HOME > 通訳 > 通訳者のたまごたちへ

通訳者のたまごたち

代用手段を考える

 ここ数週間、家の中の模様替えや片づけが楽しくて、時間さえあればあれこれ整理しています。不用品を処分すると身も心も軽くなりますし、モノであふれかえっていた部屋に少しでも空間が見られるようになると、それだけで室内の空気循環が格段に改善されます。そこで今週は、少ないモノで生活する際にヒントとなる「代用手段の活用法」についてお話しましょう。

1.台所の食品ラップ

 前回のコラムで「歯磨きの予備は買わない」「いつか使うかもと思って溜め込まない」と書きました。実際、ストックをやめてみると空間がどんどん生まれてきます。そして無駄遣いしないよう心がけるようにもなってくるのです。たとえばわが家の場合、台所の食品ラップのストックはしていないので、その分「ラップをむやみに使わないようにしよう」と思うようになりました。レンジで食べ物を温めるときや、ほこりよけの際には大皿で代用することにしたのです。大皿は使用後に水でざっと洗うだけで大丈夫。ラップのプラスチックがゴミに出して焼却分解されるまで時間がかかることを考えると、大皿の方が地球にやさしいように思います。

2.アルミホイル

 ラップほど出番がないものの、やはりこちらも無駄遣いしてしまえばあっという間になくなってしまいますので、つい「ストックしなければ」と思いがちのアイテムです。かつて私は煮込み料理の落としぶたとしてアルミホイルを使っていましたが、最近はお鍋より一回り小さいお皿を使っています。このアイデアは青森で「森のイスキア」を主宰する佐藤初女(さとうはつめ)さんの著書で知った方法です。初女さんによれば、お皿で落としぶたをするとお皿の重みが適度に作用し、おいしい煮込み料理になるのだそうです。

3.スポーツ用シャツも外出着に

 マラソンを初めて今年で2年目。当初は手持ちのTシャツで練習していましたが、速乾性のシャツを新たに買って使うようになったため、手持ちのシャツを整理してみました。襟元や布地がなんとなくクタッとしてきたものは、思い切って処分。その代わり、新調したシャツで普段着にも使えそうなものはどんどん着ています。私はスカートもパンツもシャツもすべてクロゼットに吊るす収納をしているのですが、運動用シャツも畳んで引き出しに入れるのではなく吊るしてみたところ、取り出しやすくなりました。最近はオシャレな運動着がどんどん増えていますので、日ごろスポーツをする人は外出用に活用するのも一案です。

4.洗剤をあれこれ揃えない

 スーパーに行ってみると、洗濯洗剤のほか、セーター用洗剤、靴用洗剤など、洗剤や掃除グッズも実にたくさん売られています。一見便利そうですが、スペース的に置ききれないというのであれば、一つのもので代用できるかどうか考えることが大切です。たとえば子どもの上履きを洗う際、わざわざ運動靴用の洗剤を買わなくても洗濯洗剤で十分きれいになります。

5.石鹸トレイはスポンジで

 洗面台の石鹸。以前は直に置いて使っていたのですが、水気ですぐにドロドロに溶けてしまったり、つるっと滑っておさまりが悪かったりと難儀していました。そこで必要となってきたのが石鹸トレイ。よく見かけるのはプラスチック製の水切りトレイ付きタイプですが、たまった水をいちいち捨てるのも結構面倒です。そこでオシャレなスポンジを買ってきて石鹸を載せるようにしてみました。水気はスポンジを通して下に落ちますし、適度な石鹸がスポンジにつきますので、毎朝そのスポンジで洗面台をざっと洗うようにしています。かつては洗面台を洗う際、手荒れ防止にゴム手袋をして家庭用洗剤を使っていたのですが、今では朝の洗顔時にそのスポンジで「ついで洗い」ができるようになりました。

 モノが少なくなると、手持ちのものでいかにして乗り切れるか考えるようになります。その考える作業もなかなか楽しいもの。スッキリした生活をしたいとお考えの方、参考になさってみてくださいね。

 (2010年6月28日)


片づけルール

 前回はゴミ袋を4枚使った片づけ方法をご紹介しました。そこで今回はモノを増やさないためのルールを3つお話しましょう。

 ルールその1: 予備は買わない

 かつて私は「特売だから」「念のため必要だし」という理由で、常にストックを心がけていました。たとえば歯ブラシの予備、ノートなどの文房具、サランラップなどの家庭雑貨です。今使っているものだけでは、いざ新しいものが必要になった際、予備がなければ大いに慌ててしまうと思ったからです。そのため、予備の洗剤置き場を浴室にあえて作ったり、いつか使うための文具を戸棚の中にまとめてしまったりしていました。「これなら突然必要になっても安心」とホッとしていたのです。

 けれども予備を買っていたことを忘れて新たに買い足してしまい、置き場所に困るというケースが何度かありました。お買い得商品を買って喜び勇んで帰宅したものの、同じものが戸棚の中に入っていたなどというときは、「あーあ、またやっちゃった。同じものを買っちゃった」と激しく後悔したものです。

 そこで思い切って「買い置きは一切しない」と決めてみました。すると今まで「予備の置き場」だったところに空間ができたのです。今まで突っ張り棒で新たな棚をこしらえたり、空きティッシュ箱で収納ボックスを作ったりと努力していたのが、そもそも「モノの絶対数」が減ったお陰で、スペースが大いに生まれました。

 歯磨きにせよノートにせよ、「そろそろ新しいのが必要だな」「消耗してきたかな」と思った時点で買いそろえれば十分です。

  ルールその2: 使わないならもらわない

 たとえばホテルにおいてあるシャワーキャップや歯ブラシセット。宿泊代に含まれているので、ついもらおうかなと思ってしまいます。けれども本当にそのアイテム自体を使いたいと思っているのでしょうか?もしそうでなければ、思い切ってもらわないのも一案です。不意の来客用にどうしても歯ブラシをストックしておきたいならば、自分用の買い置きにもなるお気に入りのものを一本揃えておいた方が合理的です。

 販促用の企業ロゴ入りボールペンを本当に使いたいのか、それともお金を払ってでもお気に入りのボールペンを文具店で探したほうが自分の心にとってハッピーなのか。そうした判断力も必要です。

  ルール3: もらったらすぐに使う

 街頭で配られるポケットティッシュや、デパートで配布される化粧品サンプルなど、「いずれは使う」アイテムの場合、早めに使うようにしましょう。「小旅行用に化粧品サンプルは使えるかも」などと取っておいても、忘れてしまってはモノをため込むことになります。一方、もらって帰宅したらその日のうちに使い始めるというルールを決めておけば、サンプルばかりがたまってしまうという事態を防げるはずです。

 以上、ざっと3つのルールをご紹介しましたが、いかがでしたか?モノは自分で意識していないとどんどんたまってしまいます。モノがあふれて片づけや探しものに多大な時間を費やしてしまうと、結局は自分の時間をロスすることになってしまいます。ぜひモノの数を自分なりに決めて、それを守るという生活を続けてみてください。わが家はそのお陰で数年前と比べてずいぶん空間ができたように思います。

 (2010年6月21日)


片づけでストレス発散!

仕事や日々の生活でストレスがたまったとき、みなさんはどうしていらっしゃいますか?おいしいものを食べに行く、マッサージを受ける、カラオケで歌いまくる、映画で感動するなど、その方法は人それぞれでしょう。私はかつて仕事で多忙な日々が続いていた時、ある人から「通訳業は左脳ばかり使うので、右脳を使うようにすると良い」とアドバイスを受けたことがありました。つまり「感動する」「五感を使う」ということを心がけるだけで、ガチガチになった脳みそがリラックスできるというわけです。以来、コトバばかりを追い続けているなと思った時は、極力「活字以外」の作業で緊張感を解きほぐすよう心がけています。

中でも私にとって一番効果があるのが「片づけ」です。実は春先から今まで色々とあわただしかったこともあり、家の中はかなりメチャクチャでした。捨てなければと思いつつ処分できなかったり、新聞や本などが積み重なっていたりと、家の中の「気」が淀んだ状態だったのです。そこで先日、思い切って片づけをしてみました。

まず用意するものはゴミ袋(大)を4枚。これを「捨てる」「保存」「判断保留」「寄付」に分けます。そしてターゲットとする片づけエリアを決めたら、どんどんこの袋に投げ込んでいくのです。

台所の戸棚を例にとってみましょう。子どもたちが使わなくなったキャラクターのスプーン。絵柄もはがれてかなりくたびれています。これは迷わず「捨てる」の袋へ。一方、ジップロックの未使用分はまだまだ使えますので「保存」の袋に行きます。同じようなタッパーが二つある場合、一つは「保存」、もうひとつは使うか使わないか迷ったので「判断保留」とします。景品で貰ったお弁当箱(未開封)は特に柄がお気に入りでないため、「寄付」の袋へ入れます。このようにしてとりあえず4つに分類していくのです。そしてすべてのものを戸棚から取り出して分類したら、いったん掃除機で棚のホコリを吸い取り、濡れぶきんで掃除します。

「保存」の袋の中身を再び戸棚に戻してみると、先ほどよりもかなり棚に余裕があることがわかります。整理収納の世界では、実は「7割収納」が一番効率的だそうです。ギチギチに詰め込んでしまうと取り出しにくくなりますが、7割ならば空間があるので、棚の奥や上にあるものも余裕を持って取り出せるからです。

「判断保留」の袋には保管期限日を記しておくと便利です。たとえば半年後の日付を書いておき、袋を縛って押し入れなどの見えないところに入れてしまうのです。もし半年以内にその中のものが必要となって取り出したならば、そのアイテムはやはり自分にとって要るものとなりますが、もし半年間開封しなければ、その中のものはそのまま処分しても構わないということになります。判断に困るものはこうして一定期間の猶予を設けておくと良いでしょう。

不用品の寄付については、地元小学校・幼稚園のバザーを始め、チャリティー団体や、商品によっては自治体が引き取ってくれますのでぜひ調べてみてください。ちなみに私の住む街では地元のチャリティー団体が定期的に地区巡回しており、不用品を引き取りに来てくれます。私の場合、ネットオークションやリサイクルショップへの売却も考えたのですが、その時間がなかなか取れないため、こうして引き取りに来ていただけるだけでも大助かりです。

いかがでしたか?「片づけ」と聞くとそれだけで「うわ!大変そう!」と思う方もいらっしゃるかも知れません。一気にすべてやろうとすると疲れてしまいますので、「今日はこの引き出し」「明日はこの棚」という風に細分化して取り組んでみると、少しずつ片づいてきます。梅雨で外出がおっくう、という日にはぜひ片づけにチャレンジしてみてくださいね。

 (2010年6月14日)


すべては道具をそろえてから

 忙しい日々が続いていると、人間というのは何か非日常的なものを求めるのでしょうね。私の場合、部屋の模様替え、家具の買い替え、日ごろは買い控えていたお惣菜を購入するなど、色々なことを日常生活に取り入れてみました。そうしたことをやってみるとかなりの気分転換になります。

 その一環としてチャレンジしたのが料理教室の参加。普段は自分でレシピを集めて献立を決めて作っているので、料理教室にわざわざお金を払っていかなくても、という気持ちがありました。けれどもなぜか突然「参加してみよう!」と思い立ったのです。幸い自宅の近くに全国チェーンのオシャレなクッキングスクールがあり、早速ネットで申し込んでみました。「初参加者は500円」というお得なコースです。

 レッスンはブルーベリーチーズケーキを2時間で作るというもの。参加前は「ホントに時間内に全部できるのかな?」と半信半疑でした。日ごろケーキは自分でも作っており、材料をそろえたり調理したりしているとなんだかんだで結構時間がかかっているからです。けれども実際に参加してみたところ、私にとって目からうろこでした。

 そのポイントとは「材料を全部そろえておく」ということ。言われてみればシンプルなことですが、実は大切なことです。今回のレッスンでは、スタッフの方にキッチンに案内されるや、目の前にはすべての材料や調理道具がそろっていました。しかも材料には使う順番に番号がシールで貼られていたのです。

 早速レッスン開始。担当講師が材料の順番に的確な指示を与えてくださいます。あとは指示通り混ぜるだけ。実にスムーズです。写真で見るレシピはパティシエが作るような本格スイーツですが、実際にやってみるとあっけないほど簡単にできました。しかも所要時間は2時間どころか、1時間半で完成です。

 必要なものをそろえておく。実はこれこそが物事をスムーズに進めてくれるのですよね。これはお料理に限らず、勉強でも使えます。たとえば「通訳学校の勉強をする」のであれば、開始前に辞書や筆記用具、関連資料やスクリプト、音声再生用のPCなどをすべて使える状態にしておくのです。そして机の前に座ったら、あとは学習を進めるのみ。「あ、辞書出さなきゃ!」「この関連資料は確かこの本棚にしまったっけ?」といちいち立ったり座ったりして取りに行くのでは集中力が途切れてしまいますが、あらかじめ準備しておけばあとはひたすら意識を勉強に持っていって集中できます。

「やらなきゃいけないのはわかっているけれど、つい・・・」と先延ばしにしてしまうタイプの方。ぜひ一度「すべてをそろえてみる」ことをやってみてください。それだけでハードルはグンと下がると思います。

 (2010年6月7日)


日常生活で喜びを見つけるには

 4月から続いていたバタバタ生活も、ここに来てようやく落ち着いてきました。多忙なころは本当に自分のクローン人間が欲しいと思うぐらいあわただしい毎日が続いており、正直なところ、かなりメンタルな部分でも参ってしまったのです。けれどもやはり「時が解決する」とはよく言ったもので、流れに身を任せていたら何とかなったという気がしています。もちろん渦中にいるときは「早く状況を変えなければ!」と焦りの気持ちの方が強かったです。でも、人生というのは自力でどうしようもないこともあります。そんなときは焦らずやけにならずに、じっとその環境に身を置くことも大切だなと思います。

 そこで今回のこのコラムでは、そんな状況にいたとき私がどのようにして心の平静を取り戻そうとしたかをご紹介しましょう。日常生活で見つけられる、ちょっとした幸せです。

1.早朝の放送通訳シフトで早起きした時のこと。西側のカーテンを開けたらまん丸の大きな満月が見えた。

2.お店で買い物をした時、店員さんがお釣りを両手で丁寧に渡してくれた。

3.問い合わせの電話をかけたら、電話口に出たスタッフの第一声が明るくかつ優しい声だった。

4.朝ジョギングをしていたら、近所のバラの香りに癒された。

5.初めて出かけた近所のイタリアンレストラン。天井が高くて店内の雰囲気がイタリアそのものだった。

6.ポッドキャストでダウンロードしたブラウン前首相のスピーチ。珍しくジョークで、ブラウン氏の意外な一面がわかった。

7.ロフトでオシャレなマスキングテープを購入。これでお気に入りのポストカードを壁に貼ったら、まさに額縁のようになった。

8.娘とはまっているアニメ「夢色パティシエール」のコミック本を6巻一気に購入。初の「大人買い」で気分良かった。

9.元祖クッキングトイ(?)の「チンして!チップス」を入手。家にあったジャガイモやサツマイモをスライスしてレンジで温めたら、本物のポテトチップスのようにカリッとできた。

10.一日中雨が降った日のこと。お気に入りの便箋で友人に手紙書き。記念切手を選んで封筒に貼って出しに行ったら、それだけで気持ちがアップした。

 これから6月になるとジメジメしたお天気が続きます。気分的に滅入りそうな時期も、自分なりに幸せを見つけられるようにしていきたいと思っています。

 (2010年5月31日)



《 前 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


↑Page Top

プロフィール

柴原早苗

柴原 早苗さん
上智大学卒業、ロンドン大学LSEにて修士号取得。ロンドンのBBCワールド勤務を経て現在はCNNj、CBSイブニングニュースなどで放送通訳者として活躍中。 アルク「English Journal」でBBC Newsを監修した後、現在はNHK「ニュースで英会話」ウェブサイトの日本語訳・解説を担当中。 現在は通訳学校でも後進の指導にあたる。ESAC英語学習アドバイザー資格制度マスター・アドバイザー。 著書に「通訳の仕事 始め方・稼ぎ方」(イカロス出版、2010年:共著)。