と変化しているので、今回はBBCニュースを参考に、この話題で登場する主な人物・役職を取り上げます。

では関係者(1~7)と役職(A~G)を7つずつ挙げます。
各関係者の役職名を下のA~Gから選んでください。また、名前をカタカナ書きにするとどうなりますか。
1. Mario Draghi
2. Jean-Claude Juncker
3. Christine Lagarde
4. Angela Merkel
5. Jeroen Dijsselbloem
6. Alexis Tsipras
7. Francois Hollande
役職名:どれが誰の役職か、また各職の訳語を考えてみてください。
A. Chancellor of Germany
B. Managing Director, International Monetary Fund
C. European Commission President
D. President of the European Central Bank
E. Greek Prime Minister
F. President of France
G. President of the Eurozone Finance Ministers Group
いかがでしたか? ヨーロッパの政治経済は他の地域にない複雑さがあります。上記7項目、すべてすらすらと答えられたとすれば、見事なヨーロッパ通です! 
では、解説。
1. Mario Draghi(マリオ・ドラギ)、President of the European Central Bank(欧州中央銀行総裁)。現在19カ国が加盟する欧州単一通貨ユーロを導入したユーロ圏の中央銀行のトップを務める。イタリアの経済学者で、あだ名は「スーパーマリオ」。
欧州中央銀行は通常ECBと略される。ギリシャに巨額の融資をしている債権者(creditors)の1つ。

2. Jean-Claude Juncker(ジャン=クロード・ユンカー)、European Commission President(欧州委員会委員長)。欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会(European Commission)のトップ。欧州連合の役職ではもっとも強力な権限を持つと言われ、「EU Chief」とも称される。カタカナ表記では「ユンケル」とも。
3. Christine Lagarde(クリスティーヌ・ラガルド)、Managing Director, International Monetary Fund(国際通貨基金専務理事)。国際金融の安定性と金融に関する協力の推進に取り組む国連専門機関IMFのトップ。おしゃれなフランス人、元シンクロナイズドスイミングの選手で、分かりやすい英語を話す。
IMFは、ECB、EUと共にギリシャに多額の融資をしている。ギリシャはIMFからの融資16億ユーロの返済期限が6月30日だったが返済できず、事実上の債務不履行に陥っている。

4. Angela Merkel(アンゲラ・メルケル)、Chancellor of Germany(ドイツ首相)。ご存知の通りイギリスはユーロ圏には入っていないので、ユーロ圏でもっとも強力な国はドイツであり、その国の首脳としてギリシャ問題でも頻繁に登場する。ドイツ国民から母親のように慕われている。その支持を維持するためにも(?)、ギリシャには常に強硬姿勢で接している。
「ドイツ首相」は英語ではPrime MinisterではなくChancellorが使われることに注意! ちなみにイギリス政治の話でChancellorという役職名を聞いたらそれはChancellor of the Exchequerの略で「財務相」のこと。ダイエットと新しい髪型でイメージアップを図るジョージ・オズボーン氏が現在のイギリス財務相。

5. Jeroen Dijsselbloem(ユルン・デイセルブルーム)、President of the Eurozone Finance Ministers Group(ユーロ圏財務相会合議長)。ユーロ圏各国の財務相による会合(略称:ユーログループ)の議長を務めるオランダ財務相。

6. Alexis Tsipras(アレクシス・チプラス)、Greek Prime Minister(ギリシャ首相)。反緊縮政策を訴え、ギリシャ国民の支持を受けて今年1月に首相に就任して以来、上記の人々と激しい交渉を重ねているが、今のところ公約(ユーロ圏に留まりながらも追加緊縮政策は行わない)が実現できるかどうかは極めて疑わしい。それでも、ノーネクタイに余裕たっぷりの笑顔なのは真の政治家だからか、それともまったく場の空気が読めないからか?

7. Francois Hollande(フランソワ・オランド)、President of France(フランス大統領)。2012年のフランス大統領選で当時のサルコジ大統領を下して勝利を決めた社会党の大統領。ユーロ圏ではドイツに次ぐ主要国のトップとして、ギリシャ問題にも深く関わっている。ただし、「フランス史上最も人気のない大統領」とも言われ、影が薄い。
以上、私見を含めて、ギリシャ危機に関わる重要人物とその役職を紹介しました。今後、ギリシャ問題に触れる際、少しでもお役に立てば幸いです。



《 前 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!