HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融などの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第74回 今年どんな言葉をググりましたか?

年末が近づき、「今年を振り返る」ニュースも増えましたが、先週Googleが2016年の検索ランキングを発表したのはご覧になりましたか? 各国別の検索結果をグローバルの検索結果と比べるのも興味深いです。そこで今回は、日本イギリスグローバルの検索結果を比べてみましょう。

世界共通の今年のトレンドとしてはやはり「Pokemon Go」のようです。他、Donald TrumpやOlympics、iPhone 7、US election(アメリカ大統領選)などが上位にランクイン。日本では、smap、熊本地震、君の名は、シンゴジラ、ピコ太郎、台風10号など日本の文化・災害に関連した用語が急上昇した一方、イギリス・グローバルではDavid Bowie、Prince、Alan Rickmanなど急死が衝撃的ニュースとなった著名芸能人がよく検索されたようです。

興味深い点としては、イギリスではPokemon Goを破ってEuro 2016がトップだったことと言えるでしょうか。Euro 2016(UEFA欧州選手権)は、ヨーロッパ各国の代表チームによって争われるサッカーの大会(4年毎に開催)で、ヨーロッパではワールドカップと同等、一部ではそれ以上に注目されています。6月に開催されるため、イギリスの受験シーズンと重なり、本大会が開催される年は全国の平均点が少し下がるほどだそうです(試験直前にサッカーの試合を見ているから)。また、Euro 2016でイングランドが勝ち進んでいたこともイングランド人の愛国心を煽り、EU離脱に投票した人もいると聞いています。このような現象からイギリス人がどれほどサッカーに情熱を抱いているのかがお分かりいただけると思います。またEU referendum/Brexitは、上記のEuro 2016、Pokemon Go、David Bowie、Donald Trump、Princeを下回ったというのも興味深いですね......。そういえば、国民投票の結果が出た直後にWhat is the EU?という検索が急増したというニュースもありましたね。

またアメリカやイギリスではMeghan Markle(米女優)もかなり検索されたようです。日本にお住いの方にはピンとこないかもしれませんが、今年10月に英王室のヘンリー王子が交際宣言をしたことから注目を浴びるようになりました。

ところで「検索する」は英語で言うと何でしょう?
look upやsearchのほか、ウェブ検索の場合Googleが動詞で使われます。日本語で「ググる」というのに似ていますね。

以上、今年よくグーグル検索された語を取り上げました。皆さんが検索した言葉は上位に入っていましたか? 私はたぶんEuro 2016は今日初めて検索しましたが、前述の他の語はすべて一度は調べたような気がします。来年はどんな言葉がトレンドになるのでしょうね?!


第73回 学力向上のためには何が大切か

皆さん、こんにちは。先週OECD(経済協力開発機構)による国際的な学力調査(PISA)の結果が発表されたのはご存知ですか? 3年毎に発表されるこの調査結果は「教育のワールドカップ」とも言われ各国の教育関係者は心待ちにしているそうです。私自身ロンドンメトロポリタン大学や個人経営のグリンズアカデミーを通して教育・人材育成にかかわっているのでPISAの結果や解説には非常に興味を持っております。そこで今回は、英エコノミスト誌の記事を紹介し、関連用語を取り上げます。

まず教育と経済の関連ですが、OECDの行っている15歳児を対象にしたテスト(PISA)と世界経済には次のような関連性があります。
教育→人材育成→雇用率・生産性の向上→地域経済の発展→国レベルでの経済発展→世界経済の発展
つまり教育に投資することは世界経済の発展につながるということです。

12月10日発行の英エコノミスト誌にはWhat countries can learn from PISA testsWhat the world can learn from the latest PISA test resultsという二つの記事が掲載されています。

Poverty is not destiny. Money isn't everything.
(貧しいからといって運命が決まるわけではない。お金がすべてではない。)

成績というと一般的に「優秀な子は教育熱心な家庭や裕福な家庭に育つ子供」というイメージがあり、それが国レベルになると「先進国の子供は貧困国の子供より成績優秀」ということになります。でも、最新のPISAの結果、これまでの動きを分析するとそれだけではないということが証明されています。

29% of poor pupils score among the top quarter of children across the OECD. In Singapore, Japan and Estonia nearly half of the poorest pupils do.
OECD全体では貧しい家庭で育つ子供のうち、ほぼ3人に1人が上位25%に入っている事実に加え、シンガポール、日本、エストニアなどの教育レベルの高い国々においては貧困家庭の子供のほぼ半数が上位25%に入っている、とのこと。

裕福さと教育レベルの高さの関連は完全に否定できるものではないけれど、それだけでは決まらないという例がいくつか挙げられています。アルゼンチンで実施された教育改革によって教師のストを減らし、教師研修を強化して教育の質を上げたことが成績向上(得点アップ)につながったようです。今回のエコノミスト誌では取り上げられていませんが、「ゆとり教育」から転換した日本が再びトップクラスに返り咲いたことからも教育政策が生徒の学力にかなり直接的に影響を与えていることは明らかです。

The successful children are those who are exposed to good teaching more often.
つまり「質の高い教育を数多く受けることが成功につながる」とのこと。

これは子供の教育だけではなく成人教育にも当てはまると思います。独学も素晴らしいけれど、信頼できる教育者につき学びの機会を増やすことで成長のスピードが上がると日ごろ実感しています。

では最後に日常会話でも役立つ用語をいくつか紹介します。

・がり勉 swot
・おたく nerd
・教育ママ tiger mother (イギリスではpushy parentsのほうがよく見かけます。ママとは限らない?!)
・一夜漬けlast-minute cramming

あれ?! なぜかネガティブなイメージの言葉ばかりが......!

では最後はポジティブな言葉の引用で締めくくります。

Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty. Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young. -Henry Ford

いつまでも学び続け、若さを保ちたいですね。そして、そのことが究極的には世界経済の発展、グローバル社会の発展につながると信じています。


第72回 高齢化社会に関連した用語

皆さん、こんにちは。早くも師走に入りましたが、いかがお過ごしでしょうか。私は一週間の出張を終え、今ウィーン空港でフライトを待ちながら執筆しています。

前回取り上げようと思っていた、Oxford Dictionaries発表2016年のWord of the Yearに選ばれたpost-truthについては、イギリスで翻訳家として活躍中の杉本優さんがブログで既に取り上げています。大変興味深い内容ですので、ぜひご覧ください。

さて今回取り上げる表現ですが、もういいかげんトランプ氏の話題はやめたいので杉本優さんの別ページと合わせてTrumpflationのリンク紹介のみとさせていただきます。

そこで、新しいトピックとして「高齢化社会」を考えてみたいと思います。

1.少子高齢化
日本語では「少子化」と「高齢化」が同時に進行しているので「少子高齢化」という表現がよく使われますが、意外に定訳がなく、文脈によって様々な表現が出てきます。子供の数が "減少"、高齢者が "増加"ということで、第40回第41回で説明した用語も使えるでしょう。
・「少子化」については「出生率(しゅっしょうりつ)の低下」と捉え、falling/declining/low birth rate, a fall/decline in the birth rateとするか、「全体的な数が低下」と捉え、a fall in the number of children, the diminishing number of children, 単にfewer childrenなどと言えます。出生率はfertility rateとも。
・「高齢化」は、aging, aging population, an aging society, population aging, the aging of the populationなど微妙に異なる表現が色々ありますが、demographic agingとも言われます(ageingというスペルも使われる)。

2.シルバー
高齢者層を指して「シルバー」と日本語で表現することがありますが(例:シルバーシート、シルバー産業)、英語のsilverにはこの意味はないので要注意! シルバーシートに適する英語はpriority seats/seating。高齢者に限らず障がい者や妊婦のための「優先座席」の意。
では、英語で「高齢者」を意味する色は何でしょう?
答えはgray(米)/grey(英)。「白髪」がwhite hairではなくてgrey hairと言われることに由来するのでしょう。turn greyは「白髪になる」、grey powerは「高齢者の影響力」を意味します。greyが使われるのは「白髪」って一本一本は白いけど、全体的には灰色に見えるから「白髪交じり」をgrey hairと呼ぶのでしょうが、私個人的にはちょっと違和感があります。

3.サンドイッチ世代
これはアメリカ発祥の表現が日本語でも使われているので、英語ではそのままsandwich generation。高齢の親と同居し、同時に子育てもしている中年夫婦を指します。「同居」していなくても自分の親と子を経済的にサポートしている場合も含まれるようです。

以上、「高齢化社会」に関連した用語を紹介しました。お役に立てば幸いです。

ではクリスマス気分を盛り上げるために、ウィーン市庁舎前広場のクリスマスマーケットの写真を掲載します。スケートリンクもあり、観光客や地元の人々で大賑わいでした。

Vienna_ChristmasMarket.jpg


第71回 Trumponomicsとは?

皆さん、こんにちは。いつもお読みくださってありがとうございます。ときどき読者の方から「よく毎週ネタが思いつきますねー」と言われますが、実はネタがありすぎて困っています(苦笑)。今週はOxford Dictionaries発表のWord of the Yearを取り上げる予定でしたが、他にも紹介したい言葉があり、予定を変更しました。その言葉というのは、Trumponomicsです。今年のWord of the Yearに選ばれたpost-truthもTrumponomicsもTさんが関わっています。好む好まないにかかわらず、ものすごい影響力であり、常に最新情報に耳を傾けるべき通訳者としては無視するわけにはいきません。

Trumponomicsという綴り字からご推測の通り、これは米トランプ新政権が掲げる経済政策(Trump+Economics)を指します。日本語でも「トランポノミクス」とカタカナ表記で一部報道されています。

では、具体的にはどのような政策を掲げているのでしょうか?

1.large personal and corporate tax cuts:
  まずは大型減税。法人税・所得税ともに減税を掲げています。

2.restructuring of U.S trade deals
  こちらは日本でもかなり話題になっているTPP(環太平洋パートナーシップ)と関連。アメリカの利益を第一に考え、それ以外の貿易協定は撤退・再交渉するとのこと。メキシコ・カナダとの貿易に関税が発生するようになるのかどうかは北米に進出している日系企業にとっても大変気になるところです。

3.large fiscal stimulus for the U.S. economy on infrastructure and defense
  インフラ整備および軍事向けに大型の財政出動。

選挙期間中に色んな発言をしていて、一体どこまで実行されるのか今はまったく分かりませんが、勝利宣言にて
"We are going to fix our inner cities and rebuild our highways, bridges, tunnels, airports, schools, hospitals. We're going to rebuild our infrastructure, which will become, by the way, second to none. And we will put millions of our people to work as we rebuild it."
とインフラ整備については強く訴えていたので、少なくともこれだけは実行するのではないかと思われます。ただし、インフラの具体例を「道路、橋、トンネル、空港、学校、病院」と6つも挙げているのにwall(メキシコ国境に建設する壁)が含まれていないのが興味深いです。

トランプ氏の計算ではトランポノミクスにより10年間で2500万の雇用が創出され、3.5%の経済成長が見込まれているそうです。そして上記のような大幅減税と財政出動をしながらも政府債務は減らすとのことです。

金融市場ではトランプ氏当選のニュースにいったんは株価急落・円高ドル安になりましたが、トランポノミクスへの期待感から、株価もドルも急反発。Trump rally(トランプラリー)と呼ばれています。まだしばらく乱高下があるかもしれません。

というわけで、今回は予定を変更しTrumponomicsを取り上げました。post-truthや候補に挙がった他の言葉もぜひOxford DictionariesのWord of the Yearウェブサイトでご覧ください。


第70回 米大統領選 勝利宣言・敗北宣言 

皆さんは、歴史的な米大統領選挙の結果が出た11月9日をどのように過ごされましたか? 
アメリカ大陸にお住いの方にとっては11月8日の夜、日本の方にとっては9日の日中になりますが、ここイギリスでは結果が出始めたのは11月9日の未明でした。私はいったんは眠ったものの午前2時頃から選挙速報をチェックし始めるともう眠れず、寝不足のまま出勤しました! (実は6月24日の繰り返し...) 
 
今回は「役立つ表現」の紹介というよりは、選挙結果後のトランプ氏とクリントン氏のスピーチについて私見を述べたいと思います。 
 
8年前にオバマ大統領が当選した時の勝利宣言(victory/acceptance speech)を覚えていますか? あの名スピーチを英語の学習や通訳練習のための教材として使った人も多いのではないでしょうか? それに比べるとトランプ次期大統領(president-elect)の勝利宣言はとてもシンプルでしたね(誰がステージに上がるのかなど、事前の打ち合わせがなかったかのよう...)。誰でも理解できるような平易な言葉でゆっくりと話すので、英語中級者にも同時通訳者にもありがたいことですが、それがトランプ氏が勝利した要因の一つではないかとも思います。1文1文が短く、間の取り方が(悔しいけど)うまいなと思います。アメリカの一般庶民が彼のトークに惹きつけられるのも分からなくはありません。 
 
ヨーロッパの通訳訓練では、自分と意見が違う人のスピーチも、共感する人のスピーチも私情を入れず、先入観なくプロフェッショナルに訳すための訓練もします。偶然にも11月9日のロンドンメトロポリタン大学の授業では自分と反対意見を持つ人の通訳をする練習を行うよう予定されていました! そこで急きょ予定を変更し、トランプ氏の勝利宣言が通訳練習の題材として使われました! 
 
クリントン氏の敗北宣言(concession speech)は帰宅後に動画で1人で視聴しましたが、スピーチの一言一言に重みを感じ、涙があふれました。「もし生同通をしていたらどうなっていたことだろう?」とも思い、実際に声に出して訳してみましたが、やはり感情的になりすぎて訳しきれませんでした。まだまだ修行が足りません! 私にとって11月9日は「反感を持つ時よりも共感しすぎる方が通訳しにくい」ということを学んだ日でもありました。 
 
特に感情が高まって訳せなかったのは以下の部分です。皆さんならさらりと声に出して訳せますか? 文字からではなく、ぜひ動画を見ながら試してみてください。 
 
冒頭略 
This is not the outcome we wanted or we worked so hard for and I'm sorry that we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.  
 
中略 
I know how disappointed you feel because I feel it too, and so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful and it will be for a long time. 
 
中略 
I have, as Tim said, spent my entire adult life fighting for what I believe in. 
I've had successes and setbacks and sometimes painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers -- you will have successes and setbacks too. 
This loss hurts, but please never stop believing that fighting for what's right is worth it. 
It is, it is worth it. 
 
And so we need - we need you to keep up these fights now and for the rest of your lives. 
 
And to all the women, and especially the young women, who put their faith in this campaign and in me, I want you to know that nothing has made me prouder than to be your champion. 
 
Now, I - I know - I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday someone will and hopefully sooner than we might think right now. 
 
And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams. 
 
アメリカで初の女性大統領を目指して長い間がんばってきたヒラリーさん。8年前とは違って、今回はきっと政治を引退することでしょう。今後は、女性の社会進出(women's empowerment)促進やLGBTの社会運動などのために活躍されることを期待します。そしていつか講演の同時通訳を頼まれるという幸運に恵まれることがあれば、その時は私情を入れずちゃんと訳せるよう、そんな日を夢見ながら自己研磨に励みたいと思います(ちなみにスティーブジョブズの伝説のスピーチも何度聞いてもうるうるしてしまいます)。 



《 前 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 次 》


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!