HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

自分の周りはすべて師匠

 私は社会人になって以来、スポーツクラブへ通い続けています。もっとも「○か月以内に体重を落とす!」などのようにしっかりとした目標を立てて精進しているわけではありません。人間ですので時にはさぼったり、行ってもあまり集中しないまま何となくスタジオレッスンに参加したりすることもあります。けれども大事なのは「継続すること」と自分に言い聞かせながら何とか続けている次第です。

 ここ数年、自分が通訳学校などで教えるようになって以来、「指導者」と名がつく人々の教え方に注目するようになりました。そういう意味ではスポーツクラブのスタジオレッスンは参加するだけでも実にたくさん得ることがあります。

 これまでを振り返ってみても、各インストラクターそれぞれに素晴らしい面があります。具体的には以下の通りです。

1.参加者の名前をすぐに覚えてくれる
2.いつもにこやかにレッスンを進めている
3.誰に対しても公平に接する
4.やる気が出るような励ましの言葉をかけてくれる
5.トレーニング、どこに意識を集中すべきか具体的に教えてくれる
6.レッスン中、ハプニングがあっても動じない
7.抜群のスタイルで憧れを抱ける
8.日本語がきれい
9.いつも一生懸命な指導
10.数字で具体例を示してくれてわかりやすい

 以上、10人のインストラクターの顔を思い浮かべながら、それぞれの長所を振り返ってみました。改めてとらえてみると、どの要素も教える上では大切なものだと思います。

 かつての日本では「スポ根」と言われるような、厳しい指導をして生徒を伸ばしていくという方法がとられていました。「厳しくてもついてこい!」という指導者と、「ついていってやる!」という参加者の根性がちょうどバランスよく作用していたのです。

 けれども時代が変われば指導法も変わるものです。「褒めて伸ばす」という欧米型の指導法が導入されるようになり、現実問題、やはり褒められれば誰でも嬉しいわけですから、そうした教え方の方を私たちも好むようになっています。参加者を萎縮させるような言葉がけは、本人の実力がフルに発揮できなくなる恐れもあるのです。もちろん、厳しさの根底に愛情があって、それがきちんと参加者にも伝わればよいのでしょうけれど、皆が皆、その愛情をくみ取ってくれるとは限りません。

 教え方というのは一つだけが正解なのではないと思います。時代と共に、人間の価値観の変化と共に進化していくものです。私自身、スポーツクラブのレッスンに参加することで、「自分以外の周囲はすべて師匠」と思いながら自分の指導の場に生かしていきたいなと考えています。


 

(2010年10月11日)


自分の仕事に愛情があるか

 ここ数回、引っ越しに関する話題が続いています。実は今回の引っ越しで多くの出会いがありました。たとえば引っ越し会社やガス・電話などの工事担当者です。通訳業同様、おそらく一期一会の世界ですので将来またお会いすることはおそらくないとは思うのですが、そうした作業担当者の仕事に対する姿勢にたくさんのことを感じました。

 まず見積もりで来宅した引っ越し会社の営業マン。当初は複数の引っ越し会社から見積もりを取って比較検討をしてから決めようと思っていました。しかし仕事が立て込んでいたこともあり、「電話の受付時間が一番朝早くからやっていた引っ越し会社」にたまたま電話をしたところ、電話応対がよく、それでほぼ決めたのでした。

 何らかのサービスを利用するに当たり、私が重視するのは電話での応対です。忙しそうな雰囲気を出してしまっていないか、お客様の立場に立って電話口の向こうで笑顔で話しているか。そんな基準で選ぶことが多いのです。今回の引っ越し会社はそうした基準にピッタリでした。

 数日後来宅した見積もり担当者はテキパキと明るく応対してくれる方でした。幸いなことに、わが家の壊れたエアコンも取り外し・引き取りに応じてくれるとのこと。忙しいさなかにリサイクルごみで出すのも大変だと感じていただけに、これは助かりました。その話の流れで何とその引っ越し会社はエアコンを販売していることが判明。カタログを見せていただくと、わが家の条件にぴったりのエアコンが掲載されていたのです。迷わず購入を決めました。お陰で引っ越し前後のバタバタした時期に家電店へ行く手間も省け、本当にありがたく思いました。

 引っ越し当日に作業にあたったのは3人のスタッフ。時間が限られているハードな引っ越し業務なので、もっと体育会系のノリかと思っていたのですが、実にきめ細やかで、スタッフ同士がにこやかに丁寧にやりとりしていたのが印象的でした。お互い丁寧語で話をしており、先輩スタッフが後輩スタッフの面倒をよく見て指導をしながら作業を進めていました。こういうシーンは利用者として見ていても気持ちの良いものです。

 引っ越し前にはガスサービスの停止作業のため、ガス会社の職員が来宅しました。このスタッフもニコニコと迅速に作業にあたってくれました。普段何気なく使っているガスや元栓のこと、あるいは煙探知機についてなど、使い方のちょっとしたコツなども教えてくださり、「ガスのことが本当に好きなのだな」と見ていて思いました。

 こうして改めて振り返ってみると、「自分の仕事に愛情がある」「明るくテキパキしている」「礼儀正しい」というのが私にとっての評価ポイントのようです。おそらくサービス利用者であれば誰もがこうした要素を大切に思うのではないでしょうか。私自身、通訳業や講師という立場において、この3点を大切にしていこうと改めて自分に言い聞かせています。

 

(2010年10月4日)


空間的広がりがもたらすもの

 引っ越してから1週間。ようやく荷ほどきも終わり、少しずつ家らしくなってきました。以前暮らしていたマンションはイギリスから帰国直後に入居したもの。当時私たち夫婦は正規社員の座をあっさり捨てて後先考えずに帰国し、仕事もないまま夫の実家に転がり込んでいました。生後1歳9カ月の長男が、そしてお腹の中には翌年5月に生まれることになる長女がいたのです。義父母は大歓迎してくれましたが、いつまでも仕事がないまま頼ってはいけないと思い、近くのマンションに引っ越したのでした。そこに住み続けること7年。いよいよ手狭になったので今の場所に越してきたのが今月中旬です。

 夫婦そろって同じような仕事をしているため、わが家には年月とともに資料や書籍があふれかえっていきました。そして子どもたちが相次いで入学したことから、いよいよ引っ越しを考えなければいけない状況になったのです。子どもたちにはこれまで座卓で勉強や遊びをさせていましたが、体格も大きくなり、押した押さないでケンカも絶えなくなりました。

 幸い新たに入居したところでは初めて子供部屋ができ、二人とも大喜びです。私たちも「空間的広がりがこれほど心に余裕をもたらすのか」と改めて気付きました。大豪邸というわけではもちろんありませんが、それまでの間取りと比べると大いにのびのび暮らせます。

 今までは1階でしたが、今回は4階。空が近くなり、夜景も見えて、私などそれだけでも感動してしまいます。朝、カーテンを開けると目の前の電線にスズメが止まっており、「こんな至近距離でスズメを見たのは初めて!」と感激。夕方には階段の踊り場からコウモリが見えてそれだけでも「おおっ!」と感嘆したほどでした。夜、遠くの高層マンションの明かりを見ると、「人間というのはあれほどすごい建物を作ってしまうのか」とまたまた感心してしまいます。

 日ごろ通訳の仕事をしていると、ややもすると「あの単語が訳せなかった」「内容がよく分からなかった」と目の前のことだけにとらわれてしまいがちです。けれども一歩引いてみて、なぜ自分はこの通訳をしているのか、誰のために訳しているのか考えてみると、空間的な広がりからとらえられるように思います。将棋の羽生善治氏が述べるように、「大局観」で常に物事を把握することが大切なのです。

 自分が通訳した内容は、特定の聴衆のため「だけ」かも知れません。けれどもそこで得た知識をどう自分が生かすか。たとえば私は放送通訳者ですが、ニュースで聞いた内容をどう解釈し、よりよい社会にするために自分は何ができるかを考えることも、自分の英語力を社会へ還元することにつながると思っています。

 空間的な広がり。この視点で物事を考え続けたいと私は思います。

 

(2010年9月27日)


結局は「今」に生きている

 ロンドンのBBC日本語部での仕事を終えて帰国したのが2002年。現在のマンションに住み続けること8年。子どもたちも大きくなり、今の間取りではいよいよ手狭になってきたため、思い切って引っ越しを決意しました。このコラムがアップするころにはちょうど引っ越し作業も終えて、新居で荷ほどきに追われているはずです。

 今回の転居にあたり、改めて自分の持ち物を見直してみると、わずか10年ほどでここまでたまるのかというほど増えていました。わが家は夫婦そろって通訳・講師業をしていますので、必然的に本や紙の書類が多くなります。そうしたモノと今後の新居でどう共存していくかも大きな課題です。

 荷造りをする上でまずやるべきことは不用品の処分です。最近は「断捨離」という考えの片づけ法がはやっていますが、自分の人生においてどこまでが必要なものでどこからが要らないものなのか、今回の引っ越しはそれを考える良い機会となりました。とにかく引っ越し日までの日程は限られていますので、あれこれ考える時間もありません。素早く「要・不要」に基づく決断を迫られました。

 まず着手したのは仕事関連のファイル。会議通訳や放送通訳、通訳学校での指導と分野別に分けて収納していましたが、これらも抜本的に見直しました。どう考えても古くて今後使う可能性のないものは迷わず処分。一方、悩んだのは単語リストや関連資料が収納されていたキャビネットです。「もしかしたら今後同じ案件を依頼されて使うかもしれない」と思って保管してきましたが、ここ数年間まったく取り出さずにいたのも事実です。そうしたものは思い切って処分することにしました。自分の脳みそに残っていないのならば、それはそれまで。また勉強の必要性に迫られたら学び直せばよいと思っています。

 次に取り組んだのが各種手続き関連の書類。たとえば確定申告書やイギリス時代の公的文書です。確定申告書などは過去5年分さえあれば良いとのことなので、こちらも古いものはゴミ箱へ。一方、イギリス時代の書類は「面白ネタとしてコラム執筆の際に」と保管していたのですが、結局こちらも使わずじまいでしたので、やはり捨てることにしました。

 そして本です。本は重さもあってかさばるため、運搬や収納だけでも大変です。ただ、見渡してみると本当に気に入っている本はごくわずかで、私の場合、未読の本がかなり大量にあることがわかりました。それらをざっと斜め読みして不要本はブックオフへ。子どもたちの絵本を含めてかなりの数を査定してもらい、無事売却することができました。私の尊敬する精神科医の故・神谷美恵子氏は本を整理するにあたり、「この本は卒業しよう」と考えながら選別していったそうです。今回私も同じようなアプローチをとりました。

 最後まで迷ったのが手紙です。手書きで手紙を送ったりいただいたりするのが大好きな私にとって、これまでは全ての手紙を大事に保管してきました。しかし自分が年齢を重ねるほど、そうした手紙の量も膨大になってきます。メールの時代になり、届く量こそ減りましたが、それでも箱の中に残されている手紙はたくさんあります。今回の引っ越しを機にすべてを取り出し、選り分けてみました。その際の基準となったのは、「DMや文字が薄れてしまったファクス文書は処分」「自分が大切に思う人からの手紙や、読んで元気が出る手紙のみを保管する」というものでした。これだけでもだいぶ選別ができたと思います。

 こうして手持ちのモノを改めて見つめ直してみて、色々と感じることがありました。一番大きいのは、通信手段の変化です。これまで旅先から絵葉書を送ってくれた筆まめの友人たちとの間も、デジタル化の波と共に少しずつ連絡が途絶えていきました。今の時代、一対一で連絡を取り合うよりも、Facebookやツイッターに自分の近況をアップし、それに気づいた友人たちがコメントを寄せるという交友関係に変化してきているのです。逆に私のように、あまりFacebookにアクセスしない者にとって、旧交を温める手段が減ったというのも事実です。

 先日スーパーで生後数か月の男の赤ちゃんがベビーカーに乗っているのを見かけました。つぶらな瞳でこちらを見る様子は、わが家の長男にそっくり。とても懐かしくなりました。けれどもそのとき思ったのです。わが子の「あの時代」はもう二度と来ないのだと。

 手紙や書類も同じです。確かに「あの時」に私はその渦中にあったけれども、それはあくまでも「今の自分を作ってくれた過去」なのです。だからこそ、仕事でも日常でも子育てでも、「今」を大切に生きようと思いました。

 

(2010年9月20日)


進化し続ける読書法(その3)

 前回のコラムでは、本の具体的な読み方について5点、ご説明しました。
今回はその続きです。みなさんの読書ライフの参考になれば嬉しいです。

(6)つまらなかったら読むのをやめる

 この考えを初めて知ったのは、乳がんで亡くなったジャーナリスト・千葉敦子さんの著作を通じてでした。千葉さんは再発する乳がんに見舞われながらもフリーランスのジャーナリストとして、おもに日本に関する話題を海外の新聞や雑誌に精力的に寄稿していました。当然、ジャーナリスティックな記事を書くためにはたくさんのインプットが必要です。そのため、千葉さんは日ごろから大量の文献を英語・日本語を問わず読んでいたのでした。その読書方法としてはとにかく自分で書店で見て購入すること、ただしどんなに大枚をはたいても「つまらない」と思ったら、迷わず読むのをやめるというものだったのです。

 誰にとっても一日は24時間。ましてや病身の千葉さんにしてみたら時間はまさに有限です。ダラダラと読み続けるのではなく、ときには潔くruthlessになることの必要性を当時の私は感じました。以来、たとえ高額の書籍であっても読破しなくてもいいと考えるようになっています。

(7)本は朝イチで読む

 ヒルティの「幸福論」に次のような一節があります。

 「毎朝、最初の一番よい時間をまず一二の新聞でつぶす人たちは、その日一日の正しい仕事の興味を失うことになる。」(ヒルティ「幸福論」岩波文庫)
 
 私は職業柄、朝一番に新聞を読むのがいわば「おつとめ」です。しかし、ヒルティの言い分もよくわかります。なぜなら朝は一日の中で一番頭が冴えていますし、今日一日を頑張ろうという前向きな気持ちになっています。そのような中、社会の諸事件や重い問題を目にすることは気持ちを暗くさせてしまうこともあるわけです。ですので、仕事がない日などは早起きした際、まずは本を読むようにしています。

 最近は「朝活」なる言葉がお目見えするなど、朝型の人間が増えており、様々な講座も開催されています。朝は集中できますし作業もはかどります。読むスピードも夕方と比べて格段に速いのです。そうした中、書物からインスピレーションを得ることはとても大事です。

(8)寝る前は軽めの本を

 朝であれば多少難しい本でも冴えた頭には入ってくるでしょう。しかし夕方以降というのは体力的に疲れているもの。とりわけ寝る前は疲労のピークがありますので、なるべく軽めの本を読むことをお勧めします。エッセイや写真集でも良いですし、フリーペーパーなどもunwindする上では大いに楽しめます。体を休め、翌日に気持ち良く目覚められるよう、寝る前のリラックスタイムはとても大事です。

(9)感動したら著者へ手紙を

 感動した本に出会ったら、ぜひ著者に手紙を出すことをお勧めします。私が初めて著者に本の感想を書いてポストに投函したのは小学4年生のときです。当時父の仕事の都合でイギリスに暮らしていたのですが、今と違ってインターネットなどなく、船便で親戚から送られてきた児童書を日本人の友人たちと回し読みしながら日本語を吸収する、そんな生活を送っていました。そのとき読んだ本が児童文学者・砂田弘さんの作品です。「さらばハイウェイ」「二死満塁」など大いに感銘を受けてお手紙を差し上げたところ、直筆のお返事をいただいたのです。日本語に飢えていた私にとって、直筆のお手紙は本当にうれしかったのを今でも覚えています。

 最近では著者もウェブサイトをお持ちのことが多いので、そちらに感想を直接書くことももちろんできます。私自身、イラストレーターの上大岡トメさんや脳学者の池谷裕二さんにサイト経由で感想のお手紙をお送りしたところ、すぐにご丁寧なお返事をいただきました。

 もっとも私は手書きの手紙を書くこと自体が好きなので、最近はあえて編集部経由でお手紙を差し上げています。編集部の方にとっても、読者からの反応は今後の出版方針に大いに参考になると考えているからです。

(10)書籍巻末や折り込みの新刊案内もチェック

 たとえば新書の場合、巻末にはその本と同分野の書籍がPRされていることがあります。同じトピックについてもう少し理解を深めたいという時に参考になりますので、ぜひチェックしてみてください。また、本の中には「今月の新刊案内」といったチラシもはさまれています。その出版社がどのような本を出しているかがわかりますし、まったく興味のなかった分野の本でも、そこに掲載されている紹介文を読んでみて関心が高まることもあります。

 私はそうした情報を得たら読みたい本のタイトルを手帳に書き込み、書店に出向いた際、実際に手にとって買うようにしています。最近はアマゾンのようなネット書店がとても便利ですが、やはり自分の目で見てパラパラとめくってみてから買うというのも楽しいものです。

 以上、2週にわたって読書に関する10の項目をお伝えしてきました。私自身、本との関わり合いはこれからも続きますし、もっともっと変化・進化していくと考えています。書籍というのは人の人生を豊かにしてくれるものです。それを信じて、これからも読み続けたいと思っています。


 

(2010年9月13日)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。