HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第91回 選挙関連必須ボキャブラリー!

皆さん、こんにちは。ヨーロッパでは今年相次いで大きな選挙が予定されていますが(第76回参照)、予想外の選挙も加わりました! もうご存知かと思いますが、先週イギリス議会の解散総選挙が発表されました。そこで今回は選挙関連ニュースを読むための必須ボキャブラリーを取り上げます。ちなみに執筆現在(23日)、フランスでは大統領選挙の第1回目の投票が行われているところです(フランス選挙は第85回も参照)。

・poll:選挙の話では頻繁に出てくるこの言葉。どういう意味でしょう? 
 まずは「世論調査」の意味があります。選挙前には、世論調査の結果がよく報道されます。ただし、実施機関によって特定の候補者に有利な結果が出るように取り計らっている場合もあるので読者としては数字以外の部分にも注目をする必要があります。
 またpolls(複数形)には「投票所」という意味もあり、go to the pollsで「投票する」。「フランス、本日投票日」だとFrance goes to the pollsとも言えますが、France votesとかFrance is votingなどの表現も見かけます。
 pollは、動詞用法で「投票する、(票)を投じる」という意味でも使われます。その派生でpolling stationは「投票所」、polling day 「投票日」。

・ballot:投票所に行って、実際に記入する紙「投票用紙」がballot (paper)。それを入れる箱「投票箱」はballot box。cast a ballotで「投票する」

・cast a vote:これも「投票する」。「一票を投じる」という訳もいいかもしれません。

・postal voting:投票日に投票できないと分かっている人は前もって郵送で投票できます。日本では「不在者投票」と言われいくつかの方法で投票できるようですが、イギリスでは郵送による投票でpostal votingといわれます。

・electorate :「有権者」、「選挙民」という意味の集合名詞。常に単数形で使われます。

・turnout :多義語ですが、選挙の話で出てきたら「投票率」。フランスの大統領選では、誰に投票するかを決めかねている人が多く低い投票率(low turnout)が懸念されています。

・constituency:音節が5つもあって目や耳では理解できても割りと発音が難しいのでぜひ声に出して言ってみてください。アクセントは第2音節 "ti"。「選挙区」

・Parliament: ご存知の方も多いかと思いますが、「国会」の英語は日本の国会だとDiet、アメリカ連邦議会だとCongressですが、イギリス議会はParliament。派生して、国会議員は通常単にMP(Member of Parliamentの略)。イギリスにはHouse of Lords(貴族院)とHouse of Commons(庶民院)がありますが、解散総選挙の対象となるのは下院のHouse of Commonsのみ。ちなみに上院のHouse of Lordsは日本の参議院と異なり終身制で、選挙がありません。EUの議会はEuropean Parliament(欧州議会)。その議員はMEP(Member of European Parliament)と呼ばれます。

・The Tories:イギリスの二大政党はConservatives(保守党)、Labour(労働党)とせっかく覚えてもToriesと出てくると混乱するのでは?! これは保守党の前身の政党名ですが、今でも言いやすいからでしょうか、よく使われていて、保守党を意味します。メイ首相率いる与党です。

・Lib Dems:イギリスの「自由民主党」、つまりLiberal Democratsのことですが、ふつうLib Demsと略されます。日本の自民党は英語のフルネームはLiberal Democratic PartyでLDPと略されるので、似ているようで要注意。党の方針もイギリスの自民党は中道派で、日本の自民党とはかなり考え方が違います。2010年の総選挙では大躍進をして保守党と連立政権を組みましたが、2015年の総選挙では惨敗。議席数を57から49も減らし、第3党から第4党に脱落しました。今回の解散総選挙では、穏健な離脱(Soft Brexit)を訴えて、議席数挽回を目指しています。

・SNP:Lib Demsの代わりに議席数を延ばしたのがScottish National Party。「スコットランド国民党」または「スコットランド民族党」などと訳されます。党首(Leader)はニコラ・スタージョンという、いつも派手な色のスーツを着た女性。スコットランドはEU残留を強く希望しているため、「イギリスがEUを離脱するならもう一度スコットランド独立の是非を問う住民投票をする」と要求し、メイ首相の怒りを買っています。

以上、イギリスの選挙に偏った表現で恐縮ですが、前半の用語は都議選(the Tokyo Metropolitan Assembly election)の話を英語でするときにもお役に立てば幸いです。

実は、今週の原稿は、選挙真っただ中のパリからお届けしています。数日前に再びテロ事件があったところですが、1年半前の同時多発テロ後のような物々しい雰囲気はなく、住民はふだん通りに生活しているようですし、観光地は多くの観光客でにぎわっています。実際に現地を訪れると、報道では分からないことが実感できるなと改めて思いました。

「大統領選挙日、パリ・モンマントルの丘でくつろぐ人々」

green-170424.JPG

2017年4月24日

第90回 米Uberのビジネスモデルは成功するのか?!

皆さん、こんにちは。先週末(金曜から月曜まで)はイギリスなどキリスト教文化の国ではイースター(イエス・キリストが十字架にかけられて殺されてから3日目に復活したこと)を祝う休日でした。信心深い人は教会に行きますが、大半のイギリス人にとってはウサギ(多産の象徴)やタマゴ(生命の始まりを象徴)の形をした巨大なチョコレートのプレゼントを楽しみにする日です。

では、先週気になった「米ウーバー財務情報を開示」というニュースを紹介します。
ウーバー社については本コラム第45回でも紹介しましたが、世界中で広がっている配車サービス運営会社です。イギリスでも十代の若者から大人まで日常的に利用されるようになりました。最近よく話題になるsharing economyやgig economyというとほぼ必ず例として挙げられるのがUberとAirbnbです。「そんなに流行っているサービスならきっとその会社は大儲けしているのだろう」と思われがちですが、実はこれまでまったく利益を出していません!

では、4月14日付Bloomberg Technologyの記事にある表現を一部抜粋します。

まず見出し。Sales growth outpaces lossesとあります。
outpaceは「~を上回る/追い越す/しのぐ」。sales growth(売上の成長率、増収率)がlosses(損失の増加率/伸び)を上回っている、ということがニュースとなっています。つまり、相変わらず巨額の損失を出しているものの売上高(配車の予約数)が増えているから先行きは明るい、というわけです。

具体的な数字はこちらです。
The company generated $2.9 billion in revenue, a 74% increase from the third quarter. Losses rose 6.1 percent over the same period to $991 million.
(売上高は29億ドルと、前四半期から74%の増加をしたが、損失(赤字)は6.1%増の9億9100万ドルだった)
つまり、売上の伸びが74%という急成長を実現しているのに比べると損失はほんの6.1%しか増えていないから、長期的には事業の先行きに自信がある、とのことです。

・the privately held company:非上場会社
ウーバーは、非上場会社なので財務情報の公開は義務付けられていません。それでも公開した理由は、最近不祥事(セクハラ、幹部の離反など)が相次いだので事業の拡大ぶりをアピールしたいという狙いがあったのではと考えられます。

・the ride-hailing giant:配車サービス会社大手 
(ライドシェアや相乗りサービスなどとも)
これまでのところウーバーが圧倒的な地位にありますが、ライバルの米リフトには米ゼネラル・モーターズ(GM)が出資、米アップル社は中国の配車アプリ最大手滴滴出行に出資、日産は仏ルノーと無人運転の配車サービスを共同開発など、今後も注目の業界です。また日本でも規制が緩和されて一般ドライバーが客を有料で同乗させることができるようになるのかも気になるところです。

・Uber is a one-of-a-kind company, in good ways and bad ways.
ニューヨーク大学のDamodaran教授の言葉です。
one-of-a-kind(比類のない、ユニークな、独特な)とか、in good ways and bad ways (良くも悪くも、良い意味でも悪い意味でも)という慣用表現が使えるとネイティブっぽく聞こえるかもしれません。ぜひ使ってみてください。

長期的な視野に立って、巨額の投資を行い、ほとんど利益を出さない企業としてはアマゾン社が有名です。アマゾン社も当初は巨額の損失を出していましたが、その額においてウーバーはかなり上回っています。
ウーバーの配車サービスは、もともとはシリコンバレーの通勤ラッシュ時の交通渋滞緩和のためのアイデアとして生まれたサービスらしいですが、無人運転への流れとともに、ウーバーがいつ利益を出すようになるのか(ならないのか)今後もニュースを追っていきたいと思います。


2017年4月17日


第89回 テスラ、株式の時価総額でフォードを超える

皆さん、こんにちは。満開の桜のもとでお花見は楽しまれましたか。近年はこの時期になると、フェースブックやツイッターの写真でも桜を楽しめますが少しホームシックにもなります。イギリスでも桜は咲いていますが、「桜並木」というのはなくて、あちこちに1本ずつ咲いている感じです。
春が本格化したことに喜びを感じる一方、世界ニュースに目を向けると、シリアでの化学兵器疑惑を受けて米国がシリアにミサイル攻撃実施、スウェーデン首都ストックホルムでテロ攻撃と衝撃的なニュースが続き、習近平国家主席とトランプ大統領の会談に関する報道が押しのけられた感じです。

そんな中、私が注目した先週のビジネスニュースは以下です。

Tesla's share price soared after it published bumper first-quarter sales figures for its electric cars. The company's market capitalisation overtook that of 114-year-old Ford for the first time. Last year Tesla delivered 76,000 cars and Ford sold 6.7m vehicles, but it is Tesla that is racing ahead of Detroit in developing the cars of the future.
(英The Economist誌 2017年4月8日号より抜粋)

これまでに取り上げた用語がいくつか出ていますが、復習も兼ねて解説します。

・soar: 急増する、急騰する(「増加」の類語は第40回を参照) 
 ここでは「テスラの株価が急上昇した」
・bumper: ロングマン英英辞典では unusually largeと定義されています。「大漁」だとbumper catch、「(穀物の)豊作」だとbumper cropと言えますが、ここでは「電気自動車(EV)の販売台数が前年同期比を大きく上回った」ことを指しています。
・first-quarter: 第1四半期(会計年度の始まりは企業によって異なるの注意)
・market capitalisation (market cap, market capitalizationとも):時価総額。「株価x発行済み株式数」で計算されます。
・overtook (overtakeの過去形):~を追い越す、上回る
・race ahead of - : ~の先を行く
・Detroit:米国の三大自動車メーカーの代名詞
 動詞にraceを使うことで、洗練されたテスラのスポーツカーが大手メーカーの先をどんどん走っている姿が思い浮かびますね。

 創業10年あまりのテスラ社が自動車業界の老舗フォード社の時価総額を上回ったことが注目されました。販売台数では、テスラ社7万6000台、フォード社670万台とまだまだ比較の対象ではないようですが、世界中の自動車メーカーが苦戦している中で、いち早く電気自動車に投資をして開発を進めてきたことが着実に実を結びつつあることを示すニュースです。大量生産(mass production)に向けた目標値は2018年に50万台、2020年に100万台、ということなので達成のためにはまだ相当な努力が必要だと思いますが、大きな目標に向かっての前進ぶりは目覚ましく、今後も注目したいと思います。
 創業者のElon Musk氏。数々の偉業を成し遂げている天才とは思えない、はにかみ屋で謙虚な方。「地球環境を守るために持続可能エネルギーを実現」「人類の新しい環境を求めて宇宙への旅立ち」という二つの大きな夢に向かってひたむきに努力をしている姿に胸を打たれます。ぜひTed Talkをご覧ください。

2017年4月10日

第88回 第50条、ついに発動――英EU離脱交渉開始

皆さん、こんにちは。週末はお花見を楽しまれましたか。
イギリスでは先週(3月29日)ついにEU離脱のプロセスが正式に開始されました。「EU基本条約第50条発動」というプロセス(第65回参照)で、具体的には「英国は斯々然々の事情により欧州連合を離脱させていただきます。イギリスとしてはXXXいたします。EUとはXXXという関係を築くことができれば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします」という内容の書簡(メイ首相の署名)をティム・バロウ駐EU大使がドナルド・トゥスクEU大統領に手渡したことを指します。

というわけで、久しぶりにBrexit関連の表現を取り上げます。

1.divorce bill(手切れ金)
イギリスのEU離脱は、よく「離婚(divorce)」に例えられます。上記書簡を受け取ったトゥスクEU大統領が「We already miss you」とコメントした様子はまさしく「不本意にも妻に離婚を突き付けられた夫」のようでした。円満離婚(amicable divorce)を願うところですが、EU側は「ただでは離脱させないぞ!」という姿勢を既に表明しており、手切れ金は約500億ポンド(約7兆2千億円)とも言われています。

2.a return to a hard border(北アイルランドとアイルランド共和国の国境管理再導入)
基本をおさらいしますが、一般的に日本語でイギリスと呼ばれている国の正式名称はthe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)であり、Great Britainにはイングランド、ウェールズ、スコットランドという3つの国(countries)が含まれています。それぞれの国に議会(National Assembly/Parliament) があり、それぞれの政府はdevolved administration(分権政府/自治政府/権限移譲行政機関などと訳される)と呼ばれています。つまり4つの国が集まって「イギリス(the UK)」という連合王国がある、というだけでもややこしいのですが、さらに部外者には理解しがたいのは北アイルランドとアイルランド共和国の関係です。詳細はこちらNHKサイトをご覧いただければと思いますが、今回のBrexitで解決するべき問題の1つは、北アイルランドとアイルランド共和国の国境管理 (border control)です。現在は、the Common Travel Area (CTA/共通通行地域)に指定されているので、自由に人が行き来できますが、a return to a hard border(再び国境での入国審査が開始されること)が懸念されています。

3.Free Trade Agreement(FTA/自由貿易協定)
上記書簡において、メイ首相は単一市場 (the single market) からの撤退を明記しています。これはいわゆるsoft Brexitを完全否定するものです(第65回参照)。興味深いことに、cherry-picking(いいとこ取り)をしないとも言及しています(第52回参照)。そこで、イギリスはEUと新たなFTAを締結することを目指していますが、それが不可能な場合はWorld Trade Organisation (WTO/世界貿易機関)の協定が適用されることになります。そうなると、EU圏への輸出に関税がかかり、経済にも大きな影響がおよぼされますが、メイ首相は「No deal is better than bad deal(不利な条件に妥協するくらいな交渉がまとまらなくてもいい)」と強気のコメントを発表しています。

他、安全保障 (security)の問題や、在英EU市民・在EU英国民の滞在許可、交渉期間の延長などが主な交渉内容となっています。

イギリス在住者として、EU離脱が現実化したことはまさに「離婚」のような寂しさがありますし、当面は混乱状態が続くことは避けられませんが、離婚が決まったからにはなるべく円満に収まることを願うのみです。離婚しても近所付き合いは続きます。

2017年4月3日

第87回 慣用表現の語順 white and black?!

皆さん、こんにちは。イギリスでは先週末から夏時間(British Summer Time/BST)が始まりました。お天気もよく、いよいよ観光シーズンの到来です。

ご存知の通り、ブリュッセル空港で起きたテロ攻撃からちょうど1年後の3月22日、ロンドンの中心地でテロ攻撃がありました。私は、ロンドン郊外に住んでいますが、この日はロンドンメトロポリタン大学で授業をしており、その最中にこの事件が起きました。事件現場、ウェストミンスター地域からは少し離れているので、夫から心配のメッセージが届いた以外は、平常通りの仕事を終え、問題なく帰宅をすることもできました。けれども、現場の周辺には国会議事堂以外にも官公庁が多くあり、通訳の仕事でときどき訪れる地域です。身近でこのような事件が起きたことは大ショックです。ただ、だからと言って落ち込むだけではなく「じゃあ、どうするのか?」を考えたとき、答えは英メイ首相の事件後の声明にあると思いました。

Tomorrow morning, Parliament will meet as normal. We will come together as normal. And Londoners and others from around the world that have come from around the world to visit this great city will get up and go about their day as usual.

(明日の朝、議会は平常通り開催されます。我々は、いつも通りに集まります。そして、ロンドン市民も、世界中からこの素晴らしい街を訪れている人たちも、いつも通りに起きて、いつも通りの日を過ごします。)

それがnever give in to terror(決してテロには屈しない)ということだ、と。

というわけで、今年イギリス訪問を予定されていた方々は、観光旅行であったとしても、出張だったとしても、当初の予定通りお越しになることを願います。それが、私たち一般市民にできることです。

前置きが長くなりましたが、少し気持ちを明るくするために、light-heartedなトピックを紹介します。

20年も前、まだ日本に住んでいたころの話ですが、英語ネイティブとの会話で私が「白黒テレビ」のことを「white and black TV」と言ったところ、「We never say "white and black"TV, always say "black and white"TV」と返され、目から鱗が落ちる思いをした経験があります(90年代のアメリカではまだ白黒テレビがありました)。日本語でも「ライスカレー? それともカレーライス?」のような議論を聞いたことがありますが、慣習的に順番が決まっている表現というのが意外にあるものです。そこで、今回はそんな気軽な話題を取り上げます。

ビジネス分野における日本語と英語で逆の表現には、次のようなものがあります。

・需要と供給→ supply and demand
・1Q(第1四半期のこと「イチキュー」と発音)→Q1(英語では「キューワン」)
・貧富→rich and poor
・新旧の→ old and new
・紳士淑女→ladies and gentlemen
・老若→young and old
・売買→buying and selling
・飲食→food and drink/eat and drink
・前後に→back and forth
・行ったり来たり→come and go
などがあります。

一般的な表現としても
・あちこち→here and there
・あれこれ→this and that
・父母→mum and dad

など、考えてみれば日本語でも「こちあち」とか「母父」とは言わないように英語でも順番が決まっています。

けれども、すべてが逆なのではなく
・夫婦→husband and wife
・少年少女→boys and girls
・男女→men and women
・紅白→red and white
・上下→up and down/top and bottom
・増減→increase and decrease
・生死→life and death
など、同じ語順のものもあります。

ちなみに「ライスカレー/カレーライス」に関しては、英語の語順ではcurry riceであり、rice curryとはふつう言いません。ただし、curry and riceとandが入ることもよくありますし、最近は日本流のカレーがKare raisuやraisukareeとしてレストランのメニューに出ていたり、オンラインでもレシピが紹介されています。takoyakiやtonkatsu sauceに加えて、karee raisuが英英辞典に載る日も遠くないかもしれません(第83回参照)。

以上、長くなりましたが、日英の語順が違う/同じ表現について楽しんでいただければ幸いです。

2017年3月27日


《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!