HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

とにかく細分化!

 10月12日のこのコラムで、「最近は作業時間を45分間ずつにしている」と書きました(第79回「まだまだ続く、時間術への探求」)。かつての私は集中力が続く限り、長時間続けて仕事をしていたのですが、集中力が途切れるやドッと疲れが出てしまい、その後はぼーっとして過ごすという状況になってしまったのです。そのため、改善策として15分ずつタイマーで区切って仕事をするようにしたのですが、逆に15分ではあっという間に時間が過ぎてしまい、タイマーが鳴っても中断せずに続けてしまうという、元の木阿弥に陥ったこともありました。現在の「45分は仕事、その後の15分は家事」と決めて以来、在宅ワークは格段にはかどるようになっています。

 特に注目すべき点は、「15分間の家事時間」の使い方です。以前の私は仕事が多忙になればなるほど、家のことがおろそかになってしまい、その一方で家じゅうのホコリや汚れが気になって仕方がなかったのです。「掃除機かけなきゃ」「窓ガラスが汚れてる!」「衣替え、いい加減に早くやらないとな〜」と頭の中で常に「警報」が鳴り響いている状態でした。けれども忙しさにかまけてなかなか取りかかることが出来ず、ズルズルと先延ばしにしていたのです。ちなみに英語では先延ばしにすることをprocrastinateと表現します。

 そこで最近は、とにかくやるべきことを細分化するよう、心がけています。たとえば夕食で野菜炒めを作る場合、次のような工程に分けることができます。

1.野菜を冷蔵庫から出す
2.野菜を洗う
3.野菜を細かく切る
4.ソース(味付け)を作る
5.フライパン、木べら、サラダ油を出す
6.野菜を炒める
7.人数分のお皿を並べる
8.盛り付ける

 「15分間の家事時間」で私が日中に取り組むのは1から5までです。6から8は食べる直前の作業となります。ただし、1から5も一気には行いません。日中、45分間の仕事をしたら、目を休める意味でもパソコンの前から立ち上がり、「野菜を冷蔵庫から出す」「野菜を洗う」だけをやります。そしてまた45分間、仕事に取り組んだのちに「細かく切る」作業を行うのです。こうすることで、食材の水分を切ってからまないたで細かく切ることになり、いざ、後で炒める時も油がはねずに済んでいます。

 ソースも私はあらかじめ作ってタッパーに入れておきます。炒め始めてから調味料をいちいち出すとあわただしくなりますが、事前に作っておけば、あとは容器からフライパンに注ぎ入れるだけで済むのです。こうして細かく作業を分解することで、労力を分散化できることになります。

 他にも掃除機がけの際は「掃除機を出す」「コンセントにコードを差し込んでおく」「丸ブラシをかける」「床を掃除する」という風に細分化しています。一見大変そうな作業も、細かく分けることにより、心理的な負担がかなり減るはずです。ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 (2009年11月16日)


勉強への取り組みはライフステージで異なってくる

 英語の学習をしていると、分からない単語や構文が出てくるたびに「文法やらなきゃ!」「単語集、買わなくちゃ!」という気分になってしまいます。そもそも語学学習に「終わり」はないのですが、それでもまじめに取り組もうと思えば思うほど、自分ができない部分・分野に目が行ってしまうのです。

 「できないから学ぶ」「知らないことを知るために学習する」という「攻めの姿勢」で勉強をすれば、新しい知識との出会いは喜びに変わるはずです。しかし勉強を修行のようにとらえてあれもこれもと抱え込んで学習計画を立ててしまうと、いつかは息切れしてしまいます。そして計画倒れになった自分を責め、「やっぱり私は英語ができない」「自分は意志が弱いからダメだ」と自己否定に陥ってしまうのです。これでは学びが喜びどころか、苦しみと化してしまいます。

 私はかつてかなりの完璧主義者でした。たとえばTOEICを受験した際、自分の目標点を下回ってしまうと落ち込んでいたのです。実家で両親と暮らしていた頃は家事などすべて母親任せでしたので、自分の時間が山とあり、余った時間を英語学習にあてることができました。しかし、だからと言って英語力が飛躍的に向上していったわけでもなかったのです。完璧を求めつつ、なかなか力が付いてこない。それはそれで辛い状況でした。

私の考え方が徐々に変わっていったのは、自分を取り巻く環境が変化し始めてからです。実家から独立して海外で仕事をするようになり、やがて結婚して子どもも生まれました。そうして自分のライフステージが変わるごとに、かつての大海原のような勉強時間は減っていったのです。パーフェクトを求めることよりも、少ない時間をいかに有意義に使うか。そのような考えにシフトしていきました。

自分の時間がないことに非常に苦しんだ時期ももちろんありました。「時間がたっぷりあったころにどうしてもっと真剣に学ばなかったのだろう」と悔やんだこともあります。しかし過去を悔やんだり、自分と異なる境遇の人を羨んだりしても解決にはつながりません。結局は自分で工夫して時間を捻出し、集中力を高めるしか前進できる方法はないのです。このような考え方に至ったころ、私は完璧を求めることをやめていったのだと思います。

今の私には、「どの教材をやるべきか」「どうやって勉強しようか」と悩む時間的な猶予はありません。少しでも時間があれば、目の前の素材に真剣に取り組むのが一番だと考えています。「昨日より今日、一つでも新しい単語に出会えればラッキー」、「一日一回でもシャドーイングできれば幸せ」。今はそのように考えながら、毎日を過ごしています。
 
 (2009年11月9日)


7割できれば良しとする

 先週のこのコラムで、「アメリカ海兵隊式経営」(フリードマン著、ダイヤモンド社、2001年)という本をご紹介しました。アメリカの海兵隊と言えば、戦場の最前線に立ち、厳しい戦いに従事する軍隊です。その訓練方法は厳しく、一定期間昇進できない者は除隊させられます。本書は、そうした海兵隊の訓練を現代経営に関連づけて書かれた本です。

 私がこの本で最も共感したのは、「7割の解決で良い」という考え方でした。海兵隊では、任務をやらずにいるぐらいならば、70パーセントの達成率になっても良いから実行した方が良いという考え方があるのです。

 私はこの本を読んで以来、すべての点において「7割できれば良し」という考えを抱くようになりました。そこで今回は日常生活や勉強におけるこの考え方をご紹介しましょう。

(1)掃除:家の中の掃除をやらなければ汚れたままになってしまうが、掃除機をざっとかければその分きれいになる。7割方ホコリが取れれば良し。

(2)窓ふき:窓枠や窓のさんなど、きれいにしようと思うときりがなくなってしまう。せめてガラス面の大半が拭ければOK。高くて手が届かないところが拭けなくても、とりあえず自分の視界の範囲がきれいになれば良しとする。

(3)献立:バランス良く調理せねばとわかってはいるものの、忙しくて偏ってしまうことも。そんなときはとりあえず「赤・黄・緑」の食材が並べば合格ライン。トマト、卵、おひたしを常備しておけば、残りが多少脂っぽいメニューでも栄養バランスは7割達成できると考える。

(4)運動:「毎日10分ジョギングする!」と決めても、忙しかったり雨が降っていたり寝坊したりと、私たちの行動を阻む要素はいっぱい。「とりあえず5分強だけ自宅の周りを歩く」と決めて実行すれば、「やったこと」になる。

(5)子育て: 相手は子どもなので、どれだけ噛み砕いて説明しても、やはり理解には限界がある。「どうしてもわかってほしいこと」を一つだけ絞り込み、あとは7割聞いてもらえれば良しとする。

(6)資格試験:「満点で合格する!」などと意気込んでしまうと、結果がたとえ90点でも落胆してしまうもの。英検や大学入試など、「試験」と名のつくもののほとんどが70%を合格ラインとしている。

(7)読書:一冊の本を最初から最後までしっかり読もうとすると、時間がかかってしまう。ざっと7割は斜め読みをして、自分の欲しい情報の3割を熟読すればOK。

(8)シャドーイング:「車に乗ったらシャドーイング」を心掛けている私だが、運転中なので一字一句すべて拾おうとすると運転がおろそかになってしまう。よって、7割拾えればそれで良し。

(9)執筆:このコラムを始め、本当は何度も何度も推敲して完璧な文章を作りたいところだが、他にも放送通訳や通訳学校での指導といった仕事を抱えているため、持ち時間には限りが。読みなおしてみて自分のイイタイコトの7割が盛り込まれていれば納品。

(10)放送通訳:早口でまくしたてる英米人キャスターのニュース原稿をすべて訳すことは不可能。私が超スピードの日本語で訳すか、オリジナルの内容を落としてゆっくり訳すかのどちらかしかない。前者であれば日本語訳を聞く聴衆は7割どころか半分も理解できなくなってしまう。よって英語ニュースの場合、その7割をわかりやすい日本語に通訳するよう、私は心がけている。

 いかがでしたか?人間というのは、確かに頑張れば限りなく完璧をめざすこともできるでしょう。けれども息切れしないためにも、持続させるためにも、私は7割できれば「よし、やった、自分!」と自己肯定するようにしています。
 
 (2009年11月2日)


デフォルト・メニュー

 デフォルトとはパソコン用語で「初期設定状態」を意味します。たとえばワードを立ち上げると、自動的にA4サイズの設定で表示されます。余白の幅、フォントや文字の大きさなど、あらかじめ決まった状態で画面には出てきますので、自分のPCがどういうデフォルトなのかを知っておけば、いちいち設定し直さずに済みます。

実はこの「デフォルト」という言葉、いろいろな場面で応用されているようです。以前、私がPC関連以外でデフォルトという言葉に遭遇したのは、フィットネス番組のポッドキャスト。食生活に関する特集が流れていました。その中でdefault menuやdefault foodという表現が使われていたのです。この番組のキャスターによれば、「忙しい日々を送る私たちにとって、あれこれ悩む時間はもったいない。『これさえあれば大丈夫』という食事メニューをあらかじめ作っておくとよい」とのことでした。

なるほど、と思った私は、さっそく実践することにしました。たとえば我が家の場合、朝食にフルーツヨーグルトと野菜スティックを必ず出すのですが、毎朝その都度作っているのは何かと煩雑です。そこで私は数種類の果物をあらかじめカットして、容器に入れることにしました。あとは毎朝小皿に容器から出し、ヨーグルトをかければフルーツヨーグルトのでき上がりです。一方、野菜スティックは人参ときゅうりを少し多めに棒状に切って、容器に入れておきます。朝、家族分に取り分ければ、栄養バランスも良くなります。ちなみに私の場合、朝一で噛み応えのある野菜スティックを食べると、頬の筋肉が鍛えられるような気がしています。

我が家にはこれ以外にもデフォルト・メニューがあります。最近の定番は「蒸し野菜」。買ってきた野菜は冷蔵庫に入れる前に、どんどん蒸し器でゆでてしまうのです。以前はお鍋でおひたしを作っていたのですが、たとえばほうれん草をゆでた後にオクラをゆでようとすると、ほうれん草のアクでお湯が使えなくなってしまい、その都度お湯を取り換えていました。けれども蒸し器を使えばお湯自体に食材を浸すわけではないため、どんどん連続でゆでることができます。これも時間節約につながります。なお、蒸した野菜は冷蔵庫に保存して、食べる際にレンジで温めます。このため、蒸し器でゆでる際には少し硬めにゆでておくとよいでしょう。

他にも、干しシイタケをジャムの空き瓶に入れて水を注いでおけば、いつでもだしが取れますし、焼き海苔も小さくカットして容器に乾燥材と一緒に入れておけば、すぐにおにぎりに巻くことができます。我が家はゆで卵も多めに作って常備しており、小腹が空いたときなどに重宝しています。また、ゴマはすり鉢・すりこぎとセットで収納しているため、パッと取り出してすぐすれるようになりました。以前のように「ゴマをするのが億劫」と思うこともなくなり、ゴマが食卓に出る回数も増えています。

こうした「デフォルト・メニュー」のおかげで、「夕食を作る時間がない!」という時でも、とりあえずお鍋にシイタケだしを入れ、蒸し野菜を投入してお味噌を溶けば立派なお味噌汁ができ上がります。野菜が足りない日も、蒸し野菜をレンジで温めてドレッシングをかけ、ゆで卵を添えれば、一品が完成します。

ほんの少しの準備でできる「デフォルト・メニュー」。忙しい方にオススメです。
 
 (2009年10月26日)


ルーティン家事のこなしかた

 秋は何かと忙しい季節。夏の間は閑散期だったのが国際会議シーズンとなり、通訳者にとってはあわただしい時期が到来します。私は最近、放送通訳業をメインにしていますが、やはり秋になると番組改編があったり、冬時間になったりと、今までのルーティンから少し異なる状況が続出します。さらに通訳学校の授業も始まるため、その準備に取り組むことにもなります。

 私の場合、フリーランスで働いているため、幸いなことに家で一日仕事にあたることもできます。そのような日は自分のペースで時間配分できますし、合間に家事もこなせるので大いに助かります。しかし自宅業務の場合、自分でしっかりと時間管理をしないとあっという間にズルズルと時間ばかりが過ぎてしまいますので、外で働く以上に注意を必要とするのも事実です。

 ここ1年ほど私はYahoo!のカレンダー機能を愛用しています。これはYahoo!メールについており、自分で日程を書き入れることができます。もしかしたら手帳の代わりにこの機能を利用している方もいることでしょう。

 私はこのカレンダー機能を主に家事関連・ルーティン作業用に使っています。たとえば家事の場合、「毎週やること」「半年に一回やること」「一日おきにやること」など、一つ一つの作業をよく見てみると、かなり繰り返しが多いことがわかります。我が家の例でいうと、「ホームベーカリーでパンを焼く」は一日おきですし、「掃除機がけ」は週二回、「家中のカーテンを洗う」は半年に一回です。こうした項目をそのつど思い出しながら「あ、やらなきゃ!」と取り組むのは何かと煩雑ですが、あらかじめYahoo!カレンダーに落とし込んでおけば、その日のやるべきことがわかりますので、深く考えなくても機械的に作業できるのです。

 このカレンダーを作成した当初は、PC画面でいちいちカレンダーを表示してはやるべきことを確認していました。しかしこれでは画面にアクセスしない限り、忘れてしまいます。そこで次にやったのは、カレンダーをひと月分印刷し、冷蔵庫に貼ることでした。これで毎朝冷蔵庫を開けるたびにリストを見るようになりました。しかし、それでも見忘れてしまうことが度重なってしまったため、最近はひと月分のカレンダーを縮小印刷し、手帳に挟んでいます。おかげで手帳を開くたびにカレンダーが目に入り、やるべき項目も頻繁にチェックできるようになりました。

 今日10月19日月曜日のやること項目は3つ。「夜にホームベーカリーをタイマーセット」「台所のタオルを洗う」「台所の垂直面を拭く」です。実行できた項目には赤ペンでチェックマークを入れます。一か月が終わる頃にはどの家事が完了してどれが実行できなかったかが一目瞭然となり、未完のものは翌月に持ち越されます。

 これまでは「自転車を拭く」「古本を売る」など、ついつい後回しになっていた作業が多かったのですが、Yahoo!カレンダーでリストアップしたお陰で、だいぶ後ろ倒しにならずに済むようになりました。これからも色々な工夫をしながら、スッキリとした生活を心掛けたいと思っています。

(2009年10月19日)



《 前 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。