HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

進化し続ける読書法(その2)

 先週のこのコラムでは、図書館の本ではなく自分で購入することのメリットをお伝えしました。そこで今回は、自腹を切って入手した本をどのように読み進めるかについてお話していきましょう。

(1)同じテーマのものを体系的に購入する

 これは通訳者になってから私が意識するようになったのですが、たとえば特定の通訳業務に備える場合、体系的に本を読み進めて知識をインプットする必要があります。その際、まずは難易度の低い書籍から読み始めて、少しずつレベルを上げ、最終的に専門書レベルまで読みこなすということになります。

 仮に「森林伐採」に関する通訳案件を頂いたとしましょう。まず私が自問自答するのは「森林伐採について小学校1年生にも分かるような説明ができるか?」という点です。もしこの答えが「ノー」であれば、そのテーマ自体を自分が知らないという証拠。その際には躊躇せず、まずは子ども向け図鑑などを購入します。子ども向けの書籍は写真や図柄も豊富、よみがなも振ってあり、文章も平易ですので理解しやすくなっています。よって図鑑をまずは選び、同時に「岩波ジュニア新書」のような中高生向けの書籍も合わせて購入します。

 こうしたわかりやすい文献にまずは目を通し、概略をつかむ作業を終えたら、次は大人向けの新書や単行本、専門雑誌や大学出版会などが出している書籍へとレベルアップしていくのです。こうして体系的に一つのテーマを読み進めることによって、理解度が深まっていきます。

 これは通訳学校の予習でも使える方法ですので、ぜひ試してみてください。

(2)今の時代の新書は雑誌に同じ

 雑誌ならパラパラとめくったり、興味のある記事から読んだりすることに抵抗がないのに、なぜか「書籍」だと「最初から読まなければ」と思いがちです。けれども最近は新書の出版点数もおびただしく、タイムリーなテーマの書籍が続々とお目見えしています。じっくりと読んでいては時間がいくらあっても足りません。

 よってお勧めしたいのが「雑誌感覚で新書を読む」ということ。書店で面白そうなタイトルを見つけたら迷わず購入し、興味のあるページだけじっくり読むと割り切って考えるのも一つの読み方です。

 新書の価格は、ファッション雑誌と変わりありません。その一方で、一つのテーマが一般読者にも分かるような文体で書かれています。もともと新書は「大学1年生でも分かるように」というコンセプトで誕生したもの。もっともっと活用していきましょう。

(3)まえがき→あとがき→目次をチェック→拾い読み

 小説であれば最初から順に読み進める必要がありますが、「知識を仕入れる」という目標で本を読む場合、読む順番にこだわることはありません。私の場合、書店で面白そうなタイトルだなと思ったらまずは手に取ってみます。そしてまえがきにざっと目を通し、その著者の文体や書かれている内容に興味・共感を抱くことができれば購入します。

 自宅、あるいは帰宅途上で読む際にはあらためてまえがきをじっくり読み、そのあとすぐにあとがきを読んでしまいます。新書や専門書の場合、たいていこの2か所で著者は言いたいことを述べているからです。

次に目を通すのは目次です。かつて私は目次の数ページはあまり意識していませんでした。しかし、目次にじっくりと目を通すようにしてみると、目次を見るだけでその一冊の内容はほぼ把握できることに気付いたのです。以来、目次は必ずチェックするようにして、興味のある見出しに印をつけるようにしています。こうしておくことで、「まずは目次に印の付いた箇所から読み始める」ことができるようになりました。要するに、「興味のあるページから読み、それほど関心がない個所は斜め読みでOK」ということになります。

(4)新書の読了目安は一日

 これほど大量の文献が出版されていることを考えると、時間はいくらあっても足りません。かつて私は本を一字一句読み進めるタイプでしたが、通訳者になってからは「たくさんの情報をまんべんなく取り入れる」という必要性が出てきました。このため、一冊に時間をかけすぎるわけにはいかなくなってしまったのです。

 本は読む習慣がつけばつくほど、素早く読めるようになります。現在私が目安にしているのは「新書であれば1日で」です。実は早く読了することや、全部を読まないまでも斜め読みぐらいはしてしまうことというのは、「そのテーマへの関心が高いうちに読んでしまうこと」という意味でもあります。興が冷めないうちに読了してしまえば、「積ん読」も避けられます。

(5)アウトプットを意識

 何のための読書か。それは人それぞれでしょう。通訳者の場合、業務日当日まで専門家に準ずる知識を仕入れ、当日にしっかりと訳出する、つまりアウトプットするという目的があります。私のように通訳学校で教鞭をとる立場の場合、授業教材に関する内容をより分かりやすく受講生に説明する必要もあります。

 ただ漫然と読んでいてもダレてしまいがちですので、アウトプットを意識しながら読み進めてみてください。たとえばブログに読後感を綴ったり、自分で読書ノートをつけたりするのでも良いでしょう。あるいは新聞や出版案内誌などの投稿欄に投書するのも格好の文章トレーニングです。

 いかがでしたか?次回も引き続き、読書法をテーマにお話していきます。

 

(2010年9月6日)


進化し続ける読書法(その1)

 これまでもこのコラムで本や新聞の読み方をお話してきました。私にとって読書や新聞購読は仕事の一部であり、自分の人生を豊かにしてくれる貴重なひとときです。通訳業に携わっていてつくづく思うのは「どれだけ知識を幅広く持っているか」であり、一般教養や様々な話題を吸収する最強の近道は、やはり読書に尽きると思っています。

 このような理由から通訳者になって以来、私は大量の本を買っては読むという行為を繰り返してきました。しかし昨年暮れごろから書籍代がかなりかさむことが気になり始めたのです。そこで今年に入ってからしばらくの間、図書館の本を利用していました。図書館の場合、「返却期限」というプレッシャーがありますので、何としても期間内に読破しようと思うようになります。また、コンピュータで予約する新刊もかなり早く入荷するため、書店で入手するのとあまり変わらずに手に取ることも可能です。こうしたことは私にとってありがたいことでした。一時期は2週間の貸出期間内で10冊以上も借りてはせっせと読んでいたのです。

 ところが仕事が忙しくなってしまい、なかなか本読みに取りかかれない日々が続きました。あっという間に返却期限日となってしまい、しかも人気の本の場合、延長することもできません。泣く泣く返しに行ったものの、自分がオフの日に限って図書館の休館日だったり、わざわざ出かけてみたものの、駐車場が満車で仕方なく引き返すということもありました。

 さらに図書館本の場合、感銘を受けた文章に下線を引くこともできませんし、ページを折ることもできません。私の場合、本の中で面白い個所があるとアンダーラインを引いたりグルグルと囲んだり、あるいは余白に「!」や「?」などの記号や「これって授業で使えるなー」などと独り言を書き込んだりします。ところが図書館の本だとそれがまったくできないのです。せいぜい付箋紙を余白に貼るにとどまるのですが、あとで見返してみても、なぜそこに貼りつけたのか思い出せないこともありました。よってこのような事情から、やはり私には図書館本よりも書店で購入するのが一番合っているなと思うようになったのです。

 かつてイギリスに暮らしていたときも書店が好きでよく出かけていましたが、日本と比べてみると本の価格はかなり高かったように記憶しています。たとえペーパーバックでも日本のように1000円以下で買えるものはあまりありませんでした。著者や著作権の保護という観点から見ればおそらく妥当な価格ではあるのでしょう。けれどもその一方で、雑誌感覚でどんどん読める日本の本の良さも当時感じていました。

 最近は放送通訳の仕事の後、たいてい新宿南口の紀伊国屋書店に立ち寄っています。時間の許す限りじっくりと店内をめぐり、どのような書籍が並んでいるのか眺めるのは私にとって至福のひとときです。順路としては1階から入り、かごを持って興味のある棚を覗きながら上の階へと向かっていきます。紀伊国屋の場合、会計はどのフロアでもできますので、欲しいなと思った本はどんどんかごに入れていけます。そして最上階の洋書フロアで支払いを済ませ、そのままエスカレーターを上り、お隣のタカシマヤへ移動。もし子どもたちのお迎えまで時間があればカフェに立ち寄り、一休みします。購入した本を一冊ずつパラパラとめくったらその中から一冊を選び、その場で読み倒してしまうのです。買った直後に一冊を読破できたというのは大きな達成感をもたらしてくれます。

 毎日あわただしい生活を送る中、通訳業務後のこの数時間は次へのエネルギーを私に与えてくれます。来週と再来週も本についてお話していきます。

 

(2010年8月30日)


気配りとおせっかい。この違いは?(その2)

 先週は通訳者に必要な「気くばり」についてお話しました。人間関係を築く上で、やはり大きな評価ポイントとなるのは気くばりだと私は感じています。仕事上有能であるに越したことはありませんが、やはりそれと同じぐらい気働きがあると周囲もその人に対し信頼を寄せるものです。10年以上前、私は内閣府主催の「東南アジア青年の船」という事業に参加したのですが、その時シンガポールから参加した青年が実に気くばりの名人で、相手が何を今望んでいるかを素早く察知できる人でした。それぐらいになれたら良いなと私自身、常に目標を高く抱くよう心がけるようにしています。

 ではその一方で「おせっかい」というのはどういうものでしょうか?辞書には「余計な世話を焼くこと」と定義されています。私は通訳業務におけるおせっかいとは、「良かれと本人が思っても、相手が望んでいないサービスを提供してしまうこと」ととらえています。

 たとえばビジネスミーティングの通訳を例に取ってみましょう。その参加者の日本人はそこそこ英語力があるとします。外国人の英語はほぼ理解できるけれど、自分たちの発言は日本語でするので、それはきちんと英訳してほしい、というシチュエーションです。

 実は近年、こうした状況が増えていると個人的には感じています。帰国子女が社会人として中堅どころになっていたり、海外駐在が増えたりしたことなどによって、英語を理解できる日本人が10年以上前と比べると格段に増えているのです。そのような中、限られた会議時間で最大限の結果を出すためには、通訳者もメリハリのある、ポイントを押さえた訳出が求められます。日本人側が英語を理解できるのであれば、通訳者も「一字一句全訳する」のではなく、たとえば繰り返しの部分は省いて訳すなど、時間を有効活用できるようなアウトプットをする必要があります。

 それなのに「通訳学校では一字一句すべて訳すよう習ったから」と、耳にする単語すべてをきっちり訳していたらどうでしょう?そうした小さなことが積み重なり、時間がロスされることも大いにありうるのです。このような場合、「通訳学校でそう習ったし、全訳するのが通訳者の務めだから」と思ってしまうことが、「おせっかい」に相当すると私はとらえています。

 通訳業務に限らず、相手に何かを提供するのであれば、常に相手が求めるものを考えて察する必要があります。行き過ぎた行動はかえって相手に迷惑がられますし、単なる自己満足に帰結してしまいます。良かれと思って行ったことが常に相手に感謝されるとは限りません。ましてや「せっかくやってあげたのに相手は感謝してくれなかった」と思うのは本末転倒です。

 大事なのは一歩引いて相手の立場から見ること。これはどの職種でも今の時代、求められることだと思います。

 

(2010年8月23日)


気配りとおせっかい。この違いは?(その1)

 アンケートや申込書などに「職種」の欄がありますが、ここに記入する際、私はいつも迷ってしまいます。というのも「通訳業」というのがどのカテゴリーに分類されるか、私自身、今一つ把握しきれていないからです。

 職種として掲げられているのは、たいてい「会社経営」「公務員」「営業職」「自営業」「学生」などです。フリーランスであっても法人化していれば、通訳者といえども「会社経営者」になりますし、通訳業イコール頭脳労働ととらえれば、弁護士や医師同様に「専門職」と分類することもできます。私としては、「通訳翻訳者」というカテゴリーが必ず職種欄にお目見えするぐらい社会に認知されれば良いなというのがホンネです。

 ただ私自身、「通訳者」をどうとらえているかと言えば、「サービス業」に近いという感覚です。もちろん、言葉を操る専門職であることに変わりはありません。けれどもどのような職業であれ、昨今の時代、サービスマインドが求められるのではないでしょうか。

 サービス精神に一番必要なこと。それはやはり「気くばり」です。相手が何を求めているかを察しながら、ベストなサービスを提供していくことがお客様の満足度につながりますし、それが継続的な仕事に結び付いていくからです。ただし、通訳業を営む場合、「気くばり」と「おせっかい」は必ず分ける必要があると私は考えています。今回は今週と来週の2回に分けて、気くばりとおせっかいの違いについてお話していきましょう。

 以前、私がアテンド通訳をしたときのこと。赤坂でのビジネスミーティングを終えてランチタイムに差し掛かったとき、来日したお客様が「回転寿司が食べたい」と突然おっしゃいました。あいにく赤坂かいわいに当時は回転寿司店が一軒もなく、私は途方に暮れてしまったのです。このようなとき、通訳者は3つの選択肢に直面します。

 1つ目は「申し訳ありませんが、近所に回転寿司のお店はありません。別のお食事でもよろしいですか?」とお断りして、ほかの日本料理をご案内する。

 2つ目の選択肢は「回転寿司店はないのですが、カウンター席で職人さんの包丁さばきを間近で見られるお寿司屋さんはあります。そちらをご案内しましょうか?」と別のお店をお薦めする。

 3つ目としては、お客様が夕食時に1人で回転寿司店へ行けるよう、自分の知っている回転寿司店を地図に書いてお渡しする。その際、店名と住所・電話番号を日本語英語両方で記し、タクシーのドライバーが見ても分かるようにしておく。ご本人が自力で行きたい場合もあるので、地下鉄での道順も書いておく。


 では通訳者はどの選択肢をとるべきでしょうか?やはりサービス業という観点から考えると、選択肢1はあまりにも通訳者中心になってしまいます。できれば選択肢2と3両方をご提供するぐらいのマインドがあると良いでしょう。ちなみに当時の私はまだフリーランス通訳者として日が浅く、とった選択肢は2でした。今にして思うと、日ごろから色々と自分なりのデータベースを持ち、3つ目の選択肢までお薦めできたら良かったなと思います。

 なお、一番やってはいけないのは、「私は通訳そのものをやるのが仕事だから、お寿司屋さんのことは何もわからない」と思い込んでしまい、それを態度で示してしまうことです。お客様は遠路はるばる日本までいらしています。短い滞在を実りあるものにしていただければという思いを通訳者が持つことこそ、素晴らしいサービスに結び付きます。

 来週は「おせっかい」についてお話します。


 

(2010年8月16日)


社会人こそ学びを

 4月に通訳学校の新学期が始まったと思ったらもう8月。そろそろ前期授業の終わりに近づいています。今年は通訳学校の指導のほか、英語学習アドバイスに関する大学教員向けワークショップを担当するなど、私自身、指導や講演が続いた上半期でした。

 ただ、ここ数カ月、そうしたアウトプットと独学インプットが続いていたので、自分自身が「教わる立場」になりたいという気持ちも募っていました。そこで7月から8月にかけて大学のオープンキャンパスを訪ねてみました。

 近年、国公立を問わず、夏以降にオープンキャンパスを開催する大学が増えています。これは少子化ゆえに受験生が減り、大学側も優秀な学生を少しでも多く獲得したいという思いから来ているためです。キャンパスツアーや公開授業を催すほか、中には学食無料体験などといったイベントもあるようです。

 私が参加したのは某国立大学大学院の英語ゼミ。公開授業とのことだったので出かけてみたところ、外部参加者は私一人だけでしたが、言語学に関する密度の濃い授業を聞くことができました。もうひとつは外国語学部が有名なとある私立大学で、英文法に関する学部生向け授業と国際政治学のレクチャーを聴いてきました。

 オープンキャンパスなので参加者のほとんどは高校生でしたが、中には社会人入学を考えている人の姿もありました。教授陣も通常の授業さながらのレクチャーをしてくださり、受講した私にとって大いに刺激となる内容でした。

 大教室に座り、先生方の話に耳を傾けながら思ったこと。それは「こんなに素晴らしい授業がたくさんあったのだから、大学生の時にもっと真面目に勉強しておけばよかった」ということでした。当時の私と言えば、恥ずかしながら居眠りや内職などをして「とりあえず出席だけして単位はもらおう」という不真面目女子大生だったのです。

 とはいえ、今、こうして社会人になったからこそ、授業内容に共感するものがあったり、先生方のプレゼンテーションそのものにヒントを得たりということがあったのだと思います。

 社会人こそ学びを意識すること。今の時代は通信講座や夜間の大学院修士課程など、学ぶチャンスはたくさんあります。そうした機会をとらえてたくさんの社会人が学びの素晴らしさを感じ取っていければと思います。

 

(2010年8月9日)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。