HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

走れなくなったら嫌じゃない?

 ハーフマラソン出場を念頭に置き、今年元旦から続けてきた早朝ジョギング。当初は「2009年の一年間で100回は毎朝走る」を目標にしていましたが、いつの間にか走ることが日常生活の一部となり、走らないとかえって違和感を覚えるほどに、私の毎日にとって欠かせないものとなりました。

 心理学では21回続けることができれば、ほぼ習慣化することができると言われています。私の場合、まずは三日坊主を避けるべく、3回は続けることを短期目標にし、その後「1週間」「10日」「2週間」と少しずつ伸ばしてきました。ただ続けるだけでは身が持たないとも考え、ところどころで自分へのごほうびを盛り込むなど、モチベーションが下がらないようなイベントも工夫しました。時間管理に関する本やビジネス書で「モチベーション」というタイトルが付いた本なども大いに参考になっています。

 こうして続けた結果、走ることそのものに楽しみを覚えるようになりました。朝、太陽を浴びながら季節の移り変わりを肌で感じたり、お気に入りのポッドキャストで情報収集したりもしました。また、お散歩中のかわいいワンちゃんたちの姿を見ることも、走る上で励みとなりました。まもなく一年がたとうとする今、走ることを通じて健康と幸せを得られたのは、本当にありがたいことだと思っています。

しかし、喜びや勢いだけで物事が続くとは限りません。私の場合、何と生まれて初めて「ひざの痛み」に見舞われてしまったのです。よく新聞の見出しで「○○選手、ひざを手術」「ひざの故障で欠場」といったものをこれまでも見てきました。けれども自分自身が体験したことがなかっただけに、あまりピンとこない状態だったのです。今、私の左ひざは、動きによってピキーンとした痛みが走ります。まるでひざに爆弾を抱えているような感じです。

せっかく習慣化したジョギングを突然休むことには抵抗があります。体力が落ちたらどうしよう、体重が増えたらどうしよう(!)など、いろいろな思いが頭をかすめます。そのような中、フルマラソンに出場した友人がこんな言葉をかけてくれました。

「私もひざを痛めたことがあるけれど、その時は思い切って休んだよ。だって走れなくなったら嫌じゃない?」

この一言で私は迷いから吹っ切れることができました。そうなのです、これからもずっと走りたいからこそ、勇気を持って休むことも大事なのですよね。

これはおそらく英語学習でも言えると思います。「毎日がんばって続けてきたのに忙しくて机に向かえない」「だんだん日々の課題がこなせなくなってきた」というとき、私たちはつい焦ってしまいます。けれども、それが永遠に続くわけではないのです。いつかまた元通りになる日が来る。その日のためにも、焦りは禁物です。休まざるをえない日は思い切って休む。そしてまた取り組めるときが来たら集中して取り組んでいけばよいのです。

今回、ひざの痛みが大切なことを私に教えてくれたように思います。

 (2009年12月21日)


厳しさVSほめること

 私は現在、放送通訳業の傍ら、通訳学校をメインに指導も行っています。教えるという行為は、その授業時間の数倍もの準備時間を必要とするものであり、通訳業務とは違ったやりがいがあります。私の場合、大学時代に家庭教師こそ経験したものの、一定人数を相手に授業をするという塾や予備校での指導はなぜか苦手意識が先立ち、結局はやらずじまいとなっていました。ですので、今から10年ほど前に初めて「授業」という形式の仕事にかかわった時は大いに緊張していたのを覚えています。

 かつて私が受講生として通訳学校で学んでいた頃は、体育会系の厳しい授業が少なくありませんでした。「そんなことでは通訳になれませんよ」「一体なんだと思っているの!?」といった厳しいコメントや注意が講師の口から聞かれることもあったのです。受講生による授業評価アンケートなども存在せず、「先生がおっしゃることはとにかく絶対正しい。先生の指示を守っていれば必ず自分も通訳者になれる」と、多くの受講生が厳しい指導に耐えながら一日も早いデビューを目指していたのです。

 しかし、時代は大いに変わりました。昨年、あるスキーリゾートでスクールに入った時のこと。インストラクターの先生がこうおっしゃいました。

 「かつて私たちのスクールもずいぶん前は厳しい指導をしていました。けれども今はそういう時代ではないのです。とにかくほめて伸ばす。これが現在今の指導法です。」

 子育て雑誌を見ても、ほめることの大切さが書かれています。医師やカウンセラーでさえ、頭ごなしに患者を決めつけて診断するのはご法度で、まずは「傾聴」が求められる時代です。講師であれ医師であれ、「お客様」に気に入っていただけなければ、それこそネットや口コミで何を言われるかわからない、そんな時代になっています。

私自身、かつてスパルタ式の学校で学んでいた時は、「こっちだって大人なのだから、何もそんなに厳しく言わなくても・・・」と心の中で反発していました。自分ができないことは自分が一番自覚しています。傷に塩を塗るような行為をなぜされなければいけないのかと悔しい思いもしました。

けれども最近ふと思うようになりました。それは、厳しく教育されるのと、ほめて指導されるのとではどこまで「伸び」が異なるのかと。一般論ではほめられた方が本人ものびのびと学べるといわれています。では、肯定的な言葉のみで指導した受講生のどれだけが実際に通訳者としてデビューし、この世界の中で生き延びているのでしょうか?私自身、この課題を検証したわけではありませんので、明確な答えは持ち合わせていません。ただ、これは個人的な推測ですが、ひょっとしたら「厳しく教育されたタイプ」も「ほめて指導されたタイプ」も、結局は同じぐらいの割合で通訳者になっているのではないかなと思っています。
 (2009年12月14日)


何故私たちではなくてあなたが?

 私が通訳業を始めたのは今からおよそ15年ほど前です。最初は成田空港のお出迎えや国際会議の受付業務から始まり、その後アテンド通訳、ビジネス通訳、会議通訳と少しずつ仕事の幅を広げてきました。そして縁あってロンドンのBBCワールドで放送通訳業に携わるようになり、帰国後の今も放送通訳をメインに稼働しています。

 空港で今か今かとゲストをお出迎えするときのドキドキ感、「お名刺を頂戴いたします」と言って正確にお名前を確認するときの受付での緊張感など、今では懐かしい思い出です。さらに、いくら準備しても不安だった初めてのビジネス通訳現場では胃がキリキリと痛み出したこと、直前に電話帳数冊分の資料を手渡され、同僚と助け合って読み込んだセミナー同時通訳などもありました。どの仕事にもそれぞれ学ぶことがたくさんあり、そうした業務を依頼してくださった方々には感謝しています。

 今ではもっぱらCNNやCBSイブニングニュースなど、報道の通訳が多くなっていますが、なぜ放送通訳にここまで魅了されているのか、最近改めて考えるようになりました。ニュースという、まるで連続ドラマのような継続性に惹かれているのももちろんですし、一カ国で起きた出来事が世界に徐々に波及していくのを目の当たりにし、それを身近なものととらえられるようになったこともあげられます。たとえばリーマン・ショックやサブプライムローン問題、原油価格高騰などは日本の本土で起きたことではありませんが、巡り巡って私たちの生活にも大きな影響を及ぼしました。他国で発生したことを、対岸の火事ととらえるのではなく、「自分の問題」として考える大切さを私は放送通訳から感じています。

 けれどもそれ以上に大きな要因があります。それは、なぜ色々な出来事や事件が「私の近辺」ではなく、別の場所で起きたか、という点です。たとえば今年秋にはフィリピンで台風による大洪水が発生し、多くの犠牲者が出ました。なぜ「私」ではなく、フィリピンの人々が被害にあわなければならなかったのか。あるいはアフリカのダルフールでは大量虐殺が起きていますが、なぜ「私」
ではなくて彼らがそのようなむごい状況下にいるのか、などです。

 戦後、精神科医としてハンセン病患者の治療にあたった神谷美恵子氏は、「癩者に」と題する詩を残しています。

 「何故私たちではなくてあなたが?
  あなたは代って下さったのだ、
  代って人としてあらゆるものを奪われ、
  地獄の責苦を悩みぬいて下さったのだ。」

 イラクやアフガニスタンの人々は、銃声や爆音が続く生活を送っています。一方、自分の意見を公の場で訴えたくても、政府の規制で自由に発言できない人も世界にはいます。女性だからという理由で教育を受けられない人もいれば、衛生状態が悪くて幼子が自分の目の前で命を落としていく、そんな状況に直面している人たちがいるのです。

今こうして暖かい部屋でこのコラムを書いていると、「たまたま」「今の日本」に生きる自分がいかに恵まれているかを改めて感じます。その自分が社会に対してできることは何なのか。ことばに携わる一人間として、これからも考え続けたいと思っています。

 (2009年12月7日)


ハーフマラソン、完走しました!

 11月23日、私は生れてはじめてのハーフマラソンに参加しました。昨年、同じ大会で3キロ部門を走り、今年春には別のレースで5キロマラソンに挑戦。大会に出るのはこれで3度目です。好天に恵まれたこともあり、タイムは2時間8分6秒。「まずは完走すること」をめざしていた私にとって、本当にうれしい結果となりました。そこで今回は、マラソンのトレーニングと英語学習のポイントを関連付けてお話しします。

1.コツコツと続けること
 私が本格的にトレーニングを始めたのは今年の1月からです。最初は連続で5分も走れませんでしたが、毎日少しずつ走る距離を伸ばすことによって、心肺機能がアップしていきました。同時にスポーツクラブで筋トレも行い、バテない体力をめざしたのです。今回のレース前半ではゆっくりと自己ペースを維持して体力を温存して走りましたが、中盤以降、少しずつピッチを上げて、最後の3キロはほぼ全速をめざしてゴールしました。
 有酸素運動と筋トレ。これは英語学習で言うならば、「多読」と「文法・語彙力強化」の関係に似ています。どちらか片方ばかりやっていても、本当の力をつけることはできません。シャドーイングだけ、あるいは単語暗記だけといった偏った学習では実力的にアンバランスになってしまいます。たとえ苦手でもまんべんなく勉強をすることが求められます。そのためにもやはり毎日コツコツと続けることが大切なのです。

2.信念を持つこと
 私の場合、レース本番まで実に11か月間ありました。最初のうちは走ることに慣れておらず、しんどいなあと思う日もあったのですが、次第に「走る」という行為に慣れて来ると楽しくなってきました。副次的効果として体重が落ちてくれたこともあり、毎朝のジョギングが私にとって貴重な時間と変わっていったのです。
 しかし、やはりスランプはありました。一番こたえたのはレース直前に体調を崩してしまったことです。思うように体は動かず、ストレスはたまるばかり。さらに「ハーフの距離を事前にリハーサルしていない」ということも私にとってはプレッシャーとなりました。
 英語学習でも似たような状況があるでしょう。たとえば「英語を勉強しよう!」と思い立った当初は、勉強そのものが楽しい時期です。しかしそのうちに、「どんなに単語をがんばって覚えてもすぐ忘れてしまう」「本当に身に付いているのだろうか」といった悩みがクローズアップされてしまいます。これがいわゆる「学習停滞期」です。ましてや資格試験などを目標にしてきた場合、このスランプは本当に辛いものです。
 このようなとき、人間というのはついネガティブ思考で堂々めぐりになりがちです。けれども自分で自分をいじめたところで解決することはできません。むしろ大切なのは、それまでの自分の蓄積を振り返り、自分の進歩を大いに認めることだと思います。そして「自分には必ずできる!」という信念を持ち、再び歩んでいくことなのです。

 先日、日経新聞の夕刊でプロ車いすテニス選手の国枝慎吾さんが、「試合に調子のピークを持って行くのがプロとして当たり前のことだと思っている」と述べていました。私自身、今回ハーフマラソンの本番直前で体調を崩してしまったことから、体調管理に関してはいろいろと反省している点があります。ただただトレーニングばかりに焦点を当てるのではなく、あえて休養をとって自分の体をいたわり、本番に備えてベストなコンディションを作っていくのも大切な要素だと感じています。

 英語学習でも通訳業務でも同じです。どんなにたくさん勉強したところで、当日に力が発揮できなければせっかくの努力が水の泡と化してしまいます。バランスを常に考えていくことこそ、最善の結果にいたるはずです。

 (2009年11月30日)


ハーフマラソン出場へ

 このコラムがアップしているころ、私はハーフマラソンに出場しているはずです。昨年秋に3キロマラソンに出て以来、走ることに魅了されて今回のエントリーとなりました。去年はとりたててトレーニングすることなく本番で走ったのですが、周りのランナーたちの存在や沿道からの声援など、「自力で走ってゴールすることの素晴らしさ」にすっかり魅せられてしまったのです。こうした理由から、「2009年秋の同じ大会ではハーフに出てみたい!」と思うようになりました。

 ただ、「出たい!」という意欲があっても、具体的な計画がなければ完走することはできません。ハーフと言えば、21キロです。東京から成田空港までが片道60キロですから、その3分の1の距離を走り続けなければならないのです。そこで具体的な対策を考えることにしました。

 まず今年の元旦に「ジョギングを年内100回」「1日1万歩を年内100回」という数値目標をたてました。これは「毎日走る」「毎日1万歩」としてしまうと、実行できなかった日を後悔することになり、後悔すればやる気も失せてしまうと考えたからです。けれども1年は365日ですから、たとえ3日に1回であっても100回であれば何とか年内に達成できます。これで心理的なハードルがかなりさがりました。

こうして1月から少しずつ走ったり歩いたりという自主トレーニングを始めたのですが、それまで5分も走れば息切れしていた私も少しずつ走る距離と時間を延ばせるようになりました。そのうちに「早朝ジョギング=ポッドキャストを聞く貴重な時間」となり、自分の勉強タイムに充てられるようになったのも大きな副産物でした。朝日を浴びながら好きな番組を聞き、季節の移り変わりを感じながら1日のやる気を高める。これが私の生活の一部となっていったのです。

しかし、本番当日まで順風満帆で来たわけではありません。実は今から2週間前に少し風邪気味になり、一気に疲れが出てしまったのです。それまでは「あと10日で本番だから今日は60分走る!」などとやる気満々でいました。ところがいったん体調不良になるや、走るのも億劫、ストレスで食べすぎて体は重くなるなど、どんどん「やる気失墜スパイラル」に陥ってしまったのです。しまいには「21キロ連続で走る練習をしない私は、たぶん完走できないだろう」「周りに『ハーフマラソンに出る』と宣言したものの、途中リタイアしたら恥ずかしい」などと要らぬ心配をする始末。こうなると本当に辛くなります。こんな心理状態が2、3日続きました。

このあと私がとった行動。それは家族に私の本音を聞いてもらい、慰めたり叱咤激励してもらったりしたことでした。私は毎日走った時間をメモしてきましたので、その記録を見直しもしました。そして私なりに出した結論、それは「どんな結果になっても構わないから、とにかく本番まで練習は続けよう」というものだったのです。私はとにかく毎朝走り続けました。

「走り続けることから生じた悩み」ではありましたが、走り続けることによって何とか吹っ切ることもできました。初めてのハーフマラソンですから、緊張するのは当たり前です。でもその緊張感に押しつぶされるのではなく、それにどう真正面からぶつかっていくか。今回のマラソンは私に教えてくれたように思います。

 
 (2009年11月23日)



《 前 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。