HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第19回 IR関連・第3弾、「○○利益率」の英訳は?

みなさん、こんにちは。11月11日は、中国では「独身の日」と呼ばれ、ネット通販で大規模なセールスが行われたそうですが、ここイギリスではArmistice Day(第一次世界大戦の停戦記念日)として知られています。停戦を迎えた午前11時に2分間の黙祷を捧げることになっています。また11日に近い日曜日(今年は8日)はRemembrance Sunday(Poppy Dayとも)として、各地で戦没者を慰霊する礼拝が行われます。この時期にイギリスを訪れた人は、胸に赤い花のバッチをつけた人々を多くみかけたことでしょう。これは日本の「赤い羽根共同募金」のような募金活動で、退役軍人や戦没者遺族の支援のために行われています。

では今週も引き続きIR関連用語を取り上げます。前回は「○○利益」について説明しましたが、今回は「○○利益率」。よく似ているようで、どう違うのでしょう?

初歩的な説明で失礼かもしれませんが、「率」とあるので、「何を何で割っているか」、つまり「分母」と「分子」は何かを考えなければなりません。
「利益率 (margin) 」の種類はいくつかありますが、分子には前回取り上げた「粗利益」「営業利益」「経常利益」「純利益」などが用いられます。
分母には、売上高 (revenue)、総資本 (assets) 、自己資本 (equity) などが使われ、それらの分母と分子を組み合わせて指標を出します。企業の収益性 (profitability) や効率性 (efficiency) を比べるために用いられます。

よく出る指標を3つ紹介します。
まずは、「売上高営業利益率 (OP margin)」。計算式は次のとおり。
売上高営業利益率 =営業利益 (operating profit) ÷ 売上高 (revenue)

次に「総資本利益率(ROA、Return On Assets)」。これは、企業がすべての資本を利用して、どれだけの利益を上げているのかを示します。
ROA=純利益÷総資本

最後に「自己資本利益率(ROE、Return on Equity)」。これは、会社が株主から預かった資金を使ってどれぐらい効率的に稼いだかをみる指標です。
ROE=純利益÷自己資本

ここで「○○資本」を整理。
• 「自己資本」とは「他人資本」に対して使われる「返済義務のない資本」で「株主資本 (shareholders' equity)」とも呼ばれます。
• 「他人資本 (borrowed capital / loan capital)」とは、言葉から想像がつく通り、借入金など外部から調達した資本で、返済義務があります。
• 「総資本」は「自己資本」と「他人資本」を合算したもので、「総資産」と同じ金額になります。


以上、「○○利益率」を取り上げました。紹介した「○○率」は
1. 売上高営業利益率
2. 総資本利益率
3. 自己資本利益率
の3つだけですが、割り算のために使われる数字が増えたので、前回よりも難しかったかもしれません。このような用語がどんな文脈で使われているのか調べてみると理解が深まるでしょう。

ところで、本記事の執筆中にパリでテロ事件が起きました。犠牲者やその関係者の方々にお見舞い申し上げます。また、このような残虐な事件が二度と起きないことを心から願っております。


第18回 IR関連・第2弾、「○○利益」の英訳は?

みなさん、こんにちは。冬の訪れを感じる今日この頃ですが、イギリスではハロウィーンの翌週末は、各地で花火大会が開催されます。日本では「花火」というと夏の風物詩なので意外に思う方も多いことでしょう。これは、1605年11月5日にカトリック教徒が議会を爆破し国王を殺害しようと企んだのですが、寸前で発覚し、未然に事件を防ぐことができたことをお祝いするためです。ガイ・フォークス・デーとして知られています。

さて今月はIR通訳に出かける方も多いと思うので、前回に引き続きIR用語を取り上げます。

企業経営で欠かせないのが「利益」。最近では「企業が目指すのは "利益" だけではいけない、社会的責任も持たねばならない」などと言われますが、投資家相手の話で「利益」の話は欠かせません。ただ、収益計算はややこしくて「利益」といっても何を含め、何を差し引くかで「粗利益」、「営業利益」、「経常利益」、「純利益」などがあるので、それぞれの意味を把握した上で訳語を覚えなければなりません。
では、まずは「粗利益」。正式名称は「売上総利益」ですが、一般には「粗利(アラリ)」と言われるので要注意です。これは売上高 (revenue) から売上原価 (COGS/ cost of goods sold) を差し引いた額で、英訳はgross margin。またrevenueは計算書の最上行に記入されるのでtop lineとも言われます。
次に「営業利益」。これは本業の儲けを表す数値で、粗利益からさらに「販売費、一般管理費 (SGA/ selling, general and administrative expenses) 」を差し引いて残った利益。英訳はoperating profitやoperating earningsですが、EBIT (Earnings Before Interest & Tax、「イービット」と発音)と言うこともあります。
そして「経常利益」。こちらは本業の儲け以外の利益(受取利息/interest received、受取配当金/dividend receivedなど)が加えられ、営業外費用(non-operating expense) や支払利息 (interest expense) などを差し引いて計算します。英訳は、current profit, current earnings, ordinary profitなど。
最後に「純利益」。企業活動には本業以外にも色々な収入や支出がありますが、すべて精算した後「最後にいくら残ったか」を示す数値。「当期利益」「当期純利益」「最終利益」などとも言われますが、英訳はnet income、net profit、net earning。また計算書の最下行に記されるのでbottom lineとも。ちなみにbottom lineは慣用表現では「一番大切なこと」という意味。結局、一番大切なのは、「いくら入ってくるか」ではなくて「いくら残るか」ってことですね!
会計の概念はややこしいし、用語もたくさんあって、完全マスターはなかなか難しいと思いますが、少しずつでも知識を増やしていけるといいですね。今回は「○○利益」を取り上げました。お役に立てば幸いです。


第17回 Cannibalizationって何?

みなさん、こんにちは。先週末のハロウィーンは、いかがでしたか? 日本では大人のコスプレが年々盛り上がりを増しているそうですが、こちら元祖のイギリスでは今でも主役は子供たちです。 ゾンビや魔女、ドラキュラなどに仮装した子供たちが、Jack-o'-Lantern(かぼちゃランタン)を飾っている家に "Trick or treat?" と言ってやって来ます。迎える方は、Oh! That's scary! とか、That's a nice costume! などと言って反応し、チョコレート系の甘いお菓子sweets (sweetieとも) をあげます。

ところで11月はIR(企業による、投資家向けの広報活動)の通訳案件が大変多い時期です。そこで出るかもしれない用語Cannibalizationを紹介します。

元々のcannibalizeという動詞は「共食いをする/ 人食いをする」、つまり「人が人の肉を、または動物が同種の動物の肉を食べる」という、ちょっと怖い意味ですが、そこから派生してビジネス業界では「自社製品どうしが競合して市場の共食いが発生し、売上減少になること」を指しています。market cannibalizationとかcorporate cannibalismとも言われます。日本語では「カニバリゼーション」という外来語で定着していますが、「カニバリ」と略されることも多いので要注意です。IRでは、カニバリゼーションの可能性やその対策について話し合われるかもしれません。

例えば、Apple社のiPod、iPhone、iPadは、それぞれに魅力もありますが、大きさが違うものの機能は重複していることも多いため、cannibalizationがずっと懸念されてきました。特にiPhone 6 Plusという大きいスマートフォンで出たことで、タブレットとの差が縮まり、
"Yes, the iPad is being cannibalized"
とティム・クックCEOも認めています。

実は私自身、数ヶ月前からiPhone 6 Plusを使っていますが、以来iPadを使わなくなりました。カーナビもそれまではTomTomというカーナビ専用のデバイスを使っていましたが、今はiPhone 6 Plusを使っています。電池寿命が長く、充電の心配をしなくてよくなったのも魅力の一つです。ノートパソコンもますます小型化し、タブレットとの差が縮まっていますね。消費者にとっては概ね朗報ですが、企業にとってはカニバリを最小限に抑えて、他社との競争に打ち勝ち、売上を伸ばすのがますます難しい時代となっているようです。


第16回 Goldilocks Economyって何?

みなさん、こんにちは。秋が深まり、紅葉が美しい季節となりました。イギリスでは厚手のコートを羽織る人も多く、日本から訪問中の方からは「すっかり冬ですね」と言われます。
けれども私は紅葉がすべて落ち葉に変わるまでは「秋」だと思っています。

今日は経済用語、Goldilocks Economyを紹介します。Goldilocksと聞いても一般の日本人にはちんぷんかんぷんですが、イギリスでは有名なおとぎ話の主人公として馴染み深い名前です。
物語の題名は一般的に「Goldilocks and the Three Bears」ですが、単にGoldilocksだったりThe Three Bearsだったり。邦訳も「ゴルディロックスと三匹のくま」とか「三匹のくま」などとなっています。日本の「ももたろう」や「かぐや姫」のように、イギリスの子供が小さいころから絵本を通じて慣れ親しんでいる童話の一つです。

そんな童話に出てくる女の子ゴルディロックスちゃんがどうして経済用語になっているのでしょうか。ゴルディロックス経済とはどんな経済用語なのでしょうか。

この物語のあらすじは以下のとおりです。

......

ある朝のこと。クマの親子は朝ごはんにスープ(原作ではporridge)を用意しますが、「熱すぎて飲めないから、お散歩に行こう」と出かけます。
一方、森で道に迷っていた女の子ゴルディロックスがクマの家を見つけます。
中へ入ると、テーブルにスープが3つありました。おなかペコペコのゴルディロックは大喜びで飲んでみると、1つめは熱すぎ(too hot)、2つめはぬるすぎ(too cold)、3つめがちょうどいい (just right) と、3つめを飲みほします。
その後、ゴルディロックスは居間に入りイスに座ろうとしますが、1つめも2つめも大きすぎ(too big)、3つめがちょうどいい(just right) ので座ると、壊れてしまいました。
次に彼女は、寝室に行くと3つのベッドがあり、1つめは固すぎ (too hard)、2つめは柔らかすぎ (too soft)、3つめがちょうどいい(just right) とそこで眠りにつきます。
クマの親子が散歩から帰り、目を覚ましたゴルディロックスはびっくりぎょうてん、大あわてで逃げていったとさ、という話です。
...

では、経済の話に戻ります。

経済が過熱する (too hot)とインフレが起こり、冷め込む (too cold) と景気後退につながり、どちらも望ましくありません。そこでちょうどいい状態(just right)がゴルディロックス経済と呼ばれています。経済指標によって定義づけされているわけではありませんが、低い失業率、資産価格(株価・地価など)のゆるやかな上昇、低金利、安定したGDP成長、低インフレ率などを特徴とした理想的な景気を指しています。

そのような理想的な状態の継続は誰もが夢見ることですが、現実はそうはいきません。このトピックは拙訳本『市場原理主義の害毒-イギリスからの眺め』の第4章で詳しく取り上げられているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

この文脈ではporridgeがどうして「スープ」で適訳なのかは、翻訳理論を取り入れて説明すると長くなるので、今回は割愛します。

ちょうどこの記事を書いた後、最新号のThe Economist誌(2015年10月24日発売)のFinance and economicsセクションの最後の記事Free exchangeでGoldilocksが小見出しに出ていることに気がつきました! これは「気候変動が労働生産性に与える影響」について書かれた記事でGoldilocksは経済活動ではなく気温に関連して使われています。Goldilocksを知らなくても本文を読めば内容は理解できると思いますが、知っていると小見出しを見て内容が推測できるのできっと役に立つことでしょう。

「秋」は暑すぎず、寒すぎず、ちょうどいい (not too hot, not too cold, just right)、何をしてもはかどる季節として日本では「読書の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」などと言われますね。充実した日々をお過ごしください。


第15回 ラグビーW杯スペシャル、第2弾! 

みなさん、こんにちは。ラグビー・ワールドカップで日本が最終戦の勝利をあげた英国グロスターからお届けしています。世界各地から日本を応援する人々が大勢集まり、11日のグロスター・スタジアムには「ニッポン、チャチャチャ」という大歓声と手拍子が響き渡りました。

ラグビーの歴史を塗り替えた日本代表チームに敬意を表して、今回もラグビーW杯スペシャルとしてスポーツ用語を取り上げます。

まず12日付のBBCスポーツニュースの小見出しにはこう書かれています。

Japan made unwelcome history as the first team to exit the World Cup having won three matches after they beat the United States.

make historyは「歴史に残るようなことをする」という意味でふつう偉業に対して使われますが、今回の日本代表チームは1次リーグで3勝しながらも敗退というunwelcomeな歴史を残した、ということ。unwelcomeには「こういう歴史を残したかったわけではないでしょうが」というニュアンスが感じられます。

また次のようにも書かれています。

Japan are the first non-tier-one team to win three matches at a single Rugby World Cup.

世界のラグビー・チームはティア(階層)に分かれていますが、第1層に属する強豪10カ国に入っていないチームがラグビーW杯の一大会で3勝するのは初めてだ、ということでこれも歴史を塗り替えたことになります。

ところで「試合」を意味する英語は上記のmatchの他、 gameやfixtureもあります。一般的にはイギリス発のスポーツ(サッカー、ラグビー、クリケット、テニスなど)にはmatchが使われ、アメリカ発のスポーツ(野球、アメフト、バスケットなど)にはgameが使われるそうです。ただテニスでは得点制度でgameやmatchが使われるのでもう少しややこしいですね。またfixtureは公式試合、friendly matchは親善試合。

最後にラグビーの精神、One for All, All for Oneを紹介します。「一人は皆のため、皆は一人のため」という基本精神のもとチームプレイを尊重しています。得点を稼いだ選手にスポットライトが当たりがちですが、控えの選手まで含めて皆の貢献があってこその結果だということを忘れないようにしたいです。

以上、短めですがお役に立てば幸いです。

余談ではありますが、グロスターのラグビーの試合観戦で日本が最初のトライを決めたときに私がテレビに映りました。その時の映像がこちらです。

Hiromi_Gloucester.jpg

NHKにも映っていたそうです。
周囲は数百人全員日本人、ゴールラインのすぐ真後ろだったので、迫力たっぷりで大喜びしました。

今度は2019年に向けて頑張れニッポン!




《 前 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!