HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第121回 最近の若者の傾向とテクノロジーの関係は?

皆さん、こんにちは。毎日どんより厚い雲に覆われていて、太陽の光が恋しいイギリスからお届けしています。

さて、今週も英エコノミスト誌から気になった記事を紹介します。まずはLeaders欄のCutting adolescents' use of social media will not solve their problems、そしてInternational欄のTeenagers are better behaved and less hedonistic nowadaysです。

まず最初の記事では最近の若者がスマホ・SNSに費やす時間と精神状態の相関関係について、二つ目の記事では最近の若者の傾向とその背景・理由についての分析が書かれています。

「若者」と書きましたが、原文ではadolescentやteenagersという言葉が使われているので、やや限定的な年齢層を指していることに注意してください。adolescentはOxfordやCambridge、Merriam-Websterなどの辞書では年齢を限定していませんが(「大人への成長過程にある若者」のような表現)、Longmanは、a young person, usually between the ages of 12 and 18, who is developing into an adultと定義に年齢が含まれています。
teenagerの場合は、英語では例外なくbetween thirteen and nineteen years oldと定義されています。つまり年齢にteenが付く年齢で、日本語の「ティーンエージャー」は「十代」の意で使われることが多く、微妙に意味が違います。ですから13歳の誕生日は「I'm a teenager now」と言って喜んだり、20歳になると「I'm not a teenager any more」と寂しがったりします。ただし欧米では「20歳で成人」という統一した観念はなく、16歳や18歳、21歳で成人(coming of age)を祝う習慣です。
youthの定義も辞書や機関によって様々です。国連ではthose persons between the ages of 15 and 24 と定義していますし、先週通訳者として訪問した若者支援をする団体でも「Our definition of youth is under 25」と言っていました。雇用問題で「若者」が話題になるときは、たいていyouthという表現が使われます。

「若者」の説明が長くなりましたが、両記事にて「酒、たばこ、セックス、薬物などに快楽を求める若者の数が減少」という傾向が取り上げられています。ここでの気になる表現は、weed, cannabis, marijuanaです。どれも大麻(マリファナ)を指しますが日常会話ではweed、会議ではcannabisをよく聞きます。大麻は日本では厳しい取り締まりの対象となっていますが、「タバコより健康への害が少ない」という調査結果や病気によっては治療効果もあるとかで国や地域によっては合法化されています。イギリスでもグレーゾーンで、割と身近なところで喫煙者を見かけることがあります。

さて、最近の若者が快楽を求めなくなり(less hedonistic)規則破りも減った(break fewer rules)理由については以下が挙げられています。
1.family life has changed: 親(特に父親)が子供の面倒をみる時間が増えた。
2.more focus on school and academic work: (将来のことも考え、遊びより)学業成績に力を入れている。
3.increasingly ethnically diverse: 西洋諸国ではアフリカ、南アジア、東ヨーロッパなどの国々から移民が増加しているが、移住前の文化ではアルコール、婚前交渉、喫煙などがタブー視されているため、移住後もその文化・習慣を維持している。
4.technology has probably changed people's behaviour: スマホの影響でネット利用が拡大。SNSでゴシップや悪口も言い合っているからface-to-faceのコミュニケーションが減った。同時に親が子の居場所を追跡したり、頻繁に連絡を取り合うことも若者の行動に影響を与えている。

SNSという表現は日本語で定着しているように思いますが、英語ではSNSもSocial Networking Serviceもめったに使われないので要注意です。ふつうはsocial mediaと言います。(mediaは「メディア」ではなく「ミィーディア」と発音)

米国ではアップル社に対して「子供のスマホ中毒対策を講じるべきだ」と大手機関投資家が要求しましたが、同誌はそれを批判しています。確かにスマホやPC利用量と幸福度に相関関係(correlations)はあるようですが、因果関係(causation)があるとは言えず、朝食抜きや睡眠不足の悪影響のほうがはるかに大きいとのこと。

皆さんは、周囲を見渡して、この記事に同意されますか?

我が家のティーンエージャーは二人とも「信じられない!」という反応でした。愚息も友人たちも皆当然のようにスマホやSNSを使っていますが、リアル(現実世界)も楽しんでいるようです。何事も「ほどほど」が肝心。時間管理をしながら、SNSも楽しめるといいですね。「気が付いたら時間をムダにしていた!」という方にはポモドーロテクニック(第80回参照)がお勧めです。

2018年1月15日

第120回 新年の抱負(new year's resolutions)

新年明けましておめでとうございます。今年も皆さまにとって学び多き、充実した一年になることを願っております。

さて、新年と言えば、多くの人が「今年はXXXするぞ!」と決意をするのではないでしょうか。

皆さんの新年の抱負は何でしょう? What are your new year's resolutions?

欧米社会ではお正月よりもクリスマスを祝う習慣ですが、それでも多くの人が新年の抱負(new year's resolutions)を立てます。

よくある決意は
1) to do more exercise
2) to drink less alcohol
3) to be more organised/to learn a new language

12月は宴会(Christmas parties)が多く、運動せずに暴飲暴食を繰り返し、太りがちなので、1や2は世界共通の新年の抱負かもしれませんね。私もやはり1を掲げています(笑)。

また英エコノミスト誌のThe origin of new year's resolutionsという記事によると、新年の抱負を立てる習慣が始まったのは最近のことではなくて、なんと4000年前もだそうです。ただし、その頃の「新年」は1月に始まるのではなく、農作業が始まる時期に合わせて春分(spring equinox)頃だったそうです。そして、次第に宗教色が濃くなったという記述もあります。

"new-year resolutions"という表現が初めてメディアで使われたのは1813年。この頃には、それまでの宗教的な重々しさが失われ、冗談めいた誓いも立てられるようになったそうです。

同記事によると、英米人の約半数が新年の誓いを立てるけれども継続できるのは1割に満たないとか(around half the population of Britain and American now make resolutions--though fewer than 10% keep them)。

では今年こそ、目標を達成するためにはどうすればよいのでしょう?

まずは当たり前に聞こえるかと思いますが、「達成可能な目標を立てる」ことから始まります! 目標設定については第26回でSMART goalsについて詳しく説明していますが、Specific(具体的)で、 Measurable(測定可能)、 Achievable(達成可能)、Realistic(現実的)な目標を立て、そして Time-based(期限を設定)にします。つまり、上記 to do more exercise(運動量を増やす)はSMARTではないので、「毎日、腹筋を10分鍛える」のようにするとSMARTの要件を満たし、実行しやすくなります。

ということで、皆様もぜひSMARTな目標を立て、2018年を有意義にお過ごしください。

我が家では4、5年前からお正月に新年の抱負を書初めをし、1年間壁に貼っています。各自2~3個書きますが、だいたい達成できるのはそのうちの1つくらいです(苦笑)。下方修正したり、達成できなかった前年の目標を引き続き掲げたりもしますが、何らかの目標を立てて、それについて語り合ったり、その実現に向けて少しでも努力したりすることが楽しいなと思います。

2018年1月9日

第119回 本コラムで1年を振り返る

皆さん、こんにちは。いよいよ2017年も終わりが近づき、本コラムも今年の最終回となりました。そこで、この1年を振り返りたいと思います。冬休みでいつもより少し時間に余裕があるという方、リアルタイムで逃した方、今回のリンクを利用してゆっくり過去の記事もお読みいただければ幸いです。

まず、年明けの記事「2017年注目の世界ニュース」で3つのトピック(米トランプ大統領就任、Brexit、AI)を取り上げました。以下、トピック別に関連記事を紹介します。

1.トランプ氏米大統領就任(US President Donald Trump's inauguration)
2016年11月の大統領選でまさかの当選を果たしたトランプ氏が、いったいどれくらい公約を守るのかが注目された1年でした。ただしトランプ氏関連は日英メディアでかなり報道されているので本コラムで大きく取り扱ったのは就任直前のスピーチ(第77回)だけでした。けれども、第76回で取り上げた公約はどんどん推し進めているようですね。12月22日には大型減税法案 (major tax cut bill) が署名され、大型公約の1つが実現されました。

2.英EU離脱および欧州各国での選挙(Brexit and European elections)
2017年の初め、欧州ではオランダ、フランス、ドイツなどの主要国で総選挙 (general election) や大統領選 (presidential election) が予定されており「選挙の年」と言われていましたが、これらの予定されていた全国レベルの選挙に加え、イギリス議会の解散総選挙(snap election)やスペイン・カタルーニャ独立問題に伴う地方選挙 (regional election)なども行われました。カタルーニャ問題は第113回で取り上げましたが、州議会選挙が12月21日に予定通り行われ、独立派がかろうじて勝利を収めました。まだまだ不透明な状態が続いています。バルセロナには教え子や友人が住んでおり、個人的にも懸念を抱きながら動向を注目しています。
選挙関連必須ボキャブラリーは第91回第93回で特集しましたが、イギリス総選挙関連は第99回、Brexit関連は第78回第83回第88回第101回第109回でも取り上げています(Brexitでは今月大きな動きがあったのに本コラムでまだ取り上げていないのが気になっています)。

3.人工知能(AI、Artificial Intelligence)
テクノロジー関連は常に進化しているので最新ニュースを追う必要があります。本コラムでは、第79回第97回第102回第103回第112回で取り上げました。個人的にはOECDのAIに関する国際会議(Conference on Artificial Intelligence - "AI: Intelligent Machines, Smart Policies" でAIについて最先端のスピーチやディスカッションを同時通訳する機会に恵まれました。自動翻訳・通訳の技術もどんどん進化していく中で、私たち翻訳・通訳者も将来の仕事の需要や求められるスキルについて真剣に考えなければなりません。

その他にも慣用表現(Figures of speech)を多く取り上げています(第87回第96回第98回第100回第105回)。また、「恋愛・結婚」も取り上げました(第106回第116回第117回)(企業の結婚は第82回)。個人的に気に入っているのは、日英で順序が逆の(または同じ)慣用表現です(第87回)。以上、お正月休みの学びの題材になれば幸いです。

ところで皆さんにとって2017年はどんな1年でしたか?

私は2017年の元旦を病院の緊急病棟(A&E)で過ごしたので、これまで以上に体調管理に気を付けました。「ふつうに生活できるだけでもありがたい」と思いながらも、月1、2回の海外出張とイギリス国内での仕事(会議通訳、大学院講師)、オンライン通訳講座などを無事終えられ、充実した1年となりました。二人の息子は半分独り立ちをしてしまって寂しいけれど、一緒に過ごせる貴重な時間を楽しんでいます。

また本コラムのおかげもあって、学びのネットワークもさらに広がりました。TwitterFacebookなどのメディアを通して向上心の高い若者から年配者まで様々な人々に出会い、共に学び、互いに刺激し合いながら一緒に成長することもできました。感謝しています。

読者の皆さまにとっても学びの多き1年であったことを願います。また本コラムが皆さまの学びに少しでもお役に立っていれば嬉しいです。

2017年12月25日

第118回 Scrooge/Grinchとは?

皆さん、こんにちは。ロンドン周辺地域では日曜日の朝、目覚めると一面が銀世界でした。寒いけれども、雪景色って素敵ですね。
さて、12月も早中旬。クリスマスが近づいてきました。日照時間が短く、気が滅入りがちなこの季節は、クリスマスのことを考えて気分を盛り上げようとする人がたくさんいるようです。

皆さんは、Scrooge(スクルージ)って聞いたことがありますか?

辞書の訳では「ケチな人/守銭奴」などと出ていますが、この時期によく使われるのはなぜでしょう?

それは、Scroogeが単に「ケチ」という意味なのではなくて、英国の文豪チャールズ・ディケンズ著『クリスマス・キャロル(原題:A Christmas Carol)』の主人公エベンーザ・スクルージから来た言葉だからです。原書は1843年に出版されましたが、その後もずっとクリスマスの時期には語り継がれ、何度も映画化や舞台化され、日本語版もいくつかのバージョンが出ているようです。

キリスト教文化の国々では、ご存知の通りクリスマスは年に一番大切なお祝いの日。愛する人へのプレゼントやごちそうのために、1年間お金を貯める習慣でした(今でも、一部の人はそうだと思います)。その一方、家族がいなくて、冷血なScroogeはクリスマスが大嫌い。事業の経営者ですが、強欲で金儲け主義。大家族を養っている、たった一人の従業員にも薄給しか出していません。それで現代でもScroogeが「ケチ」の代名詞として使われているのです。

とても有名な話なのでご存知でない方はぜひ一度映画をご覧になるか、本をお読みになるといいと思います。そうすれば、Scroogeという言葉が普通名詞として使われているときにニュアンスまで理解できることでしょう。

よく似たキャラクターとして、アメリカではGrinchがいます。こちらは児童向けに1957年にDr Seussが描いた絵本の主人公で、やはりクリスマスが嫌い。2000年制作のHow the Grinch Stole Christmasという映画など、この時期に子供と一緒に(あるいは子供になった気分で)楽しむのもお勧めです。

というわけで、この時期にクリスマスについてぶつぶつ文句を言っていると
"You are being a Scrooge/Grinch.(スクルージ爺さん/グリンチみたいだね)"と言われるかもしれません。

何度か言われたことがある経験者による執筆でした (苦笑)。

2017年12月11日

第117回 恋愛に関連する用語

皆さん、こんにちは。先週、結婚関連の用語を取り上げたところ、原稿提出直後にイギリス王室のハリー王子が婚約発表をしました!米女優メガン・マークルさんとのラブラブの様子はもう既にご覧になっているかと思いますが、本件の報道から恋愛に関して語るときに使える表現を取り上げます。

1.「遠距離恋愛」を英語で言うと?
→ long-distance relationship
relationshipは恋愛とは関係ない「人間関係」「(国家間や企業間の)関係」の意味でも使われますが、男女の「恋愛関係」の意でも使われます。「~と関係がある/付き合っている」は have a relationship with - 。お二人はイギリスとアメリカという国境だけでなく大西洋を越えた遠距離恋愛の末、婚約に至ったようです。

2.「共通の友達」を英語で言うと?
→ a mutual friend
「共通の」につられて機械的に common friendと言わないように気を付けましょう。commonを使うならa friend in common。
ハリー王子とメガンさんはa mutual friendに紹介されたとのこと。
「共通の友達のおかげで知り合った」
→ We met through a mutual friend.

3.blind dateとは?
直訳すると「目隠しデート」。辞書には「ブラインドデート/初対面のデート/お見合い」などという訳語が出ていますが、どれもしっくり来ない気がします。つまり、日本人はblind dateをあまりしないからでしょうか。共通の友達の紹介だったとしても友達と一緒に会う場合はblind dateとは言いません。「(仲介者が同席せずに)うまくいけば恋人になることを前提に初めて会うこと」をblind dateと言います。ハリー王子とメガンさんはa mutual friendの紹介でblind dateをし、お互い一目ぼれしたようです。その後はback-to-back(立て続けに/連続して)デートを繰り返したとか ♡
「初対面のデート」でも最近増えている「出会い系サイト(online dating)」で知り合った場合は、ふつうblind dateと言いません。

4.「真剣に付き合う」を英語で言うと?
→ make a commitment、commit to each other
commitmentやcommitは、ビジネスや法務関係、政治家のスピーチなど色んなところで頻出で、そのたびに「適訳は何か?」と迷う語の一つですが、恋愛関係にも使えます。一時的な恋愛関係ではなくて「(長期的に)真剣に付き合う」というときに使われます。

5.It was just a choiceとはどういう文脈で使われたでしょう?
BBCインタビューで「(メガンさんは女優業、ハリー王子は公務でお二人ともお忙しかったでしょうが)How hard was it to keep things going?」と聞かれて、メガンさんから出た回答、「単に何を選ぶかということね」。これは、恋愛だけでなく、あらゆることに当てはまるのではないでしょうか。やりたいことややるべきことが山ほどあっても時間は限られている。そこで何を「選ぶか」が結局は人生を決めるということですね。

6.「婚約者」を英語で言うと?
まずはカタカナ英語の「フィアンセ」が浮かぶでしょうが、これはフランス語が語源なので男性の場合はfiancé、女性はfiancéeと少し異なります。他にも男性の場合は、groom-to-beやhusband-to-be、女性はbride-to-be, wife-to-beなどの表現も使われます。

以上、おめでたいニュースを受けて、恋愛に関する表現を取り上げました。
blind dateと聞いて遠い昔を思い出しました。「日本人はあまりしない」と書きましたが、実は20代のころ経験あります(遠い目)。相手は少し年上の日本人男性で「共通の友達」は「絶対にうまくいく」と断言して紹介してくれ、ブラインドデートしましたが、とても気まずかった記憶が残っています(苦笑)。日本ではお見合いパーティや合コン(speed dating events)のように大人数で出会う機会のほうが多いかもしれませんね。

お二人のラブラブトークに耐えうる方はこちらをご覧ください。(私は半分でギブアップしましたが。笑)


2017年12月4日



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!