HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第71回 Trumponomicsとは?

皆さん、こんにちは。いつもお読みくださってありがとうございます。ときどき読者の方から「よく毎週ネタが思いつきますねー」と言われますが、実はネタがありすぎて困っています(苦笑)。今週はOxford Dictionaries発表のWord of the Yearを取り上げる予定でしたが、他にも紹介したい言葉があり、予定を変更しました。その言葉というのは、Trumponomicsです。今年のWord of the Yearに選ばれたpost-truthもTrumponomicsもTさんが関わっています。好む好まないにかかわらず、ものすごい影響力であり、常に最新情報に耳を傾けるべき通訳者としては無視するわけにはいきません。

Trumponomicsという綴り字からご推測の通り、これは米トランプ新政権が掲げる経済政策(Trump+Economics)を指します。日本語でも「トランポノミクス」とカタカナ表記で一部報道されています。

では、具体的にはどのような政策を掲げているのでしょうか?

1.large personal and corporate tax cuts:
  まずは大型減税。法人税・所得税ともに減税を掲げています。

2.restructuring of U.S trade deals
  こちらは日本でもかなり話題になっているTPP(環太平洋パートナーシップ)と関連。アメリカの利益を第一に考え、それ以外の貿易協定は撤退・再交渉するとのこと。メキシコ・カナダとの貿易に関税が発生するようになるのかどうかは北米に進出している日系企業にとっても大変気になるところです。

3.large fiscal stimulus for the U.S. economy on infrastructure and defense
  インフラ整備および軍事向けに大型の財政出動。

選挙期間中に色んな発言をしていて、一体どこまで実行されるのか今はまったく分かりませんが、勝利宣言にて
"We are going to fix our inner cities and rebuild our highways, bridges, tunnels, airports, schools, hospitals. We're going to rebuild our infrastructure, which will become, by the way, second to none. And we will put millions of our people to work as we rebuild it."
とインフラ整備については強く訴えていたので、少なくともこれだけは実行するのではないかと思われます。ただし、インフラの具体例を「道路、橋、トンネル、空港、学校、病院」と6つも挙げているのにwall(メキシコ国境に建設する壁)が含まれていないのが興味深いです。

トランプ氏の計算ではトランポノミクスにより10年間で2500万の雇用が創出され、3.5%の経済成長が見込まれているそうです。そして上記のような大幅減税と財政出動をしながらも政府債務は減らすとのことです。

金融市場ではトランプ氏当選のニュースにいったんは株価急落・円高ドル安になりましたが、トランポノミクスへの期待感から、株価もドルも急反発。Trump rally(トランプラリー)と呼ばれています。まだしばらく乱高下があるかもしれません。

というわけで、今回は予定を変更しTrumponomicsを取り上げました。post-truthや候補に挙がった他の言葉もぜひOxford DictionariesのWord of the Yearウェブサイトでご覧ください。


第70回 米大統領選 勝利宣言・敗北宣言 

皆さんは、歴史的な米大統領選挙の結果が出た11月9日をどのように過ごされましたか? 
アメリカ大陸にお住いの方にとっては11月8日の夜、日本の方にとっては9日の日中になりますが、ここイギリスでは結果が出始めたのは11月9日の未明でした。私はいったんは眠ったものの午前2時頃から選挙速報をチェックし始めるともう眠れず、寝不足のまま出勤しました! (実は6月24日の繰り返し...) 
 
今回は「役立つ表現」の紹介というよりは、選挙結果後のトランプ氏とクリントン氏のスピーチについて私見を述べたいと思います。 
 
8年前にオバマ大統領が当選した時の勝利宣言(victory/acceptance speech)を覚えていますか? あの名スピーチを英語の学習や通訳練習のための教材として使った人も多いのではないでしょうか? それに比べるとトランプ次期大統領(president-elect)の勝利宣言はとてもシンプルでしたね(誰がステージに上がるのかなど、事前の打ち合わせがなかったかのよう...)。誰でも理解できるような平易な言葉でゆっくりと話すので、英語中級者にも同時通訳者にもありがたいことですが、それがトランプ氏が勝利した要因の一つではないかとも思います。1文1文が短く、間の取り方が(悔しいけど)うまいなと思います。アメリカの一般庶民が彼のトークに惹きつけられるのも分からなくはありません。 
 
ヨーロッパの通訳訓練では、自分と意見が違う人のスピーチも、共感する人のスピーチも私情を入れず、先入観なくプロフェッショナルに訳すための訓練もします。偶然にも11月9日のロンドンメトロポリタン大学の授業では自分と反対意見を持つ人の通訳をする練習を行うよう予定されていました! そこで急きょ予定を変更し、トランプ氏の勝利宣言が通訳練習の題材として使われました! 
 
クリントン氏の敗北宣言(concession speech)は帰宅後に動画で1人で視聴しましたが、スピーチの一言一言に重みを感じ、涙があふれました。「もし生同通をしていたらどうなっていたことだろう?」とも思い、実際に声に出して訳してみましたが、やはり感情的になりすぎて訳しきれませんでした。まだまだ修行が足りません! 私にとって11月9日は「反感を持つ時よりも共感しすぎる方が通訳しにくい」ということを学んだ日でもありました。 
 
特に感情が高まって訳せなかったのは以下の部分です。皆さんならさらりと声に出して訳せますか? 文字からではなく、ぜひ動画を見ながら試してみてください。 
 
冒頭略 
This is not the outcome we wanted or we worked so hard for and I'm sorry that we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.  
 
中略 
I know how disappointed you feel because I feel it too, and so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful and it will be for a long time. 
 
中略 
I have, as Tim said, spent my entire adult life fighting for what I believe in. 
I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers -- you will have successes and setbacks too. 
This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it. 
It is, it is worth it. 
 
And so we need - we need you to keep up these fights now and for the rest of your lives. 
 
And to all the women, and especially the young women, who put their faith in this campaign and in me, I want you to know that nothing has made me prouder than to be your champion. 
 
Now, I - I know - I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday someone will and hopefully sooner than we might think right now. 
 
And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams. 
 
アメリカで初の女性大統領を目指して長い間がんばってきたヒラリーさん。8年前とは違って、今回はきっと政治を引退することでしょう。今後は、女性の社会進出(women's empowerment)促進やLGBTの社会運動などのために活躍されることを期待します。そしていつか講演の同時通訳を頼まれるという幸運に恵まれることがあれば、その時は私情を入れずちゃんと訳せるよう、そんな日を夢見ながら自己研磨に励みたいと思います(ちなみにスティーブジョブズの伝説のスピーチも何度聞いてもうるうるしてしまいます)。 


第69回 Brexit続報 & グローバル化の弊害

皆さん、こんにちは。先週またBrexitで大きな動きがありました。「EU離脱の正式な手続きを開始する(invoke Article 50)前に議会の承認が必要だ」という裁判所の判決が出たことです。メイ政権はこれまで議会の承認なしに来年3月末までにEUに離脱通知を出す(本コラム第65回参照)考えを示していましたが、これに反対する市民らが政府を訴え、政府が敗訴したのです。政府は最高裁判所に上訴すると言っていますが、様々な影響が考えられます。これを今回のテーマにしたい気持ちは山々ですが、米大統領選が迫っているので予定通り「グローバル化の弊害」について取り上げます。(ハイキャリアのメール配信が行われるころにはもう結果が出ているかもしれませんが、開投票日前の11月6日に執筆しています。)

前回はグローバル化(globalisation)がもたらす恩恵・メリットについて9項目を挙げました。今回は、弊害について考え、欧米の先進国で広がっている反グローバル化運動への理解を深めたいと思います。

イギリスの経済学の教科書(高校レベル)には、Costs and Benefits of Globalisationという章があり、Globalisation also has Drawbacks for economiesという見出しの下に4項目挙げられています。

1) Globalisation is causing the price of some goods and services to rise - increasing world incomes lead to increasing demand for goods and services, so when supply is unable to meet this demand, prices rise.

2) Globalisation can lead to economic dependency (i.e. countries' economies being dependent on each other), so this can lead to instability in economies - for example, if the US economy goes into a recession and reduces its imports, this may cause European economies to go into a recession too.

3) Increasing world trade has led to global imbalances in balance of payment accounts. Some countries, e.g. the USA, have large deficits and others, e.g. China, have large surpluses. These balances are unsustainable, leading to calls for increased protectionism.

4) Specialisation can lead to overreliance on a few industries by an economy, which is risky.

簡単にまとめると、
1)収入増加→需要の増加→供給不足→物価上昇
2)国同士の経済的依存度が上昇→経済が不安定に(米国が景気後退し輸入が減ると欧州経済の景気も悪化)
3)世界貿易の増加→国際収支不均衡(例:米国は多額の貿易赤字 ⇔ 中国は多額の貿易黒字。このような不均衡は長くは続かない→保護主義を求める声が高まる)
4)専門化→限られた産業に依存しすぎる→リスクが高い

さらにMNCs have both Positive and Negative Effects(多国籍企業にはプラスとマイナスの両方の影響がある)という見出しの下にPositive Effectsが3項目、Negative Effectsが7項目挙げられています。Positiveの方は前回取り上げた内容と重複していますので、ここではNegative Effectsの中から特にアメリカのトランプ現象に関連している2項目を引用します。

・ MNCs can force local firms out of business - for example, because local firms might be unable to obtain similar economies of scale, they'll be less competitive.
・ MNCs can relocate rapidly and cause mass unemployment.

つまり多国籍企業がグローバル化によって海外進出し、スケールメリットを生かしてコスト削減する一方で、国内企業は競争に負けて倒産。またあっという間に工場移転などを行うので大量失業が発生。

米国では2001年以降6万の工場が閉鎖され、それはグローバル化のせいだと言われています。工場閉鎖によって職を失った人たち、移民と職の獲得競争を強いられる人々などがトランプ氏を支持しているとのこと。よく似た問題が欧州でも起きています。

個人的にはその人たちの気持ちも分からないわけではないけれど、壁を作ることで解決するとも思えない。グローバル社会の発展のためには、国家間の壁はできるだけ低くする、またはなくして、協力を高めていくこと、人、モノ・サービス、カネは自由に動いたほうがいい。本人が気づいていないだけで圧倒的多数の人が実はグローバル化の恩恵を受けている。ただし格差が広がらない(縮む)ような政策を政府や経営者が考え、実施してもらいたいと思います。


第68回 「グローバル化のメリット」とは?

皆さん、こんにちは。前回からグローバル化(globalisation)を取り上げていますが、今回はそのメリットについて考えてみましょう。前回同様イギリスの経済学の教科書(高校レベル)から引用します。

Globalisation has brought many Benefits to economies. という見出しの下に以下9つの項目が記載されています。ここでのbenefitsは「恩恵、メリット、長所、利益、利点」などと訳すことができます。では、まず太字のキーワードに注意して英語のみでお読みください。

1) Trade encourages countries to specialise in the goods and services they're best at producing/providing, which increases output.

2) Producers can benefit from economies of scale and lower production costs because markets become bigger when countries trade. Global sourcing (i.e. countries buying things, such as raw materials, from anywhere in the world) has also led to lower raw materials costs.

3) Globalisation can allow countries to produce the things where they have a comparative advantage, leading to an improvement in efficiency and the allocation of resources.

4) Lower production costs are also sometimes passed on to consumers in the form of lower prices.

5) Globalisation provides consumers with a greater choice of goods and services to purchase.

6) World GDP has risen as a result of globalisation due to many factors - for example, increased efficiency means firms can increase output. Countries which aren't open to trade have seen a reduction in their growth rates.

7) Globalisation has also helped to reduce the levels of absolute poverty in the world because levels of world employment have increased - e.g. as increased output has meant the creation of more jobs.

8) Increases in competition brought about by globalisation can lead to lower prices for consumers.

9) There has been an increased awareness of, and quicker responses to, foreign disasters (e.g. earthquakes) and global issues (e.g. deforestation) and their consequences.

ではキーワードを使って簡単にまとめると...

1)それぞれの国が得意とするモノやサービスに特化する(specialise)ことによって生産高が増える (increase output) 。

2) 生産者はスケールメリット (economies of scale: 生産量が増えるにつれ単位当たりの生産コストが下がり利益率が上昇すること) の恩恵を受ける。原料をグローバルに調達することで原料コストを削減。

3)比較優位性(comparative advantage)を持つモノの生産をすることにより効率性が上がり、資源配分(allocation of resources)も改善する。

4)生産コストの低下(lower production costs)によって物価が下がる (lower prices) →消費者が恩恵を受ける。

5)消費者にとってモノやサービスの選択肢 (choice) が増える。

6)世界全体の経済活動 (World GDP) が増加。効率性 (efficiency) が高まることにより生産高が増える (increase output) 。保守主義的な国 (countries which aren't open to trade) は成長率が減速 (reduction in their growth rates) 。

7) 世界的に雇用が増加し (employment increased, more jobs) 、絶対的貧困 (absolute poverty) の状態にある人々の数が減少 (reduce)。

8)競争 (competition) が増すことにより物価が下がる。

9)海外で発生する災害 (foreign disasters) やグローバルな問題 (global issues) に対する意識が高まる (increased awareness) 。

ということで、グローバル化により、経済が活発になり、選択肢が広がり、モノの値段が下がり、貧困も減る...などなど、いいことづくめ(?)という感じがするのに、アメリカ、フランス、ドイツなどの主要先進国で反グローバル化の動きが高まっているのはなぜでしょう? グローバル化の弊害については次回取り上げます。

ところで、前回お伝えした欧州連合(EU)とカナダの包括的経済貿易協定(CETA)は7年間かけた交渉の後、執筆日の今日(10月30日)やっと署名される見通しです。署名直前にベルギーの地方議会の反対を受け、同協定の崩壊も危ぶまれましたが、なんとかそれは避けられたようです。日本もEUとは経済提携協定(EPA)の交渉中なので、今後の動きに注目です。


第67回 「グローバル化」 とは?

皆さん、こんにちは。米国大統領選もいよいよ大詰めを迎えていますが、既に実施された英国のEU離脱国民投票、来年予定されているフランス大統領選・ドイツ総選挙など、世界の主要国で国民の意思を反映するチャンスが次々と訪れています。そこでよく話題になるのが、グローバル化(globalisation)です。よく聞く言葉なので、なんとなく理解しているように感じているかもしれませんが、グローバル化が何を意味し、どんな恩恵がある一方で、どんな弊害があるためにトランプ氏をはじめ反対意見が台頭しているのかについて2回に分けて考えてみましょう。

そもそも「グローバル化」とは何を意味するのかですが、どの文献を見るのかによって定義も様々です。ここではイギリスの経済学初級の教科書(高校レベル)から引用します。

まずはこのように定義されています。
Globalisation is about the world becoming more like a Single Economy.
つまり、大きな流れとしてはEUのように経済が統合化するということです。
具体的には次のような説明があります。
・The free movement of capital and labour across international boundaries.
・Free trade in goods and services between different countries.
・The availability of technology and intellectual capital (e.g. the knowledge of employees) to be used (and patented) on an international scale.

資本や労働力の自由な移動、モノやサービスの自由貿易、技術や知的資本が国境を越えて利用されることなどということですね。

ただし、globalisationとは経済面だけに限りません。
Globalisation also involves political and cultural factors:
For example, international bodies such as United Nations (UN) tend to lead to a convergence of political decisions - i.e. there are more joint decisions made between countries, and more international cooperation.
Examples of cultural globalisation include the spread of things such as McDonald's and yoga across the world.

国連などの国際機関を通じて国家間で政治的な意思決定がなされ国際協力が高まることや、ヨガやマクドナルドなどの文化が世界に広がることもglobalisationの一環と言えるようです。

では、過去30年間でグローバル化が劇的に進みましたが、その要因は何でしょうか?
この教科書には10項目挙げられていますが、本コラムでは上位3項目だけを引用します。

1. Trade liberalisation - this is the reduction or removal of tariffs and other restrictions on international trade (i.e. reducing protectionism). Countries might negotiate these trade agreements using the World Trade Organisation (WTO)
2. A reduction in the real cost and time needed for the transportation of goods means that it's cheaper to export and import. For example, due to the development of lager cargo ships.

3. Improvements in communications technology - for example, the internet is making the communication needed for international trade easier and cheaper.

1のtrade liberalisation(貿易自由化)は、米大統領選でもホットトピックですね。ヨーロッパでは、先週EUとカナダの自由貿易協定があと一歩で締結という段階になって承認見送りになり大きなニュースとなっています。protectionism(保護主義)、the reduction or removal of tariffs(関税の削減・撤廃)などキーワードとして覚えておくと良いでしょう。
2の輸送手段の発達、3の通信技術の進化もグローバル化の要因ということで、言われてみれば全くその通りという感じですね。
4位以下には多国籍企業の利益追求、海外投資の増加などが挙げられています。

というわけで、グローバル化を一言で言うと「国境を越えてヒト・モノ・カネの動きが活発になること」でしょうか。

一般的にはこれまで "グローバル化=ポジティブなイメージ"だったと思いますが、それに異論を唱えるトランプ氏がなぜこれほどまでに支持を受けているのか、グローバル化の恩恵と弊害については次回考察したいと思います。

通信手段の発達と言えば、ウン十年前にアメリカ留学していたころは日本の家族や友人への連絡はエアメール(届くのに約1週間)、公衆電話から国際電話をかけるには1回何千円もかかっていました。それが今はスマホを使って無料でビデオチャットできるようになってホント夢のようです。先月からグリンズアカデミーというオンラインの通訳コースを開講していますが、世界中から受講生が集まり感激しています。本コラムのおかげもあって、向上心の高い方々が集まり、共に学び、互いに刺激をしあっています。こんな風にグローバル化の恩恵に毎日感謝している私にとっては、グローバル化の弊害について考えるのも興味深いことです。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。二児の母。ビジネス会議、国際会議、法廷、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)など様々な通 訳経験ある一方、翻訳では、実務翻訳以外に、ビジネスマネジメント論を説いた『ゴールは 偶然の産物ではない』を始め『GMの言い分』『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに喜びを感じる。 グローバル社会の発展に貢献するために自分ができることを日々僅かながらでも実行している(つもり)。
Follow me on Twitter!