HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第79回 テクノロジーの進化と共に継続的に学ぶこと

皆さん、こんにちは。先週も驚くニュースが米国から次々と飛び込み、英米首脳会談も開かれましたが、今回は少し話題を変えて、英エコノミスト誌2017年1月14日号で特集されたLifelong learningについて取り上げます。

こちらの記事はWhen education fails to keep pace with technology, the result is inequality(教育がテクノロジーの進歩についていけないと、格差が広がる)という一文で始まっています。第二段落では次のように書かれています

Today robotics and artificial intelligence call for another education revolution. This time, however, working lives are so lengthy and so fast-changing that simply cramming more schooling in at the start is not enough. People must also be able to acquire new skills throughout their careers.

ロボット工学や人工知能(AI)がどんどん進化しているために、社会に出る前の学校教育でいくら詰め込んでも足りない時代になった、生涯を通して新たなスキルを継続して身に着けていく必要があるとのことです。

本記事では以下、新しい時代に即応した教育をすべての市民に提供することの重要性などが述べられています。

キーワードはMOOCs。「ムーク」または「ムークス」と発音しますが、Massive Open Online Coursesの略。インターネットを用いた大規模な公開オンライン講座で基本無料。手軽に高いレベルの授業が受けられるので教育革命の始まりとも言われています。
ロンドンメトロポリタン大学でもWebcamを利用して他国の大学と連携した授業も行っていますし、私個人も(小規模で有料ですが)オンライン講座を開講しています。もちろん教室で対面の授業をするほうが効果的だとは思いますが、決められた時間に特定の場所に行く費用と時間を考慮するとオンライン講座のほうが効率的だと判断する受講生が増えています。

技術の進歩はあらゆるセクターに影響を及ぼしており、言うまでもなく私たちは自動翻訳・通訳の進歩に敏感であるべきです。一昔前に比べるとかなり翻訳の正確度が増しており、将来私たちの仕事はどうなるのか心配する人もいるでしょう。でも、技術の進歩というのは脅威ばかりではありません。技術の進化を理解し、どんどん取り入れることによって、自分のパフォーマンスをさらに向上させることができます。

先週、ロンドンメトロポリタン大学では「通訳者に役立つテクノロジー(Technology for interpreters: how do you optimise interpreting with a smart pen and Apps on your devise?)」という単発セミナーが開催されました。ここで紹介されたのは、Livescribeというスマートペンです。逐次通訳で話者の話を聞きながら、この「魔法のペン」で「魔法のメモ帳」にメモを取ると、スピーチが録音され、メモをタップすればその部分が再生されます。メモを取った個所を切れ目ごとに再生することもできます。イヤホンでスピーチを再生しながら同通、つまり逐次通訳と同時通訳を合わせたような新しい形の通訳が可能となりました。ヨーロッパでは、逐次通訳より同時通訳のほうが得意な人が多く、このようなテクノロジーを使うとメモや記憶に頼らなくても逐次通訳ができるという利点があります。スピーチを録音するので、クライアントの許可を取る必要がありますが、担当講師によると「通訳パフォーマンス向上のため」「業務が終わったら即録音ファイルを目の前で削除する」と説明するとこれまでのところ拒否されたことはないとのことです。

また、通訳の(時に膨大な)資料ですが、日本では今でもエージェントが印刷して通訳者に送ってくれるそうですが、ヨーロッパではペーパーレス化がかなり進んでいます。一昔前までは、「データだと書き込みができない」という問題がありましたが、今ではタブレットやスマホを使って手書き入力したり、色・印を付けたりが手軽にできるようになりました。データだと用語検索も一瞬でできるので、紙の資料を持ち歩くより便利だと思います。

本コラム第50回で「アーリーアダプター」を自称した私ですが、このセミナーを担当したMaha El-Metwally(同大学アラビア語通訳講師)が紹介してくれた数々のアプリの半分も使っておらず、まだまだ修行が足りないと感じました。時間の効率化・パフォーマンス向上のために、今後も技術を前向きに取り入れていきたいと気持ちを新たにしたところです。

2017年1月30日

第78回 イギリス、単一市場から撤退の方針を明確化

皆さん、こんにちは。ついに第45代米大統領が就任されました。実にトランプ氏らしい就任演説でしたね。ただこちらは世界中で十分報道されているので、今回は今年注目の世界ニュースのNo. 2を取り上げます。先週は、米国からのニュース以外にスイスのダボスで世界経済フォーラムが開催されたので、このBrexitの新しい動きを見逃した人もいるかもしれません。

米大統領就任式の数日前にイギリスのメイ首相がBrexitの基本方針を示す演説を行いました。EU離脱についてはこれまでSoft、Hardの(第65回参照)どちらの方向で進むのかをはっきりさせてほしいという産業界からの強い要望がありましたが、今回のスピーチで「EUの単一市場にとどまることはできない」と述べ、Hard Brexit(強硬離脱)の方針を明らかにしました。ただし、英政府はHard Brexitという言葉ではなくClean Brexit(完全離脱)という表現を好んでいます(hardには「難しい/大変だ」という否定的なニュアンスが含まれているため)。

主要な点は以下です。

1. The final Brexit deal will be put to a vote in both houses of parliament.
(最終的な合意内容は上下両院の投票にかける)

2. Immigration: The UK will control the numbers of EU citizens moving in.
(EU市民の流入数に制限を設ける)

3. The UK will pursue "bold" free-trade agreement with the EU, but not membership of the Single Market.
(EUとは「大胆な」自由貿易協定の締結を求めるが、単一市場からは撤退する)

4. New trade deals with non-EU countries
(非EU各国とは新たに貿易協定を締結)

5. Britain will not retain full membership of the customs union.
(基本的には関税同盟からも撤退する)

6. The UK may continue to make payments to EU
(場合によってはEUへの拠出金を多少は支払う)

7. Control of our own laws
(欧州司法裁判所の管轄から独立する)

8. Maintain the Common Travel Area with Ireland.
(アイルランド共和国との共通通行地域(CTA)は維持する)
注:イギリス(UK)とアイルランド共和国は自由な移動を認める特別な協定を結んでいる。アイルランド共和国(独立国)と北アイルランド(UKの一部)は陸続きでもあり、日常的に多くの人が行き来しているので、この協定がどうなるのかを懸念する人が多い。

以上が演説の主要点ですが、この演説前後に金融市場ではどのような動きがあったでしょうか。
先週明け16日の欧州為替市場では、メイ首相が「強硬離脱」を示唆するとの懸念から大幅なポンド安となりました。しかし、演説内容が市場が恐れていたほど強硬ではなかったということでポンドが買い戻されました。株式市場も意外に堅調です。
(昨年6月24日以降、ポンド安ですが、おかげで英輸出産業は大変好調です)

またトランプ米大統領は、Brexitに好意的で、英国との自由貿易協定にも非常に前向きなコメントを出しています。1月27日にはメイ首相が早速ワシントンDCでトランプ大統領と会談をするとのこと。英米の急速な接近が予想されます。

米国だけでなく、オーストラリア、ニュージーランド、インドなど過去にイギリスの息がかかった国々とは、新たな関係を築くための交渉が進んでいるようです。

今年行われるフランス大統領選およびドイツの総選挙の結果によってはEUのあり方自体が大きく変わる可能性もあり、EUがいつまで強気姿勢で交渉できるのかは疑問です。

イギリスのEU離脱の正式手続きは予定通り今年3月末までに開始するとのこと。メイ首相の言うGlobal Britain(世界を舞台に活動を広げるイギリス)に向けて、引き続き今後の動きに注目です。


第77回 先週注目のスピーチ

皆さん、こんにちは。1月も中旬に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
前回は、今年注目のニュースを取り上げましたが、そのNo. 1に関連し、先週は印象的なスピーチが3つありました。どれも世界中で報道されているので既にご存知の方も多いでしょうが、以下紹介します。

1.オバマ米大統領の退任演説(President Obama's Farewell Address

退任間近のオバマ大統領が1月10日、シカゴで退任演説を行いました。米大統領が退任演説をホワイトハウス以外のところで行うのはとても珍しいそうです。自身の政治の原点であるシカゴの市民の前での演説では、Four more years!と会場から連呼されるなど、退任が惜しまれているのが伝わってきましたね。医療保険制度改革(オバマケア)の実績を強調したり、米国がいかに移民を受け入れて繁栄してきたかや平和的な外交政策によって問題解決をしたことについて語ったりなど、次期大統領が訴えている政策を牽制する意図が感じられました。冒頭は速攻のユーモアで始まり、途中妻に感謝の意を述べながら目頭を熱くした後、最後に国民を勇気づけるなど、さすがオバマ大統領、やはり名演説! この8年間、オバマ氏のスピーチは通訳練習や英語学習にもずいぶん使われましたが、今回の退任演説も一つの時代の節目を表すスピーチとして51分ありますが、一度通して聞かれるとよいと思います。

2.米次期大統領トランプ氏の記者会見(President-elect Press Conference

一方のトランプ氏は1月11日に大統領当選後初の記者会見を開きました。もともとは、実業家としての立場が大統領職に抵触するかどうかについての説明の場として予定されていましたが、前日にロシアでのスキャンダルに関する疑惑の報道がなされたため、この点が特に注目を浴びました。
就任後、ロシアとどんな関係を結んでいくのか、また自国の情報機関と就任前にこれほどまで対立した後、どのように関係修復するのか(しないのか)大変気になります。
「壁」の件は、記者会見によると「We're going to build a wall.(メキシコとの国境の壁は作る)Mexico in some form will reimburse us for the cost of the wall(その建設費用は何らかの形で後でメキシコから回収する)」とのことで、選挙中の公約を守るつもりのようです。
元弁護士のオバマ大統領は雄弁ながらも時々難しい表現を使うので通訳・翻訳も苦労をしますが、後継者のトランプ氏は、平易な短文で、何度も同じことを繰り返して言うので訳しやすく感じるかもしれません。ただ通訳者泣かせのくだけた(俗語)表現が多く、声を荒げるような場面をどう訳すかなど、別のchallengeがあります。これからトランプ氏のスピーチを聞いたり訳したりする機会も増えるでしょうから、内容に共感するしないにかかわらず、教材として使うとよいでしょう。
以下、この記者会見におけるトランプ氏独特の表現をいくつか挙げます。
・(Buzzfeedについて)a failing pile of garbage(できそこないのゴミの山)
・It's a disgrace...(みっともない/恥さらし/面汚し )、very very、horribleの繰り返し
・Obamacare is a complete and total disaster(オバマケアは完全な大失敗だ)
・(高額の製薬を販売している製薬会社について)getting away with murder (好き放題やっている)。-- 注:ここではmurderは「殺人」ではなく、「それくらいひどいこと→好き勝手」の意。製薬会社だからと言って、「殺しに使う薬を作っていたのに罰せられていない」という意味ではないので要注意。
・I will be the greatest jobs producer that God ever created(私は神が創造した最高の雇用創出者になる。)-- 注:出た!大げさな自画自賛!!
・(米情報機関が流したとされるロシア関連の報道について)It's all fake news. It's phony stuff.(中略)It was a group of opponents that got together--sick people--and they put that crap together.(あれは全て偽ニュースだ。いんちきだ。反対派の病んでる連中が一緒になってあんなひどい話をでっちあげたんだ)-- 注:大統領になるという人が公の場でcrapなどの下品な言葉を使うのも通常考えられないことです。あなたなら、どう訳しますか?
・Give me a break!(勘弁してくれよ)
・(現民主党政権について)we're run by people that don't know what they're doing.(自分が何をやっているのか分かっていない人たちが現在この国の政権を握っている)
・(トランプ氏の事業を引き継ぐ息子たちについて)if they do a bad job, I'll say, "You're fired". (「業績が悪ければ、『おまえらはクビだ』と言うだろう」-- 注:大人気だったテレビ番組The Apprenticeでの名ゼリフを引用)

などなど。大統領就任後も「え、そんなこと言うの?」という発言を次から次へとされるのか、20日以降も要注目です!

3.米女優メリル・ストリープ ゴールデングローブ賞のスピーチ(Meryl Streep Speech The Golden Globes 2017

最後にハリウッド女優のメリル・ストリープがゴールデングローブ賞の授賞式で行ったスピーチを紹介します。かすれ声ながらも、訴えたいことを準備して熱く語られた姿に感激した人も多いことと思います。冒頭でハリウッドがいかに多様性のある人々によって支えられてきたかを訴える言葉も印象的でしたが、障がい者のある記者をまねした権力者(Guess who?)を批判して次のよう述べた言葉は多くの人の心に残ることを望みます。

this instinct to humiliate when it's modelled by someone in the public platform, by someone powerful, it filters down into everybody's life because it kind of gives permission for other people to do the same thing.

Disrespect invites disrespect. Violence incites violence. When the powerful use their position to bully others, we all lose.

(人に恥をかかせてやろうというこの本能を、発言力のある権力者が形にしてしまうと、それは全員の生活に浸透してしまいます。なぜなら、こういうことをやってもいいんだと、ほかの人にも許可を与えることになりますから。
他人への侮辱は、さらなる侮辱を呼び、暴力は暴力を扇動します。そして権力者が立場を利用して他人をいたぶると、私たち皆が敗北することになります)

以上、先週印象に残った3つのスピーチを紹介しました。それぞれ、スピーチ原稿の英語("タイトル&full script"で検索)、日本語訳(翻訳・同通・字幕など)が出ているので、教材として使いやすいのではないかと思います。


第76回 2017年注目の世界ニュース

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
本コラムが配信される頃にはもうすっかりお正月休みも終わり、ふだんの日常生活に戻っているのではないかと思いますが、今年も新年の抱負は立てられましたか? まだ、という方はぜひ第26回の記事を参考にSMARTな目標を立ててみてはいかがですか? 自分が将来どうなりたいかを改めて考え、目標を明確にして、そのために日々努力をし、小さな達成感をたくさん味合うことがステップアップにつながると思います。

では、年の初めということで、今年注目の世界ニュースを3つ選び、キーワードを紹介します。

1.The inauguration of Donal Trump as the 45th President of the United States
ドナルド・トランプ氏がいよいよ1月20日に第45代アメリカ合衆国大統領に就任します。それに合わせinauguration(就任)、assume/take office(就任する)、take the oath(宣誓する)などのような用語がニュースに出るのは必須ですが、就任後は次のような約束を実施するのかどうかに注目です。
・Deporting illegal immigrants with criminal records (犯罪歴のある不法移民の国外追放するのか)
・Building the Mexican border wall(メキシコ国境に壁を建設するのか)
・Imposing a set of protectionist policies(保護主義政策を実施するのか)これにはTPP撤回も含まれます。
・Building a better relationship with Russia including striking a Syria deal(シリア問題での取引を含め、ロシアとの関係が改善されるのか)
その他、中国や日本などとのforeign policy(外交政策)、energy and the environment(エネルギー・環境問題)、tax cuts and infrastructure investment(減税とインフラ投資)、"America First" policy(アメリカ第一主義)などなど数えきれないほどの注目事項があります。

2.Brexit and European elections
Brexitに関しては次の大きな動き「3月末までにリスボン条約第50条を発動するのか(第65回参照)」に注目ですが、離脱交渉においては単一市場へのアクセス(access to the Single Market)とcontrol of immigration(移民の制限)のバランスがどのレベルで合意されるのかが一番のポイントと言えるでしょう。
またオランダ総選挙(the Dutch general election)が3月に、フランス大統領選挙(the French presidential election)が4~5月に、ドイツの連邦議会選挙(the German federal election)が9月にと、ユーロ圏の主要国にて次々と大きな選挙が予定されています。これらの国々においても反EUや反移民を掲げる政党が躍進しているので注目です。a far-right political party(極右政党)、the National Front(国民戦線/ FN)、Alternative for Germany(ドイツのための選択肢/ AfD)などが必須のキーワード。

3.AI(artificial intelligence)
3つ目のトピックとしては、政治ニュースから離れてAI(人工知能)を挙げます。昨年は、人間のプロ囲棋士がAIの対戦相手AlphaGoに負けたことが大きな話題を呼びましたが、自動車や家電製品など日常生活にAIがどんどん取り入れられることが予想されています。キーワードは、まずdeep learning(深層学習,ディープラーニング)。そして音声認識・入力に関連し、voice technology/assistant, computer-dictation systemの他、voice-driven systems/computers/devicesなどの表現があります。これらの技術は自動翻訳通訳とも直結しているので、私たちは特に注意を払うべきでしょう。また膨大なデータの蓄積により、privacy(プライバシー)とsecurity(安全保障)のバランスが懸念されています。加えて、bot(ボット)が今後どのように進化していくのかも注目していきたいと思います。

上記3つのトピックだけでなく、他の興味深いニュースや通訳に役立つ表現を今年も取り上げていきたいと思います。

ところで冒頭で、「新年の抱負を立てて毎日努力しましょう!」と奨励しましたが、実は私の2017年の始まりはそれどころではありませんでした(涙)。大晦日に回転性目まいで起き上がれなくなり、元旦は頭痛が耐え切れず病院の救急病棟(A&E)に駆け付けるという散々な年明けでした。幸い大事にいたらず、あっという間に回復し、無事平常の生活に戻れたことに感謝しています。というわけで、今年は無理のないよう健康第一を心がけたいと思っています。
皆様におかれましても、まずは心と体の健康状態を優先し、その上で学びの多い一年になることを心から願っております。


第75回 本コラムの1年を振り返る

皆さん、こんにちは。いよいよ2016年も終わりが間近となり、本コラムも今年の最終回となりました。そこでこの1年の特集を振り返りたいと思います。冬休みでいつもより少し時間に余裕があるという方、リアルタイムで逃した方、今回のリンクを利用してぜひゆっくり過去の記事もお読みください。

1.Brexit(イギリスのEU離脱)関連
今年の夏はどのメディアもBrexitを取り上げていましたが、イギリス発信の本コラムは2月から11月にわたり何度も話題にしました(第36回第39回第51回第54回第65回第69回)。実際にはまだ具体的な動きがないため、最近はあまりニュースになりませんが、2017年に正式な離脱手続きが始まることになっているので、来年も注目の話題です。

2.アメリカ大統領選、グローバル化
Brexitの騒ぎが落ち着いたころからは世界の関心がアメリカ大統領選に移りましたね。本コラムではトランプ氏の主張の一つ、「グローバル化反対」を懸念しグローバル化のメリットやデメリットについて第67回~第69回で考察しました。
トランプ氏の当選後は、いくつかの新語も生まれたのでTrumponomics(第71回)、Trumpflationなどを紹介しました。こちらも来年早々トランプ氏がついに大統領に就任することになっているので、続編は避けられないことでしょう。

3.類語をまとめて覚えよう! (増加・減少・横ばい・改善・悪化)
第40回第44回では、数字と合わせて使われる言葉をまとめて紹介しました。通訳の場では、数字そのものを正確に訳すことに加えて、その数字が何を意味するのか(増加しているのか、減少しているのか、横ばいなのか)も伝える必要があります。そんな場面で役立つ表現を集めました。

4.Buzzwords
第32回第35回ではバズワードと呼ばれる表現を取り上げました。ビジネスの場で、バズワードを聞いたときにピンとくれば正確に訳出しすることができます。

5.保険用語
第61回第64回は、知っていそうで意外にややこしい保険用語を取り上げました。自動運転車の普及と保険業界の関係を知りたい方は第64回をお読みください。

その他、交渉に役立つ表現は第55回第58回、マネジメント用語は第46回第48回以外にも単発で様々なビジネスニュースを取り上げたので、お正月休みの学びの題材になれば幸いです。

ところで、あなたにとって2016年はどんな1年でしたか? 恐らくどなたにとっても、良いこともあれば嫌なこともあったかと思います。なるべく常に前向きな姿勢を保っているつもりの私でさえ(?)、実は仕事でもプライベートでも落ち込みたくなることも結構ありました。体調を崩して起き上がれない日もありました。でもすべてを学びと受け止め、七転び八起きの精神で少しずつ前に進んでいます。

本コラムのおかげもあって、新たな学びのネットワークも広がりました。TwitterFacebookなどのメディアを通して向上心の高い人々に多く出会い、共に学び、互いに刺激し合うこともできました。感謝しています。

皆さまにとっても学びの多き1年であったことを願います。また本コラムが皆さまの学びに少しでもお役に立っていれば何よりです。



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!