HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第94回 forkの意味、いくつ言えますか?

皆さん、こんにちは。5月も中旬に入りました。日本では「五月病」が話題になる季節ですが、イギリスでは試験シーズンです。9月に新学年が始まり、7月に終わる(大学は6月)ので、これからが学年末テスト、受験の季節。必死でlast-minute cramming(一夜漬け/直前に焦って詰め込む)している学生も多いことでしょう。

今回は、時事問題からは少し離れて、単純な言葉 fork を取り上げます。食事の際に使うナイフとフォークのforkですが、それ以外の意味はいくつ挙げられますか?

Longmanによると、
2)a garden tool used for digging, with a handle and three or four points
→ (園芸用の)フォーク、股鋤

3)a place where a road, river, or tree divides into two parts, or one of the parts it divides into
→ (川や道路、木で) 二股になっているところ、分岐点、支線道路、支流

4)fork of lightning
→幾筋もの稲妻

5)one of the two metal bars between which the front wheel of a bicycle or motorcycle is fixed
→ (自転車・オートバイの) フォーク

など名詞としての定義があり、また「分岐する」「フォークで運ぶ」「鋤で移す」などの意で動詞としての語義もあります。

ビジネスで出てくる表現としては句動詞のfork outを覚えるとよいでしょう。
「(お金)をしぶしぶ払う」という意味で使われます。

I had to fork out £600 on my car when I had it serviced.
(クルマの修理で600ポンドも払わされた)

など、自分のことにも使えますが、企業の制裁金の支払いや親が子供のために出す教育費などにも使われます。

以上、日常的な言葉ですが、応用編も使えるといいですね。

では欧米で学生をしている皆さん! 最後の追い込みがんばってください。

2017年5月15日

第93回 選挙関連必須ボキャブラリー! 第3弾

皆さん、こんにちは。ゴールデンウィークはいかがお過ごしになりましたか? イギリスでは5月4日に地方議会選挙が行われました。また執筆日の7日にはフランスでいよいよ大統領が選ばれます。韓国も大統領選が数日後に迫っています。というわけで、今週も選挙関連必須ボキャブラリーを取り上げます。

1.「議席を伸ばす」の英訳、反意語は?

ある党の議席数が増えることを「議席を伸ばす」と言いますが、直訳のstretch their seatでは「一つの席がびよ~んと伸びる」イメージで通じないですね。英語では、gain groundとかmake gainsと言います。先週のイギリス地方選の結果を受けて見かけた表現は

Tories gain ground across the UK.

The Conservative Party has made major gains in local elections across Britain. (BBC)

反対の「議席を減らす」はsuffer loss やlose seatsですが、knock back(~を拒絶する、受け入れない)も使われています。イギリス全土で労働党が惨敗したことを受け、次のような表現を見かけました。

Labour suffers historic losses.

Labour was knocked back badly in Scotland, as the Conservatives made big gains.
(The Independent)

Labour has suffered a series of devastating blows, losing seats across the country. (Mirror)

ちなみに惨敗をしたのは野党第1党の労働党だけではありません。イギリスのEU離脱に大きく貢献したUKIP(イギリス独立党、第92回参照)は146あった議席のうちなんと145席を失い、獲得できたのは1席だけでした。

2.「決選投票」の英訳は?

2週間前に行われたフランス大統領選の1回目の投票(the first round of the French presidential election)では、どの候補者も過半数を獲得できなかった(no candidate won a majority)ので、本日2回目の投票(the second round)が行われています。「決選投票」は英語では、a run-off electionまたは短くrun-off(runoffとも)。

3.「棄権」の英訳は?

投票率の高さ(high turnout)で知られるフランスですが(通常なんと80%を超えるそう)、肝心の決選投票では、極右のルペン候補と若くて無所属・元銀行マンのマクロン候補のどちらにも票を入れる(cast a vote)のを拒む人の数もかなりいる考えられており、投票率(turnout)と共に棄権率(abstention rate)も話題になっています。

Abstention rates are expected to be historically high.

以上、引き続き選挙関連ボキャブラリーを取り上げました。皆さんが本コラムをお読みになっている頃には既にフランスの大統領が決まっていることでしょう。大混乱が起きないことを願っています。

2017年5月8日

第92回 選挙関連必須ボキャブラリー! 第2弾

皆さん、こんにちは。早くも5月、日本はゴールデンウイークですね。いかがお過ごしでしょうか?

今週のトピックですが、前回に引き続き「選挙関連必須ボキャブラリー」を取り上げます。

1.選挙の種類

議員を選ぶ選挙の種類として「総選挙」「解散総選挙」「補欠選挙」について考えてみましょう。英訳が思い浮かびますか?

まずは「総選挙」ですが、これは a general election ですね。
「総選挙で勝つ」だと win in the general election

議会というのはそれぞれ数年おきに選挙で議員の入れ替えがありますが、突然の議会解散によって行われる「解散総選挙」の場合は、a snap election と呼ばれます。その場合の動詞は call を使います。
→Theresa May call a snap election (メイ首相、解散総選挙を実施)

また議員の欠員を補充するために行われる「補欠選挙」ですが、こちらは by- election と言います。

2.どのように民意を反映するか? 

民意を反映するために行われる選挙ですが、「どのように当選するか」は国や地域によってそれぞれの決まりがあります。日本の衆議院議員選挙では「小選挙区制」と「比例代表制」が取られていますが、イギリスでは「小選挙区制」のみです。

小選挙区制:a single-seat constituency system, first-past-the-post system (英)
比例代表制:proportional representation system

一般に、小選挙区制では大政党による政治が行われ政局が安定すると言われますが、死票が多くなり民意の反映という意味では問題もあります。イギリスで2015年に行われた総選挙では投票数の12.7%を獲得した政党UKIP(UK Independence Partyイギリス独立党、「ユーキップ」と発音)は660議席中ほんの1席しか獲得できなかったため現選挙制度を疑問視する声も多く聞かれました。

3.立候補する

「(選挙に)立候補する」という英語表現は、become a candidate, stand in an election, run in an election, announce one's candidacy, run for -, stand for- など色々とあります。

これからしばらく世界各地で選挙が続くので、お役に立てば幸いです。


2017年5月2日



第91回 選挙関連必須ボキャブラリー!

皆さん、こんにちは。ヨーロッパでは今年相次いで大きな選挙が予定されていますが(第76回参照)、予想外の選挙も加わりました! もうご存知かと思いますが、先週イギリス議会の解散総選挙が発表されました。そこで今回は選挙関連ニュースを読むための必須ボキャブラリーを取り上げます。ちなみに執筆現在(23日)、フランスでは大統領選挙の第1回目の投票が行われているところです(フランス選挙は第85回も参照)。

・poll:選挙の話では頻繁に出てくるこの言葉。どういう意味でしょう? 
 まずは「世論調査」の意味があります。選挙前には、世論調査の結果がよく報道されます。ただし、実施機関によって特定の候補者に有利な結果が出るように取り計らっている場合もあるので読者としては数字以外の部分にも注目をする必要があります。
 またpolls(複数形)には「投票所」という意味もあり、go to the pollsで「投票する」。「フランス、本日投票日」だとFrance goes to the pollsとも言えますが、France votesとかFrance is votingなどの表現も見かけます。
 pollは、動詞用法で「投票する、(票)を投じる」という意味でも使われます。その派生でpolling stationは「投票所」、polling day 「投票日」。

・ballot:投票所に行って、実際に記入する紙「投票用紙」がballot (paper)。それを入れる箱「投票箱」はballot box。cast a ballotで「投票する」

・cast a vote:これも「投票する」。「一票を投じる」という訳もいいかもしれません。

・postal voting:投票日に投票できないと分かっている人は前もって郵送で投票できます。日本では「不在者投票」と言われいくつかの方法で投票できるようですが、イギリスでは郵送による投票でpostal votingといわれます。

・electorate :「有権者」、「選挙民」という意味の集合名詞。常に単数形で使われます。

・turnout :多義語ですが、選挙の話で出てきたら「投票率」。フランスの大統領選では、誰に投票するかを決めかねている人が多く低い投票率(low turnout)が懸念されています。

・constituency:音節が5つもあって目や耳では理解できても割りと発音が難しいのでぜひ声に出して言ってみてください。アクセントは第2音節 "ti"。「選挙区」

・Parliament: ご存知の方も多いかと思いますが、「国会」の英語は日本の国会だとDiet、アメリカ連邦議会だとCongressですが、イギリス議会はParliament。派生して、国会議員は通常単にMP(Member of Parliamentの略)。イギリスにはHouse of Lords(貴族院)とHouse of Commons(庶民院)がありますが、解散総選挙の対象となるのは下院のHouse of Commonsのみ。ちなみに上院のHouse of Lordsは日本の参議院と異なり終身制で、選挙がありません。EUの議会はEuropean Parliament(欧州議会)。その議員はMEP(Member of European Parliament)と呼ばれます。

・The Tories:イギリスの二大政党はConservatives(保守党)、Labour(労働党)とせっかく覚えてもToriesと出てくると混乱するのでは?! これは保守党の前身の政党名ですが、今でも言いやすいからでしょうか、よく使われていて、保守党を意味します。メイ首相率いる与党です。

・Lib Dems:イギリスの「自由民主党」、つまりLiberal Democratsのことですが、ふつうLib Demsと略されます。日本の自民党は英語のフルネームはLiberal Democratic PartyでLDPと略されるので、似ているようで要注意。党の方針もイギリスの自民党は中道派で、日本の自民党とはかなり考え方が違います。2010年の総選挙では大躍進をして保守党と連立政権を組みましたが、2015年の総選挙では惨敗。議席数を57から49も減らし、第3党から第4党に脱落しました。今回の解散総選挙では、穏健な離脱(Soft Brexit)を訴えて、議席数挽回を目指しています。

・SNP:Lib Demsの代わりに議席数を延ばしたのがScottish National Party。「スコットランド国民党」または「スコットランド民族党」などと訳されます。党首(Leader)はニコラ・スタージョンという、いつも派手な色のスーツを着た女性。スコットランドはEU残留を強く希望しているため、「イギリスがEUを離脱するならもう一度スコットランド独立の是非を問う住民投票をする」と要求し、メイ首相の怒りを買っています。

以上、イギリスの選挙に偏った表現で恐縮ですが、前半の用語は都議選(the Tokyo Metropolitan Assembly election)の話を英語でするときにもお役に立てば幸いです。

実は、今週の原稿は、選挙真っただ中のパリからお届けしています。数日前に再びテロ事件があったところですが、1年半前の同時多発テロ後のような物々しい雰囲気はなく、住民はふだん通りに生活しているようですし、観光地は多くの観光客でにぎわっています。実際に現地を訪れると、報道では分からないことが実感できるなと改めて思いました。

「大統領選挙日、パリ・モンマントルの丘でくつろぐ人々」

green-170424.JPG

2017年4月24日

第90回 米Uberのビジネスモデルは成功するのか?!

皆さん、こんにちは。先週末(金曜から月曜まで)はイギリスなどキリスト教文化の国ではイースター(イエス・キリストが十字架にかけられて殺されてから3日目に復活したこと)を祝う休日でした。信心深い人は教会に行きますが、大半のイギリス人にとってはウサギ(多産の象徴)やタマゴ(生命の始まりを象徴)の形をした巨大なチョコレートのプレゼントを楽しみにする日です。

では、先週気になった「米ウーバー財務情報を開示」というニュースを紹介します。
ウーバー社については本コラム第45回でも紹介しましたが、世界中で広がっている配車サービス運営会社です。イギリスでも十代の若者から大人まで日常的に利用されるようになりました。最近よく話題になるsharing economyやgig economyというとほぼ必ず例として挙げられるのがUberとAirbnbです。「そんなに流行っているサービスならきっとその会社は大儲けしているのだろう」と思われがちですが、実はこれまでまったく利益を出していません!

では、4月14日付Bloomberg Technologyの記事にある表現を一部抜粋します。

まず見出し。Sales growth outpaces lossesとあります。
outpaceは「~を上回る/追い越す/しのぐ」。sales growth(売上の成長率、増収率)がlosses(損失の増加率/伸び)を上回っている、ということがニュースとなっています。つまり、相変わらず巨額の損失を出しているものの売上高(配車の予約数)が増えているから先行きは明るい、というわけです。

具体的な数字はこちらです。
The company generated $2.9 billion in revenue, a 74% increase from the third quarter. Losses rose 6.1 percent over the same period to $991 million.
(売上高は29億ドルと、前四半期から74%の増加をしたが、損失(赤字)は6.1%増の9億9100万ドルだった)
つまり、売上の伸びが74%という急成長を実現しているのに比べると損失はほんの6.1%しか増えていないから、長期的には事業の先行きに自信がある、とのことです。

・the privately held company:非上場会社
ウーバーは、非上場会社なので財務情報の公開は義務付けられていません。それでも公開した理由は、最近不祥事(セクハラ、幹部の離反など)が相次いだので事業の拡大ぶりをアピールしたいという狙いがあったのではと考えられます。

・the ride-hailing giant:配車サービス会社大手 
(ライドシェアや相乗りサービスなどとも)
これまでのところウーバーが圧倒的な地位にありますが、ライバルの米リフトには米ゼネラル・モーターズ(GM)が出資、米アップル社は中国の配車アプリ最大手滴滴出行に出資、日産は仏ルノーと無人運転の配車サービスを共同開発など、今後も注目の業界です。また日本でも規制が緩和されて一般ドライバーが客を有料で同乗させることができるようになるのかも気になるところです。

・Uber is a one-of-a-kind company, in good ways and bad ways.
ニューヨーク大学のDamodaran教授の言葉です。
one-of-a-kind(比類のない、ユニークな、独特な)とか、in good ways and bad ways (良くも悪くも、良い意味でも悪い意味でも)という慣用表現が使えるとネイティブっぽく聞こえるかもしれません。ぜひ使ってみてください。

長期的な視野に立って、巨額の投資を行い、ほとんど利益を出さない企業としてはアマゾン社が有名です。アマゾン社も当初は巨額の損失を出していましたが、その額においてウーバーはかなり上回っています。
ウーバーの配車サービスは、もともとはシリコンバレーの通勤ラッシュ時の交通渋滞緩和のためのアイデアとして生まれたサービスらしいですが、無人運転への流れとともに、ウーバーがいつ利益を出すようになるのか(ならないのか)今後もニュースを追っていきたいと思います。


2017年4月17日



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!